英字新聞

読売、毎日、朝日各社英字新聞の主として社説を学習研究します(page rank→ゲストブック参照)

全体表示

[ リスト ]

残念ながら日本国内ではなくって海外での経験なのですが、実戦カジノ歴3年を超すスラチャイがご案内致します。初心者用オンラインカジノ入門 です。
本日のテーマは、オンラインカジノの違法性と危険性についてです。

まずはじめに、オンラインカジノ初心者が肝に銘じておくべきことを、私の経験から述べさせていただきます。
一番大切なことは、カジノはアフィリエイトのような副業ではなくって、ギャンブルだという認識をしっかりと持つことです。オンラインカジノでも例外ではありません。これは、れっきとしたギャンブルなのです。
ギャンブルである以上、負けることも覚悟して、事に望む必要があるのです。もちろん大勝することもありますが。
特に、カジノが初めてのオンラインカジノ初心者は、負けることが当たり前だ、くらいの気持ちを持っていることが必要なのです。

オンラインカジノの違法性については外国だったら、まず安心です。
日本はオンラインカジノでも世界のガラパゴスだと思いますが、これは日本特有のもので、私の睨んだところでは、霞ヶ関の官僚たちの規制が災いしているのです。これは、なにもカジノだけに限ったことではありません。
海外に移住すれば、すぐにそのことが理解できるのですが、例えば、非居住者の日本国内における株式投資、FX投資などは厳しく制限されています。私は最近ネット銀行の口座開設に挑戦しましたが、リジェクトされました。日本に住民票がないからです。このように、規制だらけの日本ですから、いわんやカジノにおいてや、といった雰囲気なのです。

ですから、オンラインカジノでも多額の現金を動かすようになれば、銀行口座を厳しくチェックされるようなことは免れません。日本はシンガポールのようなタックスヘイブンの国ではありません。日本は明治以来、官僚たちが取り仕切っているのです。こういった特殊な事情から、オンラインカジノに手を染める場合には、日本国内居住者だったら、ある程度の覚悟が必要なのです。非居住者は問題ないと考えます。

間もなくTPPが締結され、その運用が軌道に乗れば、カジノだって日本国内で自由に出来るようになります。
あと数年の辛抱なのですが、その前に霞ヶ関の官僚組織を粉砕するか、改革する必要がございます。
願わくば、アメリカのように、ギャンブルだって自由にできる国になって欲しいものです。
もちろん、自己責任は、それで、さらに重くはなるのですが。
それで、良いと考えます。

オンラインカジノ入門 は、この記事のリンクをクリックしていただければ、たくさんの情報が入手できます。

今回はここまでです。
ここまで読んでくださったことを感謝いたします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事