開拓使〜けいの家&龍神丸市場〜のブログ

八王子の居酒屋、けいの家八王子本店、けいの家八王子みなみ野店、龍神丸市場八王子店のブログです。

三連休の営業について

遅くなりましたが、本日と明日の営業時間のご案内です。

【けいの家本店】
7月15日(日) お休み
7月16日(月) 17時〜23時

【けいの家みなみ野店】
【龍神丸市場八王子店】
7月15日(日) 17時〜23時
7月16日(月) お休み

本日はみなみ野店と龍神丸市場、明日はけいの家本店にてご来店をお待ちしております。


今日明日も猛暑。
こまめな水分補給と温度調整で、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さいね

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

今日は先月「高尾の天狗」の酒米の田植えをした、高月町の田んぼに草取りに行って来ました。
(先月の田植えのブログ)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69868111.html
イメージ 4


開拓使からは龍神丸市場の大石と、私北澤が参加しました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「たかだか草取り、早めに終わらせて冷たいビールでも飲んじゃおうか。あ、糖質制限中だったね、テヘ
などと、最初はたっちゃんとお茶目な会話を繰り広げていたのですが、いざ足袋を履いて水田に入るとかなりの重労働!!

イメージ 15

ぬかるみに足がはまって歩くのが一苦労。
そんななか腰を曲げて、水中の雑草を取りながら進んでいくのは想像以上に大変な作業でした。
うーん、こりゃライザップ並みに効くな



草取りの後は、農家さんの庭先でバーベキュー!
イメージ 5

高尾の天狗はもちろん、高月の採れたて野菜や、澤井農場のTOKYO Xがこれでもかと用意されていました。
イメージ 6

たっちゃんが小樽横丁の奥山店長と一緒に焼いて振る舞っていました。



昨年までは二軒の農家さんが高尾の天狗の酒米を作っていたのですが、毎年生産量が上がってきており、今年からはいつもお世話になっている「澤井農場」の澤井保人さんも酒米作りを始められたとのこと。

そんな澤井さんと言えば「TOKYO X」の生産組合長でもあり、「合鴨農法」で稲作を行う農家さんとしても広く知られています。
(龍神丸市場がTOKYO Xのパンフレットの表紙に載った際のブログ)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69836080.html


今回は以前よりどうしても見てみたかった、合鴨農法の田んぼに連れて行って頂きました
イメージ 16

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

何とも愛くるしい合鴨が約20羽も!

合鴨は雑草や虫を食べてくれて、ふんは稲の栄養にもなるとのこと。

また澤井さんの合鴨農法は「合鴨水稲同時作」と言われ、育てた合鴨も11月には鴨肉として出荷されるそうです。


合鴨くんが水田パトロールに出動〜
イメージ 14

イメージ 12

イメージ 13


 澤井さんが手間暇を惜しまず生産されている「合鴨ふれあい米」

あー、お茶碗大盛りで食べたいなぁ。。
(だから糖質制限中だっての)



というわけで今回のブログはこの辺で。

どうか多くの方の思いが詰まった、美味しい「高尾の天狗」となりますように

この記事に

開く コメント(0)

7月1日の日曜日、最高気温33℃の真夏の太陽の下、「八王子小比企の畑見学体験ツアー」が48名の参加者を集めて盛大に開催されました。


本来は6月10日に開催予定が雨天延期となったのですが、3週間前の荒天とはうって変わった雲ひとつない青空が広がりました。

イメージ 2


今回の訪問先はおなじみの「峯尾農園」さん。

畑までは、山田駅に集合して約20分ほど歩いて向かいます。

イメージ 3

林の合間の農道を歩いて、

イメージ 4

イメージ 5

磯沼ミルクファームの牛舎を眺めながら進んで行くと、、


小比企の畑へとたどり着きます。

イメージ 11

イメージ 6

イメージ 7

峯尾さんを参加者の皆さんにご紹介してご挨拶を頂いたあと、さっそく畑見学がスタート。

イメージ 15

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 43

イメージ 17

イメージ 41

イメージ 18

イメージ 16

炎天下の夏の畑で、峯尾さんのご説明の声が、時折吹き抜ける涼しい風に乗って響き渡ります。


今回のツアーの醍醐味でもある、「収穫体験」と採れたての野菜の「試食」も存分にさせて頂きました

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 31

イメージ 22

イメージ 34

イメージ 23

イメージ 24

こちらは株式会社開拓使とともに今回のツアーを共同で主催した、おなじみ「まいぷれ八王子」の町野編集長。

イメージ 28

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 39

イメージ 35

イメージ 32

イメージ 48

イメージ 33

イメージ 49

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 40

イメージ 38

イメージ 42

参加者の皆さんも、暑いなかでしたが夏の畑を思う存分に満喫していらっしゃって、本当に何よりでした



参加者の中にプロのマジシャンの方がいらして、即興で「畑マジック」

イメージ 46

イメージ 47

抜けるような青空の下のマジックは、実に解放感があって、とても素敵な光景でありました。
(あいにく用意がカードマジックしか無かったそうで、子どもたちにはちょっぴり分かりにくかったかな)



最後には参加者の皆様に、採れたての野菜のお土産をどっさりと頂きました。

イメージ 44

イメージ 45


峯尾さん。
今回もまたお忙しい中でしたが長時間に渡り大変ありがとうございました。
一所懸命に丹精された野菜を、これからもより一層心を込めて使わせて頂きます。

また参加者の皆様。
猛暑のなかわざわざご参加を下さいまして本当にありがとうございます。
地元の畑やそこで育つ作物を、より身近に感じて頂ける機会になったのであれば幸いです。

そして従業員、スタッフの皆さん。
数日前からの段取りや、猛暑ゆえの不測の事態に備えた準備、大変お疲れ様でした。
おかげさまで無事に終える事が出来ました!ありがとう。


ということで、ぜひ第2弾、第3弾と続けていきたいと思っております。
ぜひとも次回開催もお楽しみになさって下さい!!

それでは〜

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

今日はちょうど降りだした雨の中、けいの家と龍神丸市場恒例の「畑研修」に、小比企の畑まで行って来ました。

イメージ 3

イメージ 4

今回は総勢18名のメンバーでお邪魔しました。

訪れた先はご存知「中西農園」さん。
東京都や八王子市から毎年様々な賞を受賞されている、言わずもがなの八王子を代表する農家さんのお一人です。


こちらが代表の中西真一さん。

イメージ 5

まさに「農業人」といった方で、いつも笑顔で優しいお人柄の向こうに、作物と畑に対する深い愛情と経験とこだわりが垣間見える、本当に素敵な農家さんです。
(初めて訪問した2016年3月のブログ)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/68789566.html

降りしきる雨の中、小比企に点在する中西農園の畑をひとつひとつご案内して下さり、丁寧にご説明をして頂きました。

イメージ 6

イメージ 7

お店でも「中西農園の野菜です」と言うと、知っているお客様もかなりいてファンも多いのですが、その中西さんから直接お話を伺って、生産の現場を見ることは、従業員にとってもまさに貴重な体験になったはず。


ミニトマトのハウスでは糖度が高い「ネネ」という品種を栽培されていました。

イメージ 8

赤く熟したのを選んで、

イメージ 9

イメージ 10

収穫体験と試食をさせて頂きました!



他にも大根やカブ、収穫を二週間後に控えたとうもろこしに、

イメージ 11



ご存じ「八王子ショウガ」!!

イメージ 12

などなど、どれも定評のある野菜を作られています。

ちなみに八王子の伝統野菜で「江戸東京野菜」にも認定されている八王子ショウガの出荷は、8月中頃から。

イメージ 13

今年も「八王子ショウガ祭り」を開催しますので、今しばらく首を長くしてお待ち下さいね〜
(詳しくは昨年のブログを)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69557524.html


畑見学から戻ると、中西さんのご両親が採れたてのとうもろこしの皮をむく横には、

イメージ 18

イメージ 14

中西農園の代名詞ともいえるダイコンやカブ、トマトが並べられていました。
(ちなみに中西さんのお父様、中西忠一さんも都市農業において、つとに有名な農家さんなのです。)


まさに畑の直売所よろしく、みんな袋いっぱいに野菜を詰めて、

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

どっさりとお土産に持たせて下さいました



最後にみんなで記念撮影。

イメージ 2

イメージ 1

中西さん、いつも美味しいお野菜を本当にありがとうございます。

これからも生産者の思いをしっかりとお伝えしながら、大切に販売させて頂きます。




といった所で今回のブログはこのへんで。

もうしばらくは降ったりやんだりの梅雨空が続きそうですので、まだまだ雨具のご準備もお忘れなく。

イメージ 19

それでは〜

この記事に

開く コメント(0)

さて十勝への旅ブログも今回で最終回。

今回の十勝探訪は、けいの家の新メニュー制作のための産地訪問と写真撮りが主な目的だったのですが、なぜ6月のこの時期にしたかというと、この風景を実際に一度見てみたかったから。

その風景とは、、こちらです

イメージ 8

足寄町特産の「ラワンブキ」


毎年ブログにも書いていますが、
(2015年)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/68275797.html
(2016年)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/68967360.html
(2017年)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69476230.html
ラワンブキは成長すると3メートルほどの高さにまでなる日本一大きなフキです。

イメージ 9

6月の短期間だけ収穫されるラワンブキは「北海道遺産」に認定されているため、苗や種は足寄町以外への持ち出しは禁止されています。

つまりは直接見たければ、今の時期に足寄町に行くよりほかはない!!という訳で6月半ばを選んでの十勝への旅となった訳です



今回伺ったのは、ラワンブキの栽培をされている「党崎農園」さん。

イメージ 2

イメージ 3

こちらが生産者の党崎さん。
主に小豆や芋類、とうもろこしの生産をされているそうです。


ほ場の横を流れる足寄川。

イメージ 4

一昨年、北海道へ何年か振りに上陸した台風でこの川も増水し、大変な思いをされたそうです。


北海道に伝わるアイヌ伝説によると、フキの下には幸運を呼ぶ神様「コロポックル」が住むと言われています。

イメージ 1

イメージ 5

これで幸せになれるかな



ラワンブキは普通のフキに比べてアクが少なく、カルシウムやマグネシウム等のミネラルも豊富で、食感もよい美味しいフキです。

という訳で、現地で党崎さんより直接買い付けて来ました!!

本日より毎年恒例の「ラワンブキ祭り」を開催しております。

イメージ 6

イメージ 7

また希少価値が高く、常に品薄状態の十勝の地酒「十勝晴れ」も調達して参りましたので、ぜひあわせてお召し上がり下さいね。



といった所で十勝の旅ブログはこの辺でおしまい。

とにもかくにも、他には絶対にないスペシャルな新メニューが9月には完成する予定ですので、ぜひともご期待下さい!!

それでは〜

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事