美濃手すき和紙 MINOGAMI きよこハウス ブログ

「あの黒雲の後ろには太陽が輝いている」 新渡戸稲造 2019手すき和紙カレンダー「前向きことば」より

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「本に夢中!大滝文庫に見る和紙の世界 寄贈記念展 」
始まりました。

イメージ 2
『古今和紙譜』
関義城 著  昭和29年
この本はぜひ見ていただきたい。
鎌倉末期の楮紙(左の本)や、江戸時代の雁皮紙(右の本)の実物が
貼ってあるのです。そんな昔の紙とは思えないきれいさ。



イメージ 3
『新撰紙鑑』 しんせんかみかがみ
木村青竹 編  安永6年(1777年)

各地で作られる和紙の名前、特徴、寸法などが書いてあり、
昔、どこで、どんな紙が漉かれていたのかを知る
手がかりとなる本です。

上のような貴重書は触れませんが・・・

イメージ 4
本を手に取って読める
コーナーをつくりました。
 美濃和紙、民芸、和紙加工、海外の紙についてなど、
和紙や紙に関する本ばかりです。

1冊をひもとけば、必ず発見がありますよ。





.










この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事