2018/02/04定例研究会

イメージ 1


2月4日、新年初めの研究会を

さいたま市民会館うらわにて開催いたしました。

すでに2回も雪が降っていますから

当日は大丈夫だろうかと心配しましたが

幸い天気に恵まれていつも通りたくさんの先生方に

ご参加いただくことができました。

皆さんの日頃の行いの賜物ですね!


イメージ 2

六方段奉唱。

導師は小松原先生です。

膝と腰の具合が悪いなかこうやってお越しくださって

導師の任も快く引き受けてくださいます。

素晴らしい先輩に感謝です。


イメージ 3

本日の司会は中村先生です。

すっかり役員にも慣れ、抜群の安定感で

司会を務めてくれています。

懇親会の準備の担当もしてくれて

本当に頼もしい先生です。


イメージ 4

支部長挨拶は菱山先生です。

今回の研究会の特別講演は菱山先生の

ご尽力により実現したものです。



いま、若い先生が独立・開業し、それを継続することが難しくなっています。

一人でも多くの長生学園の卒業生が

長生の治療で生計をたてていけるように。

これからの治療師は治療技術はもちろん

「経営」も学ばねばなりません。

数年前からこの「経営」という分野も学ぼう、

ということで北関東支部では度々研究会でも取り上げています。

今までは会員が自身の経験から話をしておりましたが

今回は経営コンサルタントの方をお招きし、

お話を聞くことができました。



イメージ 7

今回、ご講演いただいた

「石井 慎哉」先生です。

先生の開かれるセミナーには長生の先生も数多く参加しており

菱山支部長もそのひとりです。

今回、そのご縁から北関東支部の研究会にお越しいただくことになりました。

治療師同士では生まれない考え方、

外側から見るからわかる治療師とその経営の

向かうべき方向とその方法について丸一日かけて教えていただきました。



イメージ 5

講演の様子です。

みな、真剣に聞き入ってます。

いや〜、目からウロコが何枚も落ちました。



イメージ 6

他支部からも多数の先生に参加していただき

とても有意義な時間だったと、すごく喜んでいただけました。


「治療師は技術さえあれば食べていける」

決して間違いではありません。

しかし、治療院の乱立や少子高齢化による需要の減少、

つまり治療院は増え、患者は減る時代がすぐそこまで来ています。


治療技術の向上が一番大事なのは言うまでもありません。

しかし、「患者から選ばれる」ことに対しての工夫や努力を無しに

治療室を継続していくことはどんどん難しくなっていきます。


長生学園の卒業生が一人でも多く

治療院を開業し、地域社会に貢献できる治療師となって活躍できる

その第一歩になってくれますように。

北関東支部では継続的にこのような企画も続けていきたいと思います。

今回、残念ながら参加できなかった先生もぜひ次回をご期待ください。



・・・・いつになるか分からないですが(苦笑)


特別講演の後、相互治療を行い研究会は終了となりました。

イメージ 8

研究会の後は、石井先生を囲んで楽しい懇親会となりました。

ここには書けない、面白くためになる話がいっぱい聞くことができました。






次回、研究会は3月4日日曜日です。

会場は今回と同じ「さいたま市民会館うらわ」です。

午前は総会です。

皆様の意見で北関東支部の在り方が決まります。

会員の皆様はぜひ積極的にご参加ください。

午後は研究会です。

一年間の総括と具体的な疾患に対するディスカッション、を行います。



皆様のご参加をお待ちしております。






この記事に

開く コメント(0)

2017/12/03定例研究会報告

12月3日日曜日 浦和「別所沼会館」にて

今年最後の研究会を開催いたしました。

「別所沼会館」は別所沼公園の中にあるのですが

最寄りの駅から一番端っこにあるので

公園の中を縦断することになります。

この時期は銀杏がキレイに色付き、

公園内が黄色一色に覆われるんですよ。

参加された先生方は、レッドカーペットならぬ

イエローカーペットの上を歩いて会場入りされました。

(残念ながら写真は撮り忘れてしまいました)


イメージ 1

今回参加された先生方は32名。

北関東支部の先生はみんな仲が良いので

自然と笑顔がこぼれます。

なんと長生学園第1期(!)卒の先生から

去年卒業された59期の先生まで

幅広く参加されているんですよ


イメージ 2

今回の司会は 新井 鉄之先生です。

新井先生は59期。

北関東支部ではいろんな先生に司会を務めてもらっています。

大変そう?いえいえ。

ちゃんとカンペがありますから。

誰でもカンタンにできますし

少々の間違いもご愛敬♪

やってみたい!という方は

役員に一声かけてくださいね。



イメージ 3

支部長挨拶と地方医学会の参加報告です。

近畿支部・西日本連合会医学会に参加された

様子を報告してくださいました。

吉本新喜劇と漫才がとっても面白かったとのこと。



イメージ 4

午前は外部講師をおまねきしての特別講義となります。

今回お招きしたのは

 「医療 マッサージ研究所 所長 岡田智一 先生」です。

岡田先生は長生学園卒業の先生で

現在治療院を経営されながら

治療に関する講演活動もされています。

きょうはどのようなお話を聞かせていただけるのでしょうか!



イメージ 5

本日のテーマは

「臨床推論に基づく頚部・上肢疾患の診方」

頚部に発生しやすい疾患とその症状や

診断のための検査法、

そして解剖に基づく治療法とそのポイントです。

特に最近パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる

ストレートネックやスマホっ首への考察は大変参考になりました。


イメージ 6

実技を行うには治療のポイントを明確にしなければなりません。

そのポイントを見つけやすくするために

直接人体に骨や筋肉を書き込みます!!

(ちなみに書かれている野田先生とは同級生だそうです)

これは新しい!

今まではテープを貼って筋肉の位置を示した先生はいましたが

直接書き込むのを見るのは初めてです。

今後、北関東支部のトレンドになるでしょう(笑)

その時は野田先生、よろしくお願いします。


イメージ 7

午後は支部の先生に指導役となってもらって勉強します。

この時間は武市先生と新海先生です。

武市先生は丸まっている背中を無理のないように伸ばす操作を、

新海先生は頚部の筋の弛め方をそれぞれ教えてくださいました。



イメージ 8

そのあとはディスカッション。

普段、治療の際に疑問に思っている事や聞きたいことを

来ている先生方に聞くことができます。

鈴木浩幸先生の進行で行います。


イメージ 9

小林先生は数年前に大病をされ、

その後遺症で今でも身体に若干の不自由さを感じながらも

治療師として治療を続けてらっしゃいます。

そのご自身の体験をもって

同じ疾患の患者を治療するさいの注意点、

特に下頚の矯正の重要性とそのかけ方を教えてくださいました。

この後、相互治療をおこない、研究会は終了となりました。


イメージ 10

研究会が終わると、いよいよお待ちかねの忘年会です!!

今年は三支部の主催も終わり、3年に一回の一番気楽な忘年会。

役員もみなリラックスしながら楽しみましょう!



イメージ 11

小松原先生の乾杯で懇親会がスタート!



イメージ 12

今年の余興はシンプルにビンゴ。

景品は選りすぐった逸品だと言ってますが・・・。

チームに一品なので量的にどーなの?野田先生!?

いや、わかってます、予算が・・・ね。

そして後ろに若干ナニかが間違ってるサンタがいます(笑)



イメージ 13

登坂博史先生は今年米寿を迎えられました。

そして今年から終身特別会員となっていただきました。

この終身特別会員は以前から規約があったものの

昨年まで一人もいませんでした。

80歳以上で10年以上支部に在籍していただいている先生だけが

受けることが出来るこの特典。

先生方にご報告するとともにそのお祝いをさせていただきました。


イメージ 14

研究会の時も撮りましたが、忘年会から参加された先生もいるので

改めて記念撮影。

皆さん、ほどほどに赤い顔をされていますね!

特別講師の岡田先生にもご参加いただいています。


イメージ 15

宴もたけなわになり、お開きの時間とあいなりました。

登坂博史先生のご発声の元、万歳三唱で懇親会を閉会とさせていただきました。

今年も一年間お疲れ様でした。



次回は来年2月4日日曜日、「さいたま市民会館うらわ」にて開催いたします。

次回も特別講演です。

テーマは「治療院経営マーケティング」

外部講師に経営コンサルタント「石井慎哉」先生をお招きします。

インターネットを使った効率的な集客法から

現在利用してくださっている患者さんに

優良顧客になってもらうためのフォローの仕方など、

これからの治療院経営に必要なスキルを身につけましょう。

来年もまたたくさんの先生方のご参加をお待ちしております。


それではよいお年をお迎えください。

北関東支部役員一同


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

10月15日・16日、埼玉県秩父市にて第26回三支部合同医学会を開催いたしました。

今回は全国から50名の先生方にお越しいただきました。

修伽先生にもお越しいただき、会員一同非常に嬉しく思いました。

今年はこの三支部合同医学会のみ参加されたのですが、

「来年はまた全国に行くわよ!」

と力強くおっしゃっていました。




イメージ 2

今年の三支部合同医学会はいつもと若干スケジュールが違います。

まずSLパレオエクスプレス(秩父鉄道)に乗って秩父駅に向かいます。

その後、バスにて会場「農園ホテル」に行き医学会となります。

電車で参加の先生は熊谷駅から

クルマで参加の先生は会場ホテルに一旦集合し、バスで移動して寄居駅から

それぞれSLに乗ります。

ホントはこのくらいいい天気で乗りたかったのですが・・・・・


イメージ 3

当日はあいにくの雨。

誰でしょうね、雨男(雨女)は??

そんな雨の中でもSLは大人気!!

老若男女問わず、みなカメラやスマホで写真を撮りまくっていました。

いよいよこのSLに乗り込みます。


イメージ 11

寄居駅〜秩父駅まではおよそ1時間。

その間に昼食を楽しんでいただきます。

お弁当の名前も「SL弁当」

幕ノ内風ですが、海苔がSL型に切り抜かれていました。

柴田政宏会長・藤村事務長

そして北関東支部支部長の菱山先生がBOXシートでお弁当をパクリ!

雨の車窓を眺めながら、秩父駅を目指します。

イメージ 4

会場に着くと、いよいよ「第26回三支部合同医学会」が始まります。

開会の挨拶や来賓紹介を経て研究発表となります。

今年の発表者は

北関東支部 新海良幸先生 「膝痛の一治療法 〜半月板の気持ちを体験〜」

千葉茨城支部 藤岡敬子先生 「頚部の筋操作法」

中央支部 村山幸喜司先生 「腰椎の操作法について」

です

イメージ 5

最初の発表者は新海先生です。

また、です(笑)

スライドを使い、動画で動きを説明するのはいつも通りですが

今回はヒザの模型まで持ち込んできました。

進行係は時間オーバーを回避すべく、

「時間オーバーです」のプラカードで終了を促しますが、

いつも通り終わりません(笑)

この後のスケジュールもあるんですから時間厳守でおねがいしますよー!


イメージ 6

医学会終了後は懇親会です。

北関東支部が誇る宴会部長・野田先生渾身の余興がさく裂!

ウルトラマンが出てきたり怪人が出てきたり。

参加された先生方は終始笑顔でした。

この後、会場を替えて二次会も盛り上がりました。


イメージ 7

翌日は観光です。

今回の目玉の一つで、関東屈指のパワースポットでもある

「三峰神社」

ここで正式参拝と見学をしました。

残念ながら今日も雨、しかも今年一番の寒さのなかでしたが

皆さん元気に見て回られていました。

修伽先生もお元気いっぱいで

さっそうと歩きまわっていらっしゃいましたよ!


イメージ 8

三峰神社は狛犬(こまいぬ)ではなく大神(おおかみ)です

白い大神を祀られているのですが、

ジブリ映画「もののけ姫」を思い出したのは

わたしだけではないはず。

この写真の右後ろにいるのも大神ですね。


イメージ 9

三峰神社観光を終え、昼食の時間です。

昼食は秩父名物「石器焼き料理」

熱した石の上で野生のイノシシやシカ、とれたて野菜などを焼いて食べます。

前菜も充実しており、一人前がかなりのボリュームなのですが

普段めったに口にすることのない食材を前に

参加された先生方はみな舌鼓を打っていらっしゃいました。


イメージ 10

食事も終盤を迎え、参加された先生方へお礼の時間となりました。

北関東支部役員と協力してくれたスタッフの皆さんと一緒にお礼のご挨拶。

そして三支部の支部長によるお礼のご挨拶です。

遠路はるばるご参加いただいた先生方、大変ありがとうございました。

そして本部からご参加いただいた柴田政宏会長、柴田修伽先生ありがとうございました。

今後とも三支部合同医学会、そして北関東支部を宜しくお願い致します。





*参加された先生方へ*

この度はご参加いただきありがとうございました。

帰りの道中、事故やケガなどはありませんでしたでしょうか?

旅行保険に加入しておりますので、なにかございましたら

支部長・菱山までご一報お願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

2017/09/03定例研究会報告

9月03日日曜日に「さいたま市民会館うらわ」で

研究会を開催いたしました。

ここは埼玉県さいたま市にある浦和駅。

浦和レッドダイヤモンズ (通称 浦和レッズ)の地元です。

うなぎの街でもあり、浦和うなこちゃんが出迎えてくれます!

イメージ 1

駅から歩くこと5分。

研究会会場の「さいたま市民会館うらわ」に到着しました。

今日の天気は晴れ!

今年の夏は雨が多かったのですが、

研究会当日は良い天気になってくれました。

天気が良いと多くの先生方に参加していただけるので

とてもうれしいですね。


イメージ 2

本日の司会は 新井 紀範 先生です。

新井先生も今回の司会が初めて。

聞きやすい声でハッキリと司会してくださったので

進行がとってもスムーズでした。

これは人生経験の豊富さがなせる業なんでしょうね。

イメージ 3

恩徳讃奉唱。

導師は小松原 加治先生です。

ちょっとお久しぶりのような気が・・・アレ?

でもお元気でなによりでした。

足の具合が芳しくないなか、ありがとうございました。

さて、今回の参加者は34名。

いつも同じ顔触れではないのに、毎回だいたい同じくらいの

先生方にご参加いただいています。

会場のキャパシティはもうちょっとありますから

会員の皆様は安心してご参加くださいね。


イメージ 4

支部長挨拶は菱山先生です。

7月に本部で開催された「高等講習」の事を話されました。

今回は基本となる矯正の構え方から腰の切り方など、

細かいポイントを押さえたお話だったので

とても勉強になったとのことでした。

来年も開催されたらぜひ積極的に参加したいですね!


イメージ 5

開会式が終わり、研究会開始。

今回の進行役は 都丸先生です。

本日の研究会のテーマは「腰痛・下肢痛」

事前に指導役の3人の先生と打ち合わせを行い

参加された先生方が効率よく勉強できるよう準備

そして進行してくださいました。



イメージ 6

最初の指導役は新海先生です。

反っている腰と丸まっている腰では

治療を行う際、それぞれ弛めるべきポイントが違う

というお話とその治療法を披露してくださいました。

いつも通り解剖学的なお話とストレッチがメインでした。



イメージ 7

次は松井先生です。

松井先生もやはり解剖学的な見地から

痛くなる箇所や弛めるポイントの探し方をお話くださいました。

一般操作でしっかり弛めないと、矯正もかかりにくい。

分かっていてもついつい矯正をしなくてはと焦ってしまいます。

やはり「弛める」という行為は奥が深いですね・・・。


イメージ 8

3人目は梅原先生です。

ちょうど腰痛と下肢痛で悩まれている今日の六方段の導師

小松原先生を患者役として指導してくださいました。

股関節の外側や大腿の内側をしっかり弛めることで

腰部の緊張を取るお話はとても分かり易く、

すぐ実践できるお話でした。


イメージ 9

お昼ご飯を挟んで午後は実技です。

前回同様、3つのグループに分かれます。

それぞれ3人の指導役の先生のところに集まり

先ほどよりもさらに細かいお話と実技練習を行いました。

その後相互治療を行い研究会は終了となりました。


イメージ 10

恩徳讃奉唱。

導師は登坂 博史先生です。

長生学園1期の登坂先生がまだ現役でお越しくださっています。

私たちも負けてはいられませんね!


この後、いつものように飲み会となり和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

治療師ですもの、息抜きも必要です。

英気を養って、また明日から頑張りましょう〜〜〜!



次回は三支部合同医学会です。

10月15日・16日、埼玉県秩父にて開催いたします。

こちらもまだもう少しだけ参加人数に余裕がありますので

参加してみようかな、と思われた先生は

菱山支部長までご連絡ください。

お待ちしております!





この記事に

開く コメント(0)

2017/06/25定例研究会報告



6月25日日曜日に「さいたま市民会館うらわ」で

研究会を開催いたしました。

朝からしとしと雨模様。

梅雨とはいえ、研究会の時は降らないでほしいものです。

やっぱり天気が悪いと外に出たく無くなってしまいますからね。

それでも31名の先生が参加してくださいました。


イメージ 1

さて、今日の司会は不動田先生です。

今回初めての役目ですが・・・

なかなか肝が座っていますね。

カンペがあるとはいえ、しっかり進行してくれています。

なかなか頼もしい!!

新たな才能を見つけてしまいました。


イメージ 2
六方段奉唱。

導師は登坂博史です。

登坂先生は今年度から終身特別会員となられました。

この規約が制定されて初めての就任です。

これからも無理のない範囲でこの北関東支部に

ご参加くださいますようお願いいたします。


イメージ 3

続いて支部長挨拶です。

菱山支部長は先月、

体調を崩してお休みだったんです。

今月は無事に回復して参加されました。

元気になってくれてよかった。

やっぱり支部長がいないと!!


イメージ 4
午前は「背骨の見方」です。

私たち長生治療師は

長生医学の3本柱の一つ

脊椎矯正の習得を目指さねばなりません。

そこで大事なのが背骨の見方です。

どこがズレているのか?

詰まっているのか?

治すべき箇所をしっかり特定する必要があります。

今回はその「見方」を教えていただきました。



治療を行う時、痛い所を

ただ揉んでりゃいいってわけにはいきませんからね〜。


イメージ 5

午前中は「背骨の見方」によって

治療すべき箇所を見つける勉強をしました。

午後はその患部に施す矯正法を教えていただきます。

「頸椎の矯正法」

「8の字操作」

「膝頭での操作」

3班に分かれ、それぞれベテランの先生方に技術を指導していただきました。

3つまんべんなく回るもよし

一か所に残り、一つの技術を徹底的に練習するもよし

自分が覚えたいものを時間いっぱいに練習しました。




この後、相互治療を行い、研究会は閉会となりました。

研究会終了後はいつものように懇親会。

先月よりも人数多くなって面白い話がたくさん聞けました。

ぜひ、次回も多くの方に懇親会にも参加してもらいたいです。


次回は9月03日日曜日

会場は「さいたま市民会館うらわ」です。

たくさんの先生のご参加をお待ちしております。


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事