★★★さぬきうどん三ツ星うどん工房

讃岐うどん店訪問1200軒目指しています。

うどん店訪問

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

”優作”再訪

旧国道32号線沿いの円座にある店を再訪。
民家が接続している地元密着の店。
看板に宮西製麺所とあるので、
宮西さんちが製麺を始めたことがわかる。
玄関を入ると丼が小・中・大・特大(4〜6玉)とある。
特大を食べる豪傑もいるのだな。
天ぷらは80円(税込86円)とすべて本体価格と
税込み価格が書かれている。
税抜き価格はうどん店では珍しい。
他にはもう一店舗あったな。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
メニューはうどん4種のみ。
製麺所だからうどんそのものを食べてもらうというわけ。
かけ小130円(税込140円)から。
天ぷらもおでんもご飯類もあるから充分楽しめる。
丼にうどんを入れてもらい、自分で湯がき自分でダシを入れる。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
(かけ130円+いか天100円+揚げ80円)+外税=335円。
麺は程よいコシともっちり感。
いか天はぶつ切りにして天ぷらにしてある。
これも他店では見られない。
揚げもおいしくダシも薄味で爽やか。
なかなか良い店です。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
高松市円座町142 製麺所 第1・3・5日曜定休 11:00−17:00頃
087−885−2344 P7台


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

”穴吹製麺所”再訪

高松市のサンメッセから南西部の住宅街に古くからある
製麺所を再訪。もう60年以上経過している店。
最初訪問した時はまわりは田んぼが多かったが
今は住宅地になっている。細い道が多くナビが頼りだ。
民家に付属した建物の1階に店がある。
元々製麺所なのでテーブルを二つくっつけただけの店。
以前来たときは店の外でしゃがんで食べている人もいた。
一つのテーブルにはなぜだか発砲スチロールのボックスが。
もう一つのテーブルにはダシの入った鍋とネギと
きつねあげ80円が置いてある。さらに生しょうがもある。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
かけうどん130円(1玉)200円(2玉)で安い。
天ぷら(80円)があると書いてあるが見当たらない。
食べ終わった時に別の人が、発砲スチロールのボックスを
あけて揚げ天80円をつまんでいるのを見て分かった。
常連で無いとわからないよな。
かけ130円+稲荷2個120円=250円の昼食。
安いなー。
麺はつるつるで伸びやかで長い。
ダシは濃いが味はそんなに濃くない。
でも飲み干すほどでないかな。
さぬきらしい常連さんが多い製麺所うどん屋さんでした。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
高松市上林町752 製麺所 不定休 9:00−15:00頃 P10台
087−889−3078 

この記事に

開く コメント(8)

”藤村製麺所”再訪

さぬきうどん巡業を始めてから20年になるが
最初の頃に訪問した店は、よほど特徴がないと忘れてしまっている。
思い返す意味でも再訪は面白い。
今回の訪問店はことでん潟元駅の西の道を住宅街へ。
踏切を渡ると三叉路になっていて最初は左へ。
次に右へとどちらも間違い、最後に中央の細い道を行くと見えてくる。
民家の1階がうどん屋さん。
攻略本では「藤村商店」となっているが、商店と言われるような
昔は讃岐のどこの街にもあったようなうどん店。
法事や祝い事などのふるまいにうどんを出していた
香川の歴史にはうどん店は必須だったのだ。
厨房の奥には歴史を感じさせる大きな釜が黒々と。
昔のうどん店は皆こんなだったのだろう。
かけ230円から。製麺所だからそばもある。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3ご飯ものはセットになっていて150円。
天ぷらの量は少ないが、僕の好きなものはちゃんとある。
イメージ 4
イメージ 5
かけ230円+アジフライ100円+げそ天100円=430円。
天ぷらがすべて100円なのは良い。
7〜8年くらいまではセルフ店の天ぷらはほとんどが100円だった。
今は110円から200円が多い。
現在100円なのは野菜とちくわくらい。
麺もダシも普通だが、こういう昔ながらの店で食べるのも楽しい。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
高松市屋島西町1493−1 セルフ 日曜定休 10:00−16:00
087−841−6274 P6台

この記事に

開く コメント(4)

6月1日にセルフ店から一般店にリニューアルした
高松市新川沿いの店を訪問。
6年半前のオープン時に655軒目で訪問しているが、
今回営業形態が変わったこと、メニューが大幅に変わったこと
により1軒の訪問軒数の追加とさせていただきました。
この間店の北側にある大東京ホテルも屋上のロゴやカラーも
変わっていました。
以前訪問した時の様子は下記から。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
メニューはかけ290円からで、何とメニューは29種にも増えた。
以前はかけが180円でメニューは13種類だった。
厨房の上のほうにあったメニュー板はなくなり、
セルフ店の特徴のレールカウンターも取り払っていた。
休日も今回変わったので末尾をご覧ください。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
天ぷらうどん550円。
麺は角が立った太麺でしっかりしたコシがある。
さぬきうどんらしい麺だ。「はゆか」で修業した成果かな。
ダシはイリコをつかっていないらしいすっきり味。
昼時は行列ができるほど流行っているので業態変更成功かな。
イメージ 7

イメージ 8
高松市春日町1743−2 一般店 日・祝・第3土曜休日
11:00−玉切れ終了 087−843−7035 P23台

この記事に

開く コメント(10)

”つづみ屋”再訪

高松市牟礼町の国道11号線沿いにある一般店を再訪。
午前11時の訪問で客はいない。
その後すぐに2組の客があり、ボツボツと入りだす。
奥中央に調理場があり一般店らしい雰囲気。
イメージ 1

イメージ 2
かけ290円からと一般店価格。
メニューはどれもそこそこの値段。
定食もあり、うどんと丼のセットなので腹一杯になるな。
夏限定メニューもあったりで色々工夫しているな。
創業40年以上になるので二代目が頑張っているのかな。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
きつねうどん500円を注文。
ごま擦り木がついているのは珍しい。
大量にあるので余ってしまう。
揚げは大きく分厚い。
麺はゴツンと言う感じのしっかり麺。
おいしくいただきました。
びっくりうどん4玉(800g)600円も安いが
もう僕には挑戦する元気がないな。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
高松市牟礼町大町1310−1 一般店 第2・4水曜定休
10:00−20:00(土・日・祝8:〜) 087−845−2238 P30台

この記事に

開く コメント(12)

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事