おしゃれファンタジー

ヤフブロ終わるなんてどうしよ…★引っ越し関係いまだ片付かず(^^ゞ→レス遅れておりますm(_ _)m

エンタメ・スポーツ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 少しずつですが、『東京ガールズコレクション2019  SPRING/SUMMER』のレポを書いていきたいと思います🎀

 入場後、ブース巡りで、『バンプレ スト』のブースが入場制限がかかっていたので、先に別のブースを回ることに🎵

イメージ 4
 海外でも大人気の赤ちゃん忍者のゲーム#HappyNingels#ハッピーニンジェルズ)』のブースにて、かわいいフォトスポットで撮影🍭💗📷
イメージ 5
 ニンジェルズとも撮影💕
イメージ 6
 ニンジェルズがプリントされたマシュマロの配布も🌈(ありがとうございます🌸)



イメージ 7

イメージ 8
 #DAISO#ダイソー)』のブースで、#ネイルポリッシュ#Espoleur#エスポルール)」のサーモンピンクとゴールドラメホワイトの無料配布も💅🌸✨(まるいフォルムとカラーが可愛らしいですね🌸)



イメージ 1
 いよいよオープニングアクトが始まり、そのトップバッターにふさわしく、春らしいトキメキに満ち溢れた場内へ、パッと華が咲くようにステージへご登場したのは、MixChannelでも注目されている古城紋ちゃん💖

 新しい自分へ生まれ変わる!華麗な衣装チェンジに挑戦👗 これから始まる素敵なショータイムに期待高まる女の子たちが、アリーナやブースへ続々と詰めかける横浜アリーナ💘 【NEXT STAGE】をダンサーやDJと共に大胆にお披露目、曲中では衣装の早替えも!😲 オープニングアクトのトップバッターとして、一瞬一瞬が印象に残るステージを飾ってくださいました😍
https://gyao.yahoo.co.jp/episode/11322:v00001:v0000000000000000016/amp?source=external.twitter.share

イメージ 2
 続いてステージにご登場したのは、“劇団4ドル50セント”!黒と赤の衣装でクールにきめた総勢22名がステージ上に躍動感あふれるダンスと共に【少年よ空を見ろ!】【愛があったら】を続けてお披露目💃 続々と目の前に現れるメンバーの動き回る姿を、ひとりずつ目移りして追いかけるだけでも大忙し! まさに百花繚乱🌼場内のあちらこちらからペンライトが揺れはじめる様子に、お祭り気分も高まりました〜🙌

イメージ 3
 そして一気に咲いた場内にホッコリとする中、ステージへ現れたのはシンクロ度の高いイケメンダンスボーカルユニットとして今注目度急上昇中の“Rush×300”のみなさん🎶 (“Rush×300”は、結城伽寿也君、小笠原慶顕君、千葉良祐君、長島翔平君、有働拓磨君からなる05人組
 急にメンバーと目が合ってしまったアリーナの女の子たちの興奮したリアクションに、周りもつられてテンションは急上昇!😍 大きな歓声の中、03月01日発売したニューシングル【Doggy man】を激しくもシンクロしたダンスパフォーマンスでお披露目したあとは、メンバー全員でしっかりと一礼 声援に応えながらステージの端ギリギリまで手を振るなど爽やかにファンへの心遣いを見せていらっしゃいました👋

 そしてこのあと、まだ開幕まで時間があったのでバ ンプレストのブースへ☆


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 まだまとめていなかったので、今大会もまとめておきましょう 

 『フィギュアスケート世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2019)』がさいたま市のさいたまスーパーアリーナ(Saitama Super Arena)にて開催されました⛸️

イメージ 1
 21日、ペアのフリーが行われ、中国の隋文静(Wenjing Sui)選手&韓聡(Cong Han)選手ペアが合計234.84点で優勝されました🇨🇳💑🥇💐
 ロシアのエフゲニア・タラソワ選手&ウラジーミル・モロゾフ選手ペアは2位🥈、ナタリア・ザビアコ選手&アレクサンドル・エンベルト選手ペアは3位にそれぞれ入られました🥉

https://www.afpbb.com/articles/-/3216904?act=all



イメージ 2
 22日、女子フリースケーティング(FS)が行われ、平昌冬季オリンピック金メダリストのロシア代表アリーナ・ザギトワ(Alina ZagitovaАлина Загитова)選手がダイナミックな滑りで大会初優勝を果たされました🇷🇺🥇💐
 20日のショートプログラム(SP)でトップに立った16歳のザギトワ選手は、最高難度のコンビネーションジャンプをいとも簡単に成功させるなど、FSで155.42点をたたき出して合計237.50点を記録されました✌ 平昌オリンピック後に調子を崩し、イタリア・ミラノで開催された昨年大会に続いてロシア選手権(2019 Russian Figure Skating Championships)でともに05位に終わるスランプに陥っていたザギトワ選手は、「つらいシーズンだったけれど、金メダルを取れて本当に感激」「優勝できたのは、この一年間のつらい時期を支えてくれた人たちのおかげ。とてもうれしくて言葉がない」と喜ばれました🙌
 カザフスタンのエリザベト・トゥルシンバエワ(Elizabet Tursynbaeva)選手は、4回転サルコーを成功させるなど合計224.76点を記録して銀メダルを獲得されました🇵🇼🥈 通算02度の大会制覇を誇り、昨年の平昌オリンピックでは同胞のザギトワ選手に次いで02位に入られたエフゲニア・メドベデワ(Evgenia Medvedeva)選手が合計223.80点で銅メダルを手にされました🇷🇺🥉
 一方、地元ファンからメダル獲得を期待されていた紀平梨花(Rika Kihira)選手をはじめ、坂本花織(Kaori Sakamoto)選手や宮原知子(Satoko Miyahara)選手は、滑走順が後だったザギトワ選手ら03人に表彰台から押し出された形となったのでした💦 世界フィギュア初出場となった紀平選手は、果敢に挑んだ2本目の3回転半ジャンプで転倒したのが唯一の失敗となったのでした😥 全体的には華麗な演技をお披露目し、合計223.49点で日本勢最高の04位を記録🐧 坂本選手は合計222.83点でSP02位から05位に後退し、2018年大会の銅メダリストだった宮原選手は合計215.95点で06位に終えられました❄
 4回転ジャンプを成功させて観客の度肝を抜いたトゥルシンバエワ選手は、シニア大会で4回転ジャンプの着氷に成功した史上初の女子選手となり、カザフスタンの女子として初の世界選手権メダリストとなられました🇵🇼🏅 先月の四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2019)でも紀平選手に次ぐ銀メダルを手にしたトゥルシンバエワ選手は、FSのスコアが148.80点と発表されると歓喜の声を上げていらっしゃいました😀 カザフスタン勢として歴史を刻んだ19歳は、「もちろん、銀メダルには本当に満足」「女子(のフィギュアスケート選手)ではカザフスタンにとって初めてのメダルで、こんなことは予想していなかった。4回転に着氷できて信じられない気持ちだけれど、氷の上に踏み出したときは最高の気分で、できると分かっていた」と語られました💗

https://www.afpbb.com/articles/-/3217062?act=all



イメージ 3
 23日、男子フリースケーティング(FS)が行われ、驚異的な演技を披露したアメリカのネイサン・チェン(Nathan Chen)選手が羽生結弦(Yuzuru Hanyu)選手を抑えて大会連覇を果たされました🇺🇸🥇💐 すぐ前の日のショートプログラム(SP)でも圧巻の滑りを見せたチェン選手は、先に滑られた羽生選手が合計で世界最高点を記録したのにも動じず216.02点をマークし、合計323.42点ですぐさま羽生選手の記録を更新して優勝されました😀👑 チェン選手は「夢のような気分。最高の大会になったし、これだけの大会にできたことを誇らしく思う」と語られました⛸️
 一方、平昌冬季オリンピックの金メダリストである羽生選手は、昨年12月の全日本選手権(Japan Figure Skating Championships 2018)欠場などにつながった足首のけがから今大会で復帰🌟✨ SP03位からの巻き返しを図ったこの日は、いつも持ち歩いている「くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)」のぬいぐるみを優しくつかむと、耳をつんざくような歓声の中氷上に立たれました🧸📣 そしてコンビネーションジャンプも成功させて206.10点を獲得し、現行ルールでは初の300点超えとなる300.97点を記録すると、熱烈なファンが投げ込むぬいぐるみの雨の中、ガッツポーズをつくってジャッジの方へ力強い視線を投げました💪👀
 しかし氷の血が流れるチェン選手は、難なく成功させた4回転、3回転のトーループのコンビネーションを含めて4本の4回転ジャンプを跳び、216.02点で羽生選手の得点を上回ったのでした↗️ 03回目の世界王者を逃した羽生選手は、悔しさを隠そうとせず「負けた! くそー」と言いながら控室へ向かい、途中でチェン選手のフリーが流れているモニターの前で立ち止まると、演技を見つめながら「かっこいい。あれじゃ勝てない」と続けられました👀 その後、落ち着きを取り戻した羽生選手は「正直に言って、自分にとって負けは死も同然。ただ、きょうは実力不足を認めなければいけない」「フィギュアは2日間の結果で決まるが、今回は良い演技をそろえられなかった。望んでいた結果ではなかったが、彼のような選手がいるからこそ、もっと強くなって勝ちたい」と客観的に振り返られました🐧🥈
 アメリカのヴィンセント・ゾウ(Vincent Zhou)選手が優雅な演技で合計281.16点を獲得し、03位に入られたことで、男子では1996年大会以来久しぶりにアメリカ選手おふたりが表彰台入りを果たされました🇺🇸 平昌銀メダリストの宇野昌磨(Shoma Uno)選手は最初の4回転ジャンプ2本に失敗し、合計270.32点で04位でした⛸️(惜しい❗)



イメージ 4
 またアイスダンスのFSでは、フランスのガブリエラ・パパダキス(Gabriella Papadakis)選手&ギヨーム・シゼロン(Guillaume Cizeron)選手ペアが見事な滑りをみせ、大会連覇を果たされました🇲🇫👫💐 フランスカップルはFSで134.23点を記録し、合計点を世界最高となる222.65点として通算4度目の世界王者に輝かれました🥇✨
 合計211.76点でロシアのヴィクトリヤ・シニツィナ(Victoria Sinitsina)選手&ニキータ・カツァラポフ(Nikita Katsalapov)選手ペアが02位🇷🇺🥈、合計210.40点でアメリカのマディソン・ハベル(Madison Hubbell)選手&ザカリー・ダナヒュー(Zachary Donohue)選手ペアが03位にそれぞれ入られました🇺🇸🥉

https://www.afpbb.com/articles/-/3217203?act=all



イメージ 5
 最終日25日には、エキシビションが行われ、出場選手が華麗な舞で魅了してくださいました 羽生結弦選手は、ピンク色の衣装に身を包み、【春よ、来い】のピアノ曲に乗って、優雅に舞われましたこの歌は、東日本大震災のチャリティーソングとして松任谷由実さんが歌われた歌でして、やはり被災地への思いが込められているのでしょうね(しかもこの季節にぴったりの歌


 今季も大いに盛り上がったフィギュアスケート⛸️ 秋からの次シーズンも楽しみですね 選手のみなさん本当におつかれさまでした
 感動をありがとうございました

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


 本日03月24日は、ボディメンテナンス&韓流ファン友だちのMegumi(메구미)ちゃんHappy Birthdayです
 Megumiちゃんにとって元気の素チャン・グンソクさまや“BIGBANG”をメインに韓流スターにぞっこん、ほかにも、 台湾旅行、お散歩、ランチも満喫のサイトは、こちらです
  https://www.facebook.com/megumi.torii.50
 おめでとうございます
素敵な一年をお過ごしくださいね



イメージ 1
 そんなBIRTHDAYの本日、タワーレコード渋谷店にて、19(イルグン)くん from TRITOPS* の 1st SOLO SINGLEリリース記念イベントが開催されておりました
(撮影禁止なので、ポスターのみ撮影📷)
イルグン君、めっちゃイケメン😍
MegumiちゃんのBIRTHDAYにぴったりのイベントでした💕🎂

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


イメージ 1

 大リーグ・マリナーズのイチロー外野手=本名鈴木一朗=が、現役を引退することを本日21日、表明されました この日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕2戦目に9番右翼で先発出場し、4打数無安打。八回裏の守備についた直後に交代されました。試合後に記者会見を開き、「きょうのゲームを最後に現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。最後にこのユニホームを着て、この日を迎えられたことを大変幸せに思います」と語られました

日米の28年間で積み上げた安打は4367本。引退の決断については、「後悔などあろうはずがありません。結果を残すために、人よりがんばったとは言えない。でも自分なりにがんばってきたとは言える」と言い切られました

母国のファンの大歓声の中で最後の試合を終えた印象を「日本の方は表現することは苦手という印象があったんですけど、(きょうで)完全に覆りましたね」と、振り返られました。

イチロー選手は昨年3月に6季ぶりにマリナーズに復帰。しかしながら、結果を残せずに5月に会長付特別補佐にご就任。15試合に出場しただけでプレーをやめていらっしゃいました。大リーグ19年目の今季はマイナー契約を結び、2月のキャンプに招待選手としてご参加。状態が上がらず、実戦で24打席連続無安打のままシーズンに突入。開幕2連戦では、計5打数無安打でした。

イチローは1991年秋のドラフト4位で愛知・愛工大名電高からオリックスに入団。1994年に年間最多(当時)となる210安打を放たれました 1月に阪神大震災が発生した1995年は「がんばろうKOBE」を合言葉にリーグ優勝、1996年は日本一に貢献されました 1994年から2000年まで、史上初めて7年連続で首位打者になられたのでした (2011年04月には、松井秀喜選手らとともに東日本大震災のチャリティー試合も https://www.youtube.com/watch?v=gzor12OoRl8

2000年オフにポスティングシステムを利用して大リーグ・マリナーズに移籍し、2012年途中からヤンキース、2015年からマーリンズでプレーされました。2004年に大リーグの年間安打記録を84年ぶりに更新し、262本とされました。2009年には大リーグ史上初の9年連続200安打をマーク、10年連続まで伸ばされたのでした。2016年6月、日米通算安打数を4257とし、参考記録ながらピート・ローズ選手のお持ちになる大リーグ最多4256安打を抜き、同8月には大リーグ史上30人目、日本選手では初となる通算3千安打を達成されました

 プロ野球での通算成績は951試合、打率3割5分3厘、1278安打、118本塁打、529打点、199盗塁。大リーグの通算は2653試合、打率3割1分1厘、3089安打、117本塁打、780打点、509盗塁。

 いや〜、突然の発表に驚きましたよね
世界のイチロー選手の決断☆ さみしい限りですが、たくさんの希望をありがとうございました本当におつかれさまでした


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 BLOG友だちのたけのこちゃんとのコラボ企画
 03月18日は、平成生まれの歌姫・西野カナちゃんがご結婚した日です
 発表されたのが本日なので、一日遅れのコラボ企画となりますが、その詳細を以下に抜粋いたします

 2019年02月01〜03日に横浜市・横浜アリーナで行われた『Kana Nishino Love Collection Live 2019』をもって現在は無期限の活動休止に入っている歌手・西野カナちゃんが19日、公式サイトにて結婚を正式発表され、ネット上では祝福の声が続々と上がっています👰
 カナやんの結婚が発表されると、Twitterではさっそく反響、「カナやん、結婚おめでとう!!!」「これまで幸せを届けてくれたカナやんが幸せになる…本当に嬉しい!」「きっと素敵なご家庭になりますね」「おめでとう!おめでとう!おめでとうー!!!」「嬉しいニュースが聞けて最高です」などと祝福の声が殺到しました🎉
 カナやんは公式サイトにて「ご報告が遅くなりましたが、私、西野カナは、3月18日に結婚いたしました」とご報告💑 お相手は「以前からお付き合いしていた一般の方」とし、「お互いに助け合い、楽しい家庭を築いていきたいと思います。温かく見守っていただければ幸いです」と呼びかけていらっしゃいます💖
 西野カナちゃんは1989年03月18日生まれ、30歳🎤 三重県出身🌟 愛称はカナやん🎶 2008年02月【 I 】でメジャーデビュー💿 以降、【君に会いたくなるから】【もっと…】【会いたくて 会いたくて】などヒット作を連発し、2010年には『第61回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たされました🎵
 2015年には27枚目のシングル【トリセツ】が大ヒット💿 2016年には28枚目のシングル【あなたの好きなところ】でご自身初の『第58回輝く!日本レコード大賞』大賞を受賞🏆 女性ソロ歌手の大賞受賞は11年ぶりの快挙となり、平成生まれのソロ歌手としては初の受賞となりました👑

 カナやんご結婚おめでとうございます

https://mdpr.jp/news/detail/1828164

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事