ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ヘッダー画像と背景を変更しました。

書庫全体表示

ルージュの伝言


【名曲】魔女の宅急便 -ルージュの伝言-

先日仕事で伺ったお客様、私が仕事をしていると、ずっと荒井由美の曲が流れてるんです。
松任谷由美あるいはユーミンと呼ばれる前の、荒井由美時代の曲ばかりです。
30代半ばのご夫婦ですので、自分たちが生まれるずっと以前の曲なんですね。
私が「随分と懐かしい曲をお聴きですが、ご両親の世代の曲でしょう?」
と聞くと、なんでも先日、DVDで魔女の宅急便を観て、それからはまってしまったとのことで、CDを買ったそうです。
「古さを感じないどころか、逆に新鮮です」とぬかしておられました。
バスルームにルージュの伝言・・・ 今なら腹が立てばLINEで「アホボケカスッ!」で終いやけど。(^O^)
口紅と書くと演歌調になるのですが、流石は荒井由美です。


このひこうき雲も荒井由美時代の名曲ですが、数年前にスタジオジブリの「風立ちぬ」のテーマ曲に採用されたのですが、その時期に息子の友達の女の子二人が、私の車のカーステからこの曲が流れてるのを聞いて、「お父さん、最新の聴いてらっしゃるじゃないですか〜♪」・・・(@_@)
私は「あ、あのなぁ・・ この曲はおっちゃんが十代のころの曲で、新曲でもなんでもないんやど・・・」
二人は「えっ! そうなんですか? てっきりこの映画のために新たに作った曲と思ってました\(◎o◎)/!」と驚いてました。
70年までの反戦フォークから、拓郎や揚水やかぐや姫の登場により、フォークの歌謡曲化や四畳半フォーク化が進みましたが、ここまではモノクロの世界でした。
荒井由美の登場でニューミュージックという分野が切り拓かれ、モノクロからパステルカラーの印象になりましたね。


イメージ 1
本日17時ごろの我が家からの富士山です。

この記事に

  • 私もユーミン世代なのでよくわかります。
    1980年くらいまでのユーミンが好きで、バブリーな時代からは少しだけ遠ざかっていきました。
    ユーミンの歌は曲も素晴らしいのですが、私はその詞の世界に心惹かれます。
    彼女の叙情性のある歌詞は、詩として楽しむことができます。
    先日30年ぶりくらいで横浜のドルフィンに行きました。店も周囲も変わっていましたが、そこに流る『海を見ていた午後』はやはりいつまでもユーミンの世界でした。

    [ サムサーラ2世 ]

    2018/1/12(金) 午前 2:12

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    ユーミンはよく聞きました。一番好きなのが恋人はサンタクロ−スです。クリスマスソングはジョンレノンのハッピ−クリスマス・山下達郎のクリスマスイブと並んで三大クリスマスソングですね。
    最近は心にしみるこの様な歌が少なくなって逆に今の若い人には新しい曲に聞こえるのでしょうね。私は最近はJUJUにはまっています。『いいわけ』はこの時代の香りがします。先日WOWOWで放送された、JUJUのジャズフルバンドとのライブは最高でした。良い音楽はいつの時代でも良いものですね。
    今朝はこちらは大雪は一段落して、かなり気温が下がってきました。最低気温が-17度です。北の朱鞠内湖がある幌加内町は積雪2mで最低気温が今朝-25度です。よくテレビでは陸別が日本一寒い町と紹介されますが、日本一寒くて雪が多い町は幌加内町です。

    [ 如月 ]

    2018/1/12(金) 午前 8:25

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん、如月さん
    ジェネレーションというものは恐ろしくもあり、面白いものですが、1961年ですから昭和36年ですがお二人は生まれていますよね。
    その年に東宝映画の「香港の夜」が上映されて友人と観たのですがこんな綺麗な女優が香港にいるんだと思ったのが「ユー・ミン」でした。
    以来ユーミンと言えば香港のユーミンでした。
    それが荒井由美や松任谷由実なら許せますが、「ユーミン」だと!!??
    ユーミン様に失礼だろうと思う私はいけなかったのでしょうか。(^-^)
    https://www.youtube.com/watch?v=SvTTvVRndWU
    環境が全く違う世界でしたね。(爆)

    [ country-gentleman ]

    2018/1/12(金) 午前 8:38

    返信する
  • > サムサーラ2世さん
    全く同感です。
    私も初期のころの曲が好きで、バブル時代のものは少し遠ざかりましたね。
    ばんばひろふみが、ユーミンと中島みゆきを比較して、「ユーミンの曲は情景が、中島みゆきの曲は情念が見える」と評しておりました。
    ドルフィンに行かれましたか。
    私も1981年に一度だけ行ったことがあります。
    先日、根岸周辺のストリート・ビューを見ていて、店が建て変わっていることを知りました。

    [ ぱらまた ]

    2018/1/12(金) 午前 11:07

    返信する
  • > 如月さん
    恋人はサンタクロ−スもええですね。
    関西で生まれ育った私には、当時、荒井由美の曲は、かなり新鮮なというか異文化を感じたものです。
    泥臭さが皆無で、横浜や東京の山手のおじょんのイメージです。
    1981年に横浜のチームのマシンに乗ることになり、そのチームのメンバーと親交が深まったのですが、そのころから横浜に行く機会が増え、荒井由美や柳ジョージの世界を肌で感じることが出来ました。
    今回の爆弾低気圧は南国九州の各地にまで積雪をもたらしていますね。
    静岡は何十年も積雪が無いらしく、この時期でも暖房は夜に数時間で済みます。
    しかし、そちらの寒さはすごいですね。
    脂が蓋の役割をして湯気の立たないラーメンが生まれたのも解ります。(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2018/1/12(金) 午前 11:34

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    「支那の夜」という曲なら聞いたことがありますが「香港の夜」という映画は知りませんでした。(^O^)
    大阪に「遊民」という中華料理屋がありました。
    ググってみたところユー・ミンは尤敏ですね。
    「松任谷由実の愛称ユーミンは彼女の名に因んでいるとも言われている。」との記述もありますので、まったく無関係ではなさそうですね。(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2018/1/12(金) 午前 11:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさんの「支那の夜」は「見える見える300円、触る触る500円、入れてもちゃげて千と500円♪」の替え歌の方でしょう。(^−^)

    「松任谷由実の愛称ユーミンは彼女の名に因んでいるとも言われている。」?!
    それは許せん!
    あの顔でユーミン?
    冗談やないっちゅうねん、土屋太鳳ちゃんなら分かるけど〜〜〜(爆)
    でもね、歳をとるとどんな美人だった人もお化けですわ。(^−^)

    [ country-gentleman ]

    2018/1/12(金) 午後 1:19

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    その替え歌は知りまへんわ(^O^)
    またジェネレーションギャップが出てまいましたね。
    荒井由美はお世辞にも美人とは言えませんが、それを補って余りあるほどの才能を持ち合わせています。
    歌も決して上手なわけではなく、声も独特で好き嫌いが分れると思いますが、やはり40年以上も人気が続くっちゅうのは凄いことです。

    [ ぱらまた ]

    2018/1/12(金) 午後 2:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事