前回に引き続き、下灘駅のホーム上屋を作ります。さて、このストラクチャー、おそらく2012年の改修時に色が塗り替えられています。こちらは変更前、2010年に訪問したときの写真です。松山から乗って来たのはもともと特急に使われていたキハ185で、さすがにリクライニングシートは固定されていたものの、えらくゴージャスな普通列車の旅でした。
 
イメージ 1

さて、この写真にある通り、このときの上屋は、支柱の土台のコンクリートが濃い目のベージュ色で、屋根の妻側はこげ茶の退色したものでした。
 
イメージ 2

こちらが今の下灘駅で、支柱の土台はコンクリート色のまま、屋根の妻側は白に塗られています。前回掲載した設計図の通り、今回はこの2010年バージョンと2018年バージョンの2つが作れるようにしておきました。自己満足に過ぎませんが、使い分ければ、将来このセクションをお立ち台にして模型を撮影したときに「キハ58がこの色の上屋の下灘駅に入線しているのはおかしい」といった指摘を回避することができます。
 
イメージ 3

さて、よもやま話に明け暮れていると、Part 3まで設けねばならなくなりますから、工作に進むことにいたしましょう。こちらが今回の工作のハイライトである支柱です。コピー用紙に印刷したものを木工ボンドで厚さ4㎜弱の紙に貼り付けます。どこで拾った紙だか覚えてないのですが、たぶんクリーニングのシャツに入っていた厚紙だと思います。
 
イメージ 4

カッターとデザインナイフで、誤って細い支柱を切らないように、慎重に切り抜きます。拡大鏡のお世話になっていますが、うわあ、切り口、ぶっさいくですねえ。立派なことを書いてても、この写真が小生の工作力を物語ります。
 
イメージ 5

切り抜いた2枚を木工ボンドで裏表に貼り合わせます。ご承知のとおり、紙には目があるので、縦向きのものと横向きのものを貼り合わせることで、強くします。それにしてもホント、この切り抜き精度はお恥ずかしい。切る際に力がかかって紙が変形しちゃうのもあるので、本当に正確に作ろうと思ったら、外注してレーザーで抜くのでしょうね。もちろんエコノミーモデラーの小生はそんなことはしませんが。土台には1㎜の厚紙を前後に貼ります。合計4枚重ね、コピー用紙も含めると8枚重ねということになります。
 
イメージ 6

さらに、強度を上げるために、支柱全体に瞬間接着剤をたっぷりしみ込ませました。土台部分にもしみ込ませて、ペーパーがけに備えます。このダイソーの瞬間接着剤は1個あたり25円なので、保管中に固まってしまっても口惜しくありません。それにしても、瞬間接着剤を容器の最後まで無事使える方って、この世に存在するのですかねえ。

イメージ 7

両方の妻側に板壁をつけました。今回は「2010年バージョン」にしました。瞬間接着剤をしみ込ませた土台部分は320番のペーパーをかけてやります。後の写真でバレますが、この作業をいい加減にやったので、実に不細工な仕上がりになってしまいました。色はベージュの色紙を巻くつもりだったのですが、面倒だったので肌色のクレヨンを直接塗っています。このあたり、最初はどっちみち試作品のつもりだったので、手抜きで進めました。

イメージ 8

最初はベースなしで作ろうとしたのですが、強度的に難しいので、1.5㎜の厚紙を使った土台を用意しました。本番ではプラットホームを完成させてから上屋を組み立てることになります。気合い不足で、屋根の裏側が斜めになってしまいました。

イメージ 9

木工ボンドで支柱を立てます。ある程度粘りがあるし、乾燥までにすこし時間があるし、はみ出た分は拭き取れるし、固着後はがっちりだし、安いし、この接着剤は本当に素晴らしい。

イメージ 10

ベンチの土台を固着します。1㎜の厚紙を切ったもので、切り口はグレーのクレヨンを塗っておきます。木工ボンドのイモ付けですが、問題なく固着できます。
イメージ 11

ベンチを取り付けます。本物の写真から作っているので、本物っぽいです。
イメージ 12

屋根の破風板のあたりを仕上げています。
イメージ 13

できました。接着時に二重構造の屋根がずれてしまって、雨どいがえらく目立つようになってしまいました。木工ボンドといえども、広い面積を貼ったときには、位置ずらしができないです。抜かりなく組み立てようと思ったら、ガイドとか治具を工夫しなきゃならないですね。
 
イメージ 14

前述の通り、支柱の土台部分がひどい出来です。切り抜き時の精度と、瞬間接着剤をしみ込ませてのペーパー仕上げ、どちらにも問題があったということで、反省です。
 
イメージ 15

とはいえ、屋根の横幅が6㎝にも満たない小さなストラクチャーですから、試作にしては上出来ではないか、と言い訳をしておきましょう。なお、本物には支柱と支柱の間に、補強用ワイヤがありますが、現時点では取り付けていません。ピンバイスで柱に穴をあけて、0.3㎜の真鍮線を通してやれば、精密感が増しそうです。
 
イメージ 16

下灘駅のホームから撮った瀬戸内海を背景にして記念撮影です。今日も伊予灘は穏やかですね。支柱の素材と設計に悩んだだけに、何とか形になって感慨深いです。
イメージ 17


 

開く コメント(2)[NEW]

明日は「海の日」というのに、関東地方は梅雨のどん曇りで肌寒いくらいです。長くお日様をみていないような気がします。家にこもっているので、工作ははかどりますが。
 
さて、下灘周辺の風景を再現するにあたって、もっとも重要なものの1つで、しかも難度が高いために後回しになっているストラクチャーが、あの有名なホーム上屋です。こちらの写真は201811月3日の撮影ですが、晴れた連休なのに、誰も人物が写り込んでいない、という奇跡のような写真です。何せ今の下灘はたいした人気で、休日となると人がわんさか押し寄せますからねえ。
 
イメージ 1

世界にはたくさんの「ホーム上屋」があると思うのですが、下灘のそれほど、たくさん撮影されたものは、まずないでしょう。何せ「下灘」で画像検索すると、数限りなくこの建物の写真が出てきます。こんな感じです。

イメージ 12

さて、下灘の象徴ともいうべきこのストラクチャーですが、以前もどこかに書いたように、Y字型の支柱の構造をどうするかで悩んでしまって、なかなか前に進みませんでした。こちらが実物の支柱で、古いレールが使ってあります。

イメージ 13

Y字に分かれるまでの根本の部分は2本のレールを背中合わせに溶接した形になっていて、レールのサイズは高さ、底幅とも11センチ弱です。実物知識に疎いので知ったかぶりをするとボロが出そうですが、30㎏レールという、明治期から使われてきた規格のレールのようです。ローカル線では国鉄末期まで使われたようですね。
 
イメージ 2

さて、Nゲージにすると11㎝÷1500.73㎜になるこの支柱をどう再現するか。実物通りレールを使う、ということであれば、マイクロエンジニア社が発売しているコード40レールということになるのでしょうが、高さが1.1㎜あってオーバースケールになるし、何よりたいそう高価です。とはいえ、さすがにペーパーでは強度的にとても耐えそうにない。そこで、今はなき銀座4丁目の天賞堂で0.8㎜角の真鍮線を買ってきました。
 
イメージ 3

ところが、何度も書いたように、プロジェクトSHIMONADAが目指すのは、「小学生が1か月のおこづかいで作れるセクション」です。この真鍮角線を切って、曲げて、削って、ハンダ付けする、となるとえらく難度が上がるし、何より小生自身にその工作力がありません。塗装も必要になってしまいます。買ってきた真鍮線を眺めているうちに、へなへなと気力が失せてしまいました。もう半年も前の話です。
 
で、どうするか。木やプラの角材を使うと曲げが利かないので、Y字の接合部分の強度が不安です。過去に下灘駅を見事に再現している保科賢太郎氏や「四国な鉄道模型・みぬま鉄道製作記」の「みぬ鉄」さんはこれをどう表現したのだろう、と写真に目を凝らしたのですが、よくわかりません。会社の帰路にひらめいて「おお、これはいけそうだ」と、嫁のヘアピンを失敬してY字型に曲げてみたりしたのですが、ヘアピンの素材というのはたいそう硬く、思った形に曲げるのは至難の業です。3本の柱を同じ形に加工するのはまず不可能でしょう。
 
「で、どうやったんだよお、早く言えよ」というお叱りが聞こえてきそうなので結論を書くと、結局はペーパーで作りました。ただし、厚紙を切り出すのは難しそうだし、強度も心配だったので、厚さ4㎜弱のペーパーから切り出した、紙の目が縦のものと横のものを2枚、裏表に貼り合わせることにしました。
 
この方法だとレールの凹凸は付けられませんが、実物の写真を使うことで、気休めながら一応レールを表現しています。ベースにした下の写真からしてほとんど何だかわかりませんが「下灘駅の支柱の写真を使ったのだ」という自己満足だけは満たせます。
 
イメージ 4


かくして設計図が出来上がりました。支柱が4セット分ありますが、1セットは失敗したときのための予備です。
イメージ 5

例によって前置きが長くなってしまったので、工作の様子はPart2にてご紹介することにします。なお、このストラクチャーだけは、作りたい方がいらっしゃるかもしれないので、参考のために実物写真を何枚か掲載しておきますね。もちろん、小生の模型がここまで精密に表現できている、という訳ではありません。
 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

Part2に続きます)

開く コメント(0)

2004年に下灘駅構内にあった詰所を再現する作業のPart2です。「かめ」様の写真を参考に、窓一枚の幅を90センチ=6㎜と想定して設計を行ないます。
 
イメージ 1

ピンク色の板(もっと色の濃いものが退色したのだと思います)の後ろ側は、他の国鉄型詰所から想像しました。両側面に窓がないことは、他の小さな写真で確認できたのですが、裏側がどうなっているかは全くわかりません。不本意ながら想像で作ります。
 
設計はすべてパワーポイント(貴兄のパソコンにも入ってますよね?)で行ないました。もちろんこれは邪道であって、本来はイラストレーターやCADソフトを使うべきですなのですが、小生は他のソフトを持っていないし、使う能力もありません。パワポによる作図は、最初は苦労したものの、1年近く取り組んでいるうちに、すっかり慣れてしまいました。
 
完成した設計がこちらです。実在する一般のお宅の設計図を掲載するのはさすがにプライバシーの問題があってできませんが、この建物なら叱られることはないでしょう。JR四国の許諾をとれ、といわれると困りますが。
 
イメージ 2
内容はご覧の通り、前回ご紹介した羽目板に窓と引き戸を並べたものです。2軒分あって、上が2004年バージョン、下はアルミサッシを木枠に戻した国鉄バージョンです。もちろん、国鉄バージョンは資料がないので想像です。正面と裏側が2枚あるのは、窓を抜いて、上から貼り付けるためです。建物の横幅はちょうど9センチですが、紙の厚さを考えて、左右を0.4㎜ずつ長くしてあります。両側面には窓がないので、上から貼り付ける部品はありません。

印刷は、できれば厚手の高級紙に「きれいモード」「高画質モード」で行ないます。小生の場合「キャノン写真用紙・プレミアムマット(厚さ0.31㎜)」というのを使いました。

こちらは屋根用の部品です。全く同じものが2軒分あります。こちらは普通のコピー用紙に「標準モード」で印刷します。

イメージ 3

パワポを使う場合に1つ注意することがあって、そのままの設定で使うと、せっかく高精度の写真を使っても、保存すると勝手に解像度が下がってしまいます。これを防ぐには「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」の画面を開いて、「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れます。こうすると、取り込んだ写真の解像度が保てます。ファイルサイズがどんどん巨大になりますが、今のパソコンの性能だと動かない、ということはありません。気になる場合は、取り込む前に素材の解像度をある程度下げておくとよいでしょう。
 
イメージ 4

後はこれまで何度もご紹介した工程です。ご一緒に軽工作を楽しむつもりでご覧下さい。まずはカッターでさくさくと切り出します。
イメージ 5

ダイソーのカラーボード(5㎜厚)を裏側から貼り付けます。テンプレートを作って切り出すのが正攻法でしょうが、現物合わせでも十分です。ちょっと大きめに切り出して、少しずつ小さくするのがコツです。
 
イメージ 6

補強ができました。以前はガタガタだったのですが、手慣れてきて、かなりすっきり作れるようになりました。正面と裏側の天面は、カッターを斜めに入れて切り出すことで、屋根との接着面積を稼いでいます。
 
イメージ 7

裏側の外板を用意しています。本来は引き戸と窓の間に細い柱がありますが、老眼の小生には、柱を残して切り出す作業がとてもできないので、あっさり省略しています。切り口は白く目立つのでクレヨンで着色しますが、クレヨンの先をご覧のようにカッターで鋭角に切り取ってやると、細部まで届いて使い勝手が良いです。
 
イメージ 8

正面にも外板を貼りました。細い柱の切り出しをあきらめているので、2枚続いた窓の下の羽目板は、完全に分離した部品になります。 
イメージ 9

標準工法で屋根を付けました。雨どい部分と瓦部分の2重構造です。結構苦労して考えた構造で、細い雨どい表現できます。
イメージ 10

棟瓦と鬼瓦を取り付けます。端のところが白くはがれていますが、クレヨンでレタッチできるので心配無用です。 
イメージ 11

庇(ひさし)のベース部分です。1㎜の厚紙にテンプレートを木工ボンドで仮止めして切り出して、テンプレートをはがしてから、木目紙に貼り付けます。3方向を1㎜ずつ残して切り出して、つまようじで木工ボンドをつけてから折り曲げます。
 
イメージ 12

コピー用紙を折り返して貼り合わせたトタン屋根にベース部分を貼り付けます。3方向を0.5㎜ほど残して切り出せばできあがり。トタン屋根にはエアブラシで軽く縦筋をいれて、ウエザリングしてあります。といっても、フォトショップ上のバーチャル工作で、本物のエアブラシは使いません。
 
イメージ 13

庇を木工ボンドで取り付けます。いつも思うのですが、この安価な接着剤の効き目は偉大です。
イメージ 14

切り口にクレヨンを塗ってから、正面のピンクの板を張り付けます。
イメージ 15

安全第一の看板を取り付けて、できあがり。昭和バージョンには手書き文字の看板が必要ですね。
イメージ 16

実物写真と並べて記念撮影です。庇の支え棒はさすがにプラ材で作ったほうがよさそうなので、今の時点ではあっさり省略しています。
イメージ 17

ちなみにこちらは、コピー用紙だけでつくった試作品です。窓も二重構造ではありません。以前もどこかで書いたのですが、遠目にはほとんど変わりませんから「俺は窓を抜いたのだ!」という自己満足が必要でなければ、こちらで十分かもしれません。これだと総コストは材料費10円、プリンターインク代20円くらいだと思います。

イメージ 18


開く コメント(0)

途中になっている夕やけ団地の製作を再開しなければならないのですが、前作の「村井商店」で、もはや存在しない建物を再現する面白さを知ってしまったので、勢いに乗ってもう1軒、今は亡き建物を作りました。しかも今回はこのシリーズで初めてご紹介する「鉄道施設」です。考えてみれば、ここまでは「鉄道模型」といいつつ「建築模型」だったですものねえ。
 
下灘駅を出て左手、つまり松山側は空き地になっていて、何もありません。
イメージ 1

こちらの写真は松山側から下灘駅をみたころ。実は以前、「さなえ美容院」の向かい側には詰所がありました。ちょうど枕木の置いてあるあたりです。
イメージ 2

この詰所の写真を懸命に探したのですが、村井商店と同じく、写真はネット上に3枚くらいしか存在しません。そのうちの1枚が、前回ご紹介した「かめ」様のブログに掲載されているものです。これについても氏から高画素の写真を貸与いただいたのでご紹介しましょう。こちらです。撮影日付は2004718日なのですが、2007年に同じ場所で撮影された写真にこの建物はないので、この後しばらくして取り壊された、ということになります。
 
イメージ 3

このストラクチャーの難関は羽目板です。国鉄時代の施設によく使われている羽目板、具体的には「クレオソートでこげ茶色のものが太陽光で色あせて半ば灰色になったもの」を求めて、ネットで、木造駅舎から木造校舎、公民館、フリー素材から有料素材まで検索しまくったのですが、イメージにぴったり合うものがありません。プロジェクトSHIMONADAで過去につくった板壁の素材にも、そのまま使えるものがないのです。結局、これまで自分が撮影していた写真から何とか作りだしました。
 
元ネタにしたのは、予讃線の伊予西条駅にあるこちらの建物です。
イメージ 4

ちなみに、この伊予西条駅、以前は線路脇に古い木造の鉄道施設がずらりと並んでおり、特急「しおかぜ」の車窓から眺めた際、いつかは取材したいものだ、と思っていたのですが、この3月、久々に訪問したら「鉄道歴史パーク」というのができていて、多くの建物が取り壊しになっていました。こちらが現在の様子です。以前は右手側に木造の鉄道施設が並んでいました。

イメージ 5

そもそも鉄道の歴史をテーマにした施設を作るために、貴重な昭和の鉄道遺産を壊しちゃうとは何ごとだ、と憤ったのですが、冷静に考えれば、木造の詰所を貴重と考えるのは、国鉄時代の再現を目指す鉄道模型ファンだけなのかもしれません。車窓からコンパクトデジカメで撮った写真ですが、どんな建物があったか、1枚ご覧にいれましょう。撮影は2009年1月18日です。どうです、シブいことこの上ないストラクチャーだと思いませんか? 今となっては、途中下車して取材しなかったのがとても悔やまれます。

イメージ 6

話を現在に戻して、これがさきほどの建物の左側側面です。ちなみに正面には立ち入れませんし、裏手も木とツタが茂っていてNGです。この2枚の写真から、羽目板をつくりました。
 
イメージ 7

イメージ 8

どういう加工をしたか、というと、説明しにくいのですが、フォトショップを使って、コピーして、スタンプツールを使ってつなぎ目をスムーズにして、左右反転してつないで、つなぎ目をスタンプツールでスムーズにして・・・と、チマチマ時間をかけて作業します。フォトショップの使い方は完全自己流なので、実はもっと良い方法があるのかもしれません。こちらが完成したものですが、なかなかよい感じで、今後、国鉄時代のストラクチャーをつくる際のベースに使えそうです。

イメージ 9

1万人に1人くらいは「使いたい」という方がいるかもしれないので、横長のバージョンも掲載します。これを使ってストラクチャーを作ると、エコーの羽目板より格安な上に、着色も不要です。暗さや色合いはパソコンソフトで調整して下さい。フォトショップがなくても、ウインドウズに標準装備してある「フォト」やパワーポイントで十分調整できます。
 
イメージ 10

窓がまたたいへんでした。国鉄の木造施設に使われていた、ありふれたタイプの木枠窓を探したのですが、小生の住んでいる横浜のニュータウンにそんな窓はありません。遠出したとしても、美観地区でもない限り、ほとんどの家屋の窓はアルミサッシに改装されてしまっています。岡山県の新姫線沿いには、好ましい木造駅舎がいくつも残っているようなのですが、都合よく使える窓枠写真はネットでみつからないし、取材にいく根性もありません。
 
悩んだ挙句、さきほどの写真にあった小さな窓を元ネタにして自作にトライしてみました。そうすると、あらら、案ずるより産むが易しで、窓も引き戸も割とあっさりできてしまいました。元ネタが同じなので、さきほどの羽目板ともよくマッチします。しめしめ、今後この手法を使えば、たいていのストラクチャーの窓は、自作できそうです。
 
こちらが先ほどの板壁の窓を修正したものです。鉄格子がついているのを、1本1本消してつくりました。上側の枠は、下側の枠を上下反転させてコピーしたものです。
イメージ 11

桟と桟の間を広くした上で、3段の窓にしました。窓も白く抜いてやります。
イメージ 12

窓に下半分を加えて引き戸を作りました。下半分の板は、さきほどご紹介した羽目板と同じ素材です。
イメージ 13

この方法を駆使して、4段の窓と天窓も作りました。この写真をご覧いただくと、加工工程がお分かりいただけると思います。
イメージ 14

まだ詰所の工作に進んでいませんが、長くなったので、今回はここまで。続きは次回ご紹介することにします。(続く)

 

開く コメント(0)

実在のお宅を例にして、引き戸や窓の製作方法を紹介するのはさすがに控えてきたのですが、今回製作した福井商店は、もはや存在しない建物です。このストラクチャーを例に、小生の引き戸や窓の製作方法をご紹介しましょう。使うツールはフォトショップ(エレメント)だけです。このソフトさえあれば、あとのコストはゼロなので、グラントラインやエコーの窓パーツに比べるとずいぶんお得です。
 
窓や扉で一番簡単なのは、実物写真を使うことです。こちらは「丘の上の変形倉庫」の1階部分の窓ですが、道路に面した建物なので、正面からの写真が撮れます。この写真だったら、フォトショップで画角をちょこっと調整してトリミングするだけでそのまま使えます。

イメージ 1

ただし、手前に障害物がなく、極端な陰影がない、真正面からの写真、というのは実はなかなか撮れません。例えばこちらは下灘駅舎の北側ですが、ご覧のとおり窓の一部を木が覆っていて、そのままでは使えません。できれば妙なコントラストが出ない曇りの日に、なるべく正面からの写真を撮って、フォトショップで歪みを補正して、手前の草や木を「スタンプ」ツールで丁寧に消してやらねばなりません。詳細は説明しませんが、左右を反転させて、右側の窓枠を左側にも使う手法も効果的です。
 
イメージ 2

ただし、福井商店の場合、かめ様にご提供いただいたこちらの実物写真は斜め手前からの撮影です。模型資料でもない限り、写真の上手な方であればあるほど、真正面からの写真なんて撮らないでしょうから、当然ですよね。さすがにこれを加工して窓を作るのは不可能です。
 
イメージ 3

そこで、他の素材から、引き戸や窓をつくることにしました。まずは1階の引き戸の作り方をご紹介しましょう。こちらです。
イメージ 4
①はベースしたアルミサッシの引き戸です。どこかのメーカーか、建材販売会社のサイトから頂戴したものですが、今となっては出典がわかりません。三協アルミさんだかYKKさんだかわかりませんが、無断掲載をお許し下さい。なお、当然ながら、素材はなるべく解像度が高いものを探します。
 
②はフォトショップを使って①のサッシをプロトタイプに似たものに加工したものです。桟をコピーしたり移動させたりするだけなので、難しい作業ではありません。つなぎ目のところだけ、不自然にならないように、「スタンプ」や「ぼかし」ツールでタッチアップしてやります。茶色の部分は実物と似たような色を「ペイント」しました。
 
③は、別に撮影したカーテンのある窓の写真の上に、②でつくったアルミサッシを重ねて、ガラスの水色部分をくり抜いたものです。「マジック消しゴム」を消したい部分にあてるだけなので、簡単です。
 
④の天窓は、同じく①を加工してつくります。裏側にはカーテンがないという想定なので、⑤のように黒バックの窓(他の窓を撮影したもの)に重ねてガラス部分をくり抜きました。
 
プロトタイプの窓は茶色のアルミサッシです。「窓、アルミサッシ、ブラウン」でさんざん画像検索したのですが、都合のよいものがみつかりません。あきらめて、実在する他のお宅の窓を加工することにしました。
 
こちらはベースにした写真です。愛媛県某所で撮影したものですが、下灘周辺ではありません。ここにお住まいの方、もしご迷惑をおかけするようだったらすぐに削除するのでお知らせ下さい。 
イメージ 5

こちらが窓加工の工程です。
イメージ 6

①は元写真のゆがみを補正した上で、スタンプツールやコピーツールを使って、手摺部分を丁寧に消したものです。ひたすらチマチマと作業します。2つの窓と窓の間には、実物に習って縦の桟を入れました。
 
プロトタイプはカーテンが閉まっているので、引き戸と同じように、カーテンの写真をベースにして、窓を切り抜きました。これが②です。
 
カーテンの白がちょっと涼しすぎたので、色温度をすこし上げて、暖色系にしたのが③です。同様にしてつくった右側の窓が④です。
 
こちらが完成写真です。プラバンの窓を抜いて、裏から透明プラバンのガラスを貼り付けるのがNゲージストラクチャー製作法の王道でしょうが、この技法も捨てたものではないと思いませんか?
 
イメージ 7

そういえばヤフーブログの引っ越し方法が公開されていますね。そろそろ引っ越しに取りかからねばならないのですが、小生はこういう作業が実に不得意なので、憂鬱なことこの上ありません。やれやれ、困ったものです。


開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事