ここから本文です
ぱらまたの雑記帳
ブログ未開設や捨てハンでの書き込み、初来訪で挨拶も無しの書き込みは削除します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

浦島太郎


徳永英明 - 壊れかけのRadio

の「浦島太郎」の記事にも書いたんですが、自分がオーディオの世界では完璧に浦島太郎になってたんで、これまでの観念を全て一旦リセットして、パソコンを中心とした、いわゆるPCオーディオを構築することにしてみました。
要するにレコードプレーヤーやCDデッキの代わりにパソコンを再生機として使うわけで、なるほど、これなら安上がりでスペースも取らないんで、後は今使っているスピーカーを鳴らしてくれるアンプだけ買えばええわけです。
で、国産や英国製のアンプを候補に挙げて、あれこれネットで調べてるうちに目に留まったのが小型のデジタルアンプ。
近年ネットで話題になってるらしく、調べてみるとAmazonなどで驚くほど色々と出ている。
いわゆる中華アンプと呼ばれるもので、2千円台から高くても1万円弱(@_@)
ネットではかなり評価が高く、これまでオーディオに何百万とかけてた人が、今までの投資は何だったんだとかのコメントも散見される。
しかし、一方では中華アンプはゴミとかオモチャとかのコメントもある。
まぁ、あかんでも数千円、騙されたつもりでと1個買ってみた。
手始めにと思い、あえて一番オモチャっぽいものを選んだ。
イメージ 1
手前にある赤いのがそれで、タバコの箱ぐらいの大きさ。
このサイズで出力は50w×2
ほんまかいな・・・^^;
電源アダプターやAUXコードまでセットで3.290円、ドブ銭覚悟でポチッ!
翌日には届いて、早速PCと左側のサンスイの3ウェイスピーカーに繋いで鳴らしてみる。
ちゃんと鳴るがな・・・ しかしなんか音が硬いというか、全体的に耳障りな感じが・・・
ま、音っちゅうのは主観的なもんで、自分の好みもあるんで、物は試しともうちょい高いのを買ってみた。
左側の黒の2つ。
上が真空管とデジタルのハイブリッドのプリメインアンプで下がデジタルのパワーアンプ。
そして右側で青い光を放っているDAC、デジタルアナログコンバーターとかゆうやつ。
この3つを繋げてPCとサンスイのスピーカの間にかまして鳴らしてみた。
いやはや・・・ 正直驚きまし
3点で1万5千円足らずでこれほどええ音が出るとは・・・
比較用にヤフオクで買ったヤマハのスピーカーやkenwoodのアンプとも繋ぎ代えて色々と聞き比べましたが・・・ 中華アンプ恐るべしです。(@_@)
後は耐久性ですが、この値段なら1年で壊れても腹は立ちません。^^;

で、このkenwoodのアンプはチューナーも内蔵されてるんで、久しぶりにラジオでも聞いてみるかと思いました。
PCオーディオなんで、今の時代はhttp://radiko.jp/
にすりゃノイズフリーで、その上に全国のAMとFMが聴けるんやが、そこはベッドの中でラジオのチューニングダイヤルをいじくってた世代です。
やはりラジオはあの自分で電波を探すのが醍醐味。
で、またもやAmazonでAMとFMのアンテナをポチッ!
しかし、FMはええとしても、AMに関しては今の時代、家も鉄筋コンクリートになり、電波障害になる家電やエアコンの室外機などの増加で、昔みたいな楽しみ方がでけんことを思い知る羽目に・・・
アンテナを延長したり、ベランダに出してみたりとあれこれやってみるものの、さして効果は無し。
観念して時代に迎合しradikoに登録しました。
チューニングの醍醐味ゃワクワク感は犠牲になったけど、AMがFMのように鮮明で音質もええ。
ほんでもって、全国のラジオが聞き放題・・・
味気ないと言えばそれまでやけど、これが時代っちゅうもんなんですな。。。^^;

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事