全体表示

[ リスト ]

各馬評続き

9レインダンス なかなかの存在、取捨は後で
鮫島 1−2−1−3、ダンスインザダーク×Bob Back
距離:○、東京:○、脚質□□■■■ 、最長経験:千八、最速3F:33.9
父DID自身も菊花賞馬であり、仔にも菊花賞馬を2頭出しSSの長距離部門担当という存在だが、牝馬の活躍馬は意外なほど少ない。先週最速上がりで5着のジョリーダンスが稼ぎ頭。現3歳世代、オークスの場に一気に登場という印象すらある。母方はRoberto系Bob BackにNorthern Dancer系Topsider。中距離志向は窺えるが強力な潜在性を感じるものは無いかと。陣営としては早くからオークスを意識してきた馬。血統・脚質・気性面から適正はマイル前後よりもありそうな気配。

桜では33秒台を繰り出した5頭のうちの1頭。1秒負けだが、2強を除けば0.2秒差と微妙な存在。末は34秒台前半の力は示してきており、スローにも折り合える分、距離的には対応できる。未勝利戦後は重賞・OP特別臨戦のため500万下止まり。2強以外にも勝ち切れないもどかしさが付きまとう。前走もスローの流れを打ち破れず。末を生かす競馬が本領だが、ここでは間に合わないだろうから、10番手より前につけたいところだろう。

10トウカイオスカー 香車の斬れ味あるが
後藤 2−0−0−2、トウカイテイオー×リアルシヤダイ
距離:○、東京:▲、脚質□□□■■、最長経験:二千、最速3F:33.9
意外に短距離に好走馬を出す父。‘’‘母父リアルシヤダイとで、初のG1馬トウカイポイント(マイルCS)を出したりしている。兄には準OP二五勝馬もいて、まぁマイラーということでは無いんでしょうな。字面だけならこの馬が距離合って斬れるワケで魅力は十分。4走中3走で34秒台より速く上がり、いずれもレース最速の切れ者'''。

ただ、それでも勝ち切れないのは、ゲート難によるところも大きい。五分に出て、直線に賭ける競馬となるんだろうが、遅めの流れで前も止まらない可能性高いだけに、待ってのヨーイドンでは分が悪いか。ハイペースでの前崩れで台頭してくるやや古いタイプの追込馬スタイルという感。府中は合うんだろうけども、展開の助けは見込み薄かなぁ。下手打ったベッラレイアと併せ馬で上がっていければ最上だろうけど。

11カタマチボタン 桜3着の評価は微妙
藤田 2−2−2−0、ダンスインザダーク×Caerleon
距離:○、東京:◎、脚質□■■□□、最長経験:千六、最速3F:34.3
2強を除けば0.8秒前に走り抜けた2強を除けば勝馬も同然(ウソ。
競争成績も堅実ではある。東京も2−1−0−0で経験も適正も上位血統も距離伸びて良さげなDIDだし。連軸としてよさそうではある。
2強不在なワケで、その他の相手関係で言えば、桜最先着馬。ただ内容は、前半スローを勝馬の内で3番手で併走しながら、直線向いて0.8秒置かれ、逃げ−掛かったアマノ・アストンを拾っただけであり、上がり34.4は他馬にも見劣るもの。垂れたとは言わないが、決め手は無い展開と立ち回りでようやくの感。

血統も父DID、母父Caerleonはイイとしても、母タヤスブルーム自身はは98フェアリーS勝馬でスプリント路線馬頭高いし、掛かることもあるなど、距離OKとはいえない面あるなぁ。過去6戦いずれもマイルばかり。オークスを意識していない臨戦も割引。よくて押えまでの評価といった所。

12ラブカーナ 穴人気は分からなくも無いが
菊沢 1−3−2−5、オース×Caerleon
距離:○、東京:○、脚質□□■■□、最長経験:二千、最速3F:34.4
スイトピーSではこの馬ヌケで外した。父オースはSadler‘s Wellsの中距離版全弟Fairy Kingに、ファインモーションの母父スタミナ補充Troy。その仔は意外にスプリント路線で04ファルコンSを勝ったキョウワハピネス、05毎日杯2着馬コスモオースティンといった所が目立つ程度。その意味ではG1に向いた底力には?。ま相手関係が軽くなったこともあって、底力を求められないとも思ってるけど。

勝ち上がりまでに7戦を要したが、短距離で5戦使われてきたことも影響した来たと考えられる。未勝利時のもたつきを度外視してOP特別の近2走にだけ注目すれば、好位差しから連続2着という成績はなかなかで自分の形ができ充実期に入ってきたと見える。好位から34秒台は戦える素地を示し、距離伸びて上がり速くなるのは、今回にいい傾向。普通だとなかなかなら消す方向なんだけど、今回に限っては押さえの対象かなぁ。

13ウィンナワルツ 血統は◎だけど、つぼみもまだ。
村田 1−0−0−3、アグネスタキオン×Nijinsky
距離:▲、東京:△、脚質□□■■□、最長経験:二千、最速3F:35.1
日本を代表するゴッドマザー・ダンシングキイが母で父がAタキオン。距離的には基本的には合う方でG1実績も見込みたい血統馬ながら。成績は着差・時計的にも大苦戦の最中。若い牝馬G1だけに突然の開花→大激走があってもの舞台ではあるが、前走の完敗からは手が出せない。まだつぼみ前と見て消し。

14ラストベガ 500万下で苦労してるレベル
横山義 1−4−2−4、アドマイヤベガ×スズカコバン
距離:○、東京:△、脚質□□■■□、最長経験:千八、最速3F:34.6
休み明けとは言え、現級500万下で四苦八苦というところ。血統から窺える適距離無視の過程にも?だけども。

その血統、SS×ベガ(トニービン)である父の血統は日本の現代競馬の結晶と言いたいほどのもの。夭逝が本当に惜しい。母方は日本の地味目の血統ながらNorthern Dancerの多重クロスが発生するなど見所ある配合ではある。ラストベガの名の通り、この血を受け継ぐレベルに育っていって欲しいが。今回は見送り

15アマノチェリーラン 距離長い、と見るが、番手で楽走できるなら
池添 2−2−1−4、デザートキング×Mtoto
距離:×、東京:初、脚質■■□□□、最長経験:千六、最速3F:35.1
スプリンター系の父に重厚血統Mtoto。ウーン、POGではまず指名しない配合。前走は押し出されてしまって逃げたが残り300mまでは見所あった。坂上ではしっかり止まったけど。

二四の距離は長いと見るが、ゆったり流れ、スタミナ温存できる展開で道中楽走前提なら、展開利は享受できる。桜同様逃げポジションを譲り合うようなメンバーで、スタミナにモノを言わせる先行勢もいないことから、道中は相当緩い可能性高い。それが叶えば桜以上の見せ場あっても。直線は追って味は見込めないので、坂上でセーフティリードが欲しいなぁ。4角手前からジリジリ早めスパートというところか。この馬としては平均早め〜息入れて5−6F休んで、再度徐々に早めスパートが理想でしょうなぁ。

16アドマイヤスペース 競争内容上昇中だがまだ条件馬
柴田 2−1−0−1、アドマイヤコジーン×トニービン
距離:△、東京:▲、脚質■■□□□、最長経験:千八、最速3F:34.9
この馬がハナ候補だが。的場勇クンを4k減で乗せて斤量51kで4戦して近2連勝逃げても2−3番手でも競馬はできそう。時計も詰めて来たところだが、420−430kの華奢な馬に斤量+4k。斤量も漸減中。

前走が標準クラスの走破時計出せたこと、府中好物母父トニービンと、前付け馬が軽視されそうな展開だけに妙味無しとは言わないが、道中5−7Fくらい楽走しないとアドマイヤコジーンだしなぁ。前に行く分、距離の負かはかかってしまうだろうから厳しいな。同型ならアマノが上消し

17ザリーン 血統表ほどには走れてないか
幸 2−0−2−3、メイショウオウドウ×Caerleon
距離:▲、東京:◎、脚質□■■■□、最長経験:二四、最速3F:34.6
父メイショウオウドウにとって初のG1、というより初重賞出走。一見地味な血統だが、組成はなかなか見所あり。SSにNorthern DancerがLyphard、Caerleon〜Nijinsky、Northfieldsを経由して随所に配合されていて、'''二千志向のキレイな血統表だなぁ。
唯一二四経験あるが、スローで逃げて垂れて1.5秒差6着完敗。各距離の持ち時計、上がりとも平均より下。血統表だけで走るわけでは無いからなぁ。けど先々走ってきて欲しい馬。

18ザレマ 猛上昇馬、逃げる、とみた
武豊 2−2−1−1、ダンスインザダーク×Zafonic
距離:○、東京:初、脚質■■□□□、最長経験:二千、最速3F:34.2
武豊J自身ビックリだろうな、この人気。本来なら5−6番人気だと思うけど。500万下で2敗(うち、1回は7ベッラレイア相手)。時計も含め、馬柱では魅力を感じない。で、2−3番人気ならお客さんとみたいところなんだけども。

調教から窺える上昇は驚異的に映る。1週前追いでは武豊Jが跨っての自己最速・当日一番時計で2秒近く時計を詰め、当週は助手の馬なりで予定外の自己新を更新絶好調に留まらず、身体能力・走法などに一気の開花と思える異変の可能性。別馬くらいの扱いも必要かも。
末の切れは前走までは平均以下だけに前付けしてナンボ。兄マルカシェンクは故障で歯車狂ったものの、ユーイチが牡馬クラシックの主役と見込んだ馬。ダービー0.4秒差4着。ザレマ自身は父替わりもあってか、兄よりゆったりした気性・適正のようだ。

気楽に大胆騎乗とは行きにくくなったが、ダービー乗り替わり騒動の最中、逃げ(しかもスロー予測が騎手間にも強い中)速い逃げ、大逃げもあり得るんではなかろうか。先行組では最も距離は合いそう。因みに武豊Jは常々「逃げ宣言」なんて怖くて出来ないと公言してきた。胸先三寸。テン乗りで気楽に乗れば久々にG1でのユタカマジックあると思うが。
妄想的だが確信。岩田・安勝・横山典いない分、安々といってしまいそうな気がするなぁ。イメージ的には典のイングランディーレ乗り(速いとみせて実はスロー)が理想。なら勝ちまで

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事