ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ブログ未開設や捨てハンでの書き込み、初来訪で挨拶も無しの書き込みは削除します。

書庫全体表示

昨年末、日本がIWCを脱退しました。
これに関して、保守とリベラルでは予想通りの反応です。
概ねではありますが、保守は「歓迎」、リベラルは「国際協調を欠く」といった、論調です。
リベラルの中には、戦前の国際連盟脱退と重ねあわせ、政権への攻撃材料に利用するような論調もあり、これは少々飛躍しすぎとも思います。

IWC脱退は、損得勘定で言えば決して得策ではないと思いますが、道理を通す、筋を通すといった部分で言えば、国際連盟脱退と同じで、個人的には肯定します。

そもそも、この捕鯨問題は、白人の「鯨が可哀そう」とか「鯨は知能の高い動物だから殺すな」といった感情論が大きく影響しており、その感情論と「鯨食文化」の対立なんで、何処まで行っても議論の歯車が噛み合わんわけです。
白人どもは、自分らも油を搾るために散々鯨を殺しておきながら、石油がそれに取って代わったことによって捕鯨を止め、その後は自分らのやってきたことを棚に上げて日本を攻撃してるわけで、これは植民地問題と重なります。
要するに、背景にあるのは白人至上主義で、実に独善的で欺瞞に満ちています。
日本は調査捕鯨を通じて、化学的な根拠を突きつけて商業捕鯨の再開を打診してきたにもかかわらず、全てが却下されたわけで、道理も筋もあったもんではありません。
鯨が増えてることは明らかで、それによって鯨が捕食する海洋資源が減少し、人間が適度に鯨を獲ることによって保たれていた生態系のバランスが崩れています。
人間も生態系の中の一因であることを忘れ、動物だけを見ること自体が「奢り」であることに気づく必要があります。

少し角度を変えて見れば、商業捕鯨を再開したとして、はたしてどれほど鯨肉への需要が有るのかとの疑問もあります。
私自身は鯨肉に関しては、それほど美味いとも思わないし、ノスタルジーの部分で鯨の大和煮の缶詰と炊き立てのご飯が相性が良かったぐらいの印象しかありません。
昭和30年代には、鯨のステーキが食卓に上り、学校給食でも「鯨のノルウェー風」とかいう、絶対にノルウェーには存在しないようなメニューも記憶しています。
また、現在日本で捕鯨や鯨肉加工に従事している人は何人ぐらいいて、その経済規模はどれぐらいなのでしょう?

感情論と筋論の捕鯨問題ですが、私個人としては日本の筋論を肯定しつつも、例えば、伝統的に猫を食べる国が有ったとすれば、きっとその国で生産される製品は買わないほど私は嫌悪すると思うんです。
つまり、人間は感情の動物っちゅうことなんですかね。^^;

  • 顔アイコン

    犬を食べるから、クジラを食べるから!
    その様な理由は、国のイメージだと思います。

    [ 短足おじさん ]

    2019/1/6(日) 午後 2:15

    返信する
  • > 短足おじさんさん
    そうですね。(^o^)

    [ ぱらまた ]

    2019/1/6(日) 午後 2:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    「食べる」ちゅうことに関しては右も左も無いようで、要はその国の文化ちゅうもんですから、良きに図らえ、ちゅうことでしょうけどね。
    私は上野の科学博物館でシロナガスクジラの骨の標本を見ながら遊んでいたし、クジラの大和煮も良く食べたし、酒を飲むようになってからは刺身も良く食べたけど売っていれば買うけど、ウナギのようにバカ高い価格になれば買わないし、安いチャンコロの鰻なら買うのかっちゅうと絶対に買わないし、始末に負えない男ですね。(^o^)
    ところで、中国人はクジラを食うんですかね。
    クジラを食材にした中国料理ってありますか?
    福建省辺りの人間なら食うんでしょうか。(^o^)

    [ country-gentleman ]

    2019/1/6(日) 午後 4:07

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    チャンコロなんちゅう差別用語を使ったら如月さんに叱られまっせ(^O^)
    中華料理で鯨肉を使ったものは記憶にありませんね。
    鯨だけでなく蛸も聞いたことがありません。
    空を飛ぶもので食わないのは飛行機ぐらい、四つ足で食わないのは椅子ぐらいと言われる民族ですが、以外と食べんもんがあるんかもしれませんね。(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2019/1/6(日) 午後 5:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    つい、チャンコロって親しみやすいので出てしまいました、チョンコウを含め以後慎みます。(ペコリ)
    でも、毛唐は白人と言うべきでしょうか、とすると、アジア人は黄色人でアフリカ人は黒人。
    いけませんね、アフリカ系外国人、インド系外国人、イスラム系外国人でアメリカ系ごちゃ混ぜ人、かな?。
    では大坂なおみちゃんは何ちゅうのかな?

    [ country-gentleman ]

    2019/1/6(日) 午後 6:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    不思議なのですが、今時クジラを誰が食べるのでしょうか。確かに沿岸でとれたミンククジラの刺身はとてもおいしいですが(昔宮城の知り合いの漁師のかたに食べさせていただきました)現在は、高級料亭で食べられているだけです。また戦後のクジラのベ−コンや唐揚げを給食に出すつもりでしょうか?推進しているのが二階幹事長の地元和歌山、安倍晋三の下関と言う事もうさんくさい話です。確かに、白人が言うクジラは可愛い頭の良い動物でどんどん減っているのでと言う理論は、全くいい加減なもので、クジラを減らしたのは白人が油を取る為にどんどん乱獲した為です。ただ日本は海洋投棄された微細プラスチックの問題にも参加しませんでした。鰯やマグロの漁獲などの環境問題に取り組んでいる日本の声がどんどん届かなくなることが一番の国益を損なう事です。この問題は保守革新の問題では無く、環境問題です。日本は海洋国家です、今後日本の食文化と言う(現在ではほとんどの日本人が食べたことが無い)日本の声が届かなくなることが一番の心配です。

    [ 如月 ]

    2019/1/7(月) 午前 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    ホラ、正論を述べられる如月さんのお出ましです。

    [ country-gentleman ]

    2019/1/7(月) 午前 9:28

    返信する
  • > 如月さん
    そうです、この問題は保守だ革新だのではなく、ましてや、「これで(今回の脱退)で、鯨の刺身が食べられる♪」などという低次元の話ではないのです。
    地球全体、人類共通の財産である海洋資源や環境の話です。

    ひとつ不思議なのが、なぜ牛や豚の様に鯨の養殖をしないんでしょう?
    これなら、反捕鯨国が言う「牛や豚は人間が食べるために養殖してる物で、天然の鯨とは違う」という屁理屈は無力化します。
    個人的には養殖には否定的な考えを持っていますが・・・
    クロマグロなどは、資源枯渇の抑止効果も含めて盛んに行われており、世論も肯定的です。
    これにしたって、養殖場水域に与える環境負荷や、餌として与える天然資源の鯖の膨大な量を考えれば、生態系や食料資源としてのバランスを大きく欠きます。

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午前 11:15

    返信する
  • 如月さんのコメントにある二階氏や安倍氏の地元が推進というのも、やはり何かの利権や票集めが絡んでるのでしょう。
    廃プラスチック削減のために紙のストローを使おうという動きがありますが、ストローとは元々は麦わらなんで、その麦わらに戻せば一番エコだと思いますし、農家に新しい仕事も生まれます。
    この紙ストローを率先して推進してるのが静岡なんですが、静岡は製紙工場が多いので、これもきっと何らかの利権があるのではと勘ぐってしまいます。^^;

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午前 11:16

    返信する
  • > ヘイトスピーチのcountry-gentlemanさん
    やはり如月さんがまともなコメントしてくれはりましたで。(^O^)
    今年は如月さんを見習って言葉を慎みなはれや。(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午前 11:18

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさんに言われたくない!(爆)(@_@)

    [ country-gentleman ]

    2019/1/7(月) 午前 11:25

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    これはまた異なことを・・・
    私がヘイトスピーチをしたとでも?(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午後 0:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    そやった、ぱらまたさんはヘイト(少数)では無く多数民族の中共でした。(^o^)

    [ country-gentleman ]

    2019/1/7(月) 午後 0:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    クジラの養殖は無理と思います。ミンクは知りませんが、知床と北方4島の沖に深さ3000m級の深海があります、そこには世界でも珍しいほどのザトウクジラ・ナガスクジラ・海の王者シャチが繁殖時期にあらわれます。彼らは深海800mほど潜って、豊富な深海魚を餌にしています。シャチなどはメスが群れの中心になって、雄の子どもシャチが親になっても一緒に行動しています。そして近親婚にならないように、別の群れとお見合いをして、交配します。この用に非常に頭の良いクジラ類を養殖するのは至難の業でしょう。またシャチなどは50〜80年生きるそうです。人間と変らない寿命を持つ動物の養殖は水族館以外無理です。
    追伸、二階の地元太地町はクジラの追い込み漁が盛んで、下関はクジラ漁の漁船基地があります。

    [ 如月 ]

    2019/1/7(月) 午後 4:10

    返信する
  • > 如月さん
    鯨の養殖はやはり無理ですか?
    というか、仮にそんな物が出来たとしても私は絶対に食べませんが。^^;
    どうせ、抗生物質やら発育促進剤やらとかで、薬漬けです。
    ただ、養殖となれば、技術的に成長を早めることはできるでしょうね。
    ウナギを例にとると、自然界では蒲焼サイズに成長するのに早くても6年ぐらいかかるのに、養鰻はわずか半年ほどでそのサイズに成長させます。
    これは鶏や豚でも同じことですよね。

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午後 5:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事