2018/09/02定例研究会

9月2日日曜日、埼玉県浦和市の

「さいたま市民会館うらわ」にて研究会を開催いたしました


非常に暑かった夏もピークを越え

朝晩には涼しさも感じられるようになってきましたね

当日は台風の影響もあったせいでしょうか

気温が25度を超えないくらい

絶好の研究会日和でした


イメージ 1

本日の研究会の予定です




イメージ 2

本日の司会は大澤規一先生です

大澤先生もこの司会は初めてですね

緊張されていたようですが、カンペがあるから大丈夫!

しっかりと司会進行を務めてくださいました


司会は難しくなんかこれっぽっちも無いですし、

会員みんなで作り上げていくのが北関東支部スタイルなので

「我こそは司会をしてみたい!」という先生がいらっしゃいましたら

役員までご一報をくださいね



イメージ 3

六方段奉唱

導師は小松原加治先生です

小松原先生も腰や股関節が痛い中お越しくださっております

ベテランの先生がこのように頑張って参加してくださる姿は

私たち後輩にとっても素晴らしいお手本となっております

これからもよろしくお願いいたします


イメージ 4

支部長挨拶 及び 医学会参加報告

菱山支部長より

来月開催される三支部合同医学会の案内などがありました

今年より三支部合同医学会は

本部「長生寺(生麦)」で開催される事になりました

また宿泊は行わず、当日のみ(参加費3000円昼食付)

観光は行わず、勉強のみ

夜の懇親会は行う(別途支払い)

(今年はキリンビール工場にて開催・参加費7000円)

これは今後継続していく事が決定しております

「お金や時間に余裕が無い でも勉強したい、技術向上したい」

こういったニーズに合わせて長生会も変化しております

ぜひ若い先生にご参加いただきたいと思います



イメージ 5

さて本日、午前の部は

「医療保険(療養費制度)の改正について」です

健康保険を使った訪問マッサージの制度ですが

昨今、長生会員の先生方のなかでも利用されている方が多いようです

先日、国会でその療養費制度に関する法改正が決定し

近く施行される見通しとなっております

今回、長生会員でもあり、また神奈川県鍼灸マッサージ会の理事でもある

「工藤 英二」先生に講演していただきました

長生会員にとって必要な、改正ポイントや注意点などを

詳しく説明していただきました


イメージ 6

資料とスライドを使って説明されました

また利用している会員の先生からさまざまな質問がでていました

同じく会員の「沖原 博道」先生も補足説明をされました

沖原先生は埼玉県在住なので

埼玉県の方針と傾向について詳しく説明してくれました


イメージ 7

午後は実技の勉強です

今日のテーマは「肩・首」です

最初の実技は「五十肩の治療法」

指導役は「菱山」先生です

五十肩の治療の際は肩だけではなく

背中(脊椎)も診る事が大事とご指導くださいました


イメージ 8

続いては「座位での頚部の矯正法」

指導役は梅原先生です

まず頸椎がどちらに転移しているかの確認の仕方を習います

これが間違っていたら元も子もないですからね



イメージ 9

とにかく経験

なにより体験

みんなで練習します

若い先生はついエンリョしがちですが

そんなもったいないコトしないで

どんどん積極的に実技に参加してくださいね


イメージ 10

この通り、シブチョーだって患者役を買ってでてます!

少々壊してもモンク言わないから大丈夫(笑)


イメージ 11


最後は「第二頚椎の押し込み法」

指導役は都丸先生です

都丸先生はやはり本部出身だけあって

基本矯正の正確さは北関東支部イチです!

指導の仕方もしっかりされていて

細かいポイントまで丁寧に教えてくださいます


イメージ 12

研究会会場は人数分のベッドが無いため

会員の練習は畳の上がメインとなります


ところが頚椎の押し込み矯正法は

畳の上だとなかなかやりにくいもの

そこで畳の上で、第二頚椎の押し込み矯正法

を実際にやってもらいました

ベッドを使ってする矯正法とはけっこう違いますね




この後、相互治療を行い閉会となりました

次回は三支部合同医学会です

10月21日日曜日に生麦の長生寺で開催されます

皆さま、ふるってご参加くださいね




なお、北関東支部の次の研究会は12月9日日曜日

場所は別所沼会館にて開催します

忘年会もかねておりますので

こちらにもぜひご参加ください


この記事に

開く コメント(0)

2018/05/27定例研究会

会場 さいたま市民会館 うらわ



イメージ 1

司会 胡麻 先生



イメージ 2

東北医学会報告 鈴木浩幸 先生



イメージ 3

新入会員 3名 植木義之(60期)、鈴木敬(59期)、大倉信(56期)、あとで遅れて大豆生田翔子(60期)




イメージ 4

午前 プラーナ療法と精神療法について
進行役 菱山
連続プラーナ 指導役 都丸
振動法    指導役 登坂博
プラーナ体験
 全員が円になってプラーナを送る。
2人1組で思念を送る練習。
など





イメージ 5

プラーナ療法、精神療法についてのディスカッション
 
・普段の治療で心がけていること
・良くなるようにと念じて治療する。
・自分も患者さんも正思念を持って治療にあたる。
 
・プラーナ、気、エネルギーについて思うこと。
・体験談
・信頼が大事。
・相手の話をよく聞いて、共感する。否定したりしない。
・話を聞くだけでも精神療法。



イメージ 6

午後 一般操作
進行役 野田
指導 菱山、武市、梅原
みんなの前に出て一般操作の基本、手の当て方、角度、注意点、体重の乗せ方、リズム・・・など



イメージ 7





イメージ 8

その後、それぞれに分かれて一般操作の練習。
 
相互治療





イメージ 9

懇親会 魚民



イメージ 10



次回の研究会は9月2日です


この記事に

開く コメント(0)

2018/03/04定例研究会


3月4日日曜日、埼玉県浦和市の

「さいたま市民会館うらわ」にて

今年度最後の研究会を開催いたしました。



暖かくなってきて活動しやすくなってきましたが

同時に花粉も活発に活動を開始したようです。

花粉症の先生にとって、とても辛い時期が来てしまいました。

次の5月の研究会の時は収まっているでしょうが、

4月の本部行事のときはまだまだ辛そうですねぇ。


イメージ 1

本日の司会は、副支部長の野田先生です。

野田先生は支部の備品管理も請け負ってくれています。

北関東支部にとって欠かせない役員の一人です。

宴会の盛り上げ役だけじゃないんですよ!(笑)


支部長挨拶では菱山支部長が

先日行われた長生学園の卒業式に出席された件を話されました。

卒業式の後の謝恩会・二次会まで参加され

北関東支部の案内パンフレットを配りまくったとのこと。

カラー刷りの支部のパンフレットはとっても好評で

入部希望の新卒業生も数人いたそうです。

次年度また新しい仲間が増えそうでとっても楽しみですね!



イメージ 2

さて、今日は今年度最後の研究会ですので、午前は総会です。

今年の議長は武市先生です。

さすがにベテランだけあってスムーズな進行でした。

行事経過報告・会計報告・行事計画案・予算案

は、すべて承認されました。

その他の議案も特にはなく

現在の支部の会則・運営に大きな問題点は無いことが見て取れました。

さらに今後を見据えて、

北関東支部がより活性化してゆくためにはどのような活動が必要か

今現在の支部のすばらしさを再確認するなど

ベテランから若手まで忌憚のない意見が飛び交いました。

やはり自分たちの支部ですから

みんなで盛り上げていかないと!ですね。



なお、ベテランの先生からこの研究会レポートがとっても面白い、

とお褒めの言葉をいただきました。

毎回頑張ってる甲斐がありましたね!

でも、普段からもっと褒めてくださってもいいんですよ!(笑)


イメージ 5


午後からは通常通りの研究会です。

本日のテーマは「一年間の総括 ディスカッション」。


進行役は 勝田先生です。



イメージ 3

登坂 博史先生です。


普段の治療で分からない事や、他の先生が行っている治療法など

ベテランの先生を中心に教えていただきました。




イメージ 4

今回は
 
・膝頭の基本
・八の字の基本
・甲状腺疾患に対する施術法
・上部胸椎の矯正のバリエーション
・坐骨神経痛
・腎臓周囲の操作法

などなどが質問として出ました。

イメージ 6

小松原先生も実技披露してくださいました。


ベテランの先生の治療を受けるのも勉強です。

このブログもそうですが、やはり見るだけじゃわかりません。

やっぱり実際に受けてみないと。

そういう意味でも、ベテランの先生と出会える支部の研究会というのは

大変貴重な機会なんだな、と実感します。



後半ペアでディスカッションでやった操作法の実技練習を行い、

本日の研究会は終了となりました。


イメージ 7


前日卒業したばかりの60期の先生が参加(羽田さん)です。

長生学園1期の登坂先生とツーショット写真。

半世紀以上の開きがあっても、

支部を通じて交流ができる長生って素晴らしいですね。


イメージ 8


研究会の後はお楽しみの懇親会。

勉強ばかりではなく、リフレッシュも大事ですよねー。




イメージ 9


ベテランの先生も新人さんもみな一つのテーブルを囲んで

おしゃべりに花を咲かせます。

先輩の失敗談やあーしておけば良かった話は

お酒の席でしか聞けないものですよ。

先輩の失敗を聞くことが出来たおかげで

「自分は気を付けよう」

「危なかったけど聞いておいて助かった」

という事がいっぱいあります。

(筆者はずいぶん役に立たせてもらってます。先輩方ありがとうございました)

医学会や支部研究会に参加された先生は

ぜひそのあとの懇親会まで参加してください。

きっと飲み代以上のリターンがありますよ。

お金が無い場合は・・・・、

支部長!おごってください!!って言ったら払ってくれるかも。

ね、菱山支部長。。

(保証はしませんが)



次回の研究会は

5月27日日曜日・午前10時より

「さいたま市民会館うらわ」

にて開催いたします。

今年卒業された先生は無料で参加できます。

ぜひ奮ってご参加ください。

お待ちしております。


この記事に

開く コメント(0)

2018/02/04定例研究会

イメージ 1


2月4日、新年初めの研究会を

さいたま市民会館うらわにて開催いたしました。

すでに2回も雪が降っていますから

当日は大丈夫だろうかと心配しましたが

幸い天気に恵まれていつも通りたくさんの先生方に

ご参加いただくことができました。

皆さんの日頃の行いの賜物ですね!


イメージ 2

六方段奉唱。

導師は小松原先生です。

膝と腰の具合が悪いなかこうやってお越しくださって

導師の任も快く引き受けてくださいます。

素晴らしい先輩に感謝です。


イメージ 3

本日の司会は中村先生です。

すっかり役員にも慣れ、抜群の安定感で

司会を務めてくれています。

懇親会の準備の担当もしてくれて

本当に頼もしい先生です。


イメージ 4

支部長挨拶は菱山先生です。

今回の研究会の特別講演は菱山先生の

ご尽力により実現したものです。



いま、若い先生が独立・開業し、それを継続することが難しくなっています。

一人でも多くの長生学園の卒業生が

長生の治療で生計をたてていけるように。

これからの治療師は治療技術はもちろん

「経営」も学ばねばなりません。

数年前からこの「経営」という分野も学ぼう、

ということで北関東支部では度々研究会でも取り上げています。

今までは会員が自身の経験から話をしておりましたが

今回は経営コンサルタントの方をお招きし、

お話を聞くことができました。



イメージ 7

今回、ご講演いただいた

「石井 慎哉」先生です。

先生の開かれるセミナーには長生の先生も数多く参加しており

菱山支部長もそのひとりです。

今回、そのご縁から北関東支部の研究会にお越しいただくことになりました。

治療師同士では生まれない考え方、

外側から見るからわかる治療師とその経営の

向かうべき方向とその方法について丸一日かけて教えていただきました。



イメージ 5

講演の様子です。

みな、真剣に聞き入ってます。

いや〜、目からウロコが何枚も落ちました。



イメージ 6

他支部からも多数の先生に参加していただき

とても有意義な時間だったと、すごく喜んでいただけました。


「治療師は技術さえあれば食べていける」

決して間違いではありません。

しかし、治療院の乱立や少子高齢化による需要の減少、

つまり治療院は増え、患者は減る時代がすぐそこまで来ています。


治療技術の向上が一番大事なのは言うまでもありません。

しかし、「患者から選ばれる」ことに対しての工夫や努力を無しに

治療室を継続していくことはどんどん難しくなっていきます。


長生学園の卒業生が一人でも多く

治療院を開業し、地域社会に貢献できる治療師となって活躍できる

その第一歩になってくれますように。

北関東支部では継続的にこのような企画も続けていきたいと思います。

今回、残念ながら参加できなかった先生もぜひ次回をご期待ください。



・・・・いつになるか分からないですが(苦笑)


特別講演の後、相互治療を行い研究会は終了となりました。

イメージ 8

研究会の後は、石井先生を囲んで楽しい懇親会となりました。

ここには書けない、面白くためになる話がいっぱい聞くことができました。






次回、研究会は3月4日日曜日です。

会場は今回と同じ「さいたま市民会館うらわ」です。

午前は総会です。

皆様の意見で北関東支部の在り方が決まります。

会員の皆様はぜひ積極的にご参加ください。

午後は研究会です。

一年間の総括と具体的な疾患に対するディスカッション、を行います。



皆様のご参加をお待ちしております。






この記事に

開く コメント(0)

2017/12/03定例研究会報告

12月3日日曜日 浦和「別所沼会館」にて

今年最後の研究会を開催いたしました。

「別所沼会館」は別所沼公園の中にあるのですが

最寄りの駅から一番端っこにあるので

公園の中を縦断することになります。

この時期は銀杏がキレイに色付き、

公園内が黄色一色に覆われるんですよ。

参加された先生方は、レッドカーペットならぬ

イエローカーペットの上を歩いて会場入りされました。

(残念ながら写真は撮り忘れてしまいました)


イメージ 1

今回参加された先生方は32名。

北関東支部の先生はみんな仲が良いので

自然と笑顔がこぼれます。

なんと長生学園第1期(!)卒の先生から

去年卒業された59期の先生まで

幅広く参加されているんですよ


イメージ 2

今回の司会は 新井 鉄之先生です。

新井先生は59期。

北関東支部ではいろんな先生に司会を務めてもらっています。

大変そう?いえいえ。

ちゃんとカンペがありますから。

誰でもカンタンにできますし

少々の間違いもご愛敬♪

やってみたい!という方は

役員に一声かけてくださいね。



イメージ 3

支部長挨拶と地方医学会の参加報告です。

近畿支部・西日本連合会医学会に参加された

様子を報告してくださいました。

吉本新喜劇と漫才がとっても面白かったとのこと。



イメージ 4

午前は外部講師をおまねきしての特別講義となります。

今回お招きしたのは

 「医療 マッサージ研究所 所長 岡田智一 先生」です。

岡田先生は長生学園卒業の先生で

現在治療院を経営されながら

治療に関する講演活動もされています。

きょうはどのようなお話を聞かせていただけるのでしょうか!



イメージ 5

本日のテーマは

「臨床推論に基づく頚部・上肢疾患の診方」

頚部に発生しやすい疾患とその症状や

診断のための検査法、

そして解剖に基づく治療法とそのポイントです。

特に最近パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる

ストレートネックやスマホっ首への考察は大変参考になりました。


イメージ 6

実技を行うには治療のポイントを明確にしなければなりません。

そのポイントを見つけやすくするために

直接人体に骨や筋肉を書き込みます!!

(ちなみに書かれている野田先生とは同級生だそうです)

これは新しい!

今まではテープを貼って筋肉の位置を示した先生はいましたが

直接書き込むのを見るのは初めてです。

今後、北関東支部のトレンドになるでしょう(笑)

その時は野田先生、よろしくお願いします。


イメージ 7

午後は支部の先生に指導役となってもらって勉強します。

この時間は武市先生と新海先生です。

武市先生は丸まっている背中を無理のないように伸ばす操作を、

新海先生は頚部の筋の弛め方をそれぞれ教えてくださいました。



イメージ 8

そのあとはディスカッション。

普段、治療の際に疑問に思っている事や聞きたいことを

来ている先生方に聞くことができます。

鈴木浩幸先生の進行で行います。


イメージ 9

小林先生は数年前に大病をされ、

その後遺症で今でも身体に若干の不自由さを感じながらも

治療師として治療を続けてらっしゃいます。

そのご自身の体験をもって

同じ疾患の患者を治療するさいの注意点、

特に下頚の矯正の重要性とそのかけ方を教えてくださいました。

この後、相互治療をおこない、研究会は終了となりました。


イメージ 10

研究会が終わると、いよいよお待ちかねの忘年会です!!

今年は三支部の主催も終わり、3年に一回の一番気楽な忘年会。

役員もみなリラックスしながら楽しみましょう!



イメージ 11

小松原先生の乾杯で懇親会がスタート!



イメージ 12

今年の余興はシンプルにビンゴ。

景品は選りすぐった逸品だと言ってますが・・・。

チームに一品なので量的にどーなの?野田先生!?

いや、わかってます、予算が・・・ね。

そして後ろに若干ナニかが間違ってるサンタがいます(笑)



イメージ 13

登坂博史先生は今年米寿を迎えられました。

そして今年から終身特別会員となっていただきました。

この終身特別会員は以前から規約があったものの

昨年まで一人もいませんでした。

80歳以上で10年以上支部に在籍していただいている先生だけが

受けることが出来るこの特典。

先生方にご報告するとともにそのお祝いをさせていただきました。


イメージ 14

研究会の時も撮りましたが、忘年会から参加された先生もいるので

改めて記念撮影。

皆さん、ほどほどに赤い顔をされていますね!

特別講師の岡田先生にもご参加いただいています。


イメージ 15

宴もたけなわになり、お開きの時間とあいなりました。

登坂博史先生のご発声の元、万歳三唱で懇親会を閉会とさせていただきました。

今年も一年間お疲れ様でした。



次回は来年2月4日日曜日、「さいたま市民会館うらわ」にて開催いたします。

次回も特別講演です。

テーマは「治療院経営マーケティング」

外部講師に経営コンサルタント「石井慎哉」先生をお招きします。

インターネットを使った効率的な集客法から

現在利用してくださっている患者さんに

優良顧客になってもらうためのフォローの仕方など、

これからの治療院経営に必要なスキルを身につけましょう。

来年もまたたくさんの先生方のご参加をお待ちしております。


それではよいお年をお迎えください。

北関東支部役員一同


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事