小川村・ 村の大学おがわ

村の大学おがわ では自然 地域 文化 産業などの講座を開きます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

演題 <だまされる心の心理学>

日時 :2016年 平成28年12月10日(土)10:30〜12:00
場所 :小川村公民館
講師 :信州大学人文学系 菊池 聡 教授
出席者:60人
ご挨拶・講師ご紹介:松本公民館長
司会 :教育委員会 高木係長

イメージ 1

イメージ 2


最近もオレオレ詐欺など多発し、被害は大きくなっています。

そこで心理学の研究者である菊池先生に、

<だまされる心の心理学>と題して、

人間はいかに騙されやすいかー

わかりやすくお話しいただきました。

人間は「私は大丈夫!」と思いがちですが、

心理学の面からみると、

人間誰でも騙されやすい「壺・つぼ」があると言います。

それはなぜか?

難しいお話を、やさしく、わかりやすく解説していただきました。



お話しの要点

◎人間は、もともと自分に都合よく歪んで考える。

◎毎日見ているもの、知っているもの等は正確に思い出せない。

 例えば、よく知っているはずの100円硬貨の裏表の図柄を、

 思い出せない、でも日常に使用できている。


◎わかったつもりで生きているのも人間。

◎認知の仕組みは「こういうものだ」と思い込めば、

 なんとなく生きていける。

◎細かいことも、頭の中で大雑把に修正・変換している。

◎人間は思い込みで生きている。

◎人間は疑わない生き物、だから騙される。

◎人は都合の良いところだけ思い込む。

人間には以上のような特性がある。


そこに騙される「壺・つぼ」があると言います。

騙す人はこの「壺・つぼ」を知っていて、

そこを突いてくる。

「あるものを買ったら幸せになれる」ーと言ってきたら、

「買わなくても幸せになった」−という反証が必要とのこと。

「素直」になることは大切・・・・

「素直」だけでは騙される・・・・

反証が必要と言います。

イメージ 3

大変参考になるお話しでした。





全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事