ワタケンブログ

しっかり、きっちり、安心技術。秋田の工務店「ワタケン」です ホームページ→http://www.kk-wataken.jp

最新記事

すべて表示

システムキッチンのワークトップ(*´꒳`*)

こんにちは(*'▽'*)

先日、御所野にあるタカラスタンダードのショールームに行ってきました。

新商品は展示されていなかったのですが、今回は何故かシステムキッチンのワークトップに着目。
今まで何度も見た商品なのに不思議なもんですね。

ワークトップとは、作業台の天板カウンターのことで、システムキッチンではコンロやシンクとひと続きになっているアレです。

まず、タカラスタンダードのハイクラスなキッチン「レミュー」。こちらはエンジニアストーンのワークトップが使われています。
エンジニアストーンは人造大理石の1つですが、粉砕した水晶を樹脂で固めており、キラキラと圧倒的な質感が魅力(*'▽'*)


水晶のワークトップは目の保養として

水晶を使用していない、つまり一般的な人造大理石、ショールームではこれとステンレスがほとんどですね。

アクリル系またはポリエステル系の人造大理石のワークトップは、耐水性もありカラフルな扉カラーと相性が良く、主流のアクリル系は耐久性にも優れており人気があります。

イメージ 1

これはショールームの展示品ですが、ピンクの扉カラーに白い人造大理石がマッチしています。
さりげなく(?)置かれたピンクのスイーツがさらに映えて、思わずインスタにアップしたくなる?(*゚∀゚*)

そして昔ならではのステンレスがこちら

イメージ 2

機能的には、耐水性・耐熱性・耐久性に優れ、お掃除もしやすい優等生。それに何と言ってもコスト面でも魅力的。
唯一の欠点は細かい傷が目立ちやすいことですが、表面に細かい凸凹をつけたエンボス加工などで、傷を目立ちにくくするための工夫がなされています。

確かに、ステンレスの機能や価格は魅力的だけど、デザイン的に人造大理石を好む方も多いのではないかと思います。

実は私もその1人。

自宅のシステムキッチンは、「ザ・人造大理石」といった類のビジュアル(〃ω〃)

イメージ 3


でも今回、このステンレスのワークトップを見て、

ちょっと待って!ステンレスもオシャレ!って思いました。

イメージ 4

イメージ 5

表面に傷が目立ちにくい加工もされていますが、凸凹加工より高級感があります。
シャープな印象で、これならインテリアにもマッチしますし、プロの料理人っぽくてカッコイイ(๑˃̵ᴗ˂̵)

写真では分かりにくいので、是非実際に見て触れて頂きたいです(*'ω'*)

タカラスタンダード以外にも、リクシルではセラミックのワークトップを使用したハイクラス商品「リシェル」が展示されていますし、いろいろ見比べてみるのも良いかと思います。

ショールームにお越しの際は、ワタケンの専門スタッフにお声をかけてくださいませ(*´ω`*)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事