けいの家&龍神丸市場のブログ 八王子開拓日誌

八王子の居酒屋、けいの家八王子本店、けいの家八王子みなみ野店、龍神丸市場八王子店のブログです。
気がつけば「立冬」ということで、暦の上では冬が始まりました

街にもイルミネーション飾りが目立ち始め、まもなく本格的なクリスマス、そして気の早い年末商戦が始まりだす頃ですね。

開拓使各店でも名残の秋食材と、一足早い冬食材でお客様をお迎えしています。


まずは龍神丸市場。

イメージ 2

イメージ 3

様々な三陸と八王子のおすすめ食材が揃うなかでも、今のおすすめは何と言ってもアワビ
先日の口開け(解禁)に合わせて、まさに「採り直」のアワビを山田町より送って頂きました!!

コリコリとした身には芳醇な磯の香りが凝縮されていて、一口食べたらまさに至福の瞬間が訪れるはず
数量限定ですのでさぁ今すぐ龍神へ〜(^з^)-☆


つづいてはみなみ野店。

イメージ 4

すくそこの小比企の畑から「そこ(小比企)採れ野菜」が続々入荷中!!

泣く子も黙る中西農園のカブ、峯尾農園のスティックブロッコリー、アーバンファームの葉ショウガ(種生姜用に取っておいたものを少し分けて頂きました)、FIOのラディッシュやカボチャなどなど地元野菜が盛りだくさん。
こちらもぜひともお見逃しなく〜



そして本店。

イメージ 5

旬の味覚に加えて、今週のイチオシは八王子高月町のお米🍚

イメージ 6

イメージ 7

パッションフルーツでおなじみの澤井さん。

そう今週は「高月米ウィーク」ということで、ランチタイムは全て、高月町高原屋の澤井さんから届いたお米「ヒカリ新世紀」を使用致します。

イメージ 8

高月町のお米は、実は美味しい東京のブランド米として根強いファンが多いのです。

今回は澤井さんのご協力により、ランチタイムでの高月米のご提供が叶いました。
ぜひともこの機会に、なかなか食べられないとっておきの高月米をご賞味あれ。

イメージ 9

ツヤツヤしていて美味しいですよ〜



という訳で、本日はこのへんで。

日ごと急ピッチで木々もその色を変えていくちょいと切なき木枯らしの宵🍁
どうぞお風邪など召されませぬよう、どなた様もご自愛下さいませ!

それでは〜〜

イメージ 1

イメージ 10

この記事に

開く コメント(0)

先月実施させて頂きました「こぼれ寿司」のネーミング募集ですが、ありがたい事に総数38件のご応募を頂きました。
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69628882.html

どのネーミングご応募も、思わずこぼれ寿司が目に浮かぶような素敵な表現ばかりで、正直甲乙付けがたく大変難しい選考だったのですが、この度ひとつの商品名を選ばせて頂きました。

こぼれ寿司の商品名は、

イメージ 1

北の玉手箱
に決定致しました!!


名付け親の渡辺様、ありがとうございます。
謝礼金1万円とともに「北の玉手箱」を一食ご進呈させて頂きます。
(詳細は別途ご連絡をさせて頂きます。)

また今回はご応募頂きました皆様におかれましても、ご応募内容がわかるコメント欄などをご提示頂けましたら「北の玉手箱」を◆500円引き◆にて一食ご提供させて頂きます。

なおご提供は、新メニュー切り替えとなる◇11月23日以降◇とさせて頂きます。


最後にたくさんのご応募、本当にありがとうございました

この記事に

開く コメント(0)

さて、十勝の旅2017晩秋編の最終回です。


今回の十勝訪問では池田町やホクトーファーム、そして(十勝ではないが)雪降る富良野など、

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

主に内陸部を多く回りましたが、ちゃんと沿岸部にも行って色々な関係者の方とあったり、抜かりなく産地見学もして来たのです


広尾町漁業組合にて。

イメージ 6

いつも十勝港の海産物を送って下さっています。

加工場も見学させて頂きました!

イメージ 7

今年は特に鮭の水揚げが良くなく、それこそ全盛期の1割くらいの漁獲量とのことで大変心配していたのですが、現地で関係者の方々に伺うと、やはりここまで悪いのは過去にもほとんど記憶にないそうです

秋以降は主要魚種の水揚げが回復し、広尾町の基幹産業である漁業が再び盛り上がる事を願いながら、これからも大切に販売をさせて頂かなければ!と改めて強く思いました。



その後は「広尾昆布」の昆布小屋へ。

イメージ 1

広尾昆布がずらりと並び干されて、風に揺れています。

イメージ 8

イメージ 9

麦部長も興味津々(でもないか?)



そして最後は、

イメージ 10

強風が吹き荒れる襟裳岬
思わず息を飲むほどの絶景が広がっていました



という訳でお送りして参りました恒例の十勝シリーズ、今回はこの辺でおしまい。

それでは来週もセイムタイムセイムチャンネルで、皆さんごきげんよう、さようなら〜〜(達郎風)

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

さて、昨日からの続きです。


広尾町のホクトーファームにに着くとさっそく、今回も食べきれない程のジンギスカン、牛のサガリ(ハラミ)、十勝牛カルビ、マツカワカレイ、お寿司などを用意して下さっており、家族の皆さん達と一緒に、さゆり&麦が乗っているであろう飛行機を見上げながら美味しく頂きました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 13

さゆ&麦氏19時、ヒロトは19時半に無事到着しました

イメージ 6

こちらはホクトーファーム北藤社長の次男、和利さん。
昨年見事、十勝の畜産コンテストで最高位賞を受賞しました
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/69031584.html

イメージ 12

さゆさんとも一枚


食事が終わると、ホクトーファームの広大な敷地内に建設中のとある場所へ。

イメージ 7

バギーや徒歩で以前は放牧地だった道を進みたどり着いた所には、まるで校舎のような外観のとにかく巨大な建物が

中に入るとこんな光景が!!

イメージ 1

そう、もうお分かりかと思いますが(て言うかタイトルにもあるしw)こちらは現在急ピッチで建設中の、ホクトーファームの新牛舎なのです

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

同行して下さったご長男の北藤英利さんから色々とご案内とご説明を頂きました。
こちらの牛舎は広尾町でも最大級の規模で、三台のロボットも導入して今後は数百頭単位の増産を予定しているそうです。

そしてその後は、けいの家だけではなく、株式会社開拓使の今後の展開にも大きく関わっていくお話をホクトーファームの北藤社長と、次世代の舵取りをされていくお二人のご兄弟にさせて頂きました。

何はともあれ今後の展開にご期待下さいね



という訳で本日はこの辺で。
明日は「農夫と海女の逢瀬」の「海女」のお話を、広尾町とえりも町の海よりお届けしまーす

イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

前回のブログでお知らせの通り、三連休を頂いて再び十勝広尾町へ出掛けてきました

今回の旅の目的は後でお話するとして、、

眠い目をこすりながら11月3日の早朝の便で帯広空港に向かい、到着するやすぐにワインで有名な池田町に向かい、今回で3回目となる生産者さんたちとの「収穫祭」に参加しました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ジンギスカンや十勝牛、本シシャモにカニやホッケ、カボチャのイモモチなど、食べきれない程の十勝の幸が網の上で焼かれていくちょうどそのその刹那、、

羽田空港ではこのような何とも不可思議な光景が展開されていたのです

イメージ 5

大あくびをしながら東京への旅人を迎える麦部長。

イメージ 6

何故か険しい表情の麦部長。。


そうなのです!!
その険しい顔の原因は、混雑により麦氏をゲージもとい特別室に預けるのが1分程遅れてしまい、なんとさゆりさんと麦氏が早朝の便に乗れなかったのです
(結局混雑のため、振替は最終便。。)




さて、気を取り直して収穫祭のお話へ

2年前にもお会いさせて頂いた帯広市の米沢則寿市長と再会出来ました!
(当時のブログ↓)
https://blogs.yahoo.co.jp/kitakeinoya/68566331.html

イメージ 7

今回初参加となる、みなみ野店のほのかとのむさんと一緒に

市長としていまや八面六臂の活躍をされ全国からも大変な注目を集めている米沢市長は、10年前までは企業の上場などをサポートするコンサルタント会社の取締役を務められていて、幸運な事に今回も様々な事業や起業に対する深い見識と、驚きの発想力と実行力に満ちたお話をたっぷりと伺う事が出来ました。

米沢市長も2年前にお話したことをしっかりと覚えていて下さり、あれから三店舗になった事をとても喜んで頂きました

次回お会いする時にはもっと成長した我々を見せられるよう、更に頑張っていかなきゃ、ですね


最後には皆さんと恒例の記念撮影。

イメージ 8

美味しいお料理と温かい激励のお言葉をありがとうございました!!

これからも十勝の食材と文化や風土を、八王子から微力ながら発信し続けて参ります。





という訳で夜には、こちらも恒例の広尾町ホクトーファームへ。


今回の旅の目的でもあった、ある施設を見に行ってきたのですが、、
続きはまた次回

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事