廃線?

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

熊ノ平駅跡〜

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 

  まだまだ画像がありますゆえ、UPします。

開く コメント(0)

熊ノ平駅跡〜

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

  

  静かなトンネルをぬけ、少し線路をあるき、「とりつぶされてないかな〜?」と心配だった

 変電所跡の建物がまだ現存しているのを見れて安心した。しかし、遊歩道がここまで延長にな

 ったらこの建物の扱いがどういう風になるのかな・・・。

開く コメント(0)

熊ノ平駅跡〜

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

 先日の熊ノ平の件で、ネットの記事をみっけました。なんでも、
 
 長野新幹線の開業に伴い廃線となったJR信越線碓氷峠区間(横川−軽井沢駅間、11.2キロ)の

 一部で観光トロッコ列車を運転している碓氷峠交流記念財団と、安中市は21日、現在運行の
 
 列車の延伸問題を協議するため、連絡調整会議を開いた。

 財団側は、峠の湯駅から軽井沢駅(長野県軽井沢町)までの区間(8.6キロ)を2段階で延伸させる
 
 ことなどを盛り込んだ「トロッコ列車延伸計画書」の実現を要請。これに対し、市は理解を示したもの
 
 の、「持ち帰って検討する」と応じた。

 また、市側は、第1段階となる峠の湯−旧熊ノ平駅間(3.6キロ)の事業費として、駅整備費やディ
 
 ーゼル機関車の新造費など約2億5000万円を見込んでいることについて、積算根拠があいまいなど 
 と指摘したとみられる。

 計画では、第1段階の開業目標時期を平成23年4月と明記。財団関係者によると、軽井沢駅までの全 
 線延伸時期は、第1段階の実施状況を踏まえ、最終決定するという・・・(2007)


 なのだそうだ。その後、情報が混乱してますが、再開は準備協議中らしいです。でも、実際は横川〜

 熊ノ平間の遊歩道延長は工事中です。

 

開く コメント(0)

熊ノ平駅跡〜

イメージ 1

イメージ 2

 
 
  この春に群馬県安中市の山奥、熊ノ平という廃駅に数年ぶりに行ってみた。最近県内のNEWSで

 廃線になっていたこの路線に、観光地「ぽっぽタウン」からのトロッコ列車を開通させるという話が

 浮上したと聞いた。となると、廃墟で有名な変電所跡の建物がどうなるのか? あわてて様子を見に

 クルマをゲぇゲぇー(なんだよこの擬音!?)いわせながら駆けつけてみた。

 
 
 

開く コメント(0)

EF551

イメージ 1

 今年の冬のこと・・・

たまたま、本当にたまたま軽井沢に買い物いこうと、国道18号をゲーゲーと走っていると、線路

付近にカメラをかかえた人が、ポツン。また、ポツン。「なにか、貴重な車両がくるのか?」と感じ

つつ、しばしゲーゲー走っていると、松井田あたりでなにやらムーミンみたいな変なゴキブリ色の

電車が走って追いついてきた!「ナニコレ!」珍百系(景)車両ジャン!

で、急遽横川駅に車をつっこみ、変な車両を見にいくと、小さな駅に人がワンサカいるし!

鉄道マニアの祭典が執り行われていたのですねぇ。なんでも車両は「EF55」と言うらしい。

昭和11年日立製で3両のみ製造。流線型ブームにのってこのデザインにするも、時速95キロを

超えないと意味なしとされて、3号機までで製造中止になった希少車両。昭和39年には廃車。一号機

は保存された。鉄道学園留置ご、高崎機関区で野外放置プレイでボロボロにされるも、有志によって

昭和60年に整備された。その後はJR東日本で臨時運行、イベント運行で活躍。で、最近は高崎→横川

間のさよなら運行した。ムーミントロールとかに似てるってことで、通称「ムーミン」。

とのこと。この日が丁度最終運行だったのら!

貴重な走行シーンが見れてしあわせだった。はははははははは〜。

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事