ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

東南アジア華僑・華人

華僑とは中華系のルーツを持ち中国由来の文化や事業を受け         
継いでいる人のことであり、本国への送金など今でもしている。         
華人とは居住国の国籍を持つ中華由来の人のことである。         
特に東南アジア、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガ         
ポールに多く、特にシンガポールは華僑・華人が多数派を         
占める国である。(華人74%)         
華僑はマイノリティーながら同郷者で構成されるコミュニティー         
とこれを基にした同業者の集団が出来上がり現地の経済、         
政治に大きな影響力を持つことが多い。         
先行して商売を始めた経営者が同郷の人を雇い、やがては         
独立して同業を行うことが繰り返されやすいことによる。         
経済的に実力をつけると政治面でも力を持つようになり、         
タイのタクシン、インラック元首相、シンガポール建国の父         
リークアンユー、コラソンアキノフィリピン大統領なども         
輩出した。         
華僑は容易に相手を信頼しないが、そのかわり一旦信頼すると         
とことん信頼する。         
それが彼らの団結力の背景ともなっている。         
又友人を大切にする。         
なお中国語は方言の差が大きく、方言の通じる出身地が同じ         
人たちが助け合ってコミュニティーを形成することが多い。         
広東、福建、潮州、海南人、福州人などである。         
東南アジアには明代末の混乱から東南アジアへの移民船が         
インドネシアへ出、20世紀初頭の清末には海外に逃れる         
中華人が増加した。         
マレーシアには英統治時代、スズ鉱山、ゴム園の労働力として         
華僑・華人が入植して760万人、23%として発言力を増したが         
マレーシアはプミプトラ政策(マレー人優遇政策)をとり、         
これに反発してシンガポール(華僑・華人が279万人、77%)         
リークアンユー首相は人民独立党を率いてマレーシアから分離         
独立した。(1965年)         
マレーシアではマレー人のマハティール首相がルックイースト         
と日本流を重視する政策をとり華僑・華人を抑えつけた。         
シンガポールは日本統治時代の日本軍による華人虐殺を         
忘れず、一党独裁による資本主義を追い求め、英語を公用語とし、         
外来人を優遇してアジアの金融センターの位置を確立した。         
華僑・華人が多い順ではインドネシア767万、タイ706万、         
マレーシア639万、アメリカ346万、シンガポール279万、         
カナダ136万、ペルー130万、ベトナム126万、フィリピン         
115万、ミャンマー110万人などである。         
日本には73万人と1970年以降急激に増えている。         
華僑・華人は血のつながり、ファミリーを重視し、東南アジア         
各国で隠然たる経済力、政治力を持っている。         
父君リークアンユー首相の方針を受け継ぐリーシェンロン首相の         
シンガポール、タイのタクシン、インラック、また最大の華僑・         
華人勢力を誇るインドネシアと大中華圏の行くへに目が離せない。         
         

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事