爽やかな青空が広がる日曜日です。よい季節になりましたねえ。そんな中、部屋にこもって進めているプロジェクトSHIMONADAですが、ストラクチャーの標準工法が定まってきたので、工作が加速してきました。つまり、ウンウン考えている時間より、手を動かしている時間が増えてきた、ということです。
 
今回は、駅を出てすぐ右手にある2軒のお宅のうち「オレンジの家」をつくります。1階部分がコンクリート造り、2階部分が木造になっているこのお宅、玄関がないので、左隣の建物と中でつながっているのだと思います。

イメージ 1

いつものようにコピー用紙で試作品をつくりますが、ふにゃふにゃで扱いにくいので、裏に0.4㎜厚の工作用紙を貼り付けてから、切り出してみました。ただし、結果としては失敗で、紙の厚さを考えた設計になっていないので、組み立ててもきれいな直方体になりません。あちこちにひずみができてしまいました。
 
イメージ 2

どっちみち試作品なので、かまわず進めます。
イメージ 3

標準工法で、屋根を組み立てています。瓦パターンは以前作ったものですが、若干明度を落として変化をつけました。この作業が5秒でできるのがデジタルの強みです。
イメージ 4

こちらも標準工法で、屋根の棟を組み立てています。木工ボンドはつまようじを使って塗ると、具合がよいです。
イメージ 5

できましたが、なんだかガッタガッタです。角の折れ目はクレヨンでタッチアップしましたが、さすがにこの大きさの折り目はありえないですねえ。続けて本番モデルをつくるのはしんどいので、ひとまずこれで完成、ということにしておきましょう。あと、2階の手摺は、最終的にはエッチングパーツを使うことになるのでしょうが、何とか小学生がつくれるお手軽な技法を開拓したいものです。
 
イメージ 6

なお、この界隈には長府製作所のボイラを導入しているお宅が多くて、これが下灘の模型にはなくてはならないアクセサリー(?)なのですが、小生が体得してきたストラクチャーづくりの技法とは全く異なるスキルを要求されるアクセサリーなので、頭を抱えてしまっています。真鍮工作の名人である諸兄がつくったら、いいのができそうですね。
 
イメージ 7

勢いが乗って来たので、続けて、左隣のお宅もつくってしまいましょう。

開く コメント(0)

大型連休中に仕上げたストラクチャーですが、掲載が遅くなりました。今回ご紹介するのは、前作の「黒い日本家屋」の左手前にある「黄緑の家」です。このお宅、小高い丘の上にあって、1階の下のほうが見えません。カメラ付きのトイ・ドローンを購入して飛ばす、長い棒の先にアイフォンをくくりつける、といった過激な取材の方法があるにはあるのですが、不審者として通報されると困るので、あきらめて一部は想像でつくります。とはいえ、その昔、1枚の写真からシェイヤードロコのブラスモデルをつくっていた祖父江さんに比べれば、グーグルのストリートビューでいつでも「現地取材」のできるわれわれは、はるかに恵まれた環境にあるのでしょうね。ちなみに、こちらがストリートビューの写真です。
 
イメージ 1

工法はこれまで開拓してきた技法の組み合わせです。今回の壁面は、コピー用紙ではなく、エレコム社のスーパーファイン紙の厚手(0.225㎜)を使いました。窓を抜いたものを上から張り合わせることで、気休め程度ではありますが、窓の奥行を表現するためです。まずはカッターで切り出しました。
 
イメージ 2

木工ボンドで組み立てました。折り目や合わせ目の白がかなり目立ちます。
イメージ 3

ダイソーの5㎜厚カラーボードで裏から補強します。
イメージ 4

上から窓を抜いたものを貼り付けます。
イメージ 5

さらに玄関横の飾りタイルを貼り付けます。この工法の弱点は、切り口の白が見えちゃうことで、本来であればプラ用塗料でタッチアップしてから貼り付ければいいのですが、「塗料を使わない」「小学生がつくれる模型にする」というのがコンセプトなので、そのまま進めます。

イメージ 6

さすがに切り口の白が目立つので、家に昔からあった色鉛筆を塗ろうとしたのですが、つるつるの紙なので、色がうまく乗りません。そこで娘が高校時代に美術の授業で使っていたクレヨンを塗ってみたら、わりとうまく色が乗りました。これだったら小学生にもできますから、標準工法に採用しましょう。組み立て前に塗っておけば、さらにきれいにできそうです。
 
それにしても、このファイン紙への印刷はもろくて、木工ボンドがはみ出たものを拭き取ると、簡単にインクが剥がれて地色の白がみえてしまいます。コーティングされた用紙の表面に、インクが薄くへばりついている感じなのでしょうね。製作途中はマスキングテープで養生してやるなど、工夫が必要かも。この点では、コピー用紙に印刷したもののほうが、扱いはずっと楽です。

イメージ 7

左から、以前つくっていた第1次パイロットモデル、その後の取材を反映させた第2次パイロットモデル、屋根を作り直した第3次パイロットモデル、そして右端が一応の完成版です。完成版は壁面がファイン紙で2重になっている他、屋根上の棟も作りこみました。
 
イメージ 8

建物の右側面は、最初は写真がなかったので想像でつくったのですが、実際は全然違っていたので、2次モデルからは修正しています。
イメージ 9

右手奥にあるのがこのストラクチャーです。左手は前作の「黒い日本家屋」、瀬戸内海が穏やかです。
イメージ 10

裏側からみたもの。1次モデルは、コピー用紙で補強も一切していません。小学生がつくって、遊んで、捨てるには、これでOKです。学生さんの文化祭レイアウトにも便利かも。2次モデルは、屋根のみ工作用紙でつくっています。3次モデルはある程度補強をしたもの。完成版は標準工法でしっかり補強しています。雨どいと屋根裏も表現していますが、実はこの工作が一番面倒です。組み立て所要時間をざっくりいうと、左から、15分、30分、1時間、10時間、という感じでしょうか。
 
イメージ 11

最初の実物写真にあるような、郵便受けや電気メーターボックスを取り付けてやると精密感が増すと思うのですが、まだ工法が開発できていません。いやはや「エコノミーモデリング」の道は長くて厳しいです。

開く コメント(2)[NEW]

令和になりました。昨日からの一連の行事、シンプルで美しいですね。皆が明るく、前向きに、笑顔ですごせる、よい時代になりますように。
 
さて、2時代にまたがることになった「プロジェクトSHIMONADA」ですが、引き続きチマチマとストラクチャーの建設を進めています。今回は、駅を出て右手の坂を上ったところにある「下灘黒い日本家屋」をご紹介しましょう。築年はわかりませんが、瓦の様子などからみて下灘界隈では一番新しい建物かもしれません。立派で重厚な純日本家屋で、夕やけアパートを除くと、床面積は下灘集落で最大だと思います。セクションの右奥にくる建物なので、本来は若干小さめにつくって遠近感を出したいところですが、まずはスケール通りに作ります。何せPCで設計図を作っているので、後で縮めるのは縮小印刷するだけですから。

イメージ 1

入母屋屋根の製作は、前作の「さなえ美容院」で、一応ノウハウを獲得していたつもりだったのですが、今回はさらに形状が複雑なので、かなりの苦闘を強いられました。簡単だと思った2階の屋根からして、どうしても実物の感じが出せず、数度の設計変更を余儀なくされています。先日みた「チコちゃんに叱られる」によると、何でも、人間は大きな痛みがあると、脳から痛みをやわらげる幸福物質みたいなものが分泌されて「クセになる」のだとか。小生がこの苦しい作業を続けている理由は、もはやこれ以外に説明がつかないかも。

イメージ 2

さらに今回の難関は、一部が入母屋になっている1階部分の屋根です。数回目の試作品でやっと使えるものが出来ました。
イメージ 3

取り付けて、様子をみています。
イメージ 4

苦闘の跡です。
イメージ 5

屋根の製作過程をすこし丁寧に紹介しましょう。コピー用紙に印刷した図面を、0.4㎜厚の工作用紙(ダイソーで買った、ごく普通のもの)に木工ボンドで貼り付けます。
イメージ 6

コピー用紙に印刷した瓦パターンを、木工ボンドで貼り付けます。今回のお宅は築年月が浅いため、瓦屋根パターンも新製したのですが、白状すると、この面だけ失敗して、上下が逆になってしまっています。
イメージ 7

全体を貼り終えました。
イメージ 8

裏面に、屋根裏の板と雨どいを兼ねた部品を取り付けます。
イメージ 9

1階部分も作業を終えました。かなり手間のかかる作業です。
イメージ 10

「大棟」をつくります。まずは1段目の「のし瓦」として、真ん中に筋目をいれた4㎜幅の工作用紙を貼り付けます。
イメージ 11

ペーパーによるストラクチャー工作では「削る」という作業はほとんど発生しないのですが、ここでは「のし瓦」の上面を320番のペーパーにごしごしこすりつけて、フラットにします。
イメージ 12

コピー用紙に印刷した「のし瓦」パターンを木工ボンドで貼り付けます。
イメージ 13

さらに2㎜幅の工作用紙を2段重ねして「のし瓦」パターンを貼り付けた上に、1㎜幅の工作用紙を貼り付けます。
イメージ 14

「降棟」と「隅棟」を同じ要領で作っていきます。決して難しい作業ではありませんが、単調でやたら時間がかかる上に、綺麗に仕上げようと思ったら集中力も必要です。純客観的にみれば、どう考えても、さわやかな春の休日に、部屋に籠ってやるべきことではないように思います。
イメージ 15

1階部分も同じ作業をやります。
イメージ 16

ここまでで膨大な時間がかかっています。お城のプラモデルだったら、同じような部品をランナーから切り取るだけなのですが。
イメージ 17

 「さなえ美容院」で開拓した手法で、鬼瓦をつくっています。アートナイフをちまちま使うので、ここだけは拡大鏡が必要です。
イメージ 18

ついに屋根ができました。かかったコストは10円くらいですが、かかった手間は莫大で、しばらく入母屋の屋根は作りたくありません。なお、窓の上のひさしは、木工用ボンドによる単なる「いも付け」ですが、紙を使う限り、この安価な接着剤の効き目は本当に凄いです。
イメージ 19

玄関のひさし部分です。ピンボケですみません。本来は角材で組むべき部分を、4㎜厚の工作紙で作っています。さりげない工作ですが、今後使える新技法かも。
イメージ 20

2階の屋根を取り付ける前です。構造がおわかりいただけるかと思います。
イメージ 21

一応完成です。よくできたNスケールのストラクチャーキットが巷にあふれている今日ですが、他にはない自分だけのスケールモデルなので、ささやかながら達成感と満足感を味わうことができました。
イメージ 22

実はこのモデル、壁面にコピー用紙を使った試作品なので、将来的には作り直す必要があるのですが、当分はやっかいな屋根づくりに再度取り組む気力が湧かないかも。あと、この建物は、裏手に物干し台があるのですが、手すりの製作手法が未開拓なので、今後の課題としています。

開く コメント(6)

下灘駅の駅舎を出て左手に40メートルほど進んだところに「さなえ美容院」があります。週末だけ営業するコーヒースタンドの「下灘珈琲」を除くと、駅前集落のうち唯一の商業施設です。店名から察するに、ご近所の奥様達の髪質と好みのスタイルを知り尽くした、腕効きの女性店主様がいらっしゃるのでしょうね。今回はこの美容院を作ります。

イメージ 1


以前済ませておいた、基本設計をリファインしました。ただし今回はまだ最終版ではないので、コピー用紙を使っていて、窓抜きもしていません。なお、当初は全てのパーツをペーパークラフトで作るつもりだったのですが、小さな部品や薄い部品まで中空でつくるのはたいへんなのがわかって、「紙材料なら使ってよい」という方針に変更したので、右側のベランダには、2㎜の厚紙を使っています。

 

イメージ 2


屋根以外は比較的順調にできたのですが、入母屋の屋根の設計がうまくいきません。いくらつくっても、微妙に実物の感じと違うのです。設計にはX軸とY軸に加えて、Z軸の概念が必要で、理屈上は計算で正しいサイズを求めることができるはずなのですが、数学が苦手な小生の手には負えません。結局、現物をつくっては、少しずつ修正しました。というと簡単なようですが、ご覧の試作品の山を作るのに、どれほどの苛立たしい時間を費やしたことか。巻き尺を持って、屋根に登りたかったです。

 

イメージ 3


こちらは苦戦の跡が残る、設計途中のパワーポイントです。そもそもプレゼンテーション用のソフトであるパワーポイントで設計をするところに無理があって、3Dを扱えるCADを使うと難なくできちゃうのでしょうね。時代に取り残された感覚を、ひりひりと味わいました。

 

イメージ 4

ようやく何とかみられるものができました。
イメージ 5

パイロットモデルに使っていた日本瓦のパターンはリアリティに欠けるので、新しい瓦パターンを作ります。ところがこれも、素材の入手に苦労しました。どこかの高台から実物の屋根が撮影できるとよいのですが、自宅の周辺はニュータウンなので、古い瓦造りの建物は皆無です。通勤途中の高架駅から都合よく撮影できるしぶい民家もありません。そこでネットで瓦屋根の写真を探したのですが、模型にそのまま使えるような良い画角のものはないのです。結局、こちらの写真を加工することにしました。「瓦屋根、ドローン、点検」で検索して、どこかの工務店のサイトからいただいた画像なのですが、すみません、どのサイトだか、わからなくなってしまいました。著作権者様、無断掲載をお許し下さい。
 
イメージ 6

フォトショップで加工します。「イメージ」→「変形」→「ゆがみ」で画角を修正してから、明るさやコントラストを修正したものを、ランダムにコピペして増殖させました。グリーンマックスの瓦屋根は1枚200円くらいしますが、こちらは1円くらいです。あ、プリンタのインク代が必要ですが。
 
イメージ 7

ダイソーで買った厚さ0.4㎜の方眼紙に、コピー用紙に印刷した瓦パターンを貼り付けて組み立てます。瓦パターンをパワーポイントで20%ほど明るくしましたが、ちょっと明るすぎたかも。
 
イメージ 8

雨どいと庇を取り付けました。雨どいは確立した技法のはずだったのですが、この角度からみると、えらくごっつく見えます。もうすこし控えめに作らねばなりません。
 
イメージ 9

屋根上の仕上げをしますが、ここも今回、えらく悩んだ工程です。実物を忠実に再現すればよいのでしょうが、屋根の上はよく見えないし、見えたとしても、小生の技術ではスケール通りの再現なんて不可能です。試行錯誤の結果、てっぺんの「大棟」は4㎜と2㎜と1㎜幅の0.4㎜厚工作用紙で、下方向に延びる「降棟」は1㎜幅で、斜めに延びる「隅棟」は2㎜幅と1㎜幅で、それぞれ作りました。パターンを印刷したコピー用紙は1段ずつ、なるべくたっぷりの木工ボンドで貼り付けます。
 
イメージ 10

今回の鬼瓦は、どこかの瓦屋さんのサイトにあった画像を使わせていただきました。CAD用のデータを無償でダウンロードできるサイトなので、お叱りを受けることはないと思いますが、小生はその会社の瓦を買いませんから、胸を張って使えるものでもありません。写真は「隅棟」用に使ったもので、1㎜の厚紙に木工ボンドで貼り付けたものを、アートナイフで切り出します。
 
イメージ 11

「大棟」用の鬼瓦を製作中です。これもコピー用紙に印刷したものを1㎜の厚紙に木工ボンドで貼り付けて、アートナイフで切り出します。紙の大きな弱点は、プラ板と違ってヤスリがけがでいないことなので、アートナイフをこまめに使って、小さな切込みやカーブをつけますが、この作業だけは、老眼鏡では役不足なので拡大鏡を使いました。左側の鬼瓦はすでに取り付け済みです。本来は断面、つまり側面の塗装が必要ですが、灰色で目立たないので、とりあえずそのままにしています。なお、このストラクチャーの組み立てには全て木工ボンドの速乾タイプを使いました。たっぷり入った大ボトルが168円で、有機溶剤も含みませんから、安心して使えます。
 
イメージ 12

「さなえ美容院」に取り付けてあるロレアルの実物看板をフォトショップで整えました。Nスケールに縮小して、1㎜の厚紙の両面に貼りましたが、コピー用紙に通常印刷したら、文字がつぶれて見えなくなってしまいました。ところで、この静かな集落には看板やら広告やらが本当に少なくて、駅前にあるジュースの自動販売機と、新しくできた下灘珈琲を除くと、この看板は界隈で唯一、企業のマーケティングを感じさせる小物かもしれません。
 
イメージ 13

一応の完成です。なんだかガタガタですが、苦心の屋根は、それなりの質感が出せたと思います。あと、実物には2階のベランダに物干し用の差し掛けがあって、角材の柱にポリカーボネートの屋根がついているのですが、こちらはまだ製作方法を思案中です。柱はひのきの工作材かプラ棒を使えば簡単でしょうが、そうなると、さすがに塗装なしで済ませるのは難しいかも。
 
イメージ 14

イメージ 15

もう1つの難関がベランダと窓の手すりで、さすがにこれは紙で作るのは不可能です。今回、「コバル」という秀逸なエッチングパーツを出しているメーカーが廃業する、ときいたので、えいっとばかり、使い方もよくわからないのに、同社の高額パーツを駆け込み購入してしまいました。ただし、これを使っちゃうと「小学生が1か月のおこづかいで作れるレイアウトセクション」という最初のコンセプトから外れてしまうので、何とか別の手法も編み出したいと思っています。
 
イメージ 16

この模型、壁面がコピー用紙を使った仮のものなので、ちゃんとしたものに作り直さなければならないのですが、長く取り組んだのでさすがに疲れました。しばらく他のストラクチャー製作で気分転換することにいたしましょう。

開く コメント(4)

下灘駅前に並んでいる住居のうち「藤色の家」をつくります。このお宅、玄関がないので、お隣のこげ茶色の家の別棟で2階がつながっているのかもしれません。

イメージ 1

ここまで3軒のストラクチャーを組んで、基本技法はほぼ開発できたので、ここからはどの技法を選択して組み合わせるかが工作のポイントとなります。今回はすこし丁寧に、組み立ての手順をご紹介しましょう。
 
壁材にはエレコム社のスーパーファイン紙の厚手(0.225㎜)を使いました。厚さがあるので、組み立ててから裏に補強材を貼り付ける、という工法がとれます。ただし、カッターで軽く溝をつけた折り目は、紙の白が露出しちゃうので、最終的には塗料による補修が必要になります(今の段階ではまだ補修していません)。
 
イメージ 2

1階の窓は、コンクリート壁の奥にあるので、ダイソーで売っている0.4㎜の工作用紙で、壁に厚みをつけました。窓をきっちり切り抜くのは前回トライして完敗したので、まことに不細工な工法をとっています。
 
イメージ 3

裏から窓を貼り付けます。
イメージ 4

気休め程度ですが、壁の厚さが表現できました。本来は切り口部分を着色したいところですが、今回は塗料を使わずにどこまで模型がつくれるかにチャレンジしているので、今のところ未着色です。内側の補強は、5㎜厚のカラーボード(ダイソーで売っているスチレンボードの安いやつ)や2㎜厚の厚紙で行ないます。

イメージ 5

2階部分は外壁を重ねることで、窓の段差を表現します。増改築したのか、実物も同じように、2階部分は1階より若干の厚みがあります。
 
イメージ 6

屋根はモルタル部分とセメント瓦の2重構造にします。まずは0.4㎜の工作用紙でモルタル部分をつくります。貼り付けたコピー用紙は、純白ではなく、軽くグレーのグラデーションをかけてあるのですが、よくみえませんねえ・・・。端にグレーの紙を貼って雨どいを表現します。
 
イメージ 7

木工ボンドでがっちり固着中。
イメージ 8

0.4㎜の工作用紙に貼り付けたセメント瓦を重ね貼りします。この瓦を立体構造で表現できたら間違いなくTMS賞レベルですが、残念ながらコピー用紙に印刷した平面です。けど、なかなかリアルだと思いませんか。なにせ本物の瓦の写真ですからねえ。

イメージ 9

1.5㎜の厚紙でつくった雨戸用の戸袋をとりつけます。開口部上のシャッターケース(というのですかね?)は、3㎜厚のスチレンボードを3㎜幅で切り出した芯に、印刷したコピー用紙を貼りました。
 
イメージ 10

「シャッターケース」はよれよれのコピー用紙の質感とあいまって、今にもサビが落ちそうなリアルなのができました(堂々の自画自賛をご容赦下さい)。手前にあるものは最初につくった厚手スーパーファイン紙によるものですが、折れ目の白が目立っちゃうし、かっちりしすぎてしまいます。高級な材料が必ずしもいいわけではなく、適材適所が肝要なのですねえ。
 
イメージ 11

棟の丸瓦とのし瓦は、1㎜幅と2㎜幅の工作用紙を貼り付けた上から、コピー用紙に印刷した棟用の瓦をたっぷりの木工ボンドで貼り付けます。
 
イメージ 12

庇(ひさし)を取り付けます。構造がわかるようにパワーポイントによる設計図もご紹介しましょう。取付けは100均で買ったゼリー状接着剤によるイモ付けですが、思った以上にがっちり固着できます。鬼瓦は実に不細工なのですが、小生の視力と工作力では、このあたりが限界です。
 
イメージ 13

イメージ 14

パイロットモデルと比較すると、戸袋や庇といった小パーツで、精密感がぐっと増すのがおわかりいただけると思います。
 
イメージ 15

ちゃんと調べたわけでないのですが、この辺りは昔、みかんの出荷で賑わったのではないかと思います。車庫の中にみかんのキャリーケースを並べたら楽しそうですが、今のところ、どうやって作ればいいのか皆目見当がつきません。

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事