ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ブログ未開設や捨てハンでの書き込み、初来訪で挨拶も無しの書き込みは削除します。

書庫全体表示

浦島太郎

私はオーディオマニアではないので、日頃は今のオーディオ事情には特に関心が無く、世の中の状態がどうなってるかを全く知らなかった。
オーディオマニアでないとはいえ、世代的には日本のオーディオ全盛期の頃に青春時代を送っているので、自分なりの好みや拘りはあるわけで、サンスイのアンプやスピーカーを愛用してきた。
そのアンプが壊れたので、一時は修理も考えたが、山水電気そのものが今は消滅しており、ネットであれこれ調べて、修理できるところも見つけたけど、コストやこの先のことを考えると、適当なシステムコンポと買い替えるのもええかと思い、電気量販店に行ってみた。
すると、なんとも寂しい状況で、広い売り場の隅っこに申し訳程度の数の商品が展示されている。
それもミニチュアサイズというのかブックシェルフさいずというのか、とにかくしょぼい物しかない。
価格帯も1万円台からせいぜい5万円前後。
デモ機で音出ししてた機械の前に立ってみて、音量を上げてみたけど、なんと貧弱なこと・・・
いや、音質自体は決して悪くは無いんやけど、所詮は弁当箱ほどのサイズのスピーカーやから、迫力や厚みがない。
店員に、他の機械を視聴させてくれと言うと、「あ、現在はこれしか配線してないんです」
私は驚いて「あ、あのなあ、オーディオは見て楽しむもんやないやろ、聴いて楽しむもんやのに、視聴でけな展示してる意味が無いやろ」
店員は「あ、はぁ・・・ 申しわけありません・・・」
このやる気のなさに、この店には見切りをつけて別の量販店へ。
次の店では、展示点数はやや少なめであったが、全て視聴可能状態。
で、5機種ほど聴いてみて、やはりドングリの背比べ。
そして多くの機種がBluetoothだUSBだ酢だコンニャクだと、スマホや携帯オーディオとのリンクを謳っている。
私にとってはどれも不要の機能で、まったく買う気にならん。
店員曰く、昨今はオーディオは二極化してて、量販店で扱うのはせいぜいこのクラスまでで、それ以上は一気にハイエンドオーディオの領域に入るらしい。
つまり、私のような中途半端な音楽好きが欲しいミドルレンジの商品は無いらしい。

大阪の日本橋の電機屋街には昔から多くのオーディオ専門店があるが、そこそこの音で満足できる私の耳では、そんな専門店に行かずとも、30年ほど前なら近所の量販店で適当なものが必ずあった。
それが今ではこの変わり様・・・
正にオーディオ浦島太郎です。

帰宅して、ネットであれこれ調べてみたところ、なるほど・・・
オーディオの世界は私が知らん間に大きく様変わりしとるんですね。

別にクラシックやジャズをガンガン聴くわけでもないんで、そこそこの音質と心地よさがあればええんで、適当なプリメインアンプと、それと相性のええスピーカーやCDレコーダー。
日本橋の専門店のサイトとかを見てみると、なんとか揃いそうです。
この際やから真空管アンプなんかも候補に入れて、次に大阪に行った時に実際に視聴してみて、好みのもんを探してみよと思うてます。

  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    それは同感ですね。
    昔は「レコード盤」をサンスイやパイオニアとかで静かに聴きましたが今はレコード盤がありません。
    あの古くなった盤の針の擦れる音が何とも言えないなつかしさみたいに感じたんですが、今のデジタルはただ聴くだけ、ちゅうもんですね。
    CMでハズキルーペをオナゴが椅子に置き、お尻で潰すことを流しているので近くのスーパーで同じことをやろうとしたら、眼鏡をつぶすことはお止めください。だってさ!
    勿論、買うのを「止めた」さ!(爆)

    [ country-gentleman ]

    2019/2/3(日) 午前 3:18

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさん 私は高校時代、自分でサンスイのトランスを買い、東芝の真空管を使ってアンプを作り、パイオニアのスピ−カ−も単体で買って、自分で厚いベニアを買ってボックスを作って、大音量で、聴いていました。
    社会人になってからは、アンプとスピ−カ−、レコ−ドプレ−ヤ−を別々に買って、聴いていました。
    その後、家族に大きすぎるオ−デオは邪魔と言われて、スピ−カ−だけを捨てて、CDコンポとカセットテ−プレコダ−を買いましたが、低音が物足りないので、低音だけ増幅出来るウ−ハ−を足しました。今のところ音質は満足していますが、大音量で聴くことが出来ませんので、CDを車の中で大音量で聴いています。

    [ 如月 ]

    2019/2/3(日) 午前 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱらまたさんも如月さんも
    以前から気になっていたのですが、CDというデジタル音だからなのか、エンディングの音がフェイドアウトするとき、半音が上がるように聴こえるのは私の耳のせいでしょうか?機器のせいでしょうか?

    [ country-gentleman ]

    2019/2/3(日) 午前 9:58

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    私の友人が営む古民家カフェでは、真空管アンプでレコードやオープンリールを聞かせてくれます。
    やはり、なんかデジタルとは違い、暖か味というか、潤んだような音色で、心地よさがあるんですよね。
    専門的なことは解りませんが、アナログとは違い、デジタルは人間には本来聞えない部分はカットしてるらしいので、その辺で違いが出るのかもしれませんね。
    ま、音の聞こえ方も人によって様々ですから、料理と一緒で、その人が美味いと思うものがその人にとってのベストで、あとそこには費用対効果も加わってくるので、どれが一番とは言えませんね。

    ところで、ハズキルーペのCMはだんだんと下品になってきますね。
    私はまだ老眼が無いので、お世話になることはないですが、昔、像が踏んでも壊れない、を売り物にしてた筆箱がありました。
    そもそも学校に像はいてへんし、金槌で叩いたら壊れるし、ほんまアホとちゃうかっちゅうことです。(^O^)

    [ ぱらまた ]

    2019/2/3(日) 午後 6:46

    返信する
  • > 如月さん
    自作されてたんですか\(◎o◎)/!
    私はそんな知識が無いんで、高校時代からは専らシステムコンポばっかりでした。
    丁度オープンリールからカセットへの端境期でしたが、そこは敢えてオープンリールにしましたが、今から思うと巨大で不便なものでしたが、ビジュアル的には今の無味乾燥な機器よりも胸躍るものがありました。
    ハイエンドオーディオの世界は、はまると、あっという間に一千万近くもの金がかかってしまう恐ろしい世界なんで、近づかないようにしてます。^^;

    [ ぱらまた ]

    2019/2/3(日) 午後 6:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事