ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ブログ未開設や捨てハンでの書き込み、初来訪で挨拶も無しの書き込みは削除します。

書庫全体表示

東京

焼津のお客さんがどうしてもとぬかされるので、4/28から東京に出張してきました。
仕事そのものは4/29なんで、早朝に静岡を発てばええんですが、なんせ10連休やからどこで混むや判らん。
そやから前日に東京入りすることにしたら、ブロ友の千葉の憎たらしいおっさんが東京を案内するとぬかされるんで、待ち合わせすることに。
待ち合わせの場所は靖国神社。
イメージ 1
東京でもここだけは空気が違うのを感じます。 この日も若い参拝者が多く、拝殿の前には行列ができてました。
私が駐車場に入ると、白髪の紳士が手を振って出迎えてくれた。
長身で若いころはイケメンやったんが判るその紳士が千葉の憎たらしいおっさんや。
私は東京へ行く際、よほどのことが無い限り、先ずは靖国に参ることにしとるんやが、この憎たらしいおっさんはバリバリの「靖国否定派」で、私とは思想信条が180度異なる、いわば国賊。(^O^)
世が世なら特高警察にチンコロしてパクってもらうところなんやが、今回はすんなりと靖国での待ち合わせに同意しよった。
考えてみればブロ友としての付き合いもかれこれ10年。
ようやく私の教育の成果が出てきたことの証しかもしれん。
今後もこの国賊おっさんを善導しますと英霊に報告し、靖国をあとにした。
(※これはあくまで個人的感想なんで、一切のクレームやイチャモンは受け付けません)

靖国から少し車を走らせ、昼飯は神田のやぶ蕎麦へ。
静岡では考えられんほどクッソ高い駐車場に車を預け、やぶ蕎麦へ行ってみると長蛇の列\(◎o◎)/!
しかし、そこはぬかりのない憎たらしいおっさんです。
しっかりと予約を入れていたので並ばずに小上がりに通された。
流石は亀の甲より年の功です。
イメージ 2

オーソドックスに「せいろ」を注文。
どれどれ、江戸を代表する超有名店、どれほどのもんや?
先ずはつゆを付けずに麺だけを口に入れてみる。
時期的なものか、蕎麦の香りはさほどでもないが、茹で加減がええ。
そしてつゆをつけてズルズルッ・・・ 
なるほど、これが江戸の味か。
まるで江戸前の啖呵のようなキレのあるつゆの味やな。
絶賛すべきものは特に無いんやが、蕎麦を語る上での一つの基準としては、この店は外せんかもしらん。
店を出るとまだまだ長蛇の列を作ってる。
大阪なら聞こえよがしに「並ぶほどのもんやないのぅ」とゆうところなんやが、ここは東京、ぐっと我慢する。(^O^)

店を出てしばし付近を散策。
周辺には戦災やバブル期の地上げを乗り越えた、実に趣のある建築物がある。
イメージ 3

イメージ 4
路地の入口には文化ポンプがありました。

このような生活感や歴史を感じる路地裏はええですね。

このあと、御徒町のホテルにチェックインして車を預け、地下鉄で銀座へ移動しました。
東京では車がかえって邪魔になってしまいます。
憎たらしいおっさんが昭和30年代に写した白黒写真を見ながら、現在の銀座との違いを説明してくれります。
なるほど、大きく変わってますね。
テレビでよく見た記憶のある不二家のペコちゃんの看板も今はおまへん。
しかしそこはやはり全国にある「〇○銀座」の総本山です。
稲荷神社てゆうたら伏見稲荷、えびす神社でゆうたら西宮えびすみたいなもんです。
さすがに賑やかで立派なビルが多く、歴史と伝統を感じますが、とにかく人が多い。連休っちゅうこともあるんやろけど、佃煮にするほど人がいっぱいいてけつかる。
その半分ぐらいがチャン・・・ もとい、支那・・・ もとい、中国の方や田舎モ・・・ もとい、ローカルな方ばかりで、いやはや、1日で静岡の1年分の人を見たかんじですわ。^^;

少し歩き疲れたので茶ぁでもしばこかと、銀座ルノアールへ。
流石は老舗の喫茶店、置いてる新聞が実に正しく好感が持てる。
イメージ 5
左の朝日や極左の東京、どっちつかずの毎日や政権べったりの讀賣ではなく、政権を右から引き倒す産経を置いている。(^O^)
(※これはあくまで個人的感想なんで、一切のクレームやイチャモンは受け付けません)

ルノアールで憎たらしいおっさんと大いに話が盛り上がり、北海道や埼玉のおっさんの話題も出て、3時間近く話し込んでしもた。
店を出て少し歩いたラーメン屋で晩飯となり、スープをすすると「あ、東京や・・・」と感じる。
地下鉄に乗って御徒町のホテルに戻り、ここで憎たらしいおっさんを見送ってから部屋に入り、さて、どうするかと考えたが、まだ9時前・・・
さすがにこんな時間から寝たらアホになってまうんで、散歩がてらぶらっと周囲を散策。
御徒町やアメ横周辺は銀座とは違う雰囲気の町で、なんか大阪のミナミと天王寺と岸里と鶴橋をごちゃ混ぜにしたような雰囲気。
下水の匂いと飲食店から流れてくる質の悪い油の匂いが入り混じり、町全体にカオス感が漂っとる。
ふと見るとここにもルノアールの看板が。
ちょうどコーヒーを飲みたかったので入店。
この日2回目のルノアールで茶ぁをしばき、その後ホテルへ戻って就寝。

②へ続くかも。




  • 顔アイコン

    ぱらまたさん
    お疲れさんでした。
    しかし楽しかったわ〜。(^O^)
    九段上から水道橋、文京区役所から、また水道橋を抜け、お茶の水から神田のやぶ蕎麦へ。
    あの行列には私もぶったまげた。

    そば屋の味を知るには「せいろ」を食べれば分かる。
    ま、そんなもんでしょう。と外に出て右から書いてある看板が「院醫科歯本山」という文化庁が指定した登録有形文化財。
    こんなんが点々とある。
    いきなり武蔵小金井にある「江戸東京建物園」に来たような雰囲気。
    仲御徒町のホテルが分からず、ほんならあの看板建築の所へいこか。
    てなことで、取り壊されていると思った建物がまだそのままあったのには嬉しかった。

    ぱらまたさんは知らんけど、あそこは黒門町と言って、昔、黒門町の師匠と言ったら「桂文楽」が住んでいたとこ。

    [ country-gentleman ]

    2019/5/2(木) 午前 1:27

    返信する
  • 顔アイコン

    そしてホテルに車を入れ、日比谷線に乗り一路銀座へ。
    有楽町で鹿児島物産館に寄り、喜界島のザラメを買おうと思ったが、重い物を持っては疲れるだけと、ぱらまたさんの講釈を聴き、数寄屋橋から四丁目へ出て、ぱらまたさんは「鳩居堂」を知らんというので、一人で店内へ。
    すぐ出てきて何を売っている店か知ったか知らずか、中国人ばっかりや。
    で、和光に入り、高級腕時計をさ〜〜っと見て、三越側に渡り、昭和5年ごろの和光から木村屋、山野楽器店、御木本真珠まではそのままあったがその後の建物はみな代替わりと講釈をたれ、街路樹の話をしながら、伊東屋へ。
    ここもぱらまたさんは知らんちゅうので一人で店内に。

    またすぐ出てきて、手紙を書くものがえらい仰山売ってはる、てなことですぐ先の目的の店「ルノアール」へ降りたら、なんじゃこの待ち人の列は。
    ちゅうことで逃げ出して、広島アンテナショップの隣のルノアールへ。
    ここも満席だったが二つの椅子が空いており、座ったらそこに置いてあった新聞がぱらまたさんの記事の写真ですわ。

    [ country-gentleman ]

    2019/5/2(木) 午前 1:29

    返信する
  • 顔アイコン

    まあまあ、如月さんの話に、北海道の人の例で「面白い恋人たち」の逸話や、短足おじさんの26歳も年下の奥さんの話で盛り上がるわ盛り上がるわで、3時間は居た。
    灰皿にマールボロの吸い殻が10本ほど溜まっていたな。

    店内も大分客が帰ったようで、私らも帰ろうかと東銀座の手前でラーメンをすすり、歌舞伎座の地下でお店を見ようと思ったら広い店内の商品は一つも無くガラ〜ンとしている。
    まだ少しだけ売っている店のおねえちゃんの説明では、大きな災害が起きたとき、
    帰宅困難者の一時しのぎに夜はスペースを空けておくんだって。
    さすが松竹はやることが粋な計らいです。
    てなことで東銀座から日比谷線で仲御徒町まで来て、ホテルに入り、ぱらまたさんに羊羹と新茶のお土産をいただきお別れしました。
    このブロ友のオフ会で如月さんや短足おじさんらと4人が集まったら、一日では話が終わりませんね。
    女性の長話、話し好きの感覚が分かったようなぱらまたさんとの8時間余りでした。ジャンジャン!(^O^)

    [ country-gentleman ]

    2019/5/2(木) 午前 1:37

    返信する
  • > country-gentlemanさん
    詳細なご説明、おおきにです(^O^)
    水道橋の辺りは友人の結婚式で過去に二回ほど行ってるんですが、なんとなく雰囲気が違ってました。
    街は生き物、刻々とその姿を変えるもんですね。
    そんな中にあって、昭和や大正の面影を残している建物が点在しているのも大都会東京の魅力です。
    歌舞伎座といえば鳥取県米子の鯖寿司が売店で手に入ります。
    https://www.komego.co.jp/products/detail.php?product_id=10
    これは歌舞伎座のために誕生したもので、機会が有れば是非とも食してください。

    [ ぱらまた ]

    2019/5/2(木) 午前 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    よし、歌舞伎は観ないけど、休みが終わったらいくっつお!(^O^)

    [ country-gentleman ]

    2019/5/2(木) 午前 10:27

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    嫁との歳の差は、17歳です。
    田舎の紳士様には、その様に見えたのかと、元々童顔の嫁が申しておりました。

    [ 短足おじさん ]

    2019/5/2(木) 午後 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    > country-gentlemanさん
    新橋の鳥取岡山館にもございますよ。

    [ 短足おじさん ]

    2019/5/2(木) 午後 9:10

    返信する
  • > 短足おじさんさん
    17歳でもじゅうぶん犯罪です!

    [ ぱらまた ]

    2019/5/3(金) 午前 1:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぱらまたさん
    すっかりコメントを忘れてました。
    短足おじさんの17歳?
    17歳上の嫁さんなら慈善事業として許すけど、下なんだから許せない。
    ぱらまたさんが言うように犯罪だわ。(^O^)

    [ country-gentleman ]

    2019/5/9(木) 午後 6:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事