みの紙工房F きよこハウス MINOGAMI ブログ

Tour of Japan 美濃(自転車ロードレース)終わる。かっこいい一団は、あっという間に走り去り、再び田舎の静けさ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1

いつもの場所に

細い細い茎ながら
背筋をピンと伸ばし
白い個性的な花を咲かせる
ユキノシタ


イメージ 2

ゆっくりだけど
前へ前へ
我が道を行く
カタツムリ

紙漉き場のすぐそばでの出来事です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
最高の紙干し日和。
ゴールデンウイークなんて、
どこか遠い国のことのよう。
いよいよ手すき和紙の板干しが
できる日がやってきました。

修理をした板に、
昨日漉いたちり入り紙を干しました。

いわゆる「あくとり」用です。
板を洗ったり、強く拭いたりした後は、
紙に板のあくが移り、
部分的に黄色く変色してしまいます。
失敗品となるのをわかったうえで
何度も紙を板に貼り付けて、
徐々に慣らしていくんです。

板干しは気持ちいい、こんな気候なら、なお。
この家に、紙が干されている風景を見たのは何年ぶりでしょう。

個人的にはセンチメンタル。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

干し板の修理

イメージ 1


この前の日曜のこと。
美濃手すき和紙の家 古田行三邸の開館日でした。
こんな風に干し板を並べていましたら、
5組もお客さんが見えました。
和紙を干している、とか、紙すきが見られる、と思って
立ち寄られたそうです。

でも違いました。

この板には、和紙を貼って干してはいません。
何をしているのかといいますと、
干し板の修理です。
板の割れ目やすき間があいているところに
細く切った和紙を貼って覆い、
柿渋を塗って、乾かしています。
無臭柿渋を使ってみましたが、ほんとうに匂いません。

大事な板なので、これから大切に使います。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ようやっと紙煮

イメージ 1
夕日を浴びる美濃こうぞ
黒皮のみ削ってあります
三日間水つけしました
とても、あらい(幅広)です

煮えたぎった大釜へ
ソーダ灰を加えた後、こうぞ投入
イメージ 2

いざ
慣れた仕事場で
仕事を始められると動き出した途端、
次々に障害、解決したらまた障害。
いったい なんなんでしょう!
なかなか仕事が進みません。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

みの紙工房F (ミノガミ コウボウ エフ)
Fは futureの意味です。

独立しました。
ひとり紙漉きです。
大海に飛び込んで、不安もありますが、
泳ぐ方向は決まっています。

美濃紙の伝統を未来へつなぐこと。

「きよこさん、がんばりんせえの。」と、
応援してくださる方々がいます。

今日も、沈みそうになっているところを
ある方達に救っていただきました。
ありがとうございます!

近くの馬頭観音へお参りに行きました。
ここは、紙漉きの村。
どれだけの紙漉き達が、この観音様に
手を合わせただろう、と思うのです。
私もそのひとりとして、
仲間に加わったような、
また、あとをついていくような、
大変だけど誇らしい、
そんな気分にさせてくれるのです。








開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事