全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

以下の話に近い事を「富岡製糸場」のガイドさんから聞いて、気になったのでネットを調査すると、

下の文章と一枚の写真にでくわした。

そして今回。自力での写真ゲットを目標として下文中の所在地に赴いた。


富岡製糸場では操業当時、高崎付近で採れる亜炭を燃料として使っていました。亜炭とは石炭の一種で、炭化の程度が低く発熱量の小さいものです。 
 県内には、各所に亜炭の埋蔵地域があり、観音山丘陵に広がる高崎炭田は良質の亜炭が産出しました。明治初期に乗附村村長・田島元七が採掘をしたのを発端に、近在でも次々と採掘が行われていきました。産出した亜炭は、おもに県内の製糸所で使用されたといわれ、上信電鉄の山名駅より富岡製糸場に貨車によって運ばれたという記録もあります。第二次世界大戦後は、石油、ガス燃料の普及によって下火になっていきます。
 昭和の初めには15カ所の炭鉱がありましたが、昭和39年に、最後まで残っていた金井炭鉱と興亜炭鉱が閉山し、高崎炭田の火は消えてしまいました。これらの炭鉱跡はほとんど坑口を残すだけとなっています。
 私たちは、最後まで稼業していた金井炭鉱跡を見学しました。寺尾・館地区にあるこの跡地は、道路わきに広がる平地を10メートルくらい奥へ進むと見えてきます。付近は沢と雑草で覆われていて目に付きにくいものの、直径2メートルくらいの半円形の坑口を見ることができます。入り口は鉄板でふさがれているため内部を見ることはできません。


おおよその場所までいったが、山を眺めてみても、目立つ鉱山系廃墟など全く見当たらないので、

お店のおばさんに「この辺に炭鉱跡ってあるらしんですけど・・・」って聞いてみたら、

あっさり「そこを下って、橋を渡って右に200メートルほど行った先の左空き地の奥よ」

詳しく教えてくれた。

しかし、教えられた空き地はショベルカー等が「ガタガタグワワワーン」と岩石などをいじっていて

近寄れない。  しかたなく、工事が休みになるであろう日曜日に再訪。

奥の竹やぶ付近にひっそりと鉱口が隠れていた。一つは写真でみたものと同じ鉄製の門で塞がれたもの

もうひとつは、口が四角の穴で、口の奥は頭がやっと入る程度に隙間が開いていた。どちらも、耳を

すますと「ぴちょ〜ん」とか「ボコ、ボコボコボコ」と何か泡がたつ音が聞こえる。

とりあえず、鉄板の方の穴下部に、わずかだが隙間がある。「坑道内部が見たい」一心で

気合のリンボーダンスを決行。背中を土まみれにしつつ内部に潜行完了!

内部は階段状に足場が切ってあり、岩盤もむき出しになっていて強度に不安がある。しかし、それほど

穴は深くは無くて、入り口から20メートル程で地下水が湧き出す地底湖(みづたまり)でおしまい

だった。ただ、坑内は硫黄に似た匂いが充満しており、非常に危険な匂いだった。くれぐれも真似を

して坑内に潜行するのはやめましよう・・・。

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

 続きました。

さあ、とうとう二階への怪しげな狭い階段を「メキ。ミシシッ」と板がぶっこ抜けそうな音をあげつつ

できるだけソロソロと登る。まずは四畳半くらい?の部屋に時代を感じさせてくれる「足踏みミシン」

がドッスーンと横倒しになってる。その右にも小部屋。両方とも、部屋の一部は雨漏りで崩壊しておる。

後からも、「ヒュオオオ」と北風が吹きつけてくる音がするので、振り返ると「アウチっ油断した!」

敷きっぱなしの布団! 多量のゴミ袋! 拾いまくった洋服に雑誌類! 浮浪者特有の居住空間だ!!

「野郎いるのか!?寝てるのか!?」腰のモノ(携帯催涙ガス)を準備しつつ隣の部屋の様子をうかがう

が、どうも部屋のホコリ具合からすると現在は人は住んで無い様子。真新しいペットボトルや酒ビンやら

も無いので、安全と思っていい様だ。

「しっかし浮浪者って空き家を見つけるののプロだな」「一応、敷地に管理者の看板でてるんだから

住むのはまずかろうに」「借りてたのかな?」「それか、占有屋か?」 いろいろとケースは考えられ

るな。しかし最後は一階の例の赤いシミの素となったかものう・・・。気の毒に。今頃は一山越えた

最終処分場のコヤシになっておるのかのう・・・な・ん・て! ウフフ、ウフフフフ

下らん妄想はやめて、押入れの中の遺留物を探索。 おお〜ここにもあるのか。ダルマ・・・。そして

浮浪者が置いていった、   「白衣観音像と高崎観光マップ」

群馬をまだ彷徨っているのか、はたまた、暖かい地方へ旅だったか?   

いずこの廃墟に居るのやら・・・・。



注:日にちが経ちすぎて記憶が曖昧でした。ミシミシ音は、二階のフロアで階段はコンクリ製でした。

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

 ヤバイ匂いのプンプンする血痕っぽいシミを発見。ドキドキを抑えて、昼間でも暗い厨房に

おそるおそる進む。狭い通路の先が厨房なんだが、床に油か何かのドスグロイ粘液で滑る。

危うく尻餅をつくところだ。  厨房内部の備品は少しだけ残されている。コンロやソース鍋の錆具合

が、なかなかの雰囲気。調理途中で、火にかけっぱなしのまま時が止まった感じ。哀愁感にホロリと

しつつも、

「最後に作った料理はなんですか?子供の生き血ソースは止めてくださいね」

などと思った自分が恐ろしい。

さて、次回はいよいよ居住編。

ひっぱるほど、大したものでもないんですけどね〜

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 「子供がBB弾をレストラン中に発射しまくってると、管理人のヤー公に、実銃でうたれるぞ〜・・

つうか、撃たれたみたいね・・・。」

入り口はいって右奥の壁際の床に、赤くて少し錆色がかったシミが点々と残っておる。何か、あったか?

もしや、これは本当に事件では!?

しかし、この事をサツに知らせても自分の首も絞めかねない。  「気がつかなっかた、・・ってことで

ちょっと対応は後回しにして、厨房をパトロール(都合が悪くなると、名目を代えます)しよう!

で、

またまた

       続く

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10

イメージ 10

 予告してました物件です。以前から「カッパ○ア」に行く途中に気がついていた廃墟。いちおうは

管理されている様子だったので、指をくわえながら通り過ぎるだけだった。しかし、この冬に「カッパ」

のほうで放火事件が発生。割と近くに立地してるこのレストランも、「放火されちゃかなわん」って

ことだと思うが、草ボーボーだった敷地がキレイになった。

「ひょっとすると、こちらも解体の話が出たか?」「もったいないし!!逮捕もヤクザも

かまうこたあねえで!」と、言うわけで緊急取材。近くは駐車ができないので数キロはなれたコンビニ

に車を置いて、徒歩で現地へ。三叉の坂道を左へ・・・「ポリ公!?」廃墟のレストランの2百メートル

ほど手前にパトカーが待ち伏せしておる!  「くそ〜!奴ら、俺のブログをチェックしとるんかい?」

「いや、しかし顔は割れてないはず・・・このまま観音様観光を装う・・・。」

と、とりあえず口笛など吹きつつ♪やり過ごそう、としたそのときにパトカーが

おもむろに「ウ、ウ〜〜〜!」とサイレンを鳴らしてスクランブル発進してきやがる!  

「ウゲっマジか!」とビビッてるワシの傍らを一気に駆け下って行った!

マイクで「白の軽の方〜止まりなさ〜い」っていいながら、どうやら一時停止違反の車を止めていた。

「ビビらせやがって、カツアゲしに来てたんかよ」「あ〜ドキドキした。膝がカクカクしよるわ」

と愚痴などいいつつも、せっかくパトカーが廃墟の近くから去ってくれたことを感謝。あとは、いつも

止まってたヤクザ風のセダンが無い事を確認。晴れて念願の廃レストランに滑り込むことができた。

道路から見える、蔦のからまった姿が、近くで見ると冬でも激しい。夏などは外壁の赤がほとんど

見えないのだ。そして、その蔦による外装のダメージも激しい。おもっていたよりも建物の崩壊が進んで

いた。  入り口は開きっぱなしの、いわゆる「ウエルカム状態」。道を行き交う車に見つからない

うちにスルっと入店(?)細長い店舗がこじんまりしていてる。備品は椅子が数個残っているのみか?

いや〜それにしても、天井の荒廃がヤバイ。天吊りのライトが落ちてきやしないだろうか・・・。

あれれ?白いBB弾が結構落ちてるな〜〜近所(すぐ向かいのマンション)のこどもがCQB

(室内戦闘)ゴッコで遊んだかな?ムチャしよるねえ。そんなことしてたら、ヤクザのおっさんが

実銃で参戦してきて皆殺しにされるで・・・って・・・この血痕風のシミは・・!?

  (注:念のためですが、記事の上部分の小さい画像をクリックすると、大きくできます。)

                                         続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事