韓流雑誌の編集日記&韓ブロ

2月から衣替え! 超個人的なブログに変身!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

11月30日の日韓POPフェスティバルに行ってきました。
渋谷のCCLemonホールまで。
なぜかというと、PARANが出るからです。

(変な画像ですみません。忙しくて写真を手に入れられず、
携帯で撮ったパンフレットです 笑)

開演までずっと楽屋に詰めていたのですが、
楽屋の独特の雰囲気を久しぶりに味わいました。

そこで改めて感じたことは、楽屋と会場の境にある<扉>の存在についてです。
アーティストたちは、扉の楽屋側で一生懸命、ヘアメイクをし衣装を調整し、
歌を口ずさんで練習して、少しでもファンに良い姿を見せられるように
緊張感を漂わせているわけです。

それは、あくまでもファンのために、ファンに少しでも楽しんでもらうために
そうしているのです。何が何でもファンのため、なのです。
その姿は、いじらしいぐらいに、愛おしいものでした。

で、ファンの皆さんは、その<扉>の会場側で出演を待ち望んでいます。
ステージにアーティストが上がると一気に歓声が上がります。
彼らの努力が、本当に報われる瞬間です。

それをハタから見ていたワタシとしては、
アーティストには「頑張って!!」と心の底から応援したくなりますし、
ファンの皆さんには、彼らの努力の結果を楽しんでくださいね、と心から思いました。

ワタシは2階の楽屋を挟んだ廊下の小窓からステージが見えたので、
しばらくそこで見ていました。
そうすると不思議なもので、その楽屋と会場の間の<扉>のあっち側かこっち側か
どちらかに飛び降りたい心境になりました。なぜだかわかりませんが・・。

そしてその帰り道にふと思ったことがありました。
その楽屋と会場の間の1枚の<扉>についてです。

その<扉>の楽屋側と会場側には、全くの別世界が存在しています。
当たり前のことですが・・・。
そしてその<扉>の存在こそが、エンタメを支えている大事なモノです。

<扉>が作り出す裏と表、影と光、その両方を行き来しなければならないアーティストたち。
裏と影を支える事務所やスタッフたち、表と光を楽しんで興行を支えるファンの方たち、
その両方は、限りなく近くて遠い、不思議な連帯感で結ばれている、そんな感じを受けました。

そして私自身は、まさにその<扉>役を任されているような気がしました。
というか、立派な<扉>になりたい、と思いました。
さえぎるモノになりたいのではなく、調整するモノという意味ですが・・・、
そう思ったのです。

エンターテインメントはやっぱり最高です。
人生の絶対的な糧になるものです。
どんなジャンルであれ、人生に一つはそのジャンルを持つべきです。
30日には、確信的にそう思いました。
そして、そのための<扉>として私もさらに頑張りたいと思いました。

気分を新たに、頑張りたいと思ったので、ちょっと記事にしました。
ではまた。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

エンターテイメント最高ですね!!
そのおかで、日々、ワクワクドキドキできるのですから。
ライブにしてもファンミにしても、スターに会えるという瞬間が、
ファンにとっては、たまらなく最高の瞬間であります♪

2007/12/2(日) 午後 8:55 たまごん

顔アイコン

≪扉≫が作り出す裏と表、光と影。。。
アーティストにとって≪緊張の扉≫なんでしょうね。
韓国のエンタメ記事でこのことを知り、PARANのことも出ていたので
応援メッセージのつもりでわたしも記事にしました。
素晴らしいステージだったようですね♪
TAYUさん、どうか≪扉≫を全開に伝えてください^^
楽しみにしていますので♪

2007/12/2(日) 午後 9:19 バリ

顔アイコン

日韓ポップフェスティバル、成功おめでとうございます!!
「扉」1枚。 たった1枚の扉の中の、ちょこっと見せていただける素顔のスターが愛おしくてたまりません(笑)
雑誌、TVなどの各メディアの方々の頑張りに感謝しています。
韓流ではTAYUさんが、見せられるコトとそうでないコト(^^;;の調整をよろしくお願いいたします!(^^)

2007/12/2(日) 午後 9:24 keihm

顔アイコン

TAYUさん、PARANの楽屋に居られたのですね^^
私は、若かりし頃フミヤくんの追っかけをしてましたので、扉の話より『小窓』に食いつきましたよ☆
当時、私もその『小窓』をコンサートが始まるまで、毎回『じーー』とチェックしていました。
昔は、そこには厚手のカーテンがしてあり
それが揺れるとメンバーが会場の様子を窺ってるものと思い込み『ぎゃーーーっ』と叫んで、小窓を指差したものです。。。
FANって小窓のカーテンのゆれまでもが気になるんです^^このお話を読んで私も思い出しちゃいました、あの緊張した空気を。。。PARAN、私も応援しています。

2007/12/2(日) 午後 9:44 [ みろり・ ]

顔アイコン

なんだかとても深いお話ですね。
PARANのライブをご覧になって、楽屋の雰囲気を肌で感じられて、その扉になりたいと思われたんですね。
PARANのライブがますます楽しみになってきました。
ある時は大きく開かれて、でも守ってあげなければならない時は
そっと閉じてあげなければいけない扉でしょう。
でももうTAYUさんは我々にとっては立派な扉になってくださっています^^

イノライフの記事見ました。
すごく注目されていますね。成功を心からお祈りしています!!

2007/12/3(月) 午前 0:32 AYANO

顔アイコン

TAYUさん、読んでいて涙が出そうです。
この歳になると(爆)裏で一生懸命働く人、表でいろいろなことを背負って輝く人。がみえるのでステージを涙なくしてはみれないんです。(泣き虫だから余計・・・)
TAYUさん、ぜひぜひ『扉』役頑張ってください^^

2007/12/3(月) 午前 0:36 ひろ

顔アイコン

TAYUさん,興味深く読ませていただきました。職種はまったく違いますが,私も様々な仕事の場面でこういう扉の存在について感じていたところだったので,なるほど〜と思いながら読みました。
エンターテインメントはやっぱり元気を与えてくれますね^^

2007/12/3(月) 午前 7:14 [ kaede ]

顔アイコン

TAYUさん
舞台裏って緊張感と期待で一杯ですよね。
随分前ですが、
バレエの衣装から小物の支度のお手伝いをした事が有り、
パンフや会場での出演者紹介ボードの飾り作りして、
楽しかったやら、慌しかったのを思い出しました。

TAYUさんの<扉>とはちょっと違っちゃったけど・・・(='m')

エンターティナー達は、夢を与える仕事だと見る側も割り切ってルつもりですが、
時にファンの人生をも救ってくれる力が有りますよね。
0から生まれ、形あるものにしてくれた方たちも含めて、
頑張ってるーって力を与えてくれます。

<前と後>・<左と右>・<向こうとこっち>
<扉>って深いわ〜( ̄ー ̄)
TAYUさんは、意味ある<とびら>になってますよ。

2007/12/3(月) 午後 8:13 [ イシヤマ* ]

顔アイコン

読んでいて、こういったTAYUさんの感性があるからこそ、メンバーみんな韓ブロが大好きなんだよな〜って思いました。
チームリーダーを務めている私は、網戸あたりになれれば良いかしら?^^

扉の向こうとこちら、両方の側面を知っているTAYUさん!
韓国エンタメのパイオニアになって下さいっ。
応援します〜♪

2007/12/5(水) 午前 10:31 [ pisupisu ]

こんにちは〜。30日のPARAN♡ ほんとうに良かったです!!
TAYUさんから見た扉の意味。深いですね〜とても興味深く読ませていただきました。PARANはいつでも一生懸命で。でもそこもちょっとダサいなんて言われちゃうんですけど。ファンのために頑張ってる姿。思いっきり受け止めました!!もうすぐ1stコンサートですね♡

2007/12/6(木) 午後 10:36 [ vic*lov*_lo*e ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事