全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

土曜日にシマノJC予選会で和歌山県串本町へ行って

見事予選を通過した釣友から連絡がございました。

「あれだけ居たというサバがいなくて、普通のグレ釣りが出来たよ」

土曜休みで釣果情報を検索したM.Kも

やはりサバコの群れが北上しているのか

田辺で居なかったサバコが襲来して

南紀ではサバコが居ない様子

またグレの釣果情報が上向きとの情報をキャッチ


仕事中のわたくしにLINEで「日曜日にすさみの磯へ行くけれど、どうする?」

そんなん行くに決まっているでしょう!

またまた、親子で出撃となりました

先週の福井県の半分以下の距離でございまして

一時間強で行けてしまう すさみ町 近い!



道中、4時を過ぎると東の空が白んできており

夜明けが早くなってきているのを実感します


気の早い釣り人を乗せた船

時計を見れば4時45分には乗船完了

出船!!!

我々親子は船頭さんの指示で「オオギシ」へ渡礁

イメージ 1
沖に見えるのは「エビ島」

「エサ取りがかなり多く釣り辛いと思うけど頑張って」と船頭さん

エサ取りといっても スズメダイなどで

十分釣りが成立しそう

でもマキエをすれば沖向き何処までも


スズメダイが邪魔をする状況

また、肝心のグレの姿は磯際で見えますが

喰い気が今一つ

こんな状態ではエサ取りの活性が高すぎてサシエが持ちません

沖で小アタリを取ってもエサ取りです。

磯際で見えるグレを釣っていきますが、

28cmまでのコナガでサイズが上がりません

沖のヨレを狙っていたM.Kは32cmのグレをゲット

ゆっくりと上り潮が流れだすと35cmオーバーのグレを

ポツポツと釣り上げます

イメージ 2

イメージ 3

わたくしはコッパグレに ニザダイでしたので

二人並んで釣らせてもらいます

時合でしょうか、交互に竿が曲がりだしました

グレの棚は浅くて2ヒロ以内

引っ手繰る気持ちの良いアタリが続きます

これぞフカセ釣りの醍醐味を十分に堪能出来ました。

同じマキエワークでアタリが減れば、

時間差を変えたり

ポイントを休ませたり

棚を変えたり

工夫すれば結果が出て

フカセのグレ釣りは凄く面白いですね

また、ここの磯はシモリが点在しており

ヤリトリもスリリングでハラハラドキドキもんでございます。

面白いぞ すさみの磯!

イメージ 4
M.Kのキープ 39cmまでのグレ

イメージ 5
わたくしのキープしたグレ41cmまで

今回も浅い棚での勝負だったので

ウキはゼクトMゼロアルファがメインで

潮に噛み過ぎた時はゼクトMゼロ号で釣りをしました



お世話になった渡船店
               岩元渡船 090-8828-5209

タックル
釣研ウキ:ゼクトタイプM(ゼロアルファ号、ゼロ号)

ライン:ネオフリクション磯 グリーン(セミフロートライン1.5号)
ハリス:ウルトラフレキシブル 1.5号〜1.7号

ロッドコーティング : ボナンザパック ニューセレクトEX徳用
道糸コーティング : ラインメンテZ50
直結部分の強化 : ノットガードV

ロッド : がま磯  アルデナ 1-5.3 、
            グレ競技スペシャルⅢ 1.25-53
ハリ : 掛かりすぎ口太5号

リール : BBXハイパーフォース2500DXXG-S-L

マキエ
オキアミMサイズ計6kg
グレパワーV9、爆寄せグレ、湧きグレ遠投、遠投フカセTR
各一袋ずつ  
サシエ
生オキアミ Mサイズ
Gクリル Mサイズ



ご覧いただきまして ありがとうございました

開く トラックバック(0)

令和元年

5月の10連休でございました。

5月5日の日曜日、渋滞に巻き込まれる覚悟で

日本海のグレに癒されてまいりました

私事や仕事などが重なり

暫く釣りに出かけられない状態でした。

日本グレトーナメント 田烏予選会もキャンセル

最近なんとか一段落付いたので

物好き親子が顔を合わせて「どこかへ行くか」

紀伊半島は皆様の情報で「サバ地獄」だし

脂ノリノリのグレを食べたくて

福井県へプチ遠征しか思い浮かびません

一年ぶり

当日は釣り客が少なくて6名ほど

皆さんのご希望の磯へ渡礁していきます

我々親子も贅沢に

別々の磯へ一人ずつ渡礁しました

イメージ 1

わたくしはお隣の黒崎の沖向きの磯

なんと、前日釣り人が居た形跡がありました!

田烏の磯は釣り人が連日入ると

グレのサイズが小さくなって

良い釣果に恵まれにくいと聞いたことがございます

逆にグレの活性が高いのでグレの浮きが早いだろう

良い方に考えながら準備をします

イメージ 2


潮の流れは ゆっくりと右から左

マキエを打てばすぐさま

スズメダイの群れがワラワラとお出ましです

ウキは浮かせてしっかりとアタリを取るために

ゼクトM G5で様子を伺います

少し沖に仕掛けを入れると

馴染むとすぐに ゼクトがシモリます

ラインを引っ張るアタリを待ちますが

ウキはシモッたまま

軽くアワセてリールを巻き取りますと

ヒットしておりまして

レギュラーサイズのよく肥えた25cmキープです

グレ釣りの教科書通りに釣れてくれます

サイズアップを目指せば

目標の30cmオーバー

イメージ 3
32cmキーパーゲット

ライブウェルの中のグレを放流

キーパーを28cmに再設定

ここのグレはよく肥えているので

引き味が最高!!!

釣れ続く中、切れた海藻が襲来

イメージ 4
コンビニ弁当で一休み

海藻の沖を釣っても釣れるし、

潮上でも潮下でも普通に釣れます

潮の流れは緩くなれど

止まることはありませんでした

イメージ 5
わたくしキープしたグレ

どれもこれも旨そうなプロポーションです

絞めて潮氷でお持ち帰りしました


タックル
釣研ウキ:ゼクトタイプM(ゼロアルファ号、G5号)

ライン:ネオフリクション磯 オレンジ(サスペンドライン1.5号)
ハリス:ウルトラフレキシブル 1.2号〜1.5号

ロッドコーティング : ボナンザパック ニューセレクトEX徳用
道糸コーティング : ラインメンテZ50
直結部分の強化 : ノットガードV

ロッド : がま磯 インテッサGⅣ ・ アルデナ 1-5.3
ハリ : 掛かりすぎ口太5号

リール : BBXハイパーフォース2500DXXG-S-L

マキエ
オキアミMとLサイズ3kgずつ計6kg
V9、爆寄せ、湧きグレ遠投、グレパワーVSPを各1袋 
    
サシエ
生オキアミ Mサイズ
Gクリル Mサイズ



ご覧いただきまして ありがとうございました

開く トラックバック(0)

3月も後半に入り

めっきり春めいてきましたので

寒グレシーズンは終了したのでは?

でも当日は寒の戻りで

道中は車載計で氷点下3度

防寒着ではなく レインウェアしかございません

同行のGCKメンバーのN来くんと港で震えながらの着替え

本日は東レの大会へやってきました

久しぶりの三重県尾鷲の磯

沢山の磯釣り師を乗せて沖磯へ
イメージ 4

サバル島から磯着けして

次は桃頭島へ

名手 西〇テスターさんと2名で渡礁

わたくしはじゃんけん勝利し

サバル島向きを選択

釣り始めるもエサ取りは居ません

段々と棚を探ると

ヒットしますが水面で北枕がハリスを切ってお帰り〜

時折変なウネリが着て危うくバッカンを流されかけたので

一段高いところへ移動

沖向きの 西〇テスターさんは

本命をヒット
イメージ 6

それを見て少し沖にポイントを作り

釣りますが オキアミが10投に1回触ります

勝手にそれをグレと信じて

マキエのタイミングを計って

ゼクトの動きを注視

違う動きをすれば


合わせを

繰り返し

ようやくヒット

本命です

イメージ 1
可愛いグラマーなグレ君





そこから乗っ込み???

イメージ 2
元気なアタリで楽しませてくれましたクロダイくん






イメージ 3
9時前に2匹目のかわゆいグレ君2号


これはリミット達成もできそうかなと思ったら


後半も クロダイくんとシブカミご一行に邪魔をされ



イメージ 5
コンビニ弁当で小休止

状況が好転するかと思いましたが

甘くはなかった尾鷲の磯

後半もグレ君はお出ましなく

クロダイくんとシブカミくん5匹ずつに翻弄されて

The End

西〇テスターさんは

小さいながらグレを二桁ゲットされているとのこと


ただ23cm5匹は微妙〜で

どちらも入賞ならず

全く厳しい尾鷲の磯でした

イメージ 7
わたくしの釣果

わたくしの船からは 京都の〇林さんが

戦中1位で見事 総合3位に入賞されました

おめでとうございます

決勝大会頑張って下さいませ

参加の皆様

スタッフの皆様

大変お世話になりました

ありがとうございました



タックル
釣研ウキ:ゼクトα(0号)、ゼクトタイプM(ゼロアルファ号、G3号)

ライン:サスペンドライン1.5号
ハリス: 1.5号〜1.7号

ロッドコーティング : ボナンザパック ニューセレクトEX徳用
道糸コーティング : ラインメンテZ50
直結部分の強化 : ノットガードV

ロッド : がま磯 インテッサGⅣ 1-5.3
ハリ : 掛かりすぎ口太5号

リール : BBXハイパーフォース2500DXXG-S-L

マキエ
オキアミMとLサイズ3kgずつ計6kg
V9、爆寄せ、湧きグレ遠投、グレパワーVSPを各1袋 
    
サシエ
くわせオキアミスペシャル Lサイズ
生オキアミ Mサイズ
Gクリル Mサイズ



ご覧いただきまして ありがとうございました

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2月の例会は須江の磯でございました。

イメージ 1
集合写真

久しぶりの須江の磯

1月は好調な釣果が出ておりましたが・・・

本日のルールはペアの釣果で競います

渡礁順とは別にペアを設定しまして

5匹までのグレ・イサキの総重量

グレの1匹長寸の2賞を競います

わたくしは5番

ペアは息子のM.K

「エビタンボ」へM.Kとテルくん

「ナガズロ」はヒロキキさんとN巻くん

「タカバミ」はわたくしとF田くん

「ビシャゴの鼻」はN来くんとF川さん

イメージ 2
F田くん

イメージ 3
船着き

水温は18℃以上

異常なくらい温かい

更に上がって18.8℃だそうです

磯際のエサ取りも皆無

先月の三重の磯を思い出す

潮も動かず

ファーストヒットは

沖のシモリ〜

ゼクトMゼロアルファが帰らぬ・・に

次は
イメージ 4

エサ取りかと思ったら なんと グレ

良型グレかと思えば

青ブー

小イサキ

またコッパグレ

ここで場所交代

イメージ 5
お湯を沸かし

イメージ 6
温かいお味噌汁とお弁当

イメージ 7
食後のコーヒー

後半はお昼過ぎに

やっとこさの本命
イメージ 8
38.5cmですが丸々なボディ

イメージ 9
わたくしの釣果


最終の4時まで遊び


ニザダイの引きを堪能

帰港しました

8人中3名しかグレの釣果が無く



厳しい須江の磯でした

ペアのM.Kは37.5cm頭に4匹ゲット

本日の竿頭&5匹重量トップで

わたくしも恩恵にあやかりました

2位はN来くんのグレ32cmでN巻くんペア


1匹長寸ではラッキーにもわたくしでしてW受賞

会員の皆さん 情報共有してレベルアップ

また、磯釣りチャレンジ一緒にしましょうね。

タックル
釣研 
ウキ:ゼクトα(0号)、ゼクトタイプM(ゼロアルファ号、ゼロ号、G3号)
ライン:ネオフリクション磯 グリーン(セミフロートライン1.5号)
ハリス:ウルトラフレキシブル 1.5号〜1.7号

ボナンザ
ロッドコーティング : ボナンザパック ニューセレクトEX徳用
道糸コーティング : ラインメンテZ50
直結部分の強化 : ノットガードV

ロッド : がま磯 インテッサGⅣ 1-5.3
ハリ : 掛かりすぎ口太5号〜6号

リール : BBXハイパーフォース2500DXXG-S-L

マキエ
オキアミMサイズ3kg
V9、爆寄せ、湧きグレ遠投、グレパワーVSPを各1袋 
    
サシエ
くわせオキアミスペシャル Lサイズ
生オキアミ Mサイズ
Gクリル Mサイズ



ご覧いただきまして ありがとうございました

開く トラックバック(0)

釣研FG和歌山県支部の今年初めの行事



親睦磯釣り大会が三重県神前浦の磯でございました

いい感じの沖磯で独立磯

期待しましたが

マダイ〜ベラ〜チャリコ〜ベラにて終了
イメージ 4

東テスターの「洗礼を受けます」の意味が良くわかりました。

でも、港近くに渡礁した、宮井テスターと河本さんは

この状況でも本命をゲットされ

ワンツーフィニッシュ
イメージ 2
カオリンから優勝賞品を手にする笑顔の宮井テスター

イメージ 3
カオリンから2位の商品を手にする 河本さん

今回お世話になりました

三重支部の役員様、会員様

山王丸渡船さま、ありがとうございました

和歌山県支部のご参加の皆様

お疲れ様でございました


タックル
釣研 
ウキ:ゼクトα(02、03号)、ゼクトタイプM(ゼロアルファ号、G5号)
ライン:ネオフリクション磯 グリーン(セミフロートライン1.5号)
ハリス:ウルトラフレキシブル 1.2号〜1.5号

ボナンザ
ロッドコーティング : ボナンザパック ニューセレクトEX徳用
道糸コーティング : ラインメンテZ50
直結部分の強化 : ノットガードV

ロッド : がま磯 グレ競技スペシャルⅢ 1.25-5.3
ハリ : 競技口太5号、掛かりすぎ口太6号

リール : BBXハイパーフォース2500DXXG-S-L

マキエ
オキアミMサイズ3kg
V9、爆寄せ、湧きグレ遠投、グレパワーVSPを各1袋 
    
サシエ
くわせオキアミスーパーハート゛ Lサイズ
生オキアミ Mサイズ




ご覧いただきまして ありがとうございました


開く トラックバック(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事