全体表示

[ リスト ]

万代でサザエが目にとまり、生まれて初めて自分でサザエを買いました。
高校時代四国の太田屋さんに下宿していて、夏の接客のアルバイトをした時によくサザエのツボ焼きをお客さんに出したのを思い出しました。

イメージ 1


高校時代から私は平和運動に関心があり、世界軍縮会議が開かれたのに合わせて広島で行われた二十万人平和集会に愛媛から出かけていって参加しました。団体で参加しているわけではない私は一人で世界平和を訴える言葉を書いた紙を持って行進しました。
その夜日本軍の通訳をしていた中国人の話を聴く集会に参加したりしました。
私は高校時代から左翼的な思想に染まっていました。

その頃坂村真民先生とも出会っていましたが、平和運動に批判的であれはブームですぐに終わると言われてました。

大学時代沖縄の伊江島の阿波根昌鴻さんのもとで十日間ほど滞在して学び、反戦地主で沖縄のガンジーと言われた阿波根昌鴻さんの大地に足を着けた平和活動に影響を受けました。
阿波根昌鴻さん自身表面的には左翼的思想に洗脳されていましたが、その生活に根ざした活動はすごく深くて、今でもその本質には真実があると感じています。
阿波根昌鴻さんの活動が今日の沖縄の反基地活動とつながっているのも事実ですが、本質は全く違うもののように感じられます。

恥ずかしい話ですが、私は神職になってからも天皇陛下の存在を否定していました。
宗教は反権力で弱い人を救わなくてはいけないという強い思いがありました。
目に見えない神様の存在のことがわからなかったのです。
もちろん改憲など絶対反対でした。

しかし神職としての仕事をするかたわら釜ケ崎や被災地での支援活動などをしていくうちに宗教者の活動が人間中心の考えでおこなわれていることに疑念を感じるようになりました。

やはり人間中心の考えでなく、人間の力を越えた神仏の存在を中心として考えなくてはいけないと気づいた時に、それが国として大切にされてきたのが天皇陛下を戴いている日本の国柄ではないかと気づいたのです。
そして目に見えない世界の力を大自然を通して戴いて生かされていることを忘れないように天皇陛下は祭祀を行い、全国津々浦々の神社や地域でもお祭りが大切に行われているのが日本の国柄です。
もしこれが一神教のように人間中心で自然を征服し開発することが人間の幸せとするような考えに侵略されていたら日本は日本でなくなっていたのです。
まちづくりにも歴然とその違いが現れているでしょう。確かに整然と建物が建ち並び、まちのところどころに公園が整備されている欧米的な街は美しいかも知れませんが、どんなに町になっても鎮守の森を残したり、身近に里山があったりする日本の町は大自然と対立や支配関係にあるのでなく、融合しながら、共にあることを大切しています。それは日本の国柄そのものであり、政治権力の上に天皇陛下を戴いて人間の力のおごりをつつしんできたことが日本全国に染み込んでいるのです。

憲法9条を守ることが平和を守るのではなく、日本を守ることが平和を守るのです。
憲法を改正したからと言って急に安保体制を抜け出せるわけではありませんが、日本はこの日本の国柄を自分で守るのだという意識を持つことが世界平和への一歩をほんとに踏み出すことになるのです。
そうしなければ、憲法9条を盾にしていつまでも戦争的な価値観に協力し続けなければいけない状態が続くのです。
憲法9条を守れ!基地は反対と言い続けていて平和になればいいのですが、日本の平和ボケをいいことに虎視眈々と日本の領土を狙い、勢力を拡大しようとしている国もあることを忘れてはいけないですね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事