東京にたいへんな大雪が降る、といわれていた三連休ですが、幸い、都内の積雪はたいしたことがありませんでした。人々の命を守るべく頑張ってらっしゃる気象庁の皆さんのご努力には頭が下がりますが、羽田発着の飛行機をたくさん運休させちゃった航空会社からすると、うらめしい予報だったかもしれないですね。
 
さて、パイロットレイアウトの完成で気合いが抜けてしまって、次の一手になかなか取り掛かれなかったプロジェクトSHIMONADAですが、重い腰を上げて、ストラクチャーの詳細設計を始めました。今回は、補強方法の確立も重要テーマです。
 
こちらが初期段階で作ったNスケールのモックアップです。とりわけこの「下灘モダンな家」(詳しくはプロジェクトSHIMONADA その⑤をご覧下さい)は、形状が複雑なので基本設計だけで疲れ切ってしまい、細部の設計がまだでした。しかも、コピー用紙を組み立てただけで補強を入れてないので、ふにゃふにゃです。今回はこれらの課題に取り組みます。
 
イメージ 1

こちらがグーグルアースのストリートビュー画像です。当然ですが、個人のご家庭ですので、敷地内に入ったり、無理矢理のぞきこんだり、といった取材はできません。わからない部分はいさぎよく想像で作ります。(居住者の方へ:愛すべき下灘駅周辺の風景をなるべく忠実に再現する、という趣旨からこのブログを書かせていただいていますが、ご不快な点がありましたら、遠慮なくお申し出ください。すみやかに修正させていただきます)。
 
イメージ 2

こちらは国道378号線から撮影したものです。軒下の構造とか出窓とか、かなり意匠を凝らした設計です。施工した会社としても、これほどパーフェクトなオーシャンビューの建物を設計する機会はあまりないでしょうから、たいそう気合いが入ったのでしょうね。
 
イメージ 3

基本設計を終えて、ペーパーを切り出しました。まだ試作の段階なので、写真用紙への高精度印刷ではなく、コピー用紙への通常印刷を行なっています。今回は補強方法の確立が重要テーマなので、補強材もあわせて切り出しています。
 
イメージ 4

補強材として角材や厚紙を使うことも考えましたが、最終的にはダイソーで売っている5ミリの「カラーボード」(素面のスチレンボード)を木工ボンドで貼り付けることにしました。これだと900×450㎜のものが100円なので、1軒分10円以下とコスパ抜群です。おまけにカッターでサクサク切れるし、木工ボンドとの相性も抜群です。難点は切り口の直角が出しにくいことで、小生の腕では、どう頑張っても切り口が斜めになってしまって、コーナーで補強材どうしがきっちり合いません。切り口がまっすぐに切れるような冶具はないものでしょうか。

なお、出っ張った部分はペーパーだけによる中空ではなく、雨戸の戸袋には1㎜の厚紙を、出窓には2〜5ミリのスチレンボードを挟み込みました。これによって強度的にはかなりがっちりしたものになります。

イメージ 5

輪ゴムでとめて、屋根を固着しています。接着剤はボンド木工用(速乾)のみ。なお、1階のひさしは、1㎜厚のボール紙に壁色を印刷したコピー用紙を貼り付けて、さらにトタンを模した焦げ茶色を印刷したコピー用紙を貼り付けています。本体への固着はゼリ―状瞬間接着剤なのですが、意外なことに、1㎜の厚紙は瞬間接着剤による「イモ付け」で、本体にしっかり固着できました。
 
イメージ 6

ペーパーなので、角がかちっと出ないのが難点なのですが、ともかくも塗料による着色なして、ここまでできました。

イメージ 7

海側からみたところ。あっ、チャームポイントである、エアコンの室外機を忘れていました。
イメージ 8

というわけで、ネットから画像をお借りして、ナショナルのエアコン室外機を作ります。自宅のエアコンは東芝製だったので「エアコン、ナショナル、室外機」で画像検索して、それらしい画像を頂戴しました。室外機の左右は「エアコン、室外機、側面」で画像検索するといろいろ出てきます。フォトショップで画角を調整した上で、最後に正面と左右の画像を組み合わせて、色調を揃えました。

イメージ 9

エアコンを取り付けました。コピー用紙に印刷したものを使っていますが、解像度はイマイチです。写真用紙を使うと、もうすこし細密に表現できるのでしょうか。エアーホース(?)は、古い豆電球の細いリード線を使っています。なお、エアコンの置台に使った細材は、1㎜の厚紙を細く切り出したのですが、厚紙は薄い層を重ねてあるので、細く切り出すとバラバラになってしまいます。切り出した細材の両脇を木工ボンドで固めてから、そーっと所定の長さに切ったのですが、ここはプラ材を使ったほうが、はるかに加工が簡単です。そうすると塗装が必要なので「塗料を使わない」という歪んだこだわりは、そろそろ限界かも。

イメージ 10

あと、取り付けるべき重要なディーティルとして、雨どいがあります。竪樋(たてどい)には、0.7㎜の真鍮線を使えばいいのですが、そうするとこれまた塗装が必要になります。「小学生が1か月のおこづかいで作れる」というコンセプトの下、「塗装なし」の工法確立を目指してきましたが、さすがにやせ我慢もここまで、かもしれないです。
 
まだまだ寒い日が続きます。インフルエンザも流行っています。皆様、くれぐれもご自愛下さい。

この記事に

開く コメント(2)

ようやくパイロットレイアウトの全貌がみえるところまで行き着いたので、次はNスケールのストラクチャーの詳細設計に戻らなければならないのですが、なんだか燃え尽きてしまって、次のステップに取り組む気力が湧きません。そこで、日曜午前の軽い工作として、1/450の列車をペーパーでつくったらどうなるか、試してみました。
 
ベースはJR西日本が無料で公開しているペーパークラフトのページにあるキハ126です。このアジのひらきのような展開図に、ネットから拾わせていただいた実物の正面写真と側面写真を貼り付けます。著作権者様、私的利用に留めますので、どうかご了承下さい。ただし、屋上だけは気動車を真上から撮った写真がみつからなかったので、以前天賞堂の4階にて2台1,600円で買った、トミーテックのキハ54の写真を使いました。
 
PC上で作業すること約2時間、コピー用紙に印刷したものを、さくっと組み立てました。後ろにみえるのがトミーテックのNゲージモデルです。
 
イメージ 1

もうちょっといい紙にファインモードで印刷して、しっかり内部を補強して、下まわりを別パーツで狭目にして、あと屋上機器に厚みをつけてやったら、けっこうみれるものになるかもしれません。ところで、コピー用紙だけで組んだストラクチャーは、さすがにアップに堪えないのですが、恥を忍んでキハ54のいる風景をおみせしましょう。ホームの高さがずいぶん高く見えますが、これは線路の道床やレールをつけると、ちょうどいい高さになるはずです。どうやってつくるか、まだ決めていませんが。
 
イメージ 2

しかし、今日のこのお気楽工作を「鉄道模型を作る」といっていいのですかねえ。ただし、限りなくお安く遊べるのは確かです。いっそのこと、このスケールで松山運転所とそこにいる車両を全部、作ったりして。(つくりませんが)。

この記事に

開く コメント(4)

大坂選手、全豪オープン優勝です。凄いですね。普段はテニスなんて見ないのですが、一生懸命応援しました。サッカーや野球の応援とは違った緊張感があって、くったりと疲れました。
 
さて、模型の話です。前作(といっても35年前ですが)の国鉄箕面線白島駅は架空の駅ですから、地形にどう変化を持たせるかですいぶん悩んだ記憶があります。一方、下灘駅はプロトタイプがありますから、悩む必要はありません。ひたすら実際の地形を再現すればよいだけです。
 
とはいえ、写真と粗い地図だけでは地形の正確な把握は難しく、かといって現地で測量をする技もありません。そこで、標高については、国土地理院が公開している「標高がわかるWeb地図」を活用しました。これによると、精度はともかく、地図の中心地点の標高がわかります。このサイトを使って測定した下灘駅周辺の標高がこちらです。赤文字が実寸で、黒文字がNスケールの数値です。
イメージ 1

378号線付近の高さにはイマイチ自信が持てないのですが(もっと高いかもしれません)、線路部分は標高10メートル程度のフラットな地面で、駅の裏の旧国道が松山方面から長浜方面にかけて、なだらかな上り坂になっています。セクションで一番高いところにある家屋のベースは標高約18メートルなので、Nスケール換算だと海から12センチの高さということになります。
 
このデータを参考にしながら、パワーポイントで地形の設計を始めたのですが、どうもいけません。建物であれば複数の平面図でおおよその立体図形がイメージできるのですが、大小の起伏がある地形の場合、平面上だと立体図形が頭の中でうまくイメージできないのです。寸法的な矛盾点が次々と出てきて、全然進展しません。3Dが扱えるCADだとスイスイなのでしょうが、これから勉強する能力も根性もありません。あきらめて、ジョン・アレンばりに、3分の1サイズのパイロットモデルをつくることにしました。Nスケールの3分の1ですから、1/450、鉄道模型でいうとTスケールになります。
 
1/450のストラクチャーはスチレンボードで簡単なモックアップを作るつもりだったのですが、Nスケールの設計図を面白半分で33%に縮小印刷したら、思いがけず精巧なものができたので(プロジェクトSHIMONADA  その③をご覧下さい)、全ての建物をこの方法で作ることにしました。まだまだ未完成なのですが、今回はこのパイロットモデルの全容をご覧にいれましょう。サイズは30㎝×15㎝。材料はダイソーで買った100円のスチレンボード3種と、どこかで拾ってきた厚紙です。あと、コピー用紙が必要ですが、これは1枚1円くらい。必要な接着剤は木工ボンド(速乾タイプ)だけです。
 
イメージ 2

イメージ 3

初回に書いたように、今回のNスケール・レイアウトセクションは、(塗料による)塗装を全く行なわないことを目指しています。まだパイロットモデルの段階で、まだまだ解決すべき課題は多いのですが、このコンセプト、全くの夢物語、ということはなさそうです。
 
こちらはセクションの右側です。カラーボードは白が10㎜厚、黄色が5㎜厚、ピンクが2㎜厚、ボール紙が1㎜厚です。Nスケールの場合はこの3倍の厚さになります。
 
イメージ 4

こちらはセクションの左側です。
イメージ 5

駅正面方向から写真が撮れるように、左奥の山一帯は取り外せるようになっています。海と空の背景写真を置いたら、ホーム手前から列車と海を望む、シブい写真が撮れるかも。
 
イメージ 6

イメージ 7

建物は仮置きした状態で、建物を取り除くとこうなります。そうそう、すっかり忘れていましたが、ブログのタイトルは「米国型鉄道模型とモダンジャズ」でしたね。大きさ比べのために、ご存知、天賞堂のGNカブースを置いてみました。
 
イメージ 8

さて、もともとは地形の把握と設計のためのモデルだったので、パイロットモデルとしての使命はこれで終了なのですが、意外とうまくできたので面白くなりました。今後、ターフやフォーリッジで草木を生やして、アクセサリーも少し加えて、周囲に黒の化粧ボードを貼り付けることにいたしましょう。建物もここからもう少し、グレードアップします。
 
あと、栄進堂が発売していたTゲージ線路でエンドレスをつくって、単行のキハ40でも走らせたら、それはそれで面白いと思うのですが、今は市場から撤退して、香港メーカーに権利を譲ってしまったようですね。線路だけでも、と思ったのですが、ヤフオクでもみつからないので、今回はパスします。
 
それにしても、もしこれを仕上げてTMSのレイアウトコンペに出展したら、どう評価されるのでしょうね。かなり努力はしたから、努力賞くらいはいただけるかなあ。あまりに従来のレイアウトとは異なるので、審査する側は困っちゃうかもしれません。小さくて郵送も簡単なので、TMSコンペにも応募できますが、これは規定にある「ストラクチャー」とはいえないかも。
 
ところで、お気づきかもしれませんが、このパイロットモデルには、主役となるストラクチャーの1つである、あの有名なホーム上屋がありません。実はNスケールのものをどうやって作るか、まだ思案中なのです。実物の支柱は細いレールを2本、背中合わせに貼り合わせたもので、模型化するにはコード40のレールをハンダ付けするのが正攻法なのでしょうが、小生は金属工作が大の苦手だし、「1か月のおこづかいで小学生が作れる」というコンセプトにも反します。どうしたものか、もう少し悩んでみます。

この記事に

開く コメント(4)

下灘周辺の模型化で、避けて通れないものが、国道378号線に沿った防波堤の製作です。実物はご覧の通り、消波ブロックが山ほど積んであります。

イメージ 1

ちなみにこちらは、国道の内側にある古い防波堤の跡です。次作で国鉄時代のセクションを作る際には、こちらが主役の防波堤となります。資料がまるでないので、本当にできるかどうかはわかりませんが。

イメージ 2

イメージ 3

さて、今の防波堤の海に面した外側は、弓状に湾曲しており、それをどう製作するかは、大きな頭痛の種でした。こちらがそのカーブです。

イメージ 4

正攻法であれば、木やスチロール樹脂で型をつくり、石膏を流し込んでつくるのでしょうが、小生にはそんな技術も根性もありません。プラ板を曲げるか、口径の大きな塩ビのパイプの一部を使うか、スタイロフォームを削るか、はたまた内部が空洞のペーパークラフトにするか、パワーポイントで設計図を描きながら、ウンウンと悩みました。
 
ところが、結果として、100均(ダイソー)で売っている素面のスチレンボード(カラーボードと書いてあります)と、そのへんで拾ってきた1ミリの厚紙で試作したところ、わりと良いものができてしまいました。今回はこれをご紹介しましょう。Nスケール、1/150での試作です。
 
この写真のうち、5ミリと2ミリのカラーボードを使います。「ふわっと軽い粘土」というのも買ったのですが、今のところ使っていません。
 
イメージ 5

こちらが設計図です。

イメージ 14

黄色が5ミリ厚のカラーボード、ピンクが2ミリ厚のカラーボード、灰色が1ミリの厚紙です。2ミリのカラーボードは、角の部分を定規とカッターで斜めに削ぎます。一番の難関である湾曲部分は、丸棒を使いながら手でしごいたら、わりと簡単にできました。なお、紙には「目」があるので、まっすぐ立っている後ろ側の補強版は縦目で、前の曲面部分は横目で使って下さい。あとは速乾タイプの木工ボンドをたっぷり使って、輪ゴムでがっちりと固定します。いろいろ高性能接着剤が登場しましたが、この
100円接着剤の効き目は、今も偉大です。

イメージ 6

イメージ 7

今回のもう1つの難関は、上から貼り付ける図柄です。ネットで画像検索すればお分かりになると思いますが、防波堤をまっすぐ正面から撮影した、都合のよい写真はなかなかみつかりません。現地に行ったとしても、ボードで沖に出るとか、ドローンを飛ばすとかしないと、そのまま使える写真は撮れないのです。しかも、下灘駅直下の防波堤には、消波ブロックが積んであるので、防波堤全体は見えません。幸い、松山方向に400メートルほど歩くと、突堤があって、そこから先は消波ブロックがないので、今回はこの突堤の先から撮った写真を加工することにしました。

イメージ 8

こちらが加工前の写真です。
イメージ 9

フォトショップを使って、ゆがみを補正します。
イメージ 10

コピペしたり、スタンプしたり、境界をぼかしたり、数時間の苦闘でここまで加工しました。ただし、小生の技術では、どうしても湾曲部分をまっすぐにすることができませんでした。とりあえずそのまま使うことにします。

イメージ 11

普通のコピー用紙に印刷したものを、木工ボンドで貼り付けました。例によって、紙がしなしなになるので、コピー用紙は下の土台にしっかりなじみます。

イメージ 12

背景を置いてみました。下の青いカラーボードは海のつもり。なかなかリアルな防波堤だと思いませんか? 本物の写真を加工しているので、あたりまえですが。小生の塗装技術だと、どう頑張っても、ここまでは表現できません。
 
イメージ 13

さてさて、防波堤にはもう1つ課題が残っています。最終的にセクションの全長にあたる90センチのものを製作する必要があるのですが、セクションの右半分は防波堤が緩いカーブを描いているのです。縦方向と横方向の両方に曲面のある立体物を設計から作るのはとても無理なので、ふつうに作ったものに力を入れてじんわり曲げるとか、短い直線に分けるといった技法になるのでしょうが、もはや疲れました。解決は将来の課題といたしましょう。


この記事に

開く コメント(4)

下灘駅は海と山に挟まれた、狭くて細長いエリアにあります。駅手前の海側には、海を埋め立てて作った国道378号線、通称「夕やけ小やけライン」が走っています。駅裏の山側には、旧国道が走っていますが、曲がりくねった1車線道路で、往時は国道ならぬ「酷道」と呼ばれたとか。小生、小学生のときに釣り好きのおじに連れられて何度か通ったことがありましたが、車酔い必須の悪路でありました。
 
駅前には旧国道を挟んで、山裾を削って得たわずかのスペースに民家が何軒か並んでいます。うち2軒はすでに取り壊されて、空き地になっていたのですが、2017年、空き地の1つに「下灘珈琲」という、休日限定営業のコーヒースタンドができて繁盛しています。

イメージ 1

駅を出て右手方向、つまり長浜方向に旧国道を進むと、自転車置き場に続いて夕やけ団地があり、なだらかな上り坂道の両側に何軒かの民家があります。

イメージ 2

一方、駅を出て左手、つまり松山方向には美容院が1軒あるだけです。
イメージ 3

この一連の駅周辺風景を実物通りにNスケールで再現するには120×60cm(実物だと180×90m)のスペースが理想で、これだと手前の海も後ろの山もある程度表現できます。こちらがグーグルの衛星写真をそのサイズで切り抜いたものです。

イメージ 4

しかしながら狭いマンションに、こんな大きなものは置けません。シリーズ初回に記載したように、国鉄時代のセクションをもう1つ作るという構想もあります。そこでサイズはちょっと絞った90 ×45 cmとしました(旧作の国鉄箕面線白島駅とほぼ同寸法です)。
 
とはいえ、無理に小さくすることで実物の雰囲気を壊したくはありません。そこで、建物のサイズやホームの長さはスケール通りとして、模型として表現の難しい、だだっぴろい広場スペースを縮小しました。具体的には、
●左側にある美容院を実物換算で20メートルほど、駅側に移転させました。美容院手前の駅構内には原っぱしかないので、模型化しようとすると、スペースをもて余してしまうと思ったのです。
●駅舎の右側の駐車場の幅を、若干狭くしました。その分、駅から右側の建物郡は全て5メートルずつ駅側に近づいています。
●国道378号線をスケール通りつくるとかなりの道幅になってしまうので、海側の路側帯を狭くしました。
●手前の海はほとんど表現できませんが、これは別に撮影用の海原パネルを用意することで対応することにします。

こちらがアレンジ後のもので、今後の基本設計図となります。
イメージ 5

さて、前回ご紹介したとおり、グーグルアースの写真は画素数が低すぎてそのまま使えないので、地面のテクスチャーをさまざまな素材から作っていますが、今回はいよいよ難関の道路です。国道378号線と旧国道がありますが、ご覧の通り画素が粗い上に、旧国道には建物とその影が映りこんでいて、とてもそのままでは使えません。それではどうするか。ウンウンと苦しんだ結果、何とかみられるものができましたので、簡単にご紹介しましょう。
 
下灘駅のホームからみた伊予灘と国道378号線です。この写真から道路をつくります。
イメージ 6

フォトショップによる苦闘の末、直線部分ができました。手前の片車線だけを加工して、これを上下反転させて2車線にするのがコツです。

イメージ 7

さて、これをカーブ用にどうやって曲げるか。フォトショップ完全自己流を貫く小生は、悩んだ挙句、フィルターにある「レンズ補正」という、レンズの周辺部分での画像のゆがみを補正する機能を使いました。道路の下に広い四角形のスペースをつくって、つまり道路を四角形の上端のほうにもってきてから、レンズ補正をかけるとカーブができます。大小のカーブをいろいろつくって、現物のカーブにあうものを選びました。ただし、もっと簡単な方法があるのかもしれません。
イメージ 8

こちらは駅正面にある横断歩道です。白線部分には、フォトショップのフィルターにある「グラフィックペン」を使って、かすれた部分をいれています。かすれた文字や図形をつくる方法は、ネットにたくさん出ていますが、どれも説明が宇宙語で書いてあることと、小生のフォトショップエレメントは機能が限定されていることで、これが限界でした。さらに、80%の半透明にすることで、やや退色した感じにしました。

イメージ 9

何とか2本の道路が完成しました。旧国道の水色のラインはカッティングラインです。
イメージ 10

以上、かかった費用はゼロですが、試行錯誤にかかった時間は膨大です。次回からはもうすこし簡単に出来ると思うのですが、もう二度とやりたくないかも。さて、次は防波堤の工作です。はて、あの曲面をどうやって表現すればいいのやら。試行錯誤が続きます。 

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事