韓流雑誌の編集日記&韓ブロ

2月から衣替え! 超個人的なブログに変身!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

2月に入って初めての更新です。
なんと、情けない(涙)。

でも、この3連休があるので、ちょっと時間にゆとりができました。
だから、さっそく更新、更新…。

やるやると言ってすっかり遅くなってしまいましたが、
本当に、今度こそ本当に韓ブロのサイトリニューアルに着手しました。
大変お待たせしましたね。

3月末か、4月初旬を目標に、すごく頑張っています。
リニューアルの詳細は、もう少し見えてきたら改めて発表しますが、
かなり大々的な変更を考えています。

一つだけ、絶対に実行しようと思っている大きな特徴を。
それは、各チームの部屋を作る、ということです。
今の世界地図は、役目を終えたので、多分削除して、
新たに登場するのは、各チームのお部屋です。
それぞれのチームで、多いに盛り上がっていただくことを期待して・・・。

ということで、詳細は、もう少ししたら・・・。

ところで、もう、一昨年の11月のことになってしまいましたね。
何がって? 2006年の11月3日に、お引越しをしたんです。
TAYUのこの個人ブログから、今の韓ブロへ民族の大移動って感じで。

このページに、韓ブロのホームペーに行って登録してきてくださーい、
なんて記事をあげて、みんなが「今から行ってきます」「今、登録してきました」
「何度やっても登録できません」などなど・・・、
夜中の12時ごろからやったのでしたね。

懐かしい、の一言です。
あれから何といろいろなことがあったことでしょう。
過去を懐かしむのは、年をとった証拠かも知れませんが、
懐かしいものは懐かしいのだから仕方ないですよね(笑)。

その韓ブロが間もなく9000人になろうとしています。
嬉しいやら、不安やら、達成感やら、何やら良くわからなくなってきましたが、
ひとつだけ!
「韓ブロをやってよかった!」

今回のサイトリニューアルには、強力な助っ人もいるんですよ。
それも、嬉しいことに韓ブロのメンバーさんです。
ちょっとまだ、ハンドルネームを公表してもいいかどうか聞いてないので
誰なのかは、後で。
でも、その人はすごいんです。サイト制作の本当のプロです。

韓ブロには、本当にいろいろな人がいることを痛感しました。
本当にメンバーに助けられています。
こんなに幸せな環境は生まれて初めてかも。

なんだか、前回の「ヤバイです」という記事とは正反対の記事になりました。
精神的振幅の激しいTAYUでした。というか、立ち直りの早いTAYUでした。
なんて・・・(笑)。

あ、忘れるところでした。
前回の記事にいただいたコメント、どれもこれもとっても嬉しかったです。

イメージ 1

昨日の雪、今日の突風みたいな北風、
冬らしくなったといえばなった、ですが寒いですね!!
と、東京のことだけですが…。

うちの会社の傘立てには、誰のものだかさっぱりわからない傘が20本ぐらいあるんです。
なので、いつも適当に使っています。
で、たっぷりとある傘を今日はしみじみと眺めて、「いいなぁ」と思ったわけです。

何が「いいなぁ」なのかというと、たっぷり加減、余裕の本数、ゆとり・・・。
ちょっとワタシ自身が「ヤバイ」と思うぐらいに余裕がないからなんですね、これは。

韓ブロはもちろん韓流のことだけですが、
KBOOMを出しているガム出版は韓流の仕事だけではないのです。
そして、ここのところ、韓流以外の大きな仕事が入ってきてしまって、
それに、韓流の方もいろいろと大きく動き始めていて、
【KIZUNA】をはじめ、大型の企画が決まりつつあったりして
時間配分が限界に近づいています。いや、超えています。

今までは、来るもの拒まず、で、どんなに忙しくても全部、全部主義だったのですが、
さすがにちょっとギブアップというか、あっぷあっぷ状態!

でも、仕事が来る、ある、っていうことは幸せなことだし、素晴らしいことでしょ。
なのにそれをカットするのは間違ってますよね。
ということは、何かを変えなくちゃいけないんです、きっと。

人生には、いくつもの転機があって、その一つが近づいているような、
ちょっと大げさかもしれないですけど、そんな気がする今日、なんです。
だから、休憩する代わりに、そのことを書き始めました。

変わる、変える、フムフム・・・。
どうもワタシは、情緒的、感情的人間で、
仕事に対しても、思い込みで突入、突破、してしまうので
ワタシの頭の中はいつも「どんだけぇ〜」状態です。

それがそろそろ限界で、理性的、システマティック、なんて方向へ
シフトしなければいけないのかも・・・、と考えるわけですね。

ワタシにとって仕事は仕事じゃなくて、趣味、遊び、生きがい、その他全部を含んでいて、
それも良くなくて、そろそろ仕事は仕事にしないといけない? かな?

だけど、韓ブロが仕事なんて絶対に思えないし、
イベントをやったりツアーをやったりするのも、絶対に仕事じゃないんです。
だって、みんなと会えるのが楽しいからやっているから。

何を言ってるんだかよくわかりませんね。
自分でもよくわからなくなってきました。

まあ、とにかく近いうちにワタシは変身する! という変身宣言です。
仕事は仕事で、理性的にシステマティックにやるんです。
そして、恋とか、趣味とか、やるんです。だれかやり方を教えてくださいな。

ハハハ・・・。

久しぶりの出張報告

イメージ 1

なんと16日ぶりの記事になってしまいました(涙)。
画像は21日に発売になるKBOOM3月号の表紙です。
男前サンウ君!
春らしく・・・。

13日から16日まで韓国へ行ってきましたよ。
14日がコン・ユ君のお見送りだったので、
参加してくれたメンバー38人と途中、途中、一緒でした。
つまり、みんなと一緒だったり、他の仕事をしたりの4日間でした。

韓ブロの韓国ツアーはコレで何回目だったか? 3回目かな?

で、感じたことですが、メンバーと一緒に旅行をする、というのはとても楽しいですね。
一人で参加された方も、すぐにお友達が出来て楽しい旅になったようですし、
さらにお友達がたくさん出来て嬉かった、というメールもたくさんいただきました。

やっぱり、何日か行動を共にすると、親近感が一段と沸いてくるものです。
良かったよかった・・・。

ということで、今年は韓国ツアーをなるべくたくさんやることにしました。
といっても、やっぱり韓ブロでしか出来ないことに、何とかトライしてみようと思っています。
ちょっと特別な何か? があるツアーを。
素敵な目標が出来て、今、ちょっと、ワクワクしてます。

たとえば、韓ブロ専用、舞台挨拶、日本語字幕付き試写会ツアーなんかが出来たら最高!
ちょっと業界っぽいパーティなんかに潜入できるツアー、なんかも出来たら最高!
いくつかのイベントのはしごツアーもいいですよね。
前から考えていたのですが、エキストラ出演ツアーもどうしてもやりたいし。

どんなツアーがいいか、アイデアがあったらコメントくださいね。
同じ一生、楽しまなくっちゃ損、損、ですから(笑)。

こう考えていると、何でも企画力次第、ということがわかってきます。
雑誌を作るのも、ツアーを考えるのも同じことなんだなぁ、と。
ああ、やることはまだまだたくさんあった! という発見をした4日間でした。

ところで、皆さん、飛行機に乗っても「耳」は大丈夫ですか?
ワタシは「耳」が気圧の変化にものすごく弱くて、実はそれがとっても負担なんです。
どなたか飛行機に乗っても「耳」が痛くならない方法知りませんか?
やっぱり耳鼻科とかに行って相談するべきなのかなぁ?

今年はたくさんツアーをやろうと思ってますから、
早く治さなくっちゃ・・・。

イメージ 1

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変大変お世話になりました。
今年もどうぞどうぞ、宜しくお願いいたします。

さて、今年の初詣は、思い立って新幹線に乗り、
京都まで行ってきました。もともと行きたかったのですが、無理だとあきらめていましたが、
31日の夜、会社を出てそのまま新幹線に乗って・・・。

新年を迎えたそのときは、『八坂神社』にいました。
隔世の感がありました。振袖姿、着物姿の人が私が見る限りでは一人もいませんでした。
そのかわり、元気いっぱいの若い外国人の男の子たちがいて、
すごく賑やかなカウントダウン騒ぎで、それはそれでとても楽しかったです。

ものすごい人数の八坂神社のあとは、
ちょっとホテルで一休みしてから、『六角堂』へ行きました。
八坂神社とは一転して、こじんまりしたかわいいお寺です。

そこには、ひとつだけ願いをかなえてくれるというお地蔵様があります。
画像のお地蔵様です。
ちょっと首をかしげているでしょ。
みんなの願いをかなえてあげようか、どうしようか考えているんですって。

毎年、元旦には初詣の写真をとることにしています。
去年は富士山でした。ここにも掲載しました。
今年は、六角堂のお地蔵様です。

2枚続けて撮ったら画像のようになりました。
2枚目の写真の左下から覆っている白いものは何でしょう。
時々、こういう変な写真が撮れます。

私の願いを聞いてくれた、ということかな? と勝手に解釈して・・・(笑)。
お地蔵様、アリガト。
皆さんも、きっと願いを聞いてくれますから、右側のお地蔵様に
ひとつだけお願いしてくださいな。ひとつだけですよ。

とにもかくにも平成20年になりました。
今年の目標は「ゆとり」と「ひらめき」です。

昨年は忙しくて「ゆとり」がまったく無くて、そうなると「ひらめき」が生まれませんでした。
今年は、いっぱい「ひらめく」ように、ゆったりと過ごす時間を作ることが目標です!

韓ブロで知りあった方たちとの食事の時間とか、おしゃべりの時間とか、
そんな時間も大事にしたいです、と思ってます。

そして、素敵な「ひらめき」のある企画をどんどん・・・!!!
ということで、今年もどうぞ宜しくお願いします。

韓ブロはすごい!!!

イメージ 1

終わりました、終わりました。今年のイベントは全部終わりました。

12月に入って、クリスマスカード、【KIZUNA】創刊、東京と神戸のオフ会、
東京と神戸のPARANコンサート、最後の最後でユちゃんお見送り募集、
ということでしたけど、全部全部、終了です。

12月の初旬、この12月は一体どうなることかと思いましたが、
終わってみれば、終わるのですね(笑)。

今までの人生で、一番忙しい年の暮れだったことは間違いありません。
今は、ちょっと脱力感でぼーっとしてます。

が、よくよく考えてみると、こんなことが出来たのは韓ブロのメンバーのおかげなんです。

まず、【KIZUNA】については、直接制作を手伝ってもらうことはありませんでしたが、
スンホンのウリスンチームのメンバーには本当に勇気づけられました。
途中、本当にいろいな事があってくじけそうになりましたが、
そのたびに励まして下さいました。
それから、途中からは、しっかり宣伝のお手伝いをしてくださいました。

正直なところ、どれだけ精神的に救われたかわかりません。
やっぱり大きな仕事を始める時の決断は孤独ですから、
それに、いろいろな、本当にいろいろな障害が重なってくると、ぐらついてしまいます。
でも「私たちがついてるから、大丈夫、がんばって!」
と言ってくれるメンバーがいて、それで進められたようなものです。
ああ、韓ブロっていいな、と100回ぐらい思いました。

それに、スンホンファンではない人も、応援してくれました。
いずれはスンホン以外のこんな雑誌も、ということで。
本当に優しい素敵な韓ブロです。

そして、PARAN。
これはもう、物理的に韓ブロメンバーにおんぶにだっこで助けてもらいました。
改めて、ありがとうございました。

ワタシが直接コンサートにかかわるのは初めてで、わからないことだらけでした。
ペンライトを作る注文先まで韓ブロメンバーに教えてもらいましたし、
当日は、お客様の誘導から、グッズ販売、お金の管理、
と、何から何までやってくださいました。
本当にありがとうございました。

これに、甘えてはいけないと思うので、来年も楽しい企画をいっぱいいっぱい考えなくては
実行しなくては、と心に刻んでいます。

東京と神戸の韓ブロオフ会、これも忙しいさなかの楽しいひと時で、
何と言うか、ほっとする息抜きの時間になりました。
それもすべて、世話役を引き受けてくださった韓ブロメンバーのおかげです。
心から感謝しています。
古い番号のメンバーさんでも初めて会えた方もいらして、
なんだか変ですが、ついつい興奮して抱き合ってしまいましたね(笑)。

さらに遡って、クリスマスカード。
いや、今年はすごかったです。しっかり統制がとれた素晴らしい組織的な動きでした。
それはもちろん、GMの存在が大きかったのですが…。
それに、各チームリーダーさんも大変でしたよね。年末の忙しいときに。
でも、皆さんは本当に意味でのファンですね。
つくづくそう感じました。

それから、年末はすごい数の韓流イベントでしたね。
で、韓ブロからのお花もたくさん出しました。
韓ブロのお花は、最近の韓流イベントでは有名になりつつありますが、
これも嬉しいことですよね。

それやこれやで、この12月の出来事は、私の一生の記憶に残るでしょう。
素晴らしく忙しい1ヶ月でした(笑)。
そして、韓ブロのメンバーに感謝しているのは当然ですが、
ものすごく、韓ブロに誇りを持てるようになりました。

年内に10,000人を目指していましたが、ちょっと足りませんでした。
でも、間もなくでしょう。

皆さんにお約束しておきながら、間に合わなかったこともいくつかあります。
まず、ホームページのリニューアルです。
来年早々には、ぜひとも実行したいと思っています。

それから、皆さんから頂いた「漫画」の企画です。
これは、このお正月休み中にめどを立てて、再度、発刊時期をお知らせします。
はじめての韓ブロからの出版物ですから、来年の上半期の目玉にしたいと思います。
すっかり遅れてしまってすみません。
でも、これはきっときっと大ヒット商品になりますよ。

ということで、一段落した今日、お礼の記事を書きました。

心から「韓ブロ 万歳」の年の瀬です。

さ、これから会社と家の大掃除!
年が明けたら「乙女稲荷」に初詣に行かなくっちゃ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事