全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全798ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

万代でサザエが目にとまり、生まれて初めて自分でサザエを買いました。
高校時代四国の太田屋さんに下宿していて、夏の接客のアルバイトをした時によくサザエのツボ焼きをお客さんに出したのを思い出しました。

イメージ 1


高校時代から私は平和運動に関心があり、世界軍縮会議が開かれたのに合わせて広島で行われた二十万人平和集会に愛媛から出かけていって参加しました。団体で参加しているわけではない私は一人で世界平和を訴える言葉を書いた紙を持って行進しました。
その夜日本軍の通訳をしていた中国人の話を聴く集会に参加したりしました。
私は高校時代から左翼的な思想に染まっていました。

その頃坂村真民先生とも出会っていましたが、平和運動に批判的であれはブームですぐに終わると言われてました。

大学時代沖縄の伊江島の阿波根昌鴻さんのもとで十日間ほど滞在して学び、反戦地主で沖縄のガンジーと言われた阿波根昌鴻さんの大地に足を着けた平和活動に影響を受けました。
阿波根昌鴻さん自身表面的には左翼的思想に洗脳されていましたが、その生活に根ざした活動はすごく深くて、今でもその本質には真実があると感じています。
阿波根昌鴻さんの活動が今日の沖縄の反基地活動とつながっているのも事実ですが、本質は全く違うもののように感じられます。

恥ずかしい話ですが、私は神職になってからも天皇陛下の存在を否定していました。
宗教は反権力で弱い人を救わなくてはいけないという強い思いがありました。
目に見えない神様の存在のことがわからなかったのです。
もちろん改憲など絶対反対でした。

しかし神職としての仕事をするかたわら釜ケ崎や被災地での支援活動などをしていくうちに宗教者の活動が人間中心の考えでおこなわれていることに疑念を感じるようになりました。

やはり人間中心の考えでなく、人間の力を越えた神仏の存在を中心として考えなくてはいけないと気づいた時に、それが国として大切にされてきたのが天皇陛下を戴いている日本の国柄ではないかと気づいたのです。
そして目に見えない世界の力を大自然を通して戴いて生かされていることを忘れないように天皇陛下は祭祀を行い、全国津々浦々の神社や地域でもお祭りが大切に行われているのが日本の国柄です。
もしこれが一神教のように人間中心で自然を征服し開発することが人間の幸せとするような考えに侵略されていたら日本は日本でなくなっていたのです。
まちづくりにも歴然とその違いが現れているでしょう。確かに整然と建物が建ち並び、まちのところどころに公園が整備されている欧米的な街は美しいかも知れませんが、どんなに町になっても鎮守の森を残したり、身近に里山があったりする日本の町は大自然と対立や支配関係にあるのでなく、融合しながら、共にあることを大切しています。それは日本の国柄そのものであり、政治権力の上に天皇陛下を戴いて人間の力のおごりをつつしんできたことが日本全国に染み込んでいるのです。

憲法9条を守ることが平和を守るのではなく、日本を守ることが平和を守るのです。
憲法を改正したからと言って急に安保体制を抜け出せるわけではありませんが、日本はこの日本の国柄を自分で守るのだという意識を持つことが世界平和への一歩をほんとに踏み出すことになるのです。
そうしなければ、憲法9条を盾にしていつまでも戦争的な価値観に協力し続けなければいけない状態が続くのです。
憲法9条を守れ!基地は反対と言い続けていて平和になればいいのですが、日本の平和ボケをいいことに虎視眈々と日本の領土を狙い、勢力を拡大しようとしている国もあることを忘れてはいけないですね。

開く コメント(0)

岸和田市役所経由で、だんじり会館まで。
遅くなりましたが、土生町ふるさと歴史まち歩きマップをだんじり会館に置いてもらえるように持って行ったのです。そしたら事務所によく知っている人が(笑)

イメージ 1


猛暑の中コナカラ坂を下り上り
もう来月は岸和田祭ですね。
いつかブラタモリが岸和田に来たら、このコナカラ坂が当然重要なポイントになるでしょうね。ヘリと高低差の好きなタモリさんですから。
で、タモて箱のテーマはたぶん『岸和田祭はどうして全国的に有名な祭になったか』ぐらいのところでしょう。
これをブラタモリらしく岸和田の地形と祭りの成り立ちの関係から迫ってもらいたいですね。
岸和田祭の三の丸稲荷発祥説は今はほぼ否定されていますが、祭の発祥はとにかく岸和田祭の成り立ちと発展に藩の介入とお城が無関係とは思われません。
岸和田城が現在の地に築かれた当初は城は山の方を向いており、岸の姫松街道も山側を通っていましたが、城が向きを海の方に変えたことで現在の岸和田のまちの形が出来てきたわけですね。コナカラ坂は岸和田のまちの成り立ちの象徴ですね。
すなわち村 町 浜が岸和田城下の狭い範囲の中で一つの地域を形成し、城内にあった岸和田村の氏神が藩主の庇護も受けて城下の総社的な存在となってました。
そのためその祭礼も村方町方浜方連合の祭礼となり、藩からの規制を受けながら自主性を持った祭礼として盛んになりました。
他にはあまりない村の祭町の祭浜の祭の連合であることとその自主性が岸和田祭を全国的に有名な祭にした要因であり、それを生み出すのに岸和田の地形が関係していたという感じでブラタモリを出来ませんか?
もっと言えば、そのもともとの岸和田村の成り立ちには土生郷が関係していて水利とか岸和田池とか出てくればなお一層深くなりますが、そこまではさすがに無理かも知れません。
皆さんのご意見があればお願いいたします。

開く コメント(0)

氏子さんが心込めて栽培されたスイカをお供え戴き、神前からのお下がりを切り分けてご近所の方にももらって戴きました。
いつも神社を見守って戴いてありがとうございます。

イメージ 1


若い頃から魂のふれあいをさせて戴いてきた友が末期ガンであることを知らされ、ちょっと動揺しています。

私はクニちゃんのことを思い出しました。
ブログで偶然知り合ったクニちゃんが息子さんや友人を伴って土生神社に訪ねてきたのは平成十九年二月一日のことでした。
クニちゃんは末期ガンで余命宣告をされていました。北海道で生まれ育ち、東京で暮らしていたクニちゃんが訪ねてきたのは、『昔から祈りをずっと積み重ねてきたような場所を訪ねてみたかった』とのことでした。
岸和田の七宮詣りをご案内させて戴きましたが、途中で、『私は死ぬことは恐くない。ただ人としてどう生きたらいいのか知りたい』と言われました。そんなこと私に答えられるわけもありませんでした。

クニちゃんが去ってから一週間後私は市民病院で検査の結果が出て自分が甲状腺ガンであることがわかりました。
えらいこっちゃというわけで、神戸の専門病院に行って手術したのが五月のことでした。
その年は矢代寸神社で創建千五百年記念事業に取り組んでおり、いろいろ大変でしたが、何とか神社の仕事に復帰しました。
自分の健康も落ち着いたので、東京からわざわざ訪ねて戴いたクニちゃんのお見舞いに行こうと思い立ち、上京したのが六月十二日のことでした。その日は私の母の誕生日でありましたが、クニちゃんに対面して初めてその日がクニちゃんの誕生日であることを知りました。しかも誕生日までご自宅におられて明日から入院することになっていることがわかりました。
そしてその年の夏クニちゃんはこの世を去りました。

人の命には必ず終わりが来ます。
その終わりまで精一杯生きることが出来たら素晴らしいことですが、命の終わりが見えたら、死の恐怖とか、不安とか、虚しさに挫けてしまいそうになる弱さも人間にはありますね。
その時神様の存在を感じて戴けるようにするのが宗教の役割かも知れません。
神道の立場から言うと、神様は人を救う存在ではなく、共にいて下さる存在のようにイメージ出来るのではないかと思います。

元気な時は自分が生かされていることなど忘れがちで自分の力におごりがちですね。
でも病んだ時 そして死を意識した時にそのおごりに気づかされますね。
私達は生かされているのだから、おごることなく、神様のお手伝いが少しでも出来るように生きていきたいですね。
それは何よりもまず人への思いやり 温かい心を届けたいと願っています。

開く コメント(0)

令和の御代の平安を祈念して
巡拝まち歩き&葛城踊り・土生鼓踊り見学会
 
開催日 令和元年8月14日(水)・15日(木)
   15日土生鼓踊り雨天延期の場合は16日(金)
 
○第一日目 8月14日(水)午後2時半
        集合場所 弥勒寺(岸和田市塔原町)
   塔原町内の巡拝まち歩きと午後5時からの葛城踊り
   見学
  
  ○第二日目 8月15日(木)午後3時
        集合場所 土生神社(岸和田市土生町)
   土生町内の巡拝まち歩きと午後7時からの土生鼓踊  
   り見学 途中土生神社で休憩(各自夕食)
 
    各日参加費 千円
    どちらか一日だけの参加も可能
 
今年も葛城踊り、そして土生鼓踊りの季節がやってきます。雨乞いの踊りとしてそれぞれ長い歴史があると言われている踊りを見学し楽しんで戴くにあたり、その踊りの背景をよく理解し、同時に令和の新しい御代を迎えて地域や社会の平安への祈念を込めてそれぞれの町内におまつりされている神仏を巡拝するまち歩きを企画しました。
猛暑の中のまち歩きですが、熱中症対策も十分にして多くの方が気軽にご参加戴きますようにお待ちしています。
 
お問い合わせ・参加申し込み 土生神社・阪井まで
        電話 072−426−7287
                              
 
主催 (仮称)葛城の谷まち歩きの会
 
共催 土生神社郷土の歴史を学び伝承する会
   鎮守の森地域交流会
   小さな友の会  

開く コメント(0)

養水祭ご案内

養水祭ご案内
 (先人の苦労をしのび水に感謝するお祭)
    
  令和元年8月18日(日)祭典奉仕
  
田畑を潤す水は命に等しい大切なものとして、その確保に先人達は大変な苦労をされてこられました。
大正時代に起きた他村との水争いでは土生でも逮捕者が出るほどの事件となり、事件で苦労された先人の功績を伝えると共に今後このようなことがなく村々が共存共栄をしていくことを願って土生神社では事件の起きた八月十八日を養水記念日としてお祭りを行ってきました。
生活や地域の有り様が大きく変化した今日でも水が命に等しいぐらい私達の暮らしに大切なものであることに変わりありません。今後も水への感謝と先人への感謝の心を後世まで大切に伝えていくためこの養水祭を継承していきたいと思います。
平成二十一年から広く一般の方にもご参列して戴きたくご案内しています。
 
○祭典次第  八月十八日(日)
  (早朝  津田川上流にて清祓式)
 
午前十一時 祭典開式 (一般の方ご参列自由)
    一、修祓
    二、宮司一拝
    三、献饌
    四、宮司祝詞奏上
    五、奉納演奏    能管・野中久美子氏 
    六、玉串奉奠
    七、大祓詞奏上
    八、撤饌
    九、宮司一拝
    十、直会  (社務所にて)
 
※参列費(直会費を含む) お一人五千円
※ご参列戴ける方は八月十二日までにご連絡をお願い申し上げます。
  電話 072−426−7287(土生神社宮司 阪井健二)
 
 

開く コメント(0)

全798ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事