清高の ツイッターでは ダメなニュース

コメントにYahoo! IDを不要としつつ、承認制としました。

全体表示

[ リスト ]

囲碁の本因坊戦といえば、毎日新聞主催のもっとも伝統のある棋戦だが、記事の都合上、MSN産経ニュースを用いる。

「羽根が本因坊奪取 大逆転、3連敗のあと4連勝」(http://sankei.jp.msn.com/culture/igo/080723/igo0807232224003-n1.htm
によると、第63期本因坊戦は、羽根直樹九段が、高尾秀紳本因坊(本名は紳路)を、3連敗後の4連勝で下し、初の本因坊位に輝いた。羽根新本因坊の本因坊襲位を祝するとともに、高尾前本因坊の捲土重来を期待します。

なぜ、MSN産経ニュースを用いたかというと、以下のくだりがあるからである。

「タイトル戦七番勝負(読売主催の棋聖戦、朝日主催の(新)名人戦、毎日主催の本因坊戦―清高注)での、3連敗4連勝の大逆転劇は16年ぶり6度目。過去、林海峰名誉天元が2回、趙治勲25世本因坊が3回演じている。」

林海峰名誉天元は台湾出身。趙治勲25世本因坊は韓国出身。ということは、羽根新本因坊の逆転劇は、囲碁・将棋界を通じて(将棋界には3連敗後の4連勝はない)初の日本出身棋士による大逆転劇ということになる。

星のめぐり合わせの問題もあるが、過去の逆転劇を見た限りでは、外国出身棋士の鍛えというか、執念深さが出たように感じたが、ついに日本出身棋士が3連敗後の4連勝をやってのけたか。

全然関係ないが、囲碁の国際棋戦においては、日本勢が苦戦している。日本の棋士(大会によって条件が異なると聞いたことがある。すなわち、所属で代表が決まる場合と、出身地で代表が決まる場合がある)には、もう少し執念を持ってもらいたいところだ。

国際棋戦で思い出したが、国際棋戦が文字通り世界一かは、当ブログでは見解を保留する。日本の棋戦の方が持ち時間が長いことと(最長8時間)、賞金額がわからないことが理由である。日本の棋戦のスポンサーが、賞金をふんだんに出すなどして、日本の棋戦が世界一であるとされるように祈る。

*文中敬称略

閉じる コメント(2)

2008/7/25(金) 午後 11:57 [ ピア 徒然見聞録 ]
のTBは、この記事とは無関係ですね。記事も読まないで関係ないところにトラックバックするのでは、スパンだと言われてもしょうがないですね。これが、荒らしであるピアさんの正体ですね。

2008/7/26(土) 午前 11:56 清高 返信する

さすが、荒らしの帝王 nob**azza ことピアさんですね。この記事は囲碁の話ですよ。関係ないことをよくも書くねぇ。だから「荒らし」と書かれても仕方ないね!ちなみに私は普通の人間です。ピアさんのような問題のある人間とは違います。本当は削除・投稿禁止対象ですが、証拠を残すために、当分の間残して起きます。

2008/7/26(土) 午後 7:05 清高 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事