笑って幸福になる為に、中国、北朝鮮には日本を渡さん!

憲法死守して中国に支配されてしまっては、森末転倒、いえ、本末転倒!

全体表示

[ リスト ]

次総理は読売が決定:朝日新聞主筆の霊言
ザ・リバティ・ウェブより、抜粋・編集
 
ず〜っとぶれない幸福実現党の意見が、やっとマスコミにも広がりつつありますね。みんなこちらが気になり、「幸福の科学グループ」が何かを発信するたびに意識し始め、内容を信じてきてますよね〜、もう一押しで日本が、いえ、世界が急激によい方向に変わり始めますよ〜、みんな〜バンガロ〜でガンバロ〜()
 
朝日新聞のなかで、一つの時代が終わろうとしている
「朝日新聞はまだ反日か―若宮主筆の本心に迫る―」
 
 政権交代や原発問題等について世論に大きな影響を与え、国の未来を危うくしてきた日本のマスコミ。彼らは今、厳しい正邪の判別と改革の時を迎えようとしている。
 大川隆法総裁は20日、朝日新聞主筆の若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏の守護霊を招いてインタビューを行った。
 
民主党政権は「朝日の本心」とは、だいぶずれた
 
――メインは、「朝日新聞はまだ反日か」というテーマですので……。
若宮啓文守護霊(以下、若宮)「まだ反日か」って、私らは何も言っていない。日本をよくするために仕事をしているんじゃないか。反日ということはないでしょう? 私たちが「日本そのもの」なんだからね。何を言ってるんだ。
(中略)野田は、民主党にしては怪しすぎる。怪しい野田が民主党の首相になっちゃったから、これは「朝日の本心」とは、だいぶずれたよな。もともとは、こんなつもりではなかったからさ。鳩山が、あれほどむごい“最期"になるとは、さすがに、ちょっと信じられなかったし、また、菅が、あれほどみっともない“最期"になるというのも、ちょっと信じられなかったよ。
 
――チベットや新疆ウイグル自治区、内モンゴルなどは、中国による植民地支配という歴史の現実がありますよね。
若宮 それに関してはだねえ、日本の帝国陸軍が、中国を内深部まで侵しまくったわけだからして、それをやった日本には、それを言う資格はないよ。「中国がほかの国を攻めた」みたいなことを言うのは、ちょっと資格がないよ。
――そうしますと、「南京で30万人が虐殺された」という説は、相変わらず信じておられるわけですか。
若宮 いやあ、別に信じていないよ。信じてはいないけども、それを出せば、日本の軍国主義化を止めることができるからね。あえて、向こう側の言説を、ときどきちらつかせることによって、自民党の安倍みたいな跳ねっ返りが出てくるのを牽制することができるからさ。
 
 
「原発ゼロ」が方針転換され、朝日新聞もテレ朝もヤケ酒
マスコミの意見だけではない言論が存在する
 
――今の若宮主筆のご見識からしますと、例えば、原発問題などに関しては……。
若宮 ああ、原発か。昨日はなあ、朝日は、もう、みんな、朝日新聞からテレ朝まで、ヤケ酒でな。野田の"キッコーマン醤油"に、「2030年代に原発をゼロにする」という閣議決定をやらせるはずだったのが、何だ、あれは。あっという間に、なくなっちゃったんだよな。あれが裏切りでなくて、いったい何が裏切りなんだ。
――あれは、なぜ、引っ繰り返ってしまったと思われますか。
若宮 毎日新聞にさあ、「大江健三郎に」、何だったかなあ、「脱原発の真意を問う」?(幸福の科学の公開霊言書籍『大江健三郎に「脱原発」の核心を問う』のこと)。なんか、そんなのが、毎日新聞にベーンと五段抜きで載ったよな。それで、厳しいことが書いてあったよな。なんとなく、あれで、野田が、かなり反応したような感じは受ける。
 まあ、それもあるけども、その前から、経団連系は、やっぱり脱原発に反対はしていたんだが、マスコミのほうは、「国民の多数は、脱原発だ」という意見で、だいぶ染め上げていたわけだよ。それを、幸福の科学のほうから、バンバン""を撃ち込んでくるじゃないか。それを見て、経団連系が、「脱原発は国民の総意ではない」と判断し、意見を強く打ち出してき始めたんだよね。要するに、「マスコミの意見だけではない言論が存在する」ということでね。
 それと、経済産業省とか、防衛省とかは、幸福の科学の言論に、けっこう賛成なんだよな。
 
 
朝日は「一回休み」。次は読売が総理を決める番
 
――今の政治の流れのなかで、次は、誰を推そうとしているのでしょうか。
若宮 「推そう」ったって、これでは、しょうがない。選びようがないじゃないか。みんなタカ派で、どれを選べっていうんだよ。野田までタカだったら、もう全部タカじゃないの? どうしようもないじゃないか。
(中略。自民党の総裁候補については)どれにしたって、とにかく撃ち落とさなければいけない。それは一緒なんだよ。だから、「どれが撃ち落としやすいか」「何によって撃ち落とすか」を、今、考えているところだ。
 石破なら、経済のところで撃ち落とすしかないだろうなあ。うん。安倍だったら、前回の続きだから、やっぱり、責任放棄した、その無責任なところを追及することから始めなければいけないだろう。あとは、石原伸晃か。中庸をとると、(総裁は)石原になる可能性が高いと思うんだけど、これは、やっぱり、親父をスキャンダルネタに使わざるをえないな。「こういう"院政"はあっていいのか」というスタイルで行くしかないなあ。3人のうち誰がなったって、撃ちますよ。
――朝日新聞社として、「次の選挙で、どういう報道スタンスをとり、誰を撃ち落とすか」ということもあるでしょうが、「誰を推すか」ということもあると思います。(中略)「朝日新聞がどういう発信をするか」というのは、非常に影響が大きいと思います。前回の衆院選では「民主党を応援する」ということで、はっきりと方向性を出したわけですよね。
若宮 前回は、朝日だったから、今回は、一回休みなんだよ。一回休みで、今度は、読売が決める番なんだよ。次は読売が総理を決める番なんだよ。だから、俺なんか呼ばないで、ナベツネを呼んだほうが早かったんじゃないか。あいつが決めるからさ。
 
 
幸福の科学の読みは鋭い
 
――幸福の科学に関しては、どのように見ていますか。
若宮 幸福の科学に関しては、半々ぐらいかな。まあ、(幸福の科学に対して朝日新聞社内に)反対の考え方を持っている人も当然いるけども、一定の尊敬の念を持っている人も半分ぐらいはいる。(中略)今までの、「宗教」という範疇には入らない団体だなとは思っています。
 それと、やっぱり、言ってくることが、ときどき鋭い。外交的なところの読みは、ほとんど当たっているんじゃないの? これは、すごいよ。経済的なものも当たっている。昨日だったかな? 「日銀が10兆円供給する」というのは。あなたがたは、その前から「20兆円出せ」と言っていたよな。結局、あなたがたが言っていたことを、小出しにし、1年間かかって、やっているわけだろう。
 幸福の科学というのは、マスコミの立場を逆転させた団体だよな。(中略)「『フライデー』や『フォーカス』のような仕事を宗教の側からまずやっておいて、次に"週刊誌"になり、そして、大メディアの新聞社にまで入り込んでくる」というような入り方をしてくるねえ。(中略)それから、「今年1年、どうなるか」というところでは、かなりの人たちが、大川隆法が毎年出す『何とかの法』という本を見て、「今年は、こういう年になるらしい」と信じて、その年の流行を読んでいる。ほかの同業他社は、かなり、そう動いているので、やっぱり、うちも、その影響は受けるよな。
 
 
朝日は先の戦争における「原罪」を背負っている
 
――主筆の本心としては、中国は共産党一党独裁国家のままでいいのでしょうか。中国の民主化運動や自由化を擁護されますでしょうか。
 
若宮 今、朝日の内部でもね、「大川隆法さんの意見に従ったら、間違いない」という意見が強いんだよ。もう、そっちについちゃおうかなあ。
(中略)だけど、軍事的な衝突も怖い。やっぱり、軍隊の国だからさ。朝日は、「日本の今の憲法を守れ」と、ずっと言ってきたし、「平和主義を守ろう」とか「戦争放棄」とかも言ってきたし、「反米」もやってきたからね。その立場でいくと、軍事的衝突のほうが前面に出てきた場合、どうやって戦うのか……。やっぱり、もう戦えないから、降参するしかなくなる。
――そうなると、「憲法9条」の問題に関しては、「朝日としても、そろそろ考えどきかな」ということですね。
若宮 いや、だからねえ、朝日には"原罪"があるんだよ、原罪がね。先の戦争で「主戦論」をぶって、国民を300万人も死なせた罪。これを悔いているからさ。その原罪があるために、先頭を切って「軍国主義化」みたいなのを進めることは、なかなかできないんだよ。
 
 
社内に「憲法を死守していたら滅びる」という意見もある
 
――去年、私どもが「朝日新聞の守護神」宮沢俊義氏の霊をお呼びしたところ、戦後の日本国憲法を守るため、"御本尊"としての自分を守るために、朝日新聞を道具として使い……。
若宮 いや、宮沢はどうでもいいんだけども、「憲法を守るために朝日が頑張る」というところについては、内部にそうとうな議論があって、「もう守りきれない」という意見が強いんだ。国際情勢の変化と、国民世論で「憲法改正」支持が多数になってきつつあるのと、新しい言論勢力が出てきているのを感じて、「もう守り切れないんじゃないか」という意見は、若手を中心に、すごく強くなってきているので。「もしかしたら、これを死守していたら、滅びるんじゃないか」という意見があることはある。
 だから、「私も年を取ったのかなあ」と思ってね。そういう、滅びに至った先生がたに付いていたほうだからね。あの時代は、それが中心だったし、私もメジャーなものについていたので、それでよかったけど、今は、メジャーでなくなってきつつあるからねえ。
――ということは、「朝日の守護神」とは、少し離れつつあるわけですね。宮沢俊義氏と。
若宮 何を言ってるんだよ。日本の守護神は「若宮啓文」って言うんだ。俺が日本の守護神だ。何を言ってるんだ。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事