全体表示

[ リスト ]

14アドマイヤオーラ 先行〜好位から巻き直しも、距離適正問われる騎手交代策
岩田 3−1−0−1、アグネスタキオン×Caerleon
距離:△、東京:初、脚質□■■■■、最長経験:二千、最速3F:33.3
スペック的には5戦中4戦で33秒台の上がりを繰り出すなど、トップに評価すべき馬。
皐月賞は上がり最速タイも、フサイチが外に膨らみ接触ロスなど無駄が多かったのに対して、中を突いてロスは小さいもの。直線向いて追い出したタイミングはほぼ同じタイミングだったけれども、押し出し直後はフサイチに置かれ、その差を詰めることなく同じ脚色でゴール。前走だけの末脚比較ではフサイチ>アドマイヤの評価。TVに映ってない分印象が過剰に少ない気はするが。

半兄アドマイヤジャパンは菊2着もあるが、母ビワハイジはマイル路線馬。さらに父がSSからアグネスタキオン。アグネスタキオンは現時点ではSSよりもマイル〜中距離寄りで、基本的には二四は長いと見る。また体型や鋭敏な反応から陣営も距離不安を口にしており、速めのペースに巻き込まれる先行〜好位にこだわりすぎると止まる恐れ。

道中楽走、直線坂下から一気の末に賭ける方が見通し明るい気がするが、こちらからの騎手交代からは従来の好位策が匂う。前がスロー〜遅めの平均なら能力で、と思えるが、平均早めより速いペースで流れそうな今回、距離適正が問われる可能性高いと見る。近いところだとシックスセンス的な騎乗が合うと思うんだけど。長丁場に向け、7Fから時計にした調教過程は好感。重心がグンと下がる調教は好調な証。道中、消耗最小限なら、勝ち負けまであるが展開次第。

15フサイチホウオー 馬券の軸としては堅めの存在ではあるが全幅か。
安藤勝 4−0−1−0、ジャングルポケット×サンデーサイレンス
距離:○、東京:○、脚質□■■■□、最長経験:二千、最速3F:33.9
3歳路線、トライアル時点では重賞をことごとく僅差で勝ち抜き、世代の美しいヒエラルキーの頂点に立ってきた。脚質も先行から差しと幅広く対応でき、数少ない死角であった瞬発力も前走で見せた

前走は出負け、道中も位置を上げられず、初の後方からの競馬。4角では降着を心配するほど、斜行状態で外の2騎を弾き飛ばし、坂上鋭く伸ばしたが間に合わず、最内枠に泣いた父と同じ苦杯を舐めた。ただ、負けて強しの競馬で、4角でのロス、直線入って一瞬同上がりタイムの14アドマイヤオーラを置いていくシーンもあり、さらに各局映像では14アドマイヤオーラの末脚をG前まで捉えていないことから、 15フサイチホウオーの末脚がことさら強調されている印象も。

勿論、33.9は高水準であり、3番上がり8ドリームジャーニーの34.1ですら突出した斬れ味であったレースだから、高い評価をするんだけども、余りの一本カブリに行き過ぎだろ、との感。前走のゴール前と、父のレースっ振りと同一視され、ダービー確勝のイメージが増幅している

戦歴も内容も死角は少ない敢えてケチを。スタートは早くなく、後方追走のままだと決してディープインパクトほど斬れるワケではなく、直線もやや左右に振れる悪癖あり。仕掛けからトップギアに入るまで時間がかかる分、出し抜けを喰らったり前塞がり通しなら脚を余すリスクを抱える。

皐月賞で繰り出したもう1つのギアとはG前1Fほどの爆発的な瞬発力だが、1度っきりであり今回出せるとは限らない。調教も乗り込み十分で自己新更新ながら、手応え的には併せた相手に見劣る印象フットワークも重めに映った。血統的には母アドマイヤサンデー自身は気性難もあり、マイルで実績。父ジャンポケ自身は東京二四強かったが、血統上のNureyevはマイル〜二千当たりが中心距離。意外や意外、誰も気にしていない距離適正も父より短い可能性も。その分斬れるが。

展開的には3-4角の頂点辺りから早目に仕掛け、マクリ加減の競馬で、最低限の仕事としてヴィクトリーなど、逃げ先行勢を坂上で捉えに掛かる競馬を仕掛けざるを得ない。逃げを再び許す競馬だけはできない。距離に対するお釣りが思ったほど無ければ失速の可能性も孕むし、早目の抜け出しが裏目で、後続の瞬発力勝負馬たちに差される恐れもある。
他馬は当然、足下を掬いに来るはずだし。

安勝Jが十分手の内に入れており、ズブさや展開上のリスクも念頭において、出たナリの泰然自若で乗れば展開リスクは吸収されるが、前を掃除しに行かざるを得ないだけに、リスクを抱える騎乗ではある。この距離ではキンカメ以来のNo1ホース候補だけにダービーだけは確保したいタイトル。先週のダイワスカーレットの直前回避もあって、陣営は必死だろうなぁ。力は大いに認めるが、展開リスクを抱えていることを念頭に。軸ではあるかな。

16アサクサキングス 先行策だけに、展開握る1頭。
福永 3−0−0−3、ホワイトマズル×サンデーサイレンス
距離:○、東京:▲、脚質■■□□□、最長経験:二千、最速3F:34.2
四位J落馬負傷で当日乗り替わりのコーシローが逃げ指示を素直に実践し、有力馬たちを一蹴したきさらぎ賞。
近2走がサッパリ。特に皐月賞は平均ペースの逃げ2騎を離れて追う3−4番手。展開はメイショウレガーロとこの馬にあるかと思いきや、直線入って全く伸びずズルズル後退。敗因はバテとの陣営分析。調教過程、パドックでも良く見えた1頭で、イレコミなど無かったことから、距離適正がマイル寄りに振れているよう。父ホワイトマズルはクラシック距離向けだが、ジェニュイン全妹の母が強く出ているとなれば、二四は流石に長い、だろう。距離適正に大いに疑問。

NHKマイル大敗後は白紙になったローテも、1週前追いで自己新時計を計時。当週は末を伸ばされてこの馬なりに鋭さも見せた。戦略的な工夫が相当いるんだけども、後方からは殆ど味ないタイプだけに逃げを含めた先行策に活路を求めるしか。。ただ、ヴィクトリー当たりを相手に逃げにこだわると自爆。ただ、先行の程度によってはレースの展開を大きく握る'''1頭。先行させたときのユーイチは匙加減巧い。作戦的には出たナリということだが、ある程度の狙い持たなければ、出ただけの可能性も。

17ヴィクトリー 身体能力は怪物級かもだが、折合一つ
田中勝 3−1−0−0、ブライアンズタイム×トニービン
距離:▲、東京:初、脚質■■□□□、最長経験:二千、最速3F:34.3
前走の展開そのものは人気薄もあり、うまく嵌った。ただ展開の紛れだけではなく、12秒のほぼイーブンラップで走破。並みの馬ではない。G1常連・リンカーンの半弟で、フサイチコンコルドの母を祖母に持ち、ブライアンズタイム×トニービン×Sadler‘s Wellsと、SSこそ掛かっていないものの、世界に通用しそうな本格的な血統構成。折り合い次第では12秒平均のLAPで向こう正面で多少楽できれば、2.24台走破の力ありそう。

3角までギャロップ続けたことは余力有りとも見えるが、現実的には皐月賞が2005mならば差ざれていたワケで。サンツェッペリンでも触れた通り最後は2Fは流石に止まり加減だったし。暴れん坊キャラが定着しているが、放馬しての48秒台とか、前走での向こう正面での折り合いなど、自らがキツクなるまでは追い込まないタイプかもしれない。今の不良ではなく、昔のガキ大将的な。これ以上はダメと分をわきまえている気がする。ただ、フィジカル的には相当な器と見るが、メンタル面が子供のままで暴走や出遅れリスクを相当に孕んでいる。初のフジビュースタンド前発走だし、初の二四だし暴発リスクは高い。何というか、少し前のアメ車のイメージが。。

国際G1ジョッキーになった鞍上だが、シンガポールと違い、馬任せ騎乗となるんだろうし、前走やサニーブライアンの時のようにマイペースでの実質単騎とは行かないだろうから、距離伸びる上に負荷は高まる'''。

勿論折り合えれば、好走必至。だが直線で伸びる・斬れるという脚はないフサイチ他有力馬(の騎手)にとっては、この馬を捉えることは必達目標の競馬になるだろうし、サンツェッペリンとのマイペースでの逃げとは行かないだろう。 10プラテアード、 16アサクサキングス当たりも活路を見出しに競りかけてくる可能性もあるにはあるし。因みに重ねて語られてるサニーブライアン、皐月賞もダービーも大外18番枠でしたな。取捨微妙だな、7−8倍はオイシイが2番人気とそこそこ人気だし。計算できる分、サンツェッペリンの方が信頼できそうな気がするし。

18フライングアップル 前走大敗は不利、先行策に戻して
横山典 3−2−1−2、Rahy×Fire Maker
距離:○、東京:△、脚質□■■■□、最長経験:二千、最速3F:33.8
前走は4角で弾かれて終戦。完全度外視でいい。となればここでも、好戦のレベルはあり、と評価できる。

これまでトキオパーフェクトなど短距離志向強かったものの、志向性はクラシックディスタンス組成のRahy。Northern Dancer系の母父に母母方はスタミナ補充の配合。得意とは言わないが、初距離もこなし得る背景は内包している。

2走続けて好位-差し競馬でそれなりの競馬はしたものの、冬場までの先行集団の直後、好位からの競馬こそが本領だろう。そのカタチではまだ緩かったころの15フサイチホウオーに食い下がった。先行−好位から末をまとめる競馬だけに突出点が少なくムラの小さな11ナムラマースという印象。展開への融通性も高く、不発だった差し競馬も、調教と見れば脇固めの一貫と見ることも。

大外枠もあり、気楽に乗れるノリ。勝ち切るイメージは沸かないが、長打狙いの競馬ありそう。押さえ対象の候補だな。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事