全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

パノラマ 疏斡兇噺庁

イメージ 1

 新しく買ったサブカメラに「パノラマ機能」が付いている。
試してみた。群馬県庁周辺のパノラマ画像です。

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

 「映像の錬金術氏」と呼ばれているイギリスの映像作家

ブラザース・クエイの1985年の作品。パッケージのジャケ写に魅かれて

レンタルして観てみた。DVD版無し。

内容は難しい題材で、正直チンプンカンプンではある。映像的にかなりの

アート作品ということだけは確かです。数話からなるオムニバスで、特にお勧め

なのが、「ストリート・オブ・クロコダイル」原作が「大鰐通り」。

廃墟がかったミニチュアセットでキャラ等はクレイアニメ技法で撮られており、

なんともシュールな感じが、体の芯をモゾモゾと刺激する快感。たまらんです。

説明や解説は無意味かな。

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16

イメージ 16

 いや〜今回の散歩は何かキツカッた。団地ですからねえ、一軒モノの暗〜い感じの!!

廃団地って気色わるいのお!って感じました。ちなみにワシは生まれてこのかた、

一回も高層団地とか、数階建の公団住宅とか住んだことがない。マンションももちろん無い(貧乏で)。

親と住んでる頃は一軒屋(といっても長屋)とかばっかり。で、独立してからも、平屋アパートとかばか

りだ。この先もきっとコンクリート製の団地などには住むことはないだろう・・・・。

なぜなら、結構前の映画だけど、「仄暗い水の底から」っていう黒木瞳さん主演のホラーを見てから、

「絶対やだ。団地キモイ」って映画の恐怖がすりこみ(?)完了されてしまったのだ。

映画全般のあの暗い雰囲気に、劇中も雨ばっか降って鬱陶しいやら怖いやら、最悪最高(喜んでね?)

な映画だった。

そんなこんな言いながら、最近はめっきり数々の廃墟散歩三昧で多少の

度胸はついたものの、新境地と苦手克服のため、あえて選んだ今回の廃墟は

某・群馬県の某・高崎市の某・白衣ナントカの裏手の某・国立特殊人間コロコロ煮の片隅の「一般人

立ち入り禁止」の<黄色いバリケード風ついたて>内部にたたずむ。

発見の経緯はさておき、いつものように「ウ○コ漏れそう〜」みたいな小芝居をしながら、片手は肛門、

片手ボックスティシューをつかんで<バリケード風ついたて>の横を小走りに通過。

団地玄関は板が打ち付けてあるので、階段の手すりから団地にお邪魔した。赤くデザインされた階段

付近から写真を撮りながら二階へ。青い扉が退色しており、廃墟臭がにじみ出ている。

通路にも松葉が堆積しつつあり、けっこういい感じに仕上がってる。これで、夕方だったり

雨の日だったりするとかなり映画の雰囲気に似てきそうだな〜。

「部屋はどないかな?」ってノブをいじってみたが開かず。が、水が満杯なせいではない様子。

普通に全室、鍵がかかっておる。

共用手洗い場だけは敷居がないので写真に収めることができたでごわす。

後は、十数枚写真を掲載しますけ、おのおの雰囲気を写真から味わっておくんな♪

でも、あれだな。この団地、他の施設内の居住物件は人が住んでるのに、ここだけ廃墟なのはなぜ?

ただタンに古くなったからなのかな?それとも・・貯水タンクに・・・・。


 注:この建物は映画とは全く関係ありません

 注◆Ш廼瓠⊆茲蠶戮靴鮖呂瓩燭茲Δ任后複横娃隠闇1月時点)

猿ヶ京の?廃墟〜その

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 さて、猿ヶ京にあった農地っぽいところの廃墟群の最後は中級平屋の?施設。

内部はキレイで、ほとんど汚れも腐敗もない状態です。お風呂が結構広いし男女別れて用意されて

るので、温泉療養所だったのかも。「薬局受付」って書いた表示もあり。詳細は遺留物なしの為、

不明。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事