ここから本文です
待たせたな、俺のブログだぜ!(大塚明夫風)
北乃将雅です。前回はどちらも予想外すぎる波乱で見事に外しましたよ。手堅く当てに行くとこうなるんだよな…


さて、今回は未だに不思議と未勝利な地方競馬に久方ぶりに挑戦したいと思います!テレビ神奈川も映ることですし、明日(8/23)、川崎で行われる夏の重賞競走であるスパーキングサマーCを対象レースとして、地方初勝利を狙っていきますよ!


メンバーを見ると、残念ながら、主力と目されたタマノブリュネットが出走取消となってね…さらに混戦の色が濃くなった印象ですよ。そんな今回は特別編ということで、いつもとは違って三連複軸二頭流しではなく三連単フォーメーションで勝負していきたいと思います!


◎7リアライズリンクス
○9ケイアイレオーネ
▲14トーセンハルカゼ
△5オーラゼウス
△10コンドルゼウス
△11ムサシキングオー
△12グレナディアーズ
3のみ1ミッキーヘネシー
〃2インフォーマー
〃3コスモパープル

(買い目)
三連単フォーメーション
7、9、14→5、7、9、10、11、12、14→1、2、3、5、7、9、10、11、12、14

162点

点数は多くなりましたが、混戦なのでね…高配当が期待できそうな見込みです。本命がマイル重賞で安定しているリアライズリンクスだし、対抗にJRAでも重賞を勝った実績のあるケイアイレオーネもいますから、これで初勝利は狙えそうな感じです。


印をつけた馬のそれぞれの解説が欲しい場合はコメント欄にて馬名のご記入をよろしくお願いします!

この記事に

開くトラックバック(0)

明後日(8/20)の買い目!

北乃将雅です。前回は…うーん、関屋記念が惜しかったですね。エルムSは大敗でした…


さて、夏競馬もいよいよ終盤!今回は夏競馬最大のレースである札幌記念とサマースプリントシリーズの北九州記念の二本立てです。


なお、今回からは前回同様に買い目のみの発表を定例化させていただきます。解説が欲しい方はお手数ですが、コメント欄にてよろしくお願いします。

小倉11R
第52回北九州記念(G3)

◎アクティブミノル

(買い目)
三連複軸二頭流し(軸相手:キングハート)
2=13→1、5、7、8、9、14、15、16
8点


札幌11R
第53回札幌記念(G2)

◎マウントロブソン

(買い目)
三連複軸二頭流し(軸相手:ヤマカツエース)
5=3→1、4、7、8、9、11、13
7点。

この記事に

開くトラックバック(0)

明日(8/13)の買い目!

北乃将雅です。今週は都合によって解説無しで、買い目のみを発表させていただきます。あしからず、ご了承ください。

札幌11R
第22回エルムS(G3)

◎コスモカナディアン

三連複軸二頭流し(軸相手:ピオネロ)
1=9→3、4、5、10、11、12、13
7点


新潟11R
第52回関屋記念(G3)

◎ロードクエスト

三連複軸二頭流し(軸相手:ダノンリバティ)
14=10→1、3、6、8、9、11、12、13、15
9点

この記事に

続きまして、3歳ダート馬による秋への飛躍に向けての試練とも言えるレパードSです。


私の◎はハルクンノテソーロです。ここ二戦は勝ち切れていませんが、末脚と左回りのダートへの適応力が光っていましたね。今回は直線が短くて、脚質的にも苦戦しそうな感じですが…大野騎手&高木調教師という黄金コンビならばこの苦境を乗り越えてくれるでしょう!


(買い目)
三連複軸二頭流し(軸相手:テンザワールド)
12=14→1、2、3、5、7、9、13、15
8点


軸相手としては、テンザワールドにしました。エピカリスを軸相手にしたかったのですが…彼を固定とすると配当が安いし、アクシデントからの帰国初戦という不安がどうもネックな感じがして、あまり手を出したくないですね。ここは前走で古馬相手に勝っていて、積極性のあるテンザワールドが無難だと思いました。こっちの方が配当的魅力も兼ね備えていますしね。

この記事に

北乃将雅です。前回は…うーん、どっちもダメでしたね。いい加減、この連敗を止めたいです。(笑)


さて、今回も二本立てで…まずは小倉で行われる伝統すべきハンデ重賞の小倉記念です!今年は13頭と最近よりも少なめという寂しいメンツですが、実力拮抗で混戦が予想されそうです。ある程度人気で決まっても、混戦が原因によるオッズ割れでそれなりに配当は高くなりそうですし…逆に、人気馬が一頭でも飛べばかなりの高配当が臨めそうです。


そんなこのレースで私が選んだ◎はバンドワゴンです。エリカ賞の速攻逃げ切り、トーセンスターダムに対して逃げ切り寸前まで粘ったきさらぎ賞の活躍が遠い昔のように感じます。もう3年が経つんですね…結局、故障の影響があってかクラシックにも出れずに乗り替わりもあって、持ち味のスピードが消えてしまったかのように個性が殺された気もします。しかし、今回は鞍上があの時と同じ主戦だった和田竜二騎手が戻りますし、彼は小倉記念男の異名を持つぐらいにこのレースとの相性はいいですからね。昔のような積極的で強いバンドワゴンが戻ってくればと思っております。


(買い目)
三連複軸二頭流し(軸相手:サンマルティン)
13=8→1、2、4、6、10、11、12
7点


とりあえず、軸相手としてはサンマルティンとしました。ディアデラノビアの子達は重賞勝ち馬が多数いますからね…前走の勢いと斤量からして、3着以内に絡める可能性は高いでしょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事