ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ブログ未開設や捨てハンでの書き込み、初来訪で挨拶も無しの書き込みは削除します。

書庫全体表示

中共最下位(^O^)

産経新聞から転載です。
イメージ 1

【シンガポール=吉村英輝】シンガポールの東南アジア研究所が、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の識者に行った意識調査で、平和や繁栄に貢献する国として日本が最も期待されていることが明らかになった。
 同研究所は「日本は重責を担うことになった」と論評している。
 調査は、昨年11月18日〜12月5日、10カ国の政策、研究、ビジネス、市民社会、メディアの専門家ら1008人にネット上で実施した。「東南アジアの状況2019」として近く公表する。
 国際平和と安全保障、繁栄、統治に「正しい行動をとる」と「信じている」との回答を得た主要国・地域は、日本(65・9%)、欧州連合(EU、41・3%)、米国(27・3%)、インド(21・7%)、中国(19・6%)の順だった。
 日本を信頼している度合いを国別でみると、カンボジア(87・5%)、フィリピン(82・7%)、ミャンマー(71・9%)の順で高かった。同研究所は、先の大戦で旧日本軍の激戦地となったフィリピンの信頼度が高かったことに、「『戦争の記憶』はもはや日比関係の弱点ではない」と指摘した。
 一方、不信感を抱いているとの回答は、中国(51・5%)、米国(50・6%)、インド(45・6%)、EU(35・2%)、日本(17・0%)の順だった。
 中国に対する不信感について国別でみると、ベトナム(73・4%)に次いで、フィリピン(66・6%)が2番目に高かったことから、同研究所は、ドゥテルテ政権下でフィリピンが対中接近しているとの理解を「再考」する必要に言及した。
 ただ、実際に東南アジアで「政治的かつ戦略的」に最も影響力があるとみられているのは中国(45・2%)で、米国(30・5%)を大きく上回った。
 また、経済的に最も影響力があるとの回答でも、中国(73・3%)が存在感を示し、米国(7・9%)や日本(6・2%)を大きく引き離した。

まぁ、予想通りと言うか当然と言うか・・・
中でもミャンマーやカンボジアの支持が高かったようです。
やはり亜細亜の盟主ですな。(^O^)
ところで、朝日や東京はこれを記事にしてるんかな?

  • 顔アイコン

    ぱらまたさん 韓国のレ−ダ−照射は本当は防衛省は公にせず、韓国軍と話し合いをしたかった様ですが、安倍閣下が無理やり公開させて、韓国に抗議させた様です。田母神元航空幕僚長は、レ−ダ−照射は各国が普通にやっているので、騒ぐ事では無いとツイ−トしますと、その信者達が、裏切られたと大騒ぎしています。元航空幕僚長としては普通の事を話しただけで、軍事機密は簡単に表に出すものでは無いと言いたかったと思いますが、日本は平和ボケしているせいか、世界が全く反応しない事を、毎日長々と放送しています。韓国の徴用工問題への報復に出したと思われますが、甘いですね。さすがにロックオンされた時の音は消していますが、ロックオンされたことは、ロシア。中国と違って、水面下でやるべきです。直ぐそばに米軍もいるはずですから、彼らも日本は何をやっているのだと思っているはずです。だからF-35の日本での製造は中止させて、全機米国から買わせる様にして正解だったと思っているはずです。ぱらまたさんは田母神氏の見解はどう思いますか?

    [ 如月 ]

    2019/1/7(月) 午後 4:25

    返信する
  • > 如月さん
    親同士(政府)がいがみ合ってると、子(軍)が苦労しますね。(^O^)
    戦時売春婦や出稼ぎ労働者問題への意趣返しみたいなもんで、韓国をバッシングして、毅然たる態度を示してるつもりなんでしょう。
    各マスコミもこれに追随して、軍事の専門家がしたり顔であーだのだの言ってますが、私は田母神元航空幕僚長の意見がまっとうと感じていました。
    氏はある意味、現政権とのしがらみも無く、また失う物も無い存在ですからね。
    その失う物を無くしたのは、自分たちより右に居る者の存在を煙たく思う勢力ですよ。
    野党やリベラル派は政敵としてそれなりに存在価値があるけど、真の保守は目の上のたんこぶですからね。

    [ ぱらまた ]

    2019/1/7(月) 午後 6:08

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事