韓流雑誌の編集日記&韓ブロ

2月から衣替え! 超個人的なブログに変身!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

韓国芸能界の不思議/写真て売れるの?の巻き

随分とさぼってしまいました。
が、また頑張って書き始めることにしました。でも今日はこれから台風?
関係なかったですね(笑)。

さて今日は、韓流スターの写真にまつわるお話です。
写真には肖像権というのがあって、勝手にタレントの写真を売ったりしてはいけないし、
勝手にKBOOMに載せたりしてはいけないんですね。
って、そこまではご存知ですよね。

でも最近では、個人のブログやHPがたくさんあって、
それに使うのは商用ではないからOK? いやNG? といろいろ論議になりますね。

先日、面白い話を聞きました。
韓国では、カレンダーを買う習慣がほとんどなかったそうです。
つまり、カレンダーは「もらう」もの、ということのようです。

で、ある人が、イ・ビョンホンの事務所に日本でのカレンダービジネスをもちかけたら、
「え、日本ではカレンダーなんて売れるの?」という反応だったそうです。
つまり韓国にはタレントの写真が大きく載っているカレンダーなんてなくて、
と同時に、写真がそうして商品になることさえもなかったようです。

ところがところが、日本での韓流ブームがきっかけで、
どのタレント事務所も、写真が売れることに気がついたんですね。
だから、今ではほとんどのタレントがカレンダーを売っていますよね。
そんなこんなで、最近ではKBOOMでも、良い写真を手に入れるのが大変で・・・!

さて、われらの韓国芸能界の写真に関する対応は、日本の韓流ブームで激変しました。
写真が「売れる」ということに「気が付きすぎ」てしまったのですね。
その結果、こちらとしては、妙な反応に驚かされっぱなしなのです。

まず、写真を集めて、写真集を作ると良く売れる!
とても良いビジネスになる!
(実は、韓国には写真集というものが、いまだに無いようです。)
ということが分かってきたんですね。

で、彼らの写真集の定義が、これまた面白くて、
写真の上に文字が載っていないもの、ということらしいのです。
まあ、一応、正しいのですが・・・。

で、困ってしまうのは、たとえばKBOOMで1ページ全面写真にして
その上に文字を載せないページを作ると、
これは写真集ではないか! 写真集なんて許可してない!
というわけのわからない論議に発展していきます。
「えっ?これは、どこからどう見ても雑誌でしょ」
「いや、これは写真集だ。こんなことをするんだったら、もう二度と取材には応じない」

こちらとしては、読者が切りぬいて飾ることもあるだろうし、
文字が載っていない全面写真は、雑誌全体のレイアウトの一つなのに、
そんなページがあると、「これは写真集だ」
みたいなことになって、何を言われているのかわからなくて
ポカーン、状態です。
本当に、最初は何を言っているのか全く分かりませんでした。

写真の肖像権というのは、ちゃんと守られてしかるべきものなので、
それを主張するのは勿論、当然ですけど、
あまり強引な間違った権利を主張されても困るなあ、と。

正直なところ、この手の話がどんどん多くなって、
韓国の芸能雑誌を作ることが非常に難しくなってきています。

つまり、こちらは報道対応で、そのタレントの人気が出るように取材するのですが、
あちらは「俺たちを利用して・・・」という気持ちなんですね。
心から応援して作っている身としては、全く分かってもらえない、
ますます、その度合いがひどくなる! そんな対応に、
ときには、脱力感に襲われることさえあります。

マスコミ対応、プロモーション、などなど
日本でビジネスをするならば、もう少し理解を深めてもらいたいです。

「どうぞ、あまり強欲にならないでください。味方を敵だと思わないでください」
と言いたいです。

ふぅ〜・・・・・・。

ちなみに画像は間もなく日本でCDデビューの金宇宙君です。

開く トラックバック(1)

勇気100倍誕生日

イメージ 1

9月2日は私の誕生日でした。
つまり昨日、1歳年をとったってことです(笑)。

毎年、誕生日は、なんてことなく「ああ、また・・・」と思って過ごしています。
もちろん、身近な人から多少のプレゼントをもらったりはするんですけどね。
たまには、今はやりの自分へのご褒美で、おいしいものを食べたりもして。

で、今回の自分へのご褒美は、ちょっと値段の高いパックを買いました。
5日間集中パックで、暑かった夏の日焼けしたお肌を修復するってことで。
8月29日から9月2日まで毎晩、そのパックをして真白お化けになること20分。
見るも美しいお肌になって(?)誕生日を迎えたのだ! 
ですが、別に誰に見せるでもなく、「鏡よ鏡よ鏡さん・・」と
見事な自己満足で、今年の誕生日はハイ、終了。

そして、翌日、つまり今日、月曜日。いつもの1週間が始まりました。
そして、外出から戻った14時30分。いつものようにデスクにとっとと・・・。

ワー! キャー! そう言えばそうだったわ!
え? 何? これ全部? 
ギャー! 何でこんなにどれもこれも可愛いの! エーッ、どうしよう! 

実は、韓ブロのメンバーさんから120通ぐらいのバースデーカードを
留守中に届けていただいていて、私の机の上がお花畑状態でございました。
どれもこれもラッピングが可愛いから、本当にお花畑みたいでした。
ワオッ、ワオッ、ワオッ、・・・・・・・・・

もちろん、こんなにたくさんのカードをいただいたのは生まれて初めてです。
だから、正直言って、ちょっとスターの気分を味わってしまいましたね(笑)。
ははぁ、スターと呼ばれる人たちはこういう気分なのね(笑)。
なんて、浮かれてるのもつかの間で、
可愛いかわいいラッピングをほどいて、1枚ずつ読み始めると、
涙が止まらなくなってしまいました。(意外と涙腺がゆるい)

「やばい、ここは会社だ!」
「早くしまって、うちに持って帰って、今晩ひとりでゆっくり読もう」
ということにしたのですが、何だか早く家に帰りたくて落ち着きませんでした。

まず、私がやった作業は、
ラッピングをできるだけ丁寧にほどいて、
きれいな袋やリボンを、ビニールの袋に入れて保管しました。
「これらも一緒に大事にとっておこう!」

それから、取り出したカードを机に積んで、
一緒に頂いたお花を隣において、写真を撮りました。
だって、何はともあれ、お礼の記事を書かなくては、と思ったから。
カードを積んだ高さは20cmもあって、
「そうだ、帰りに、これを保管する鍵付きの箱を買わなくっちゃ」

と思ったところで、はたと手が止まりました。
「嬉しい嬉しい」って、そんな記事を書いたらお礼というより自慢に見える?
カードをくださった方以外の方がこの記事を読んだら気分が悪い?
「さぁ、困ったわぁ。どうしたらいいの?」

いやしかし、人間は感情の動物ですよね。
嬉しいことは嬉しい。だから、お許しあれ・・・。
もしも、カードをくださった方以外の方がこの記事を読まれても
絶対に気にしないでくださいね。とわざわざ書くのも変ですけど(笑)。
「誰も気になんかしやしませんよ」って言う感じで
心が通じ合っているのが韓ブロだもんね、と勝手に解釈して…。

ま、今日、こんなことがありました報告です。
皆さん、本当にありがとうございました。
勇気100倍誕生日、でした。

ちなみに私は○○歳になりました。
「あらー、○○歳には見えないわぁ、若いわねえ」
と言われたいなぁ。

それから、最後になりましたが、
ゲストブックにコメントをくださった皆さん、
ありがとうございます。こちらも美味しそうできれいな画像満載でした。
TAYUは本当に幸せ者でございます。はい。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

変な具合の夏休みで、今日は暑いから仕事を休んでいます。
なので、しっかりこのブログを更新しよう、と張り切っていたら、
途中で30万ヒットになりました。

でも、こんな幽霊ブログになりつつある中での数字なので、
あまり胸を張って喜べることでもないので、そっとお祝いすることにしました。

この記事にコメントくださる方がいらしたら、「おめでとうございます」
って書かないで下さいね。恥ずかしいから…(笑)。

このブログがどうして30万ヒットになったかというと、
それは韓ブロがあったからで、このブログはイコール韓ブロだったからです。

現在の韓ブロは、登録メンバーが5,000人を超えて、毎日のアクセス数が
大体10万アクセスぐらいになり、
何かイベントがあれば、一気に人数が増えますし、何もなくても
自然増で、徐々に徐々にメンバーが増えている状況です。

と、そんなことをしみじみと、ぼんやりと考えていたら、
韓ブロHPに素敵な投稿を寄せてくださった方がいらっしゃいました。

会員NO.11 のSeriouseyeさんです。
8月14日の『Face in JAPAN』のレポなのですが、こんな言葉で締めくくられていました。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

今回のイベントで私が注目した事は「イベントの構成、演出、進行に関して」でした。
今後『韓ブロ』で様々な企画を実現して行くにあたって
韓ブロメンバーさん達から様々な要望が出てくると思います。
その中でも実際に出来る事、出来ない事、実現する為にしなくてはならない事。。。
韓ブロがより素敵なコミュニティーに成長して行く為に一番必要な物…
それは5,000人のメンバー1人1人のチカラをどう結集させて行くかだと思います。
ミーハー的に個人レベルで楽しむのも悪くは無いですが
出来る事にはおのずと限界があります。
より大きなイベントを韓ブロで成功させようと思うなら
「One for all, All for one」(1人は皆の為、皆は1人の為)
の精神が不可欠になって来ると思います。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

”ONE FOR ALL, ALL FOR ONE"
この言葉は、まさに韓ブロの精神を象徴するような言葉だと思い到りました。

韓ブロにとって、この言葉には二つの意味があります。
現在の韓ブロには、タレント別にいくつかのチームがあるので、

一つ目の意味は、チーム内において
「一人は全員のために、全員は一人のために」
二つ目の意味は、韓ブロ全体において
「一つのチームはすべてのチームのために、すべてのチームは一つのチームのために」

というわけです。いいですよね、この言葉。
Seriさん、ありがとうございました。

ファンクラブとは違う、韓ブロでしかできない「おおらかなコミュニティ」の実現、発展
のための言葉として、大事に受け取りました。

なんだか新たな韓ブロのイメージがわいてきて、勇気もわいてきましたね。
”ONE FOR ALL, ALL FOR ONE"の精神で何をやるべきか?
おのずとわかってきたような気になりました。

暑いからこそ、再び熱い韓流に向けてSTARTするのにはちょうど良い季節かもしれません。

明日は、この暑いのに八王子の方まで行って、
Paranという、まだ売り出し中のグループの野外コンサートを見に行きます。
新人の現場を見ておきたいからです。

ではまた。

イメージ 1

皆さん、暑いです。仕事になりません。
ということを理由に、ちょっと仕事をさぼることにしました。
で、そのすきにブログを更新しようかと・・・(笑)。

こんな更新頻度では、ブログの体をなしていませんね。
それなのに、ちょっとのぞいてくださる方が毎日いらして、
本当に感謝感激です。ありがとうございます。

さぼり続けているうちに30万ヒットになりそうで、これでは申し訳ないと
心を入れ替えて、こちらも頑張りたいと思っています。
それにしても、クーラーをかけているのに、書き始めたら汗がしたたる!
これは未体験ゾーンだわぁ。

さて、今回は腹が立ったことを書こうと思っています。

私が韓国に行くと、関係者からよく聞かれることは、今、日本で人気がある韓流スターは誰?
誰だったら、チケットや雑誌や・・・が売れるの?
誰だったら、地上波にドラマがかかるの? 視聴率が稼げるの?
というばかげた質問です。

なぜばかげているかというと、そこにはクリエイティブな発想が全くないからです。
超有名韓流タレントが出演したからと言って、ヒットするとは限りません。
いくら人気があっても、何でも売れるほど甘くはありません。
毎月毎月、雑誌で苦労している身から考えると、(好きで苦労してるんですけどね)
その考え方のいい加減さ、甘さにはほとほと・・・。

で、その観点からの失敗例がこのお盆中に二つも!!
どちらも東京ドームを使った一大韓流イベントですから、もう、嫌になってしまいます。
残念で残念で、どうしたらよいのかわからないくらいショッキングでした。私には。

一つは、チャングムのイベント。(イベント正式名称を調べるのもばかばかしいぐらい)
もう一つは、韓流EXPOの日本版。(こちらも正式名称を調べるまでもないぐらい)

結論から言うと、どちらも興行的には大赤字です。
なぜなら、チケットが売れないから。人が集まらないから。
EXPOの1日目は「東方神起」が出たから、まだ、何とか体裁はとりつくろえたものの。

いずれもお盆の真っ最中に、東京ドームが空いているからやっちゃう、
東京ドームでやることに意義がある、
これだけの企画だから東京ドームでやらなくちゃ…、なんですね。

なんで、東京ドームなの? 誰かマーケティングしてるの? 
なんで、何でお盆の真っ最中なの? これも誰かマーケティングしてるの?
なんで、肝心のイ・ヨンエは最後の最後にリハーサルもなくちょこっと出るだけなの?
なんで、こんなにチケットが高いの?
なんで、こんなに無駄に長いショーの構成なの?
なんで、チケットが売れないからと言って、買った人を無視して無料で配るの?
なんで、こんなにぎりぎりまで何も決まらないの?
なんで、たくさん出演すれば良いだろう、と安易に考えるの?
なんで、・・・・・
なんで、・・・・・

と、書き出したらきりがないです。
で、韓国新聞社系のホームページには、「一大イベント」とかなんとか・・・。
早くやめてほしい、このテイタラク。

暑いし、腹が立つし、ついつい愚痴を書きました。
でも、ひとつだけ心に誓ったことがあります。

それは、これからますます、韓ブロはがんばろう、ということです。
地に足のついた企画で勝負しよう、正しく楽しもう、ということです。

改めて、皆さんにお願いがあります。
今後の韓ブロの活動について、ファンの声、地道な声、として、
いろいろなご提案をください。
韓ブロは、その視点でますます頑張りたいです。

イメージ 1

韓ブロにも同じ記事をアップしました!
でも、ここを見に来てくださる方も多いので・・・。



<<韓ブロ1周年記念企画/みんなで漫画本を出版しよう!!>>


韓ブロのホームページがオープンしたのは、昨年の11月3日文化の日です。
それを記念して、5000人を超えたメンバーみんなで本を出版する企画を考えました。
たまたま、韓ブロの運営はKBOOMを出しているガム出版が援助してくれているので、
やはり、1周年記念企画は、出版でいきたい!
また、TAYU個人も、出版業界で育った人間なので、ぜひトライしたい!
 韓ブロ「乙女倶楽部」主催の川柳募集も大成功だったので、きっとできる!
ということで…。皆さん、絶対絶対、参加してくださーい!!!


■企画内容

<タイトル>

『韓流な人々』(仮題)→もっと面白いタイトルをこれから考えます。

<テーマ>

日本に完全に根付いた韓流。
それを支えているのは、業界の人々ではなく愉快な韓流ファンの仲間たちです。
その実態を面白く、楽しく、素敵に、一つの生き方として表現したいと思います。
(ものすごく笑える本になりそうです)

<具体的な内容>

・第1章 韓流な私、家族や友人からはこう見られてるけど・・・(笑)
・第2章 韓流が好きになった心の秘密(思わず笑える正直な理由)
・第3章 こうして私は韓ドラ中毒になった(笑)、そしてその実態
・第4章 韓流タレントを好きになって、今や妄想へと突き進むその姿
・第5章 何度も韓国へ行くようになった、その珍道中記
・第6章 実は家計にも影響があってもう大変! でも・・・
・第7章 若返りの秘訣は追っかけ。あんなこともあった!こんなこともやった!
・第8章 韓流ファンになってから、私はこう変わった!
・第9章 実は韓流ファン同士でお友達がたくさんできて、こんな連帯感も!
・第10章 自由と妄想の韓流ファイター、これからこうもしたい、ああもしたい!

<表現方法/4コマ漫画>

皆さんから、上記の第1章から第10章までのテーマに沿った内容の
エピソードを投稿していただいて、4コマ漫画で表現します。
すでに募集済みの「韓ブロ妄想川柳」の中にも漫画になりそうなものが
たくさんあるので、それも了解をとって使わせていただきます。

<その他の内容>

本の最後に、韓流に詳しい文化人から、
文化としての韓流に対するエッセイをいただきます。人選は、検討中です。

<出版概要>

1.発行発売/ガム出版
2.著者/韓ブロメンバーの皆さん
3.漫画家/未定
4.編者/韓ブロ「乙女倶楽部」
5.発行時期/2007年11月3日(韓ブロHP1周年記念日)目標
6.定価/1500円(予定)
7.ページ数/240ページ程度
8.販売方法/全国書店販売+韓ブロでネット販売+KBOOMで通販

■大募集内容と参加方法

<参加方法>

具体的な内容の第1章から第10章に当てはまる、皆さんのエピソードを
下記へメールでお送りください。
・一人何本でもOKです。
・第1章から第10章まで、どのテーマでも結構です。
・文字数も自由です。それをもとに4コマ漫画にします。
・メールアドレスは  
 otome@hanblo.com
・投稿時の記載内容 会員番号/ハンドルネーム/本名/エピソード
・締切/2007年9月10日

<途中経過報告>

韓ブロ「乙女倶楽部」ブログに随時途中経過をアップします。
URLは http://blogs.yahoo.co.jp/otomeclub2006


■参加者の皆さんへのお願い

★本名掲載

川柳やエピソード投稿で採用された方、全員のお名前を巻末に列記したいと思います。
これは正規の出版物なので、本名で掲載させていただきます。
何らかの理由でどうしても本名の掲載が困難な方は、
ハンドルネームではなく、仮名(ペンネーム)を考えてください。
採用時に個別に意思確認をさせていただきます。

★印税のお支払

採用された方には、漫画の原案作者としての印税をお支払いいたします。
ただし、1万部売れるまでの印税分を韓ブロの今回の活動費
に充てさせていただきたいと思います。
1万1部以降から、印税をお支払いいたします。
印税の計算方法は、(定価の10%×販売部数)が全体の印税です。
そこから、漫画家の印税を差し引き、残りを採用させていただいた方に
分けることになります。

★目指せミリオンセラー

なお、この本が100万部のミリオンセラーになることは、
イコール韓流の活性化につながると信じています。
みんなで協力して実現していきたいので、本が発行された暁には、
どうぞよろしくお願いいたします。

★最後に

この企画は、今後の日本における韓流の活性化に必ず貢献できると確信しています。
皆さんのブログでも、どうぞ呼びかけてください。
転載もよろしくお願いしまーす!!!



■ここを見に来てくださる方へのお願い!!!

この企画を絶対に成功させたいと思っています。
ここへのコメント同様に、韓ブロHPへのコメントも入れてください。
よろしくお願いします!!!!!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事