小川村・ 村の大学おがわ

村の大学おがわ では自然 地域 文化 産業などの講座を開きます。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

演題 <植物の魅力と桜の話し>

日時 :2017年 平成29年2月26日(日)13:00〜14:30
場所 :小川村公民館
講師 :樹木医・環境再生医 玉木恭介先生
出席者:62人
ご挨拶・講師ご紹介:松本公民館長
司会 :教育委員会 高木係長

小川村は自然環境の素晴らしいところです。

樹木たちは季節が来ると、

葉をつけ、花を咲かせ、実をつけ、種を次の年のために保存します。

当たり前のように季節を迎えています。

見慣れた景色ーでも意外と知らないことも多いのです。

そこで玉木先生に、改めて自然再発見として、

植物の魅力、そして小川村の名物「桜」にいて、

わかりやすく、お話ししていただきました。
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3



お話しの要点

◎玉木先生が樹木医・環境再生医として、
 たずさわった仕事を通じての想いを語ってくださいました。
イメージ 4

                            パンフ 「自然から学んだこと」
 
 素晴らしい環境の中で生活している村民・参加者も、
 思わず「同感!!」と、言いたくなる内容でした。

◎植物の魅力紹介
 約60種の熱帯植物など、この山間では見られない珍しい植物の特性、
 それぞれの違いや魅力を写真で紹介していただきました。
 一口で「植物」と言っても、その多様性には驚かされました。

◎桜のお話し

 (1)桜いろいろ
    桜の系統・種や花の形の変異、花の大きさ、そのほかの特性など、
   
    資料でご紹介いただきました。
イメージ 5
イメージ 6

                         出典:多摩森林科学園資料より

  (2)桜守・・・桜の保全について
    保全について大事なこと
    ① 地域の桜守を育てる
    ② 生物の多様性を持続する
    ③ 地域のコミュニティづくりをする
    ④ 地域の振興、まちづくり、人づくりをする 
    桜守は誰か一人のことではなく、
    身近で、
    毎年桜を愛情をもって見守り続けている人たちのことと語られた。

 (3)桜の生育特性
    桜独特の特性がある。
    これを無視すると桜は育たない。
    ① 陽樹(日当たりを好む)       → 日陰では育たない
    ② 成長が早い               → 密植(競合)しやすい
    ③ 根は、浅く・広く張りやすい     → 踏圧を受けやすい
    ④ 水はけの良い土地でよく育つ  → 停滞水がある場所では良く育たない
    ⑤ 腐朽病害に対する抵抗性が低い → 太枝の剪定痕は、腐朽する
    ⑥ 良好な樹勢で、腐朽部に不定根を出す →不定根は樹勢回復に活用可能
    ⑦ 忌地減少がある   → 桜植栽地に再度植える場合は、土壌改良を要すなど
                                              注意点を知っておく必要がある。

 (4)危ない状態の桜について
    根も呼吸しているので、桜見などで、多くの人が根本を踏みつけてはいけない。
    また根は、浅く、広がって伸びるので、深く植えてはいけない。
    固まった根は、ほぐして水や呼吸が適正にできるようにしてあげる・・・など
    事例の写真の桜のように、健康を保ってい居れば20年は楽しめます。
    事例の桜は「六義園の枝垂れ桜」で、
    弱っていた時は、木の上部・先端が伸びなくなっている。
    手遅れにならないうちに、
    根本の周辺に直径25cmの穴を開け、治療を施した。
    その結果、治療は成功し、先端が伸び始め樹勢を回復、 
    花が良くつくようになりました。
    日本には有名な桜がたくさんあります。
    まず第一に「健康な体」が大事です。
    早く見極めて、手当をする必要があります。

 (5)害虫・クビアカツヤカミキリ について
    
イメージ 7

    全国的な広がり・害が出始めているものの、効果のある薬もまだ開発されていない。
    普段から虫がついていないかー注意が必要。

◎質疑応答
    持ち込まれた病害にあっていると思われるソメイヨシノについて
    現場の木の状態を診断しないとわからない点があるも、
    本体の木が健康であれば、
    取りついた苔や病害は、自然に振り落とされます。
    しかし、木が弱っていれば負けてしまい、
    病害に覆われてしまいます。
    そうなると枯死することになります。
    古い根は固まってしまい、成長が止まってしまいます。
    根を広げてあげて、養分を吸収できるようにしてあげる必要があります。
    木の体が元気になれば、病害を振り払う力が出ます。

是非、愛情をもって、いつも見守ってあげてくださいー

桜だけではなく、私たち人間にも通じる素晴らしいお話しでした。

参加された方々も熱心で、

講演会終了後も引き続き質疑応答・歓談され終了は16時近くなりました。

玉木先生、お手伝いいただいた奥様、

そしてご参加の皆様ありがとうございました。

                                     
演題 <だまされる心の心理学>

日時 :2016年 平成28年12月10日(土)10:30〜12:00
場所 :小川村公民館
講師 :信州大学人文学系 菊池 聡 教授
出席者:60人
ご挨拶・講師ご紹介:松本公民館長
司会 :教育委員会 高木係長

イメージ 1

イメージ 2


最近もオレオレ詐欺など多発し、被害は大きくなっています。

そこで心理学の研究者である菊池先生に、

<だまされる心の心理学>と題して、

人間はいかに騙されやすいかー

わかりやすくお話しいただきました。

人間は「私は大丈夫!」と思いがちですが、

心理学の面からみると、

人間誰でも騙されやすい「壺・つぼ」があると言います。

それはなぜか?

難しいお話を、やさしく、わかりやすく解説していただきました。



お話しの要点

◎人間は、もともと自分に都合よく歪んで考える。

◎毎日見ているもの、知っているもの等は正確に思い出せない。

 例えば、よく知っているはずの100円硬貨の裏表の図柄を、

 思い出せない、でも日常に使用できている。


◎わかったつもりで生きているのも人間。

◎認知の仕組みは「こういうものだ」と思い込めば、

 なんとなく生きていける。

◎細かいことも、頭の中で大雑把に修正・変換している。

◎人間は思い込みで生きている。

◎人間は疑わない生き物、だから騙される。

◎人は都合の良いところだけ思い込む。

人間には以上のような特性がある。


そこに騙される「壺・つぼ」があると言います。

騙す人はこの「壺・つぼ」を知っていて、

そこを突いてくる。

「あるものを買ったら幸せになれる」ーと言ってきたら、

「買わなくても幸せになった」−という反証が必要とのこと。

「素直」になることは大切・・・・

「素直」だけでは騙される・・・・

反証が必要と言います。

イメージ 3

大変参考になるお話しでした。





講演会のお知らせ

是非ご参加ください。
お待ちしています。


演題   : <植物の魅力と桜の話し>
日時   : 2月26日(日)13:00〜14:30
場所   : 小川村 公民館
参加    : 無料 どなたでも参加できます。
イメージ 1


信州は、自然環境に恵まれています。

生まれてから毎日のように植物は目にしていますから、

見慣れていると思います。

見過ごしている植物の魅力をもう一度知ってみましょう。

そして植物の中でも、日本人が大好きな「桜」のお話しもあります。

この小川村でも、毎年<さくらまつり>が行われています。

オリンピック道路の左右の山間には、たくさんの桜が見られます。

今年も雪解けを待って、春には素晴らしい桜が一斉に咲きほころびます。

今回の講演は、以前にも小川村に来られて、各所の桜の健康状態を見て頂いた先生です。

樹木医であり、また環境再生医のの玉木先生に、

<植物の魅力と桜の話し>をしていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしています。




お知らせ

◎ 公式ブログ再開について

  大学組織の変更に伴い、本公式ブログはお休みさせていただきましたが、

  下記のように再開させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。   

◎ 新しい組織について

  ・所轄官庁  : 小川村教育委員会
  ・役員会   : 理事長×1人 副理事長×1人 理事×2人 監査役×2人
  ・事務局   : 小川村公民館内 2人
  ・講師陣   : 昨年からの教授の皆さま 17人
  ・キャンパス :  小川村「公民館」及び
            「ふるさとランド(旧知事公舎)」・「大洞高原ロマントピア」・「その他」
  ・対象    :  村民及び村外の方々で年齢は問いません。
  
◎ 特筆すべきこと・・・ 昨年度までと今度からの違い

  昨年までは、毎月1回の活動であったため検討時間が取れず、
  活動に課題が多くありました。
  今年度以降は、活動内容の検討に十分な時間を割き、
  大学組織の検討と、内外への理解をしていただくことに重点を置きます。

  従来の課題を糧に「学習」と「体験」を実施しつつ、
  「村の活性化」に寄与できるよう考えています。
  今年度 平成28年度 (2016年4月〜2017年3月) は「講演会」 (2件別途掲載) 実施です。
  重点課題は、次年度 平成29年度 (2017年4月〜2018年3月) における内容の検討です。

  ① 年間の具体的なカリキュラムの構築
  ② 理念と目的の普及
  ③ 村内外の人々の積極的な参加と活動に貢献する
  ④ その他

◎ 講師陣について

  昨年までの教授の先生方への再度のご協力お願い (別途) と、
  カリキュラム内容に合わせて、
  新規の講師の方々へのお願いなどを行っていく予定です。
  
追記:

理念 :自然・生活・文化・歴史の維持、相互扶助により、
     新たな「ひと」の流れを取り込み、
     地域活性化と産業構造をはかるためのコミュニティ拠点として、
     村民の生活と資質の向上をはかる。

目的 :(1)文科省系大学、成人・熟年大学とは異なる組織体であり、 
       小川村まち・ひと・しごとを構築するための創生総合戦略の理念に沿った大学とする。

     (2)社会教育並びに社会文化活動を進めるため、村内外に人々と提携、連携により、
       参加者の資質向上と充実度を得る。

     (3)各種基礎学習・研究・体験を通じ、村の拠点との連携をはかり、
       人々の文化的生活の向上並びに安定化をめざす。 

次年度に向けて、慎重かつ十分な検討作業を経て、

次世代に引き継げる「小川村 村の大学おがわ」に成長させていく所存です。

ご理解、ご協力を賜れれば幸いです。


小川村 村の大学おがわ 一同
事務局:小川村公民館内 TEL:026−269-2077



    
小川村 天文台・プラネタリウム館について

昨年まで運営・管理をお手伝いしていました信州・村の大学おがわが、

平成28年3月末をもちまして解散いたしました。

従いまして、天文台・プラネタリウム館のご利用の際の窓口が、

下記のように変更となりましたのでお知らせ申し上げます。

村立の天文施設として所轄官庁は、

〒381-3302
長野県上水内郡小川村大字高府8800番地8
 小川村役場 総務課    
TEL:026-269-2323
 FAX:026-269-3578

天文施設の現場管理と予約受付は、指定管理者

〒381-3302
長野県上水内郡小川村大字稲岡5001-3 大洞高原
 星と緑のロマン館  
TEL:026-269-3789
 FAX:026-269-3800
受付時間平日9時から18時まで

が窓口となります。


暫定・利用規定


1:基本規定  = 少人数から団体まで、対応可能。
            天文台は事前予約制です。
            天文台の予約は原則利用日の1週間前までにお願いします。


    プラネタリウム上映時間: 土日祝 10時〜16時まで、最終入館は15時
                    予約なしでご来場願えます。
                           臨時休館 2017年10月15日
       天文台利用時間: 夜7時半〜1時間程度 事前予約必須!
            天候により天文台ドーム開閉困難の場合は、  
            プラネタリウムのみの開館となります。 
                   臨時休館 2017年10月15日


  対象期間  = 春・夏・秋(41日〜11月末まで)は、開館
            冬(121日〜翌年3月末まで)は、閉館。


2:入館料=プラネタリウム 大人 500円 / 中学生以下250円

            天文台利用料 別途相談


                        
3:お問い合わせ= TEL026-269-3789 FAX026-269-3800

              星と緑のロマン館
             (平日9時〜18時まで受け付け)


なお、予約以外の天文情報などの専門的なお問合せは、

今年度から、役場総務課もしくは星と緑のロマン館経由で、

天文専任員:小川村 天文台 台長  K・田中
                             (惑星形成論研究、地球生成過程シミュレーション研究者)

までお問合せ下さい。(休業日、プラネタリウム上映中など応答不可)







 

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事