全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

阪神内回りのG1は宝塚記念のみ。
         ↑天気は当初予想より悪化傾向。。

フルゲートでの宝塚記念。それ自体が86年まで遡ってもナイ。。突然の“ほぼ”フルメンバー。これにスイープトウショウ、ドリームパスポートさえ元気でいてくれれば、と思わせるメンツ。。国内G1馬4頭に、海外G1馬3頭の競演。14勝+1降着。重賞勝ちにまで広げると18頭中17頭が重賞勝ち経験あり。名前だけ眺めてると馬券圏内候補は11頭ほど、3連単BOXだと、、、990通りですか。

ちゃんと絞ろうかね。


杉本節でも有名な「あなたのそして私の夢が走っています」。実際は毎年やや歯抜けのグランプリ。暮れの有馬記念に比べて何とも地味というか、裏開催的なニオイまでしてた。後年はどっちかというと穴党杉本清氏のキャラ露出機会という印象も(笑。オリジナルの公募ファンファーレをつくるなど涙ぐましい努力も。

古馬勢では天皇賞(春)、安田記念と倍の距離差を有する路線が融合し得る舞台のはずが、3歳勢はクラシック上位馬に魅力的な斤量設定のはずだったのに。。

古馬勢は前走からのペース違いを嫌って惨敗できない有力馬たちが回避、3歳勢はクラシック戦線のオークス・ダービーで段落、休養回避してきた歴史。その間隙を縫ってハギノカムイオー、オサイチジョージ、メジロライアン、マーベラスサンデー、メイショウドトウなどが悲願を達成のレースという面も。そう言や、ヒシミラクルの単賞1200万円突っ込んで、2億持って帰ったツワモノがいたこともあったっけなぁ。

しかし有力馬がしっかり程度揃えば、阪神二二は絶妙な舞台設定と思えてくる。


ディープインパクトのレースにおける「どんな勝ち方をするか」強さを再確認する水戸黄門的予定調和もイイが、異なる路線からどんな結果?かを予想(妄想)膨らませ、ワクワクドキドキしながら見るレースという意味では、プロ野球の日本シリーズというよりオールスターゲームを見るようなそんな楽しみがある。で、得てして混戦と見えて、大味な決着になったりするもんだが。


阪神内回りのG1は宝塚記念のみ。一応、直接関係無さそうだが、改装後の阪神競馬場での宝塚記念は初めて。
内回りについては路盤改良等の情報知らないが、改装中に野芝が深く密生し時計が速くなっているというのは納得できる仮説。さらに傷みやすい3−4角も外回りレースと負荷分担のせいもあり、開催の3日間では良馬場続きで痛みも軽微。

先週土曜の三宮特別(千六1000万下)での快レコード(1.32.0、しかも12着馬までが1.32秒台!)で阪神コースも軽くなったとの声多いが、先週日曜と昨日土曜日の時計は少し速いかな、という程度に落ち着いた。やや前有利かも、は感じるが追込馬も馬券に絡むなど、トラックバイアスは少なく、馬場そのものは力通りの決着を生む傾向。内回りコースに限れば、走破時計は速目ながらも、上がりは意外と掛かっている


直線は上図の通り、直線は350m強と外回りに比べ120m短い。過去の宝塚記念ではやや前目有利の傾向あり。梅雨時開催もあって、馬群は大外にまで広がる印象。ただ大外馬は差し届かずも多い。後方強襲での勝ちはは97年マーベラスサンデー(マクリ競馬か)、03年ヒシミラクルくらいと少数。一昨年のスイープトウショウは好位から、昨年のディープインパクトは京都外回りでのもの。


さて、肝心の空模様。当日の雨模様が結果に大きく影響しそうなだけに、良く見極めたい。
天気予報、コレもまた難解。当日未明段階では昼過ぎから雨模様予想も、早朝予想では朝9:30頃ひと山。その後も弱くとも降り続く予報だな。で、9:20で稍重(ダートは不良)へと。

馬場自体は多少前目に有利に傾くかぁ?


んでは、各馬評に。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事