全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

熊ノ平駅跡〜

イメージ 1

イメージ 2

 
 
  この春に群馬県安中市の山奥、熊ノ平という廃駅に数年ぶりに行ってみた。最近県内のNEWSで

 廃線になっていたこの路線に、観光地「ぽっぽタウン」からのトロッコ列車を開通させるという話が

 浮上したと聞いた。となると、廃墟で有名な変電所跡の建物がどうなるのか? あわてて様子を見に

 クルマをゲぇゲぇー(なんだよこの擬音!?)いわせながら駆けつけてみた。

 
 
 

オウムの遺産〜

 あまり良い画像がないのですが、これでどうかな?もうこの他は画像ないですから。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

オウムの遺産〜

 前回の更新に対してのリクエストに応えての画像追加です。
 
内部に残されていた現役当時のものであろう写真類を撮影しました。その画像をアプリでいじってしまったので
 
吹き出しが書き込まれてますが・・・・。
イメージ 1

オウムの遺産

先日、久しぶりに廃墟探索したくなり、以前に山梨の方のコメントをたよりに○里に出向いてきました。
 
物件は「キャ○ラックホテル」。たいそう外観が米国とかの官庁にありそうなデザインで、すっごくカッコイイ。
 
前庭がこんなにクサボーボーでなければ、一瞬みたかぎりでは廃墟には見えません。
 
しかし、なんでこんな立派な物件が放置→廃虚化してるのかというと、かつてオウム真理教団が
 
日本全国で「サティアン」を開設するために格安中古物件を買いあさったとき、このホテルにも目をつけて購入
 
準備をしたらしい。それを、○里の町民が激しく抗議し、計画が宙ぶらりんになったために、現在はこの状態と
 
なっているそうです。一部には「オウムのサティアン」と呼んでいる町民もいたので、すっかりそのイメージで
 
物件が敬遠されているみたいな印象ですね。でも、逆に廃虚や事件マニアには人気で、侵入が多いため、不審
 
なクルマや人を見るとすぐに近くの酒屋さんが通報するらしく、今回の探索は冷や汗ものでした。詳しく書くと
 
「あ、あいつがキチキチだったか!」って当局にバレルので書きませんが、行きはヨイヨイ帰りは・・・でしたね。
 
滞在時間が短かったので写真も少ないし画質も悪いですが・・一応の簡単レポUPです。
 
 
  注:画像はiPhoneのアプリ加工画像を少々レタッチしましたが、やはり雑仕上げです。
    雰囲気だけあじわってくんないね。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

続・白い家

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

イメージ 7

 いや〜どんだけぶりの更新記事かのぅ。一昨日雪が降ってお休みになったので、久しぶりに廃墟

に行ってみた。群馬県内もほとんど優良廃墟がないので、とりあえず思いついた「心霊・白い家」に

数年ぶりにいってきました。

前回の記事では、外観の写真のみでした。今回は内部の様子もアップしましたょ。    ま、

といっても大して遺留品があるわけでは無く、ほぼただの空き屋な感じですが・・・。昼探索なので、

怖さも無し。ただ、近所から猟銃の発砲音がしてるので、流れ弾が来ないか心配ですゎ。

早々に退散しました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事