全体表示

[ リスト ]

気温も下がり始め、過ごしやすくなりました

週末は久々の良いお天気

先々週に引き続き 地元、和歌山の磯へ行ってまいりました

高速道路ではテールランプが切れ目なしで並んでおりました

田辺を越えるころには数台になりました

磯釣りのお客様は確実に減少していますね


すさみの渡船屋さんも悪天候のおかげで

船止めの日が多く

久しぶりの凪日和だそうです


朝は北風が強く 肌寒かったのですが

風も止みまして、お日様が顔を出せば

心地良い陽気でございました

今日は12年ぶりの名礁「エビ島」に渡礁

まだ水温も高めで底物師が多くフカセは3名だけ

お一人が本命ポイントのチョボに入られまして

我々は凪限定の西の端へ

寒のグレポイントは底物師の方々が入られまして

準備開始

イメージ 1
まずは朝食から

イメージ 2
普段は竿だしが難しい低場

マキエをすれば 磯際でチョウチョ魚が少々

その沖のサシエの残る所を攻めますが、残ります

ウキをゼクトMゼロ号からゼクトアルファの02号にして

ゆっくりと深めの棚にアプローチ

サシエがありません

今度はブレーキをかけながら探りますと

ラインが走りHit〜

ニザダイ参上

もう少し沖を攻めますが、残ってきます

さらに深い棚を攻めようとゼクトアルファ03号にチェンジ

またまたラインが走り

良型の手ごたえで竿を叩きません

しかしながら磯際で竿を叩きだし ニザダイでございました


潮が止まってしまいましてエサ取りも退散

珈琲Time

以前、エビ島は早めの潮が流れていた記憶がありますが

今日は全くと言って良いほど動いていません

見回りの船から「そこで頑張ってよ〜どこも魚居らん」と励ましのお言葉・・・

ふと、マキエに反応するエサ取りが見えれば

大型魚が乱舞しだしました

が、グレの姿は無く

竿を思いっきり曲げてくれるのは

大きな「ババタレ」イスズミさん

沖の緩い潮目で何かがライズしましたので

遠投してマキエを追加していると

またまた、強烈な引き

磯際に突っ込んで横走りします

イスズミかと思いましたが、

良型の「シマアジ」じゃありませんか

大切にネットインさせました

イメージ 3
その場で絞めてクーラー直行

続いて横のM.Kが30オーバーの尾長をゲット

そこからニザダイとイスズミがマキエに好反応をみせ

連発タイム突入

全身筋肉痛になりそうなので小休止

もう12時です

今日はボウズの予感がしてまいりました

イメージ 4
すさみはお弁当がありませんので、コンビニ弁当

休憩していると

本命のポイントのフカセ師も竿が曲がり出したので

再開しようと、バッカンを持ってウロウロ

船着きの底物師のお二人が上がられるので

船着きに陣取らさせていただきました

しかし、凪過ぎて底まで見える悪状況

マキエが効きだせばここも

イスズミが乱舞

当然のことグレの姿はありません

大きなイスズミがヒットし、チョボ向きに急突進〜

高切れ〜

ゼロアルファだったので

パラシュートで一発キャッチできましたラッキー



やはりこういう時こそ狙いはサラシでしょうか

沖のエビの腰の引く場が乾いておりましたので

下まで降りて釣り開始

イメージ 5
口太グレ 33cm

ポツポツ釣れます

イメージ 6
尾長の30オーバー

10匹釣れたと思いM.Kに交代

M.Kは5匹釣ったところで終了

イメージ 7
今日のベストテン2人で15匹釣ることができました

今日は潮が悪かったせいで釣果は伸びませんでしたが

もう少し水温が下がれば普通に中型グレの

数釣りが楽しめるはずです

また 良型混じりになって面白くなりそう

気温が下がり始めましたので今後は期待大だと思います

また 磯へ繰り出したいですね

ご覧いただきまして ありがとうございました

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事