ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ヘッダー画像と背景を変更しました。

書庫全体表示

不思議な出来事

今回は家内の入院当初に起きた数々の偶然や不思議な出来事を書きます。
家内はランニング中に倒れたのですが、それを発見して救急車の手配をしてくださったのがM御夫妻です。
御夫妻は隣の清水区在住で、週に二度私の家の近所の整骨院に通っておられます。
その道中の海岸線でよく家内の姿を見かけ、「あの人ほんとに頑張って走ってるね」とご夫妻で話しておられたそうです。
普段は治療が終われば清水へ戻られるのですが、この日はたまたま焼津のご友人のところへ行くことになり、西方向へ車を走らせたところ、丁度止まった交差点の向こう側でしゃがみこんでる家内を見つけました。
草むしりをしているように見えたため、ご夫妻は「あの人のお家はあそこなんだね」と話しておられたそうです。
本来ならこの交差点を右折矢印信号で右折して旧道に入るらしいのですが、4月に海岸沿いの道と安倍川の橋が繋がったので、直進車線の先頭で停止、それで家内を見つけられたとのことです。
信号が青になり発進し、何気なくルームミラーを見たら、家内が崩れ落ちるのが映ったらしく、慌てて車を停めて駆け寄ってくださり、家内に「大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました。
家内は「熱中症だと思います」と答えたそうですが、ろれつが回ってないことや、左半身がしびれるとの家内の返事に、御主人が即座に脳血管障害と判断されました。
即座に救急車を手配して下さり、家内は救急搬送されました。
そして、受け入れ先の病院は、今年の3月に救命救急センターがリニューアルされたばかりで、設備やスタッフも脳外科では静岡でトップとのことです。
M御夫妻が診療日でなかったら、焼津方向へ走っていなければ、信号で停止していなければ、ルームミラーを見なかったら・・・ これら数々の偶然や幸運が重なり、最悪の事態が避けられたのですが、この手の病気は最初の5分10分でその後が大きく変わるため、とにもかくにもM御夫妻は正に命の恩人です。

ここで話しは家内が倒れた一か月前、3月末に戻りますが、私の前職でのスタッフで、M子という沖縄出身の美人スタッフが居ました。
21歳の時から15年間勤めてくれ、私たち夫婦は実の娘か妹のように可愛がっていました。
そのM子が3月末に2年間の闘病の末、肝臓ガンでこの世を去りました。
2月に家内と病院に見舞った時、家内と腕を組んで写真を撮ったのが最後になりましたが、亡くなる前日まで私たちにLINEをくれ、「元気になって5月には静岡に茶摘みに行くからね」と・・・
家内が救急で搬送された病院で意識がはっきりとしてきた時に私に「Mちゃんがな、Y子さん、こっちきたらあかんっ!て叫んだような気がするねん・・・」と言うのです。
ん〜〜〜??? ま、この手の話はこれまでにも耳にしたことはあるけど、家内が朦朧とする意識の中で造りだした、一種の幻覚のようなものとも思えますし、あるいは霊的な現象としてこんなことが起こるのかも・・・
ま、それはそれとして、さらに驚くことが入院3日目に起こりました。
家内のリハビリが始ったのですが、リハビリは言語・上肢・下肢とそれぞれのパート別に3人のリハ師がつくのですが、下肢担当のリハ師が夕方部屋に入ってきた時、私と家内は思わず声が出そうになりました。
下肢担当の若い女性リハ師、なんとM子にそっくりなのです。
正確に言えば二十歳代の頃のM子にそっくりなんです。
もちろん別人であることは間違いないのですが、「こんなことってあるんか・・・」というのが私たち夫婦のその時の気持ちでした。

この数日後に、私はM子の旦那に電話を入れました。
私が、M子が「こっちに来たらあかん」と言ったことを話し、そのあとにリハ師の女の子がなぁ・・・と途中まで話すと、旦那は「M子に似てるんちゃいますか?」というではありませんか。
旦那は「いや、それM子ですわ、いや、M子とはちゃいますけどM子なんですわ。 あいつ、ちょっと前までは僕の傍にまだ居てたんですけど、今は居てへんような気がしてたんですわ。 きっと静岡に行きよったんですわ。 ぱらまたさんなら無鉄砲で考える前に体が動くあいつの性格解るでしょ、Y子さんがピンチやからきっと飛んで行きよったんですわ」

なるほど・・・ M子の性格ならそれもあるかも・・・
単なる偶然なのか、それともM子が守ってくれてるんか、こればっかりは判りませんが、こんな驚くようなことが入院当初にありました。
今回の記事の最後に、M子が最も好きやった曲を貼り付けます。


The Rose - Bette Midler

この記事に

  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    奥様の回復は順調のようですね。
    実は私は丁度50年前の6月の初めころ、ある夢を見たんです。
    それはアメリカのロバート・ケネディが大衆を前にスタンドデスクに両手を置き演説をしていたんですが突然拳銃で撃たれたんです。
    救急車で運ばれ、生死は分らない状態でした。
    こんな夢を見たんですが、私とロバートとは何の縁もゆかりもありません。
    なんで外国のそれもジョン・F・ケネディの弟の夢を見んならんのか全く分からないわけです。
    それを家内に話したんですが、家内も何で外国人が夢に出てくんの?と不思議がっていました。

    その数日後です(ググったら1968年6月5日でしたが)私が見た夢と全く同じ状態でロバート・ケネディが拳銃で撃たれ、生死が分らない状態で救急車で運ばれたんです。
    これにはビックリとショックが共鳴したような驚きです。
    しかしそんなことはケネディが撃たれる前にツイッターででもつぶやいていれば預言者扱いされたんでしょうが、50年前ですからブログもツイッターもありません。

    [ country-gentleman ]

    2018/6/20(水) 午前 4:27

    返信する
  • 顔アイコン

    ただただ不思議なことがあるものだと思っていたのですが、この宇宙には無数の星が輝いている。
    大きいのもあれば小さく微かにしか見えない星も無数に宙に広がっている。
    これには宇宙に無数の星が、ある瞬間、意識がある無しに関わらず、細い光のようなもので繋がるのではないか。
    そんなことをおぼろげながら考えていましたが、前項でコメントした宮沢賢治の短編小説「インドラの網」を読んで、やはり宇宙というのはそういう星が網の目のように幾重にも重なって繋がり合っているんだなと感じています。
    奇跡や偶然は自力で起こせるものではない。
    ただ、その偶然が幸せと感じたら慈しみを込めて素直に「ありがとう」というものでしょうか。

    下衆な私の事後の話です。
    その1968年の6月の30日に競馬のオークスを観に一人で東京競馬場に行きました。
    そしてオークスでは6-6の馬券を千円買っていました。
    一着ルピナス、二着スズガーベラの6-6が当たりました。
    配当の6,730円は67,300円になり、生まれて来る長男の肌着やおしめなどを揃えるようそっくり家内に渡しました。

    [ country-gentleman ]

    2018/6/20(水) 午前 4:28

    返信する
  • 顔アイコン

    そして翌々月の8月31日の土曜日。
    長男の誕生予定日は9月5日でまだ間があるからと家内と二人で花札をやって遊んでいました。
    私が一方的に勝ち、じゃ競馬に出もいってくるかと言ったその瞬間、負けず嫌いの家内に陣痛が起きました。
    病院まで二人で歩いて行き、すぐ入院。
    看護婦さんから産まれるのは夜でしょう、ということで帰ってきてしばらくしたら母から電話で、もう産まれているじゃないか、って。
    その長男は8/31で50歳です。(^-^)

    [ country-gentleman ]

    2018/6/20(水) 午前 4:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん 奇跡的なことは起きるものですね。M御夫妻がその時間に通りかかっていなかったら、と考えてしまいます。普段から奥様が頑張っている姿がM御夫妻の目に焼き付いていたのでしょうね。
    最近は、他人のことなどほとんど気にかけない時代になりましたが、まだまだ日本には良いところが残っていますね。

    [ 如月 ]

    2018/6/20(水) 午前 8:10

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    ロバート・ケネディの件は正に予知夢やないですか。
    で、1968年の67,300円っちゅうたらかなりの大金で、奥様は喜びはったでしょ。
    人間に限らず、この地球上の者や物は、多かれ少なかれ宇宙から何らかの影響を受けてるんでしょうね。
    それは時として運命や人生を左右するようなこともあるのかも。
    よく守られてるとか身代わりになってくれたとかいった話を耳にしますが、家内は以前にもこのようなことがありました。
    それはまた次の記事にでも書きますね。

    [ ぱらまた ]

    2018/6/20(水) 午後 9:32

    返信する
  • > 如月さん
    今回のM御夫妻の件は、正にいくつもの偶然が重なったのですが、これが数学的にどのくらいの確率なのかは計算式を知らんので、ただた感謝しかありません。
    仰られる通り、日本もまだまだ良いところが残っており、今回のことでもそれを痛感しました。
    つい先日の夜、息子と車で帰宅中のことですが、家内が倒れた場所から数百メートルほどの住宅街を走っていると、道の真ん中に大きなゴミ袋が落ちています。
    しかし、いやな予感がしたので減速しハンドルをやや左に切りました。
    ゴミ袋に見えたそれは爺さんでした。
    怪我は無く、どうやら酔っぱらって寝ていたようで、息子と二人で歩道に運び、息子に付き添わせておいて私は近くの交番に知らせに行きました。
    街灯の無い真っ暗な人通りの少ない道なので、あのままやと他の車に轢かれてる可能性は十分です。
    にしても、私たちが通るまでに何台かは車が通ってるはずやのに、誰も適切な行動をせんかったちゅうのは少し悲しいことです。

    [ ぱらまた ]

    2018/6/20(水) 午後 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    奥様、ご無事でなによりでしたね。
    そういう、ほんの少しのタイミングで、人生や生活が変わることってありますね。

    「誰かを助ける人は、誰かに助けられる」
    というような言葉を、子どもの頃に教えられましたが、今は人を助ける(というか、ほんの少しの親切さえも)ことが、できにくい世の中になりつつある気がします。

    ”余裕”ってお金や地位とかとは関係ないはずですが、人のために心を配るって、難しいことじゃないと思うのです。
    巡り巡るなあってことありますしね。

    ちなみに私の知人が、やはり臨死体験をしました。
    その人の場合は、動く歩道みたいなところに寝ていて、すごい速さで進んでいたらしいのです。
    これは降りなきゃいかんとがんばり、なんとか外に出たら、病院のベッドで目が覚めたそうです^^

    ROSE いいですね。この歌の歌詞は心に沁みます。
    ジャニスのサマータイム、聞きたくなりました。

    PS ご存知かどうかわかりませんが、先日森田童子さんが亡くなりました。たまに玉川上水付近を歩くと彼女を思い出します。

    [ サムサーラ2世 ]

    2018/6/21(木) 午前 7:16

    返信する
  • > サムサーラ2世さん
    ご心配おかけします。^^;
    「誰かを助ける人は、誰かに助けられる」つまり「情けは人の為ならず」
    人を助ければ、いずれ巡り巡って自分の身を救うってことですね。

    森田童子さんのことは産経の新聞記事で知りました。
    私たちの世代の「昭和」がまた一つ消えましたね。

    [ ぱらまた ]

    2018/6/21(木) 午後 9:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事