全体表示

[ リスト ]

飯マズ事件

飯マズ事件


皆さんは食べ物で好き嫌いがありますか?
私はどうしても納豆が食べられません。
というか口に入れた事がありません。
東京に来て納豆定食を美味しそうに食べている人を見た時
ホラー映画を見ているときと同じ感覚に見舞われた事を今でも思い出します。
妻には栄養価が高く体に良いと進められますが
わかっちゃいるけど無理です。

うちの大和はとりあえず何でも食べますが
たまにちょっと苦手らしいそぶりを見せる時もあります。
これは珍しく嫌いみたいと妻が記憶にインプット中、
横で小町が静かに食べている姿を2〜3度横を向いて確認すると
大和は普段の半分のスピードで食べ始めます。
「大和君意地で食べてる(笑)」妻に笑われる中、
小町の食べてる姿をちょいちょい確認しながら食べ続けるのです。
よって大和は結局なんでも食べる事になる。
小町は多少の好みを示しますが妻の手からだと食べたりします。
大和はとりあえず何でも食べるので好きな物がわからず
小町はサーモンが好きと言う事がわかっています。
そんな二人が絶対食べなかったのがウサギです。
これだけは全く手を出しませんでした。
これが私たち夫婦の共通認識だった。

そんな情報量を持ち合わせた妻があるペットショップに入った時、
たまにはウェットを買ってあげようと清水の舞台からフライングボディーアタックするつもりで
インテグラ(チキン)を2つ買った。(ウェットは我が家では贅沢品、特別なときのごちそう)
さぞ喜ぶかと2つのお皿を用意した。
我が家ではウェットの場合、鉄製の専用のお皿に盛る事にしている。
そのため用意中カーンと鉄の音がしたりすると大和と小町は伊勢丹70%OFFセールを聞きつけた
おばさん状態でキッチンへとパウエルを凌ぐロケットダッシュ。
「ミャー、ニャー」(くれ〜!!!早くくれ〜!!!!)
ものすごい勢いで絡み付いてくる。
「ミャー、ニャー」(練らなくていいから早くくれ!!!!!)
そして二人の前にお皿を置くと二人は匂いをしばらく嗅ぐと顔を上げて鳴いた!!
「ミャー、ニャー」(これヤダ!!!いつものちょうだい!!!)
どうもお気に召さなかったようだ。
妻は自身お手のひらに乗せ口元に持っていっても小町はもちろん、大和ですら食べない。
この時、妻はあまりのショックに昔100g88円と思い買った豚肉が
レジを通った後100g188円だったことが脳裏に蘇ったと言う。
(妻は100g表示のところしか見ない癖が有るらしい)
しかしそんなショックを受けている妻に大和と小町は挟み撃ちラリアートを決めてきた。
「ミャー、ニャー」(そこにもう一つあるのあけて!!!)
「これはね。同じなのよ・・・」
そう言っても二人にわかるはずもなく、ものすごい鳴き声とともに流し台を占拠。
いくら説明してもわかってもらえず、おやつをあげて事誤摩化そうとするも
食べ終わった大和と小町は「ミャー、ニャー」(さっきあったのあけて!!)の繰り返しである。
「おやつあげたのにまだ覚えているとは・・・」。
妻は無表情で洗い物をして沈静化を図ろうとしたが市民の怒りは収まらず次第に暴徒化していく。
小町は流し台の下の引き出しを開けその中に入ってろう城を決め込む。
「小町さん出てきなさい。そこ危ないから・・・出てこないとお母ちゃんここ閉めちゃうわよ」
警告をかわいい鳴き声で拒否する小町。これでは妻はうかつに手が出せない。
そんな攻防戦の背後で大和はキッチン台にのぼり、
畳んだビニール袋を散らかしながら自由を叫び続けた。

ここで妻は降伏を宣言。
1日十粒までというおやつを本日15粒あげるはめとなった。

後に妻はチキンだから大丈夫だと思っていたが今後はサーモンにし、
同じ物を2つ買わないことにしている。
これが妻がたまに口にする飯マズ事件である。

閉じる コメント(4)

ありますね〜〜
(−_−;)

さぞかし喜ぶかと思い
折角買った高級品ほど
お猫様のお気に召さず、
かと言って
人間が食べる訳にもいかず
(^_^;)

私の周りでは
そういう「 却下品 」がよく
猫飼い仲間内で
やり取りされてますが、
たまにその中のどれかが
物凄くお気に召してしまい
後で困る事もあったりします。
お猫様のお好みは難しいです
(−_−;)

2016/7/26(火) 午後 0:59 [ Atarime ] 返信する

顔アイコン

我が家でも、それありです。
たまには少しいい物をと買って来ても、こちらがウキウキする程、猫たちは喜ばないんですよね。
これは好きなんだ♪と思っても、連日出すと食べなかったり(^_^;)
なので、3匹で1回で食べきれる大きさ、低価格、しらす入り(好きみたいです)にしています。

2016/7/26(火) 午後 4:22 [ 猫のママ ] 返信する

顔アイコン

ありますね。似た経験。我が家のネコちゃん思い出しました。
一匹だけでしたけれどね。わがままというかなんというか気ままな猫ちゃんでした今は亡くなっていないですが。

2016/7/26(火) 午後 6:37 [ 紅いパン ] 返信する

顔アイコン

Atarime さん、猫まっしぐらと思いきや妻真っ青って感じですね(笑)
でも私はこの猫の素直さが好きです。



kam***** さん、今家と同じ方式ですね。3人の猫ちゃんならとても経済的ですね。
二人とも鼻も引っかけないときは辛いですが(笑)


紅いパンさん、また新たな猫ちゃんと出会えると良いですね。
良い事って特別なわずか一握りの人間を除いて、私たちってちょっとしかないですよね。
でもそれが有るからうれしいですよね。
ある人からなぜ人間は生き続けるのか?なんて質問をされた事が有ります。
きっと答えに詰まらせようと思ったのでしょうね。
この時私はこう答えました。
「9回嫌な事があり、そのあと1回は良い事があると思っています。そのいつか必ず訪れる楽しい事、それをどんなことなのか知りたいから」
彼にとってはその時は嫌な事の1回だったかもしれませんね(笑)

2016/8/27(土) 午後 3:52 [ kkajunsky ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事