エピローグ
 
この国鉄箕面線白島駅は、900×430ミリのレイアウトセクションとして完結しており、線路も両端をぶった切った形になっています。とはいえ、将来の延長計画がなかったわけではありません。学生時代の小生には、自分が社会人となって、将来どこに居を構えるか皆目わかりませんでしたが、いつかは小さな部屋を1つ占有して、河田耕一氏のいう「汽笛の聞こえてくるようなレイアウト」をつくりたいなあ、と思っていました。
 
実際、今回みつかった当時の設計図の中から、この駅セクションの右側につながるセクションのラフなスケッチが何枚か出てきました。「蔵本村」と「小川のある風景」を足して2で割ったようなデザインで、当時の小生がいかに坂本衛氏に心酔していたかがわかります。
 
イメージ 1

イメージ 2

今回はご紹介しませんでしたが、実際に藁ぶき屋根の農家や納屋も、製作を開始していました。設計図だけでも、ご覧いただきましょう。
 
イメージ 3

さて、35年経った今、「汽笛の聞こえてくるレイアウト」が実現したかというと、国鉄箕面線白島駅は、今回ご紹介するまで、やんちゃな姪以外は誰も手を触れることなく実家で眠り続けてしまいました。小生、仕事やら子育てやら、懸命に生きたつもりではありますが、幼い頃の夢が、まだ何も具体的な形になっていない、というのは、何ともなさけない話です。
 
とはいえ、社会人になって鉄道模型への興味を失ったわけではありません。実はこのあとドイツ型のNゲージにはまってしまい、その後はこのブログで紹介しているように米国型のHOゲージにはまってしまいました。ただでさえ時間がないのに、3つの国の2つのスケールを渡り歩いているのですから、まとまった形のものが作れるわけがありません。
 
おまけに最近ブログを書くようになってから、書いたり調べたりするのも面白いと思うようになりました。さらに、久々にNゲージの貨物上屋をスクラッチしたら、国鉄時代の美しい日本の風景をNゲージで再現したい、という気持ちも再燃してしまいました。ううう、まだ何も形になっていないのに、やりたいことが多すぎて収集がつきません。サラリーマンですから当然しっかり仕事もしたいし、まことに困ったものです。ただし、間違いなく言えることがあります。皆様、ご同意いただけると思いますが、Model Railroading is funですね。50年近く楽しんでも、まだまだ興味が尽きないです。
 
さて、最終回の図版が、未完成の古い図面で終わるのは、イマイチです。未練がましいのですが、この夏に炎天下で撮影した写真を数枚ご紹介して、エンディングといたしましょう。強烈な太陽光線のおかけで、端々まで照明が届いているのが売りです。
 
1枚目は位置の関係でこれまであまり写真に登場しなかったタクシー会社です。古いファンの方なら、阿部敏幸さんの名作「温泉バスの駅前車庫」をモチーフにしていることが、すぐにおわかりいただけると思います。ただし、この小さな駅にバス車庫があるのは不自然なので、ちょっと小さめにして、個人タクシーの車庫ということにしました。正面にはモルタルの上にさらに看板が掲げてありますが、これは最初、モルタル部分に細筆を使って白ペイントで直接書いたものが、うまく書けなかったためだと思います。
 
イメージ 4

すでに何度も登場している自作のオート3輪ですが、せっかく大枚を叩いてカトーのC12を購入したので、後ろに写り込んでいるものをご紹介します。C12は何の手も加えていない、プラスティックの質感丸出しの新品なので、ボケた写真がかえって好都合です。
 
イメージ 5

平成の大修理を終えた火の見やぐらを、裏側から撮影しました。このセクションはどの方向からみても一応楽しめるように仕上げてあって、それが工期が長引いた理由の1つです。暇な学生時代だからこそ、なせるわざですね。
 
イメージ 6

これも平成の大修理を終えた腕木式信号機です。夏の炎天下の撮影で、照明の状態は完璧ですねえ。

イメージ 7

縦方向に撮影すると、いろんなストラクチャーがごちゃっと入って楽しいです。小生の腕だと、前後がボケちゃうのは仕方ありませんが。プラの質感丸出しのオハ61の屋根には目をつぶってください。

イメージ 8

これも何度も登場した自作のボンネットバスです。あまりの小ささに内部を作ることなど全く考えませんでしたが、こうしてみると、内部が結構目立つので、せめて運転手を座らせておけばよかったです。乗客も数人、欲しいですね。

イメージ 9

道の反対側からのショット。これも真夏の太陽のおかげで、手前から奥まで、くまなくライトがあたっています。

イメージ 10

今回再建した貨物上屋付近です。小さなスペースですが、ストラクチャーとフィギュアとアクセサリーが一体となって、楽しい雰囲気をつくっています。全体に彩度を落とした色使いを心掛けましたが、こうしてみると、ドラム缶の赤や日通トラックの黄色が、いいアクセントになっていますね。

イメージ 11

これにて、国鉄箕面線白島駅の製作記を終わります。毎回似たような写真と、冗長な駄文に長くお付き合いいただき、ありがとうございました。
 
(国鉄箕面線白島駅製作記 おしまい)

この記事に

開く コメント(9)

(その28の続きです)
 
TMSへの掲載のこと(続き)
 
さて、TMSからの再撮影依頼の手紙に対して「セクションは実家に持ち帰ってしまってすぐには撮影できないが、盆休みに帰省した際に再撮影する」とハガキでお知らせしました。実際、夏休みに帰省した際、今度は放送局に勤めていた父の同僚で、報道写真を撮っていた方に撮影をお願いしました。
 
そのおじさんが立派なカメラを持って、実家に来てくれました。ところが、部屋でフラッシュを使って、普通の絞り値でバチバチ撮影するのです。「絞りを絞らなくていいのか」ときいても「大丈夫、大丈夫」ということだったのですが、出来上がった写真は当然ながら前後がボケボケで、とても使えるものではありません。今思えば、報道カメラマンといっても、ミニチュア模型の撮影経験があるわけではなかったのでしょうね。こうしてTMSへの写真送付は暗礁に乗り上げてしまったのでした。その後は仕事やら飲み会やらに忙しく、模型から遠ざかった日々が続きました。
 
時は流れて翌年の冬、突然、機芸出版社からTMS198512月号が送られてきました。中を開くと、国鉄箕面線白島駅の記事がカラー2ページ、白黒2ページの計4ページで掲載されていたのです。写真はコンテスト応募時のもので、文章は応募時につけた「説明メモ」がほぼそのまま記事になっていました。自分の記事がTMSに載るのは初めてなので、嬉しいには嬉しいのですが、当時としては先進的だった独自技法をていねいに紹介することもできず、何となく中途半端な気持ちが残りました。今から33年前のことです。今回、古い模型にかくも長文かつ役立たずの解説記事を書いたのは、このとき果たせなかった未練を、存分に果たさせていただいた、ということかもしれません。
 
さて、自分で原稿を書いて、写真も自分で撮影した雑誌記事を、そのままブログに掲載することに法的問題はあるのでしょうか。いろいろネットで調べたのですが、よくわかりません。図版のレイアウトというクリエイティブ行為は出版社様がおこなったものですし、写真の解説やイラストは小生が書いたものではないので、厳密には問題があるのでしょうが、このバックナンバーはもはや購入不可能で、出版社様に経済的実害を及ぼすことはないと思います。ここはえいっとばかり、TMSの4ページをスキャンしたものを掲載させていただきます。機芸出版社様、どうかお許し下さい。(真面目な話、問題がありましたら、すぐに削除しますので、お申し付け下さい)。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

(その30に続きます。たぶん最終回です)



この記事に

開く コメント(4)

(その27の続きです)
 
TMSへの掲載のこと
 
以前ちらりと触れたように、実はこのセクションは、小生にとっては少々不本意な形で、手鉄道模型趣味466号(198512月号)に掲載されているのです。今回はこのことをお話しましょう。完璧なよもやま話であり、鉄道模型ファンにとっての有益な情報、製作の刺激となるような情報は皆無であることを、予めおことわりしておきます。
 
このセクションは、大学卒業目前の1984年2月に、一応の完成をみました。青春の貴重な時間を費やした作品ですので(モット他ニスルベキコトガアッタカモシレナイ)、TMSの第7回レイアウトコンテストに応募することにしました。そこからが難関です。ご存知の通り、応募には写真が必要ですが、なにせ小生はカメラを持っていなかったので、同じ下宿で、一眼レフ(たしかオリンパスのOM-10だったと思います)を持っている友人の助けを借りて、撮影にトライしました。
 
ところが、TMSの応募要項に書いてあることが、宇宙語なのです。そもそもカラースライド用のフィルムなんて買ったことがないし、エクタクロームやら粒子やらといわれても、何のことやらわかりません。TMSをそのまま見せて、カメラ屋さんでフィルムを買い求めました。
 
それから下宿の庭にセクションを持ち出して冬の太陽光で撮影したのですが、今後は「絞りを絞る」というのがわかりません。カメラ所有者の友人とて、模型の撮影なぞしたことがないのです。なにせ、今のデジカメと違って、現像してみないと、うまく撮れているかどうかわかりませんから、TMSにあるままに、絞りのF値を最大値にして、おっかなびっくり撮影しました。こうして、応募に必要なカラースライドとモノクロ写真ができあがりました。スライドの出来をどう確認するかもわからないのですが、光にかざしてみると、何とか撮れているようにみえました。
 
その後、就職前の春休みに、レイアウトセクションは四国の実家に持ち帰ってしまいました。社会人になると、全国のどこに配属されるかわからなかったし、しばらくは趣味どころではないと思ったのです。真面目だったのですねえ。レイアウトコンテストの応募は5月だったので、社会人になってから応募したのだと思います。応募要項に「説明メモをつけること」とあり、原稿用紙4枚分くらい、思うがままの雑文を付けました。
 
さて、1984年8月号で発表があり、小生のセクションは「入選」となりました。そのときは「TMS賞」は該当なし、「推選」が2作、「入選」が3作でした。今振り返れば若干悔しい結果だったのかもしれませんが、そのときはTMSに初めて名前が出たことで、会社帰りに立ち寄った書店で、小躍りしたことを覚えています。
 
さて、入選以上は記事発表が条件、というルールがあり、TMSから記事執筆依頼の封書が届きました。ところが、ショックなことに「写真の出来が悪いので、撮り直すように」という指示が書いてあるのです。差し障りはないと思うので、そのときのTMSからの手紙をご紹介しましょう。封書には昭和59年7月30日の消印があります。
イメージ 1
上半分は定型文で、下半分が小生向けに追記されたものです。誰がお書きになったものかは、わかりません。注目は最後の2行で「うまくいかぬ場合は御一報いただければ、当社中尾の出張撮影も可能です」とあります。そうなのです。もしあの時、セクションが実家ではなく、手元にあったなら、あの神のような中尾豊氏が撮影してくれて、それがTMSに掲載されていたのです。あこがれの中尾氏と直接お話する機会を逃したと思うと、今さらながら、残念でなりません。

 (その29に続きます)

この記事に

開く コメント(2)

(その26の続きです)
 
アイフォンで遊ぶ
 
以前、アイフォンを通常はカメラの入れないセクションの地面につっこんで、バチバチとデタラメにシャッターを押す方法をご紹介しましたが、今回の帰省でも何枚か面白い写真を撮ってきました。
 
アイフォンは横ではなく、縦に突っ込むほうが、狭いところに入れます。ただし、縦だろうが横だろうが、ピントはなかなか思ったように合いません。下手な鉄砲だと思って、数を打ちます。あと、近づきすぎてもピントが合いませんが、これはちょっと離して、ズームで撮るとうまくいきます。なお、写真はいずれもトリミングしていることを白状しておきます。オリジナルは1,200万画素もあるので、多少トリミングしてもヤフーブログ掲載の最大値である2メガを下回ることはまずありません。
 
1枚目の写真です。これまでどうしてもピントが合わなかった白島郵便局の局員さんに、やっとピントが合いました。フィギュアの身長は12ミリ足らずなのに、何となく顔の表情まで判るから、プライザーの技術はたいしたものですね。さすが、フィギュアだけで食っているだけあります。無骨な郵便ポストは自作です。真鍮線でつくった自転車の車輪の内側がシルバーに塗ってあるのは、我ながら芸が細かいです。肉眼ではみえなかったのですが、こうして撮影するとホコリがひどいですね。
 
イメージ 1

キハ20の正面です。エアホースがない、などど、無粋なことを言ってはなりません。35年前にはそんな加工をする人は誰もいなかったのです。上回りは、1970年の初回発売時の金型にしては、えらくよく出来ていると思うのですが、下回りは、うーん、相当なガニマタだし、タイヤの肉厚が凄いです。とはいえ、完全なスケールモデルにしようと思ったら、軌道を7.1ミリにするだけじゃなくて、タイヤ幅やフランジ高さも、相当小さくせねばならないだろうし、レールもコード45を使うのでしょうね。そうなるとまともに走らせるのがすごく難しくなりそうなので、今の規格は規格として、よくできているのかも。
 
イメージ 2

今回設置した貨物上屋ですが、うーん、いかんですねえ。ウエザリングしていないので、新築まるだしです。「汚す勇気」が必要です。技法を研究・確立しなければ。
 
イメージ 3

貨物上屋の横にある防火用水です。市販パーツのない時代だったので、3ミリ径の木の丸棒に、細く切った紙を4本巻く、という涙ぐましい努力をしていますが、不細工なことこの上ないです。当然ながら「防火用水」の文字も白の点々です。なお、このあと銀河モデルからシャープな挽き物のドラム缶が発売されたので、ドラム缶づくりの苦行からは開放されました。何やらカーキ色のカバーがかかったものは、バルサの小片をアルミホイルで包んで塗装したものですが、もうすこし艶を抑えた塗装にしたいところです。
 
イメージ 4

じゃりン子チエのホルモン屋さんです。誰か150分の1で、チエちゃんとひらめちゃんとテツをつくってくれないものですかねえ。ただし小生は一応シリアスなモデラーですので、アニメチックなものではなく、リアルなフィギュアを。ちなみに、コバルさんのサイトをみていたら、「こちら亀有公園前派出所」の交番と両さん達のフィギュアが製品化されています。あまりレイアウト記事でみた記憶はないのですが、売れてるのかしらん。
 
イメージ 5

何度もご紹介した妻鳥太郎商店ですが、この写真が一番シャープに撮れました。為那都比古神社夏祭り奉納、小学生相撲大会の立て看板もばっちり読めます。大小とも写真の密着焼きを使った看板ですが、小生は昔からお習字が大の苦手なので「妻鳥太郎商店」の文字は、必死の思いで原画(?)を画用紙に書いた記憶があります。
 
イメージ 6

さて、長らくおつきあいいただいた、国鉄箕面線白島駅製作記ですが、そろそろネタが尽きてまいりました。いよいよ最終コーナーです。
 
(その28に続きます)

この記事に

開く コメント(4)

その25の続きです)

キハ20を撮影する
 
前回のC12に続いて、ディーゼルカーをのせてみましょう。35年前、写真撮影のために買って以降、ずっとタンスのこやしになっていたカトーのキハ20とキハユニ17です。ご存知、カトーが関水金属の名前で1970年に発売した名作で、何と今も同じものが売られているのですねえ。ずっと同じ金型を使っているのかしらん。新品でもずいぶんお財布に優しいお値段がついています。ちなみに小生のものは、可哀そうなことに、購入時にテストランして以来、走らせたことがありません。どうせ走らせないなら、ダミー車を買えばよかったかも。
 
さて、35年前の小生、一応屋根と前面をマッハのウエザリングブラックで汚して、Hゴムにパクトラタミヤのグレーを入れ、床下器機は艶消し黒で塗って何やら白い文字らしいものを書いています。今の知識でいえば、おそらくダーググレーやサンドの水性塗料を薄く溶いて、エアブラシでシュッとひと吹きすると、けっこうリアリティが増す筈なのですが、当時はエアブラシを持っていませんでした。
 
この模型、ウエザリングをしただけで手は全く加えていませんが、ネットで検索すると、カプラーを交換したり、エアホースを加えたり、インレタを貼ったりと、小生でもできることがけっこうありそうです。どんな部品を使えばいいのかよくわかりませんが、これから研究してみましょう。なお、前面のガラスは最新のハメコミ式ではなくて、ボディ厚の分だけ奥まっていますが、これは小生の技術ではちょっと直しようがありません。
 
レイアウトセクションに置いてやると、下手なりにウエザリングしてあるだけあって、新品のC12よりはうまく風景に溶け込みます。7月の鮮やかな緑に、国鉄気動車カラーが冴えますねえ。小生の育った四国は、無煙化モデル地区で、子供の頃から汽車といえばディーゼルカーだったので、小生自身にとっては何とも郷愁をそそられる写真となりました。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

(いつになるかわかりませんが、その27に続きます)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事