小生、過去にペーパークラフトの組み立てに凝ったこともなければ、ましてや自作したこともありません。したがって今回も、レイアウトセクションの全てをペーパークラフトで作り上げよう、という強いこだわりを持っているわけではなくて、最終的には適材適所でいろんな技法を使えばいいと思っています。とはいいつつ、小学生にも安価で、リアルなモデルを楽しんでもらうために、塗装不要のペーパーモデルで、どこまでレイアウトが作れるかに、チャレンジしたいと思っていました。
 
現在、ストラクチャーは実用化の目途がほぼ立ったのですが、地面はどうやって表現したらいいか皆目わからず、トライ&エラーを繰り返しています。課題が山ほどあるのですが、その1つが、階段です。
 
建設予定のレイアウトセクションには、合計4つの屋外階段があります。現物の素材はコンクリートか石。今回はこれをペーパーで作ることにチャレンジしました。ちなみに、ネットで調べると、快適に登れる階段の段差は20センチだそうです。ということは、Nゲージだと200㎜÷1501.3333㎜。つまり、1.3㎜あるいは1.4㎜ピッチの段差を設ければいい、ということになります。
 
最初につくるのは、駅を出て左手に進んだところにある「さなえ美容院」脇の、コンクリート階段です。小生、通常の作図には、パワーポイントを使っていますが、今回はエクセルを使いました。誰もが知っている標準ソフトですが、行と列、すなわち縦と横のサイズがピクセル単位で指定できるので、階段のような構造物の作図には便利です。背景にコンクリートとか石の写真が使えないことが難点ですが、エクセルでつくった図面をフォトショップに読み込んで加工すれば大丈夫でしょう。とりあえずサクサクと作図してみました。おお、これはいけそうだ。
 
イメージ 1

しかししかし、実際に切り抜いてみると、これはいけません。とても組み立てられる大きさではないのです。これを正確に組み立てようと思ったら、脳神経外科医が使うような手術用顕微鏡と、極度の習熟が必要です。手に震えのきている小生には、逆立ちしても組み立てられません。木工ボンドの蓋をあける間でもなく、戦意喪失です。

イメージ 2

かくして小生、セクション全部をペーパークラフトで作る、というチャレンジを、早くもあきらめようとしています。階段自体は、1.2㎜のプラ板や1.5㎜の厚紙を小さく切って重ねていけば、簡単にできそうですが、問題は塗装です。コンクリートや石の質感を塗装で出すには、かなり高い技術が必要でしょうし、ましてやそれを誰もが再現できるようにマニュアル化するのは至難の業です。どなたか、もっと簡単、確実に組み立てられるペーパークラフトのアイディアを、お持ちではないでしょうか。
 
さて、失敗談だけで終わるのもみっともないので、進捗した部分をご紹介しましょう。こちらは駅前の構造物で、左側は現在、下灘コーヒーが出店しているスペース、真ん中は空き地、右側は民家2軒のベースです。おそらくもともと山だったところを切り崩してつくったスペースなので、背後にコンクリートの壁がつくられています。テストなので、A4のコピー紙に印刷しただけですが、最終的にはもっとちゃんとした紙に印刷して、しっかり補強する予定です。
 
イメージ 3

壁とか地面は、基本的に現地で撮影した素材ですが、そのままでは使えないので、フォトショップ(エレメントという安価なバーション)でシコシコとレタッチしています。自己流で作業しているので、ときに、ものすごく時間がかかりますが、本物の写真をベースにしているので、当然ながら出来たものはリアルです。同じものを塗装で表現しろ、といわれたら、エアブラシやらアルコールインクやらドライブラシやらパステルやらを総動員しても、小生の腕ではここまで出来ないでしょう。あと、塗装に比べると、同じものをもう1つ作るのは圧倒的に簡単です。印刷ボタンを押すだけですから。明るさや彩度の変更も自由自在です。
 
草の部分も写真なのですが、これだけでけっこうリアルに見えます。これにターフやらフォリッジをパラパラと加えてやったら、結構簡単に地面が表現できちゃうかもしれません。
 
ただし、このパーツ、実物は全部がコンクリートではなく、一部は岩肌が露出しています。トラディッショナルな作り方だったら、手持ちのウッドランドシーニックスの岩のゴム型にプラスターを流して固めて、それを塗装して貼り付ける、ということになるでしょう。ところが、ブランクが長すぎてややり方を忘れてしまったし、道具を集めるのも難儀です。あのメッシーな石膏作業も嫌だなあ。というわけで、紙に岩の図柄を印刷して、くしゃくしゃと丸めて皺を付けたものを貼り付けることで表現できないだろうか、などと夢想しています。
 
こちらの写真の手前は、パイロットモデル用の3分の1サイズモデル、つまり1/450、Tスケールのモデルです。以前ご紹介した通り、作り方はあきれるほど簡単で、印刷時に33%縮小するだけです。
 
イメージ 4

こうしてみるとこの技法は、Nゲージよりも、それ以下のスケールを作る際の、強い味方になりそうです。ちなみにこちらが現在制作中のパイロットモデルです。1/450という極小サイズですが、それほど破綻がありません。米粒に文字を書く名人でもなければ、アナログ時代にはとてもできなかったでしょうね。

イメージ 5


この記事に

開く コメント(6)

せっかくTスケール、1/450のストラクチャーを印刷したので、どんなものになるのか、組み立ててみました。老眼鏡をつけても見えないので、いつものコンタクトレンズを外して、一番弱い近視用メガネをかけてのトライです。
 
切り出しました。ピントが合っていなくてすみません。
 
イメージ 1

10分で完成です。木工ボンドをつまようじを使って塗ったのですが、なんだかガッタガタですねえ。 ただし、結構それらしくみえます。このスケールになると筋堀りや塗装による詳細表現はほぼ不可能でしょうから、この技法はNよりもむしろ、小さいサイズに有効かもしれません。

イメージ 2

3つを並べてみました。左端のNゲージが巨大にみえます。ちなみに1/450だと、身長180センチの人でも4ミリになっちゃうのですねえ。さすがに人形はつくれないなあ。

イメージ 3

実はこのストラクチャー、使い道があります。パソコンの中で地形を設計しようとしたのですが、いろいろつじつまが合わない部分がでてきてしまうので、今、セクション全体を3分の1サイズにした、ミニチュア版を作ろうとしているのです。ミニチュアを使って地形を検討しようと思います。CADソフトがあれば、PCの中で立体的な確認ができるのでしょうが、小生の技術だとこのあたりはまだまだアナログなのです。最終的なレイアウトセクションのサイズは、国鉄箕面線白島駅とほぼ同じ、900×450ミリを考えているので、今、つくろうとしているのは、300×150のミニミニ版です。今回の倉庫兼車庫を含めて、ストラクチャーも一応並べてみようと思っています。

この記事に

開く コメント(4)

前回のブログで、「夜な夜な・・・工作を続けています」と書いちゃったのですが、実はこれにはかなり誇張があって、平日の夜は終業後、ついつい赤提灯に足が向かってしまうし、真面目に帰宅したとしても夕食でハイボールをカポカポと飲んでしまうので、工作がほとんと進みません。といいながら、今宵は明日が祝日でお休み、ちょっと興味深い工作を思いついて、試してみました。
 
このブログをみてくださる皆さんは、かなりのシリアスモデラーだと思うので(でなければ「米国型鉄道模型とモダンジャズ」なんていう、マイナーな名前のブログは訪問なさらないですよねえ)、車種が少ない上に自作も難しいZゲージをやってらっしゃる方は、まずいらっしゃらないと思います。小生もこれまで、Zゲージなんて、まったく興味を持っていませんでした。
 
ところが、ストラクチャーの試作品をみながら、ふっと思ったのです。150÷2200.6818。出来上がったNスケールの図面を68%に縮小してプリントアウトすれば、Zゲージのストラクチャーができちゃうんじゃなかろうか。で、さっそく試してみました。小生、ストラクチャーは誰もが持っているパワーポイントで作図しているので、やるべき作業は、印刷設定を68%縮小にするだけです。で、印刷から10分後には、ご覧の模型ができました。使った工具はカッターと定規とピットのりだけ。下灘駅から長浜方面にすこし坂を上ったところにある民家の車庫兼倉庫で、左がNスケール、右がZスケールです。我ながらその簡単さに驚きました。デジタル、恐るべしです。あ、一応いい訳をしておくと、なんだか紙がへろんへろんなのは、普通のコピー用紙を使っているからで、今後、紙質や補強方法を研究しようと思っています。窓の上のひさしなど、ディーディルも多少増やすつもりです。

イメージ 1

で、さらに調子にのった小生、同じ図面を(おそらく)世界最小スケールであるTゲージ(1/450)にして、プリントアウトしてみました。しかし、これはいけません。ご覧のとおり親指の爪に乗るサイズで、老眼の小生、とても切り抜いて組み立てる自信がありません。仮に何とか作れても、小さすぎて鑑賞できないです。
 
イメージ 2

お気づきのとおり、逆に拡大すると、HOやOも簡単にできてしまう、ということになります。ただし、Nを前提に設計しているので、大きくする場合は、いろいろディーティルを追加してやる必要があるでしょうね。
 
いかんいかん、まずはNゲージ版の完成を目指さないと、横道にそれていたら、いつまでたってもバーチャルなままで、リアルな模型が完成しないです。

この記事に

開く コメント(4)

皆様、長らくご無沙汰しています。「下灘駅を再現する、などと立派なことを宣言しながら、ブログの更新が全くない。ケツをまくって逃げたのではないか」とお思いかもしれませんが、実際はそうではありません。昔、某ウイスキーの広告コピーに「モルトは眠っていたのではない。樽の中で、ひたすら自己を磨いてきたのである。火の出るような修行を積んできたのである」というのがありましたが、今の小生、まさしくそういう心境です。
 
このところの小生、夜な夜なPC画面に張り付いて、ウンウン悩みながら、工作を続けています。ここまで熱心に模型工作をするのは、本当に久しぶりです。しかし、今やろうとしている工法だと、工作時間の97%はパソコンに向かっていて、果たしてこれを「工作」と呼んでいいのか、疑わしいところです。いずれにしても、35年前につくった国鉄箕面線白島駅とは全く違ったアプローチをとっています。
 
さて、どんなことをやろうとしているのか、皆様には、ある程度、形になってからご覧にいれようと思っていたのですが、そうするとまだ半年や1年、かかりそうです。そうなると、今、このブログをわざわざ訪問してくださっている方も見切りをつけてしまうかもしれない。そこで今日は「えいっ」とばかり、試作の試作、まだまだ初期段階の構想を、ご覧にいれましょう。写真1枚で、何をしようと思っているかは、だいたいおわかりいただけると思います。そうなのです、セクション全体を、ほぼ、パソコンでプリントアウトしたペーパーでつくってしまおうと思っているのです。
 
イメージ 1

写真はまだ、本当にそんなことができるのかをテストしている、初期の試作ですが、ここまでに使った材料は、A4のコピー用紙と、事務用のスティックのりと、木工ボンドだけなので、たぶん実質100円くらいです。あ、加えてプリンターのインク代がかかりますが、これは家の一般会計から支出されるので、小生の懐は痛みません。使う工具は、カッターナイフとものさしとカッティングマットだけです。ストラクチャーを1軒つくるのに、設計には下手すると20時間くらいかかりますが、組立時間は10分くらいです。塗装もウエザリングも不要です。
 
もちろん、構想が決まってちゃんとつくるときには、コピー用紙でなくて、もうちょっと高級な紙を使うつもりです。補強もしっかりやります。屋根材を紙のままにするかどうかは、悩むところだし、ディーティルアップも、エッチング材など使うと、金額のメーターと難度が上がります。作る人の予算と技量によって、いくつかのパターンをご紹介するのも、面白いかも。何せ前回も書いたとおり、小生の目標は、小学生が1か月のおこづかいで作れるレイアウトセクションなので。
 
ただし、木や草などのシーナリーは、さすがにフォーリッジやらターフといった素材が必要だと思います。あと、さすがにフレキシ線路も1本必要ですね。PECOのコード55を奮発したいところですが、高いなあ。
 
さて、それでは再びふかーく潜航することにします。予定工期は根拠なく1年、とりあえず1か月後の更新を目指して頑張ります。

(追伸です)
立派なことを書きましたが、写真にある車両は市販品です。伊予鉄バスはヤフオクで買ったバスコレ(300円)で、ディーゼルカーは、天賞堂の4階で買った鉄コレのキハ54(2台で1,600円)です。HOのブラスロコに比べると、何ともお財布に優しいお値段ですね。

(追伸その2です)
手前のカーペットは、想像力を働かせて、大海原だと思ってくださいね。


この記事に

開く コメント(6)

皆様、御無沙汰しております。国鉄箕面線白島駅製作記の30回連載で燃え尽きてしまって以来、久々のブログ更新です。
 
さて、小生の実家は、四国の松山なのですが、JR松山駅から単行の小さなディーゼルカーに乗って1時間ほど南に下ったところに、全国的に有名な駅があります。なーんにもないのに観光客が、しかもおしゃれをした若い女性がわんさか訪れるその駅は、御存知「下灘駅」です。

イメージ 1

もともとは海に一番近い駅で、プラットフォームのすぐ向こう側を波が洗っていたのですが、国道378号線のために海側がすこし埋め立てられて、今は、全国で3番目に、海に近い駅なのだとか。ただし、3番目といえども、晴れた日に、ホームにある古い上屋のベンチに座って眺める伊予灘の美しさは極上です。ここのホームから海を眺めていると、やっかいな上司とか、言うことをきいてくれない部下とか、口うるさい嫁とか、普段はスマホばかりみていて口もきかないのに頼み事をしてくるときだけは愛想のいい子供とかによって、貴兄の脳内にたまりにたまっていた圧縮蒸気が、すーっと抜けるように感じることでしょう。あ、ちなみに小生の場合は職場にも家族にも恵まれているので、そのようなストレスはありませんが。
 
ここの駅が素晴らしいのは、風景だけではありません。小さな無人駅舎は、常に清潔に保たれ、近隣の方が、花の手入れをしています。「ウッフッフ」と題するノートが置いてあって、旅人達が思いを書き残します。「伊予灘ものがたり」がやってくる時間になると、近所のお年寄りがやってきて、到着するお客様を歓迎します。10分間の停車の後、列車が出発するときには、にこやかに手を振って見送ります。彼らには何の見返りもない、にもかかわらずです。日本人が失いつつある、あったかいものが、ここには流れているのです。
 
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

つまりですねえ、ここにはミラノで修行してきた若いオーナーシェフが瀬戸内海の採れたて魚介類を絶妙に調理して食べさせるイタリアンの隠れ名店があるわけではなく、近所の牧場の新鮮な牛乳と取れたての卵を使ったふわっふわのパンケーキを提供するカフェがあるわけでもなく、縁結びに抜群の効果があるといわれているパワースポットの神社があるわけでもないのに、全国からたくさんの人がやってくるのです。鉄道ファンには名の知れた駅ですが、訪問者はむしろ鉄道に興味のない人のほうが多いかもしれません。若いカップルにも人気です。駅前にできた小さなコーヒースタンド「下灘珈琲」は、たいした繁盛ぶりです。さすが、青春18切符のポスターに3回も登場しただけのことはあります。ありゃりゃ、なんだか、伊予市の広報課員のブログみたいになってきました。

イメージ 5

閑話休題、もともとは昔つくった米国型鉄道模型の紹介と、それにまつわるよもやま話をすることから始まったこのブログですが、ひょんなことから掲載した国鉄箕面線白島駅の製作記と、その中でやった貨物上屋の再建作業が思いのほか楽しかったので、久しぶりにふつふつと、製作意欲が湧いてきました。さて、次は何をつくろうか。
 
で、次作のプロジェクトが決定しました。発表しましょう(ファンファーレ♪)。題して「プロジェクトSHIMONADA」、この下灘駅の風景を、Nゲージで再現したいと思います。
 
「おいおい、それはすでにやった人がいるよ」というあなた、正解です。とれいんの2013年5月号では、保科賢太郎氏のこの上なくリアルな作品が表紙を飾っていますし、ネットを検索すると「四国な鉄道模型『みぬま鉄道』製作記」というブログを主催する愛媛県在住の方が素晴らしいセクションを製作しています。どちらも秀作で、これらを超えるものは作れそうにありません。つまり、真っ向勝負では、後出しジャンケンで負ける、というみっともないことになるだけです。さて、それではどうするか。鉄道模型製作においても重要なのは戦略です。あれこれ調べたり考えたりする中で、2つのNewnessをこのプロジェクトの課題として設けることにしました。
 
Newnessその① 2つの時代を再現する
まずは現在の下灘駅をつくりますが、その後、国鉄時代の下灘駅を再現したいと思います。つまり、まだ構想中ではあるのですが、2つの別々のセクションをつくるか、あるいはストラクチャーの取替えで、2つの時代が再現できるようにしてみようと思います。
 
なお、国鉄時代の下灘駅は今のような「愛ある伊予灘線」などというロマンチックな名前のローカル線の小駅ではなく、堂々、予讃本線の駅で、島式ホームをはさんで上りと下りのすれ違いができました(新線の開通で、駅舎側の1線が撤去されてしまったので、今はもう、すれ違いはできません)。駅員さんも5人くらいいたとか。ですから、特急「しおかぜ」や急行「うわじま」もさっそうと走り抜けます。普通列車だって4両編成です。鉄道ファンがわくわくするような、国鉄時代の下灘駅の再現です。
 
具体的時代設定については、フーテンの寅さんの第19作「寅次郎と殿様」のロケが行なわれた時期、つまり1977年頃の駅を再現したいと思っています。下灘駅の駅舎の中には、このときに撮影されたとみられる古い写真が何枚か貼ってあるのですが、それを再現してみたいのです。

イメージ 6

とはいえ、いざ集め始めてみると当時の資料の少なさには驚くばかりで、早くもプロジェクトには黄色信号が灯っているのですが。
 
Newnessその② デジタル技術の最大活用
次のテーマはデジタル技術の活用です。とはいっても、3Dプリンターを使ったり、レーザーカッターを導入してしまうと、自他ともに認める「エコノミークラス・モデラー」の名が泣きます。何よりそのためのお金も技術もありません。今回は、情報収集にインターネットを活用することは当然として、デジカメと画像処理ソフトであるフォトショップを使って、短納期でリアルなレイアウトセクションがつくれないかどうかを追究してみようと思います。
 
究極の目標は「小学生Nゲージャーが、1か月のおこづかいと工期1か月以内で、TMSのレイアウトコンテストの努力賞がもらえるレベルの作品を完成することができるような、ツールとノウハウを無償提供すること」です。もちろん世のお母さん達が眉をしかめる、有機塗料は使いません。それころか、絵の具すら使わないかもしれない。え、そんなことができるわけない、ですって? そうなのです。まだまだ初期の実験段階なので、実現可能かどうかはまるでわかりません。しかしまあ、失敗しても小生が恥ずかしい思いをするだけで、どなたにも迷惑はかけないと思うので、ここは大風呂敷を広げさせていただきましょう。
 
なお、すでに完成した作品が存在した箕面線白島駅と違って「プロジェクトSHIMONADA」は、これからの製作です。当然ブログへの掲載は不定期になりますし、あるときはふかーく潜行して、ブログが長く更新されないかもしれません。それどころか、失敗したらブログのこの項もこっそり削除しちゃうかもしれない。どうか寛大な心を持って、気長にお付き合い下さい。
 
(いつになるかわかりませんが、つづく)

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事