みの紙工房F きよこハウス MINOGAMI ブログ

Tour of Japan 美濃(自転車ロードレース)終わる。かっこいい一団は、あっという間に走り去り、再び田舎の静けさ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
講座「文化財修理の過去と現在」 
山本記子氏(国宝修理装潢師連盟 理事長) を聴きに行きました。
文化財修理に和紙は欠かせないもの、勉強しなければ、と。

文化財修理の手法が、
技術の進歩や考え方の変化によって、よりよい方向へと改良されています。
文化財の情報を損なわず、保持すること。
修理の記録をとること。
「未来」へ文化財を受け継ぐために、細心の心配りがなされているのです。

紙に関するところで印象に残ったのは
ーいい材料で上手い絵描きが作ったものは長持ちする。
ー良質な紙で裏打ちをすることが重要。

いい材料、いい美濃紙を作る必要性と
重要性を感じて帰ってきました。

伝統を守り、昔ながらの紙を漉く。
以前と同じ作業をただ繰り返すのではなく、、
和紙の使われる世界を知り、今は何が求められていて、
どうすればそれに応えられるかを
考えていなければなりません。

(写真は、平成二十九年度総合展示 保存と修理の文化史」展示図録)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事