こばっきの部屋

最近は音楽よりホテルの記事が多いです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 半年も前の事ですが・・・シャングリラホテル東京に宿泊しました。
ペニンシュラ、マンダリンオリエンタルと並ぶ香港の名門ホテルが東京駅の隣という最高の立地にできてから2年が経過、開業当初は6万円前後だったはずなのがこの不況と厳しい競争で値段は下降し、遂に4万円まで来ました。貧乏人にはありがたいことでもあり、どうしても気になるホテルということで宿泊しました。

ロビーは1階と28階にあり、フロントは28階です。正直、少し分かり難い所にエントランスがありますが、素晴らしい笑顔での挨拶でお出迎えでした。
これがアジアンスマイルというのか?西洋人でなくても一発でメロメロかなという感じであります。

シャングリラというとシャンデリアというイメージがあり、ロビーはもちろん、各階エレベーターホール、エレベーター内まで豪華なシャンデリアが輝いています。
シックな色調で固められていますので成金趣味に感じませんでした。
客室へは別のエレベーターでの移動となり、1階からですとフロント横を通ります。

お部屋ですが、今回スタンダードな部屋で50屬任△蠅泙后
10年前のラグジュアリーホテルは45屬阿蕕い任靴燭里悩廼瓩泙森くなってきています。
部屋のレイアウトはオーソドックスなまとめでありますが一つ一つの家具やスペースがとても大きくまた広くとってありますので余裕を感じます。

特に気に入ったのは窓際のカウチソファーでとても長くて立派でここで十分寝れるようなものでした。
浴室は洗い場付きで使いやすいですし、シンクもシングルタイプの大きなものでこれも使いやすかったです。

ただ全てOKというわけでもなく、浴槽は寝れるほどの長さがありますが、深さはあまりないですので肩まで浸かりにくいです。
また最近のホテルに多い浴室と寝室の壁がガラス張りにして開放感を出すタイプです。
これって1人や恋人と泊る場合は良くても、家族や友人だと賛否両論かなと思います。

今回目に留まったのが、ランドリー袋が欲しいくらい立派な物だったことや、事務用品のセットが置いてあることでした。
朝食はメインダイニングでした。定食が基本でサラダと飲み物はブッフェというスタイルです。

味は十分美味しいですが、オークラほどではありません。
ソーセージが3種類味わえるのは良かったです。
高級なメインダイニングで食べる割にはちょっとBGMがお昼、夕方向きで、できれば朝は癒し系かクラシックを主体の方が優雅に食べれるかなと思いました。
またオークラはアメリカ人が多いですが、ここはアジア人が多いのも興味深かったです。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事