見て聞いて〜♪

ナイス!いいね!ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

2015年1月 年末年始のピークシーズンを過ぎて、ちょっと静かな1月の第4週末に その2

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

イメージ 1
夏と違って、冬の日の出は向かって右手のたる前山方面から昇ってくる。
6時前ちょっと東の空が薄オレンジになったが、あたり一面は雲に覆われていた。そのまま、6時から開くという
露天風呂に向かった。すると、ツアーのマダムたちが、ぞろぞろやって来た。
関東発のツーリズムでこの日の帰るのだそうで、しきりに飛行機が飛ぶかどうかを気にしていたので、
この程度は大丈夫だと話した。少し話しているうちに、9時ころには出発するという。そのころ、また風呂にはいりにこよう〜と思った。朝ごはんもマダムたちは和食の方に行くらしい。
(やった〜静かにゆっくり食べれるな。)そんなことを思いながら、7時半にフレンチダイニング【ギリガンズアイランド】へ行く。

まずは、おめざのスパークリングワインを堪能。
イメージ 2

シルバーのポットに入ったコーヒーが運ばれてきた。
イメージ 3

すると、丁度、日が差してきた。
イメージ 4
イメージ 5












朝食メニューはこれ。アメリカンスタイルをチョイス。パンは焼きたて、ショップでも売っている焼き立て美味しいベーカリーが食べ放題。ワインも飲みながら、1時間ほどかけていただく。
こちらは、各階にオーシャンビューを眺めれるエントランスがある。だから、湖側のお部屋のほうがいいのだ。
イメージ 6
8時半をまわった。すっかり空はスカイブルー
イメージ 7
ロビーではハープの生演奏をしている。ちょっと聞いて、10時になったら、午後まで大浴場がしまってしまうので、移動した。
イメージ 8
イメージ 9












海側のお部屋の人は、どこで湖を見るかといったら、ロビーかここの廊下か大浴場に行く途中の窓だ。
イメージ 10
右下のガラスの回路が大浴場へ通じるわたり廊下
このようなつららも、なんだかアートに見える。
イメージ 11










さて、大浴場は貸しきりかと思いきや、アジア系の若い子が元気に母国語を話しながら入っていた。
そして、コンデジカメラに収めていた。
さすがに、私はデジイチでは写せないので、目に焼き付けて忘れないようにしようと思った。(でも、昨年の6月の入った時の風呂風景・・もう忘れている。)
のんびり入って、またツララや太陽などをモード変えて何枚も試しながら撮っていた。
すると、お風呂のスタッフさんが、声をかけてくれた。
「もう少しで清掃が始まりますが、それまで露天風からを写していいですよ〜」って
まあ、なんてラッキーなのでしょう。
あとで、お礼かねて少し話したら、その方もよく露天風呂の写真を撮っていたのだそうだ。きれいなんです。!!
イメージ 12
イメージ 13














 ほんと、10時という、タイムリミット忘れて、
夢中で撮っていた。

こんな素敵な景色も一期一会・・・・・


もうお目にかかれないかも・・・


感謝感激雨あられ・・・

イメージ 14

10時過ぎたら、お部屋のお風呂で湖 見 酒

イメージ 15

お昼はゴンドラに乗って別館のイタリアンレストランへ   ゴンドラからの絶景へつづく

閉じる コメント(2)

こんばんは♪。
素晴らしい景色ですね。
しかし、ウィンザーホテル洞爺はちょっと高級で、というか高額で、私はとても宿泊できませんね(+_+)。
写真を見て行った気になりましょう・・・ハハハ。ナイス。

2015/2/1(日) 午後 10:03 サヨナラ

顔アイコン

> 猫爺さん ありがとうございます
正規値段だと私も泊まる気になれません。地元の強みで、タイムセールやわけありの時に即予約入れます^^
夕食が高いので、それをぬかせば、15000円位からプランがあるので・・・そんなにお高くはないかとも思います。でも非日常ですから、いつもいつもというわけにはいきませんよね。
私の行った時期は、本州のツアーできた人から聞いたのですが、東京発小樽観光つきでウィンザー泊まって、航空往復ついて、39800円って言ってましたよ〜だから、私たちが思っているほど高級ホテルと思っていませんでした。

2015/2/8(日) 午後 10:31 北の国から


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事