★★★さぬきうどん三ツ星うどん工房

さぬきうどん店訪問1200軒を目指しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全346ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回に続いて今回オープンの店も「高雄」「めんさ」の
後を引き継いで居抜きで9月16日にプレオープンした店。
「高雄」は高松市内から移転して4年足らず、「めんさ」に
至っては1年ほどで閉店。
場所は木太町のローソンを北へ細道で行くとある。
うどん商売は結構厳しい。
スタッフ不足で平日のみの営業でしかも今の所
2時間しか営業していないとのこと。
家庭の主婦が頼りなのかな。
フェイスブックにいつもコメントしてくれる現役の
友人たちはこれでは訪問することができないな。
店内はテーブルや椅子などそのままで配置も同じかな。
昼時だけど客はまばらだな。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
うどんメニューは2種類のみ。でも温も冷も選べるみたい。
天ぷらは少ないが徐々に揚げていて、売れ残りを
少なくしたいのだろう。
イメージ 4
イメージ 5
冷やかけ200円+アジフライ120円=320円の昼食。
麺は滑らかでコシもあり、もっちり感も程よい。
ダシは濃く見えるがスッキリコクがあり、イリコ風味がおいしい。
結構おいしいのだが、ここは場所がちょっと悪いからなぁ。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
座敷席もあって家族連れにも良いのだが土日休みなら
それも期待できないな。
スタッフ募集の張り紙が店内のあちこちにあり
うどん店に限らず、飲食店はどこも人出不足。
僕の知り合いのうどん店もいつもアルバイト募集している。
元気な高齢者を雇用するしかないと思うのだが。
イメージ 9
イメージ 10
高松市木太町3623−2 セルフ 土日休日 今の所12:00−14:00
P9台

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

高松市内花ノ宮町に9月16日(土)にオープンした店を訪問。
といっても大善から番長そして今回と店は変わっている。
先代の番長の主人は残念ながら、昨年お亡くなりになったと聞いた。
店内は以前のままで居ぬきでの開店となったようだ。
確かに清潔で店内はゆったりしているので変える必要はないな。
入り口におでんとご飯ものが置いてある。
おにぎりもいなりもかなり大きいので1個で十分だな。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
かけ300円から。
かしわ天の各種うどんが売りのようだ。
僕はいか天の方が好きだが、讃岐の一般店はかしわ天を売りに
しているところの方が多い。
かしわのほうがいかより安いし、はぜないので扱いやすいのかな。
天ぷらは別注文なので揚げたてが食べれる。
イメージ 5
イメージ 6
ざるうどん400円+あなご天250円=650円。
うどんは角が立って手打ちの美しさが光る。
コシ、もっちり感も程よい。つけダシも調和している。
あなご天も揚げたてでほっこり。
身の柔らかさも美味しい。
満足感がありました。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
高松市花ノ宮町3−4−12 一般店 平日10:00−20:00
土・日・祝8:00−15:00 087−899−7887 P8台

この記事に

開く コメント(6)

この店も20年近く前に訪問して以来の店。
その時の印象は良くなかったのだが今回訪問して
すっかり変わっているのに驚いた。
過去の画像と比較して外装も内装も変わっていた。
以前は天ぷらも仕入れでスーパーの安物みたいだったのだが。
店の人も女性中心でお客様本位に変身したのかな。
ご飯類も揃い、セルフとして満足いくもの。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
かけ150円+小えびかき揚げ100円+ちくわ天80円=330円。
かけだしは濃いのと薄いのを選べる。
今では讃岐人の僕は当然薄いのを選ぶ。
濃いのとは関東の真っ黒なだしを思い出してしまう。
まあまあ満足できるうどんとだし。
昼時で賑わっている。
安いしこれなら常に通える店ですね。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
さぬき市志度4139−8 セルフ 日曜定休 11:00−19:00
087−894−8588 P20台

この記事に

開く コメント(10)

高松市香川町の空港通りの香川総合体育館の前に
出来た店。
この場所には1年前に「ありま」がオープンしたのだが、
一年も持たずに残念ながら閉店してしまった。
かなりこだわりのある店だったのだがその方向が
違ったのだろうか。オープン時の様子は下記で。
店頭に以前在った大きな釜も無くなってしまった。
かなり投資をしたはずだが、高松市田町商店街の「有馬」も
閉店してしまったのでうどん商売も難しい。
今回の店の入り口はまっすぐ入れる。
前の店はぐるっとUターンして現在たくさんの花が置いてある
道路側だったな。
内装はほとんど変化ないきれいな店。
メニューはかけ350円と一般店としてもやや高め。
眈抄港店がセルフで320円だったからこれを上回る価格。
中盛0.5玉追加も100円とは強気だ。
天ぷらもおでんもセルフよりやや高め。
挨拶は皆元気で気持ち良い。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
かけうどん350円+えび天180円=530円。
うどんの量はやや少ない。丼容器が一般店としてはちょっとね。
眈抄港店と同じ麺のようだが、これって手打ちなのかな。
丸みを帯び、僕にはかすかに芯があるように感じる。
滑らかななうどんで喉越しはよいのだが、ダシは普通。
一般店なのに商品が出てくるのがセルフのように早い。
麺は茹で置きなのかわからないが、天ぷらは熱々でない。
幹線道路沿いなので観光客目当てなのかな。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
高松市香川町東下1855 一般店 月曜定休 11:00−15:00
087−802−8840 P15台


この記事に

開く コメント(10)

高松市新北町にあった天ぷらもうどんもおいしい店が
香西東町に9月1日に移転オープンした。
この場所は「名も無いうどん屋香西店」次に「むら家」があった場所。
派手な外装もスッキリし、内装は配置は変わらないものの
座席数は増えた。
かけ200円から。
オープン間もないため現在準備中のメニューが3つ。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
天ぷらも次々に揚がっている。値段も手頃。
天ぷらを売りにしているので、穴子うどんやとり天うどんや
イカ天うどん、いちみセットなどがお薦めのようだ。
イメージ 4
イメージ 5
いちみセット500円はいわし天、なす天、ごぼう天が付いている。
うどんはかけ、ざる、ぶっかけが選べる。
麺は茹でてから時間は経過していないと思う。
手打の良さが光るツルツル感とコシともっちり感。
天ぷらは揚げたてでとてもうま味がある。
ゴボウ天は大きくスライスしてありほっこり。
なかなか良い店だと思います。
窓口が慣れてもう少しスムースになればもっと良くなると思いました。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
高松市香西東町394−1 セルフ 木定休 10:00−14:00
土日祝10:00−15:00 080−3922−5293 P20台


この記事に

開く コメント(8)

全346ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事