つれづれ@キタカントー

Y!ナイス!を頂きました皆様、感謝です。

全体表示

[ リスト ]

あるペルー女性の場合

最後の自己紹介の中であまりに印象的で
私の記憶に残ったものがあったので紹介します。
 
彼女はペルー出身の30歳くらいの女性です。
ペルーで結婚して2人の子どものお母さんで、
お腹には3人目がいて、現在関東在住です。
そんな身重にもかかわらず県を越えこの講座に通っていました。
 
彼女は今から20年ほど前、親とともに来日、静岡に移り住んだのでした。
当時10歳、まだあまり外国人はいなかったそうで、
市役所にいって、学校転入の相談をしたところ、
本来なら小学4年のところ、特別に小学2年生のクラスに転入することに。
 
日本語は全くわからないので大変だったそうです。
それでも半年くらいでなんとかわかるようになったけれど、
やはり漢字などはむつかしいし、書くのも大変でした。
ただ彼女は生まれつき頭が良かったと私は思いました。
算数と理科は理解できたのだそうです。
 
そして2年、3年のクラスを経て、ある日突然6年生のクラスに
編入することになりました。
本人の意思ではなく、おそらく学校と市の教育委員会が決めたのでしょう。
それはそれはなかなか大変だったようです。
それなりに勉強はするのですがやはり国語などは難しい、
でもね、算数と理科はなんとかなったそうです。
 
そしてそのまま3学期だけ6年生で過ごし、中学校へ入学。
彼女はもう部活(バレーボール)のことしか考えてなかったって。
そんな中3のある時、彼女は突然ペルーに帰国することになります。
おそらく親の仕事の都合でしょう。
 
私は尋ねました、「スペイン語はどうでしたか?」
やはりスペイン語は相当話せなくなっていたそうです。
ペルーの中学校では「ベネズエラ人か?」「コロンビア人か?」なんて。
日本にいる時の彼女は、兄弟間では完全に日本語を話し、
親はスペイン語で話しかけるも、本人は日本語で答えていたとの事。
ペルーに戻ったら戻ったで、今度はスペイン語で苦労したようです。
 
しかし彼女は元来頭が良かったのでしょう。
ペルーは高校がなく、中学を5年まで通って、そのまま大学へ進学します。
そして大学を卒業してついた職業はシステムエンジニアでした。
理系の頭脳は国境を越えるなぁ、と私は思いました。
そして結婚をし、子どももできたのでした。
 
「で、どうして今日本に???」
 
この質問に彼女は言葉を詰まらせます。
色んな思いが溢れ返って言葉になりません。
涙に詰まりながら彼女は話してくれました。
「私の中で日本で過ごした日々は輝いていたのです」
苦労はあったけれども、とても幸せなものだったと。
誰もが教育を受けることが出来、治安もいい日本。
「私は自分の子どもに同じ経験をさせたいと思った」
 
こちらも思わず感極まってしまいました。
ペルーに戻ってからの彼女の苦労もしのばれます。
そこらへんの自虐思考の日本人なんかより、
何百倍、いや何万倍も日本に対する愛情を感じます。
 
そしてシステムエンジニアの仕事を得て
今現在日本に住んでいるとの事。
来年の5月には3人目の赤ちゃんが生まれる予定。
無事の出産をお祈りします。
 
移民の大半は当人とその家族にとって、大変なストレスを生み出します。
日本に限らずどの国でも異民族に対する目は好意的でないといえます。
そこでその国の人並みに暮らしていこうと思ったら、
それなりの何らかの能力が必要です。
彼女はSEという職業があったから、再来日することが出来たと思います。
 
言葉は悪いけれど
いわゆる奴隷代わりのような使い方をするための移民政策は、
一時的に安い値段などの便利さを生み出すけれど、
将来的には影を落とすだけだと私は思っています。
日本社会についていけずこぼれ落ちた外国人は、
職を得ることも出来ず、治安の悪化を招くだけだと思います。
 
ちょっと話はそれますが、先日子どもが借りてきた図書館の本。
星新一のショートショート。
何年前に書かれた物かわからないけれど、結構昔のはずです。
ある男が遠い星に出稼ぎに出掛ける話。
男は必死に働き、たっぷり貯金をし、10年後に地球に戻ろうとします。
するとまず戻るロケット代をたくさん取られ、
その後宇宙からの税関でどっさり税金を取られ、
地球に帰ったら10年の間に恐ろしく物価が上昇し、
必死で貯めた貯金は大した価値になっていなかった。。。
 
こんな移民って実は意外と多いのじゃないかと。
移民で成功するのはごくわずかの限られた人間だけ。
移民しないと命がなくなる、なんてケースを除いては、
あまり移民はしないほうがいいと思う私は、
果たして外国籍の子どもにちゃんと日本語を教えられるのか、
こればかりはやってみないとわからないかな・・・。
 
話はそれてしまいましたが、
このペルー人の彼女の話を聞いて、私は何もしてないけれど、
ちょっと自分が日本人であることが誇らしく思えたのでした。

この記事に

閉じる コメント(15)

うんうん、、うんうん。、、
その人はすごく頑張った人なんだろうなぁ。。
元々の頭の良さはあっても投げ出してしまったらおしまいだったと思う。。
投げ出さずに済むような環境と本人の頑張りなんだろうなぁ。。
よく、日本に来て、、そして帰って来てくれました。。
有りがたい。。ポチ。

2011/11/22(火) 午後 7:07 はるる 返信する

はるるさん、
そうそう、彼女が言葉に詰まった時、聞いてる全員もこみ上げてくるものが
あったと思う。
彼女はとても努力したと思うし、これからも頑張ってほしい。

ポチ39♪

2011/11/22(火) 午後 8:08 きつねのしっぽ 返信する

б(≧◇≦)ノ ・・・傑作、なのら!

2011/11/23(水) 午前 6:05 [ KABU ] 返信する

KABUさん、
傑作、39!!なのら♪

2011/11/23(水) 午前 11:17 きつねのしっぽ 返信する

顔アイコン

内緒さん、
了解です。ほ○の○きじゃないといいな(爆)。

2011/11/23(水) 午前 11:40 きつねのしっぽ 返信する

顔アイコン

ほ○の○きになりそうですが・・・。駄目ですかね。

(><)

2011/11/23(水) 午後 0:01 [ KABU ] 返信する

顔アイコン

上品めでお願いします。

2011/11/23(水) 午後 7:24 きつねのしっぽ 返信する

顔アイコン

確かにねぇ
日本って国はいろんな問題を抱えているけど
1億近い人口がいる国の中では
これほどまでに国民生活の向上に真摯に取り組んだ国が日本以外のどこにあるのか??
って
それはそう思いますよ

2011/11/24(木) 午前 7:30 [ あ-ちゃん ] 返信する

顔アイコン

あーちゃんさん、
彼女の場合、ペルーに帰って理屈なく日本の生活の良さを肌で感じたんでしょうねぇ。
(ペルーは相当治安悪いみたいだし)
でも何だか最近治安悪いですねぇ。。。

2011/11/24(木) 午前 10:13 きつねのしっぽ 返信する

顔アイコン

転記転載させていただきましたぁー!

http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/60890727.html

2011/11/24(木) 午前 10:41 [ KABU ] 返信する

顔アイコン

KABUさん、
はーい、もうお邪魔してきましたぁー!

2011/11/24(木) 午前 10:54 きつねのしっぽ 返信する

顔アイコン

私も、この記事転載させて。。

2011/11/24(木) 午前 11:59 はるる 返信する

顔アイコン

了解です〜。

2011/11/24(木) 午後 0:01 きつねのしっぽ 返信する

考えさせられます。移民一つとっても、なかなか一筋縄でいかない問題ですね。
ただ、自分の国の良い所を見つけてもらえるとうれしいし、同じように他国の良い所も見つけて行きたいなと思います。

2011/11/28(月) 午後 5:07 Ganesa 返信する

ガネーシャさん、
みんな同じ姿かたちで、言葉も一緒だったら移民もクソもないけれど、
それじゃなんだかつまらないですよねぇ。。。

折角住むからにはそこを好きになりたいです。

2011/11/28(月) 午後 5:23 きつねのしっぽ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事