ここから本文です
結城紬史上初の2部門伝統工芸士24年を目指す故郷楽園
2018.5.20より拠点をTwitterへ移動しています。ブログでは高繊細ではないためです。

書庫全体表示

イメージ 1
着物と配色との結びつきは密接ではないかと思う。フランスの配色をまとめたものである。フランスに行ったわけではないので詳しくはわからないが日本もカラーコーディネイトというものが資格であるように本場フランスではすでにファションの世界では深く根深く用いられていたものである。シックな装いでは清々しい感じやそのすれ違いに感じる五感とどういう装いだったのかというのは覚えていないものである。染織世界では着物という着尺と帯という商品から、ストール、ショールなどと洋服に合わせた伝統的工芸品を生み出すようになってより身近なものとして親しまれてきたのは、ここ30年平成にかけてである。昭和ではハイカラとうたわれてきたものが平成でも続いている。この先、自分にできることは少ないかもしれない。手元にある資料を見て自分が自力で勝ち取ったものをただ眺めている。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事