掲示板

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
制作を再開するなどと言っておきながら、今まで何も出来ませんでした。
 
切なさは日を追って増すばかりで、やるせない自分をどうしたら良いかわからず、読書に更けようと思ったり、旅に出たり、食べ歩きにハマろうと思ったり・・・果てはハンドランチグライダーに手を出したり(笑)して、お酒に依存した生活から抜けようと必死でした。
 
自分の弱さや、愚かさが嫌というほど身にしみて、家内の新盆が過ぎた今日、気が付けば昨年家内が入院した日・・・あれからもう1年経ったんだなぁと、変に感慨深く思ってしまいました。
 
今は子供や孫たちに迷惑をかけないよう、タバコも酒も止めて、家内の遺影に手を合わせつつ精進に心がける毎日です。
 
模型作りを止める事など決して出来ません。だけど、今後は旅の報告になったり、食べ物の話題になったりします。
 
早く立ち直らなきゃ。来年早々に家内の一周忌が来るのだから・・・。
 
 
ちょっと画像も紹介します。
 
■昨年家内と巡った、山形県米沢の上杉神社の参道にある上杉鷹山の像。
この他にも勿論上杉謙信の像や、直江兼続の像もありました。
米沢の市内は「愛」の文字が溢れておりました。(2014年8月8日撮影)
イメージ 1
 
■本当なら赤湯本店で食べたかった、龍上海の辛味噌ラーメン。米沢店でいただきました。
本来米沢ラーメンの食べ歩きをしたかったのですが、これだけは外せませんでした。
山形県は人口一人あたりのラーメン店店舗数が日本一のラーメン王国であります。
(2014年8月9日撮影)
イメージ 2
 
■私の模型作りのルーツは何といっても飛ばせる飛行機作りです。ライトプレーンに始まり、ピーナッツスケール、Uコン、ハンドランチグライダーなど真剣に作ってました。(2014年9月7日撮影)
イメージ 3
 
なかなか本調子にならず、情けなく思っておりますが、少しずつ前向きになってきたような気がします。
 

開く コメント(9)

ゆっくり再開します。

家内が闘病の末、今日初七日を終えました。
 
ゆっくり再開したいと思います。
 
また、以前のようにご訪問頂けたら幸甚です。

開く コメント(17)

山形県米沢市

プチ旅行に行ってきました。
結構近くて片道3時間半(163㎞」)でしたが、初めての米沢市であります。
 
県境の道の駅「白い森おぐに」です。
帰省客でいっぱいでした。県外ナンバーばっかり。おっと、私も県外ナンバーですが・・・
イメージ 1
 
上杉神社です。上杉謙信公を祀る神社ですね〜
社殿の隣に宝物殿の稽照殿(ケイショウデン)があり、直江兼続や、上杉鷹山の遺品を中心に上杉家の貴重な収蔵品があります。直江兼続の兜はほんとに「愛」なんですね。(撮影不可でした〜)
イメージ 2
 
よそへ行ったらまずスーパーへ行ってみよう。いろんなご当地グッズあります。(現地の方にしてみれば当たり前のことなのですが)
まずはカップラーメン2発。
イメージ 3
 
帰りに新潟港の山の下埠頭によって久々にフェリーを眺めてきました。
小樽航路でたぶんこれから苫小牧へ向かう船だと思います。船名は「フェリーしらかば」。
1000人近い旅客と、200台近い車両を運びます。
客室は素晴らしいスィートルームもあっていちどはのってみたいですね〜。
イメージ 4

開く コメント(4)

やっと少し・・・

遠ざかってしまい何とも不甲斐なくおもいます。
作りたい気持ちは変わらないのに作らなかったことが情けないですね。
 
リセットしていい加減な気持ちを入れ替えることができたらと・・・
 
で、震電と零戦。
 
なんとなく見たくなっただけです。<おいっ!
 
食玩とSWEETさんのキットですが、震電は食玩にしては作った方の思い入れが伝わってくるような作りで、SWEETさんのゼロ戦はゼロ戦に限らず他のキットも同様に素晴らしい精度で、手の入れようがないほど素晴らしいですね。
イメージ 1
 
この冷却口も奥行きがあり、薄く削ってやればかなり実感が増すと思います。
イメージ 2
 
プロペラはプッシャー式をよく表現した断面で、これだけはSWEETさんよりいいかな。
イメージ 3
 
とにかくSWEETさんの精度は高い。
気持ちいいというよりスゴイ。
イメージ 4
 
これもちょっと持つ手の指の力加減でわずかに隙間が空いてしまったが、ピッタリなんです。
イメージ 5
 
これだけはチョッとダルなプロペラ。
イメージ 6
 
やる気に陰りが出たとき、すぐに別のキットの封を開けてしまうのが悪い癖でして、また鍾馗を再開します。
 
今度は仕事のせいになんかしない・・・つもり<おいっ!

開く コメント(10)

全く作れない日が続いています。
模型作りは私のライフワークのはずなのに・・・。
SBD-5は製作途上、カウリングをルーターで切削中にあやまって大きく壊してしまいました。
これは再製するよりオクにて出品を待った方が良いようです。
作りかけのキットがたくさんあります。
なかでも飛燕は皇軍機の中でも特に作りたいものでしたが、気に入ったキットの保有も無く
今回は作りかけの食玩を急遽Ⅱ型の後期生産型である紡錘型風防に改造しようと思いました。
 
イメージ 1
 
母材の食玩はウイングクラブコレクションパート2の飛燕、風防はウォーバードコレクションの五式戦から流用しました。
イメージ 2
 
母材のファストバックのコックピット後部を削り、五式戦の風防を合わせるとなにも加工しなくてもスンナリはまってくれます。
イメージ 3
 
多少の段差はありますが修正可能の範疇です。イメージ 4
 
風防は手前が母材本来のもの、奥が五式戦のものです。
Ⅰ型とⅡ型では風防前部の形状も異なります。
写真では五式戦の風防を研磨し、窓枠を取り除いているのですが、なんと凹モールドであります。
#1000のヤスリでいくら削っても無くならないのでよく見ると凹モールドの溝に着色されておりました。
イメージ 5
 
これも紡錘型風防をつけた後期生産型機の特徴で、垂直尾翼のフレットが赤線のようなラインになります。
あとでキチンと付けます。
イメージ 6
 
いい飛燕のキットがあればなぁと思ってましたが、食玩で始めてしまいました。
不満はご覧の通りのモールド運河彫りです。(泣)

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事