ほたるの学校

『折れない心で希望をつなぐ!iPS細胞を発見!山中伸弥物語』3刷出来ました

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全649ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

行きました。イメージ 1

1年生が歌うのは、「ひょっこりひょうたん島」♪

踊りもまじえています。

「苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ 
だけど僕らはくじけない 泣くのはいやだ笑っちゃお」

本当に〜シミジミします。

次は「手と手と手と」

手話をまじえています。

「秋だ秋だ秋だ 夕陽がきれい

膝膝膝膝 膝膝膝膝 膝膝膝膝 膝膝膝膝 」

手話の動きがとてもわかりやすいです〜。

4年生の歌は「パプリカ」

急に難しい言葉が増えていて驚きました。イメージ 2

それぞれの学年の個性が、よくわかりましたよ






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

柳生の里の秋♪

新陰(しんかげ)流で有名な柳生の里へ、先日、行きました。住所は、奈良市ですが、山を越えていきます、バスで約1時間ほど走る山里です。↓柳生家の菩提寺の
芳徳寺ですイメージ 1
坂を登ると、新陰流の創始者、柳生石舟斎の累城跡へ。
イメージ 20今は剣術道場があります。
イメージ 3












イメージ 6
紅葉が美しかったです〜

柳生家の墓所へ 真中のお墓は、お酒の徳利を模しています。お酒好きの方だったのですね。
イメージ 5イメージ 4












石舟斎の孫の柳生十兵衛は、徳川家に仕え、柳生藩として
一万石をあたえられました。ただし剣術指南のため、参勤交代はなく、江戸に常赴(じょうふ)していました。そのため、柳生の里は、家老の小山田守鈴(しゅれい)にまかせていたそうです。

立派な家老屋敷は、かつて山岡壮一が所有し、小説『春の坂道』を執筆したそうです。
まさに歴史散歩でした。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「幸せ」とは?

先日、テレビ「ホンマでっか!」を見ていたら、ある先生が、「日本人は、子どもに『大きくなったら、何になりたいの?』とばかり尋ねるのは、おかしい」という主張がありました。

「大きくなったら、どんな人になりたいの?」という質問がないのが、問題だとおっしゃっていました。

たとえば、「明るい人になりたい」とか「前向きな人になりたい」とか、どんな人間になりたいのかと考える教育が今の日本には、足りないのではないかというのです。

そのため、日本人は挫折に弱いと。受験など何かに失敗すると、なかなか立ちあがれないというのです。

わたしも同感です。

日本人は、社会正義が守られる世の中を作るとか、寄附をする喜びが幸せにつながるという感覚が育ちにくい教育の中にいるのかな???

そう考えると、他人と自分を比べるのではなく、自分自身の問題として「これでいいのだ」と自分で思える「幸せ」とは何なのか、秋の夜長に考えてみたくなりました。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

見学しました。↓この方の代に最も栄えたそうです。
イメージ 1北前船は、江戸時代末から明治時代にかけ、敦賀や小浜などから東北、北海道へ商品を流通させた船です。


一年に一度、春に布や甕、石などをのせ出航します。商品を、売りさばきながら、また各地で仕入れた品を商うのだそうです。

11月には北海道のニシンや昆布を仕入れて敦賀に帰ります。その儲けは船一艘につき、今のお金で一億円にものぼったそうです。
イメージ 2
風と櫓による航海でした。↑
海に敬意を表して、海を臨む場所に家が建てられました。こちらは、母屋から海を見ています。

イメージ 3
家の内に、駕籠が。能登の輪島の時国家から、この駕籠にのって、お嫁さんが来られたそうです。↓イメージ 4
















しかし、北前船にも陰りが見えます。理由は二つあります。一つは船頭や船主だけが握っていた売買情報が全国に流れるようになったためです。もうひとつは、鉄道の発達です。
そこで、右近家では、海運業に手を出し沈没の損害を補償する保険業も始められます。現在の損保ジャパンの創業者の一端を担われるのです。不況の折には、庶民に仕事を与えるため、豪華な西洋館をたてられました。イメージ 5イメージ 60
ハイカラですね〜👏💞

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『あん』に登場する国立ハンセン病資料館の写真です。↓昔、病を得たことで、故郷を追われ、見知らぬ街をさまよい歩いた人達がいたのです。その霊を慰めるように、ひっそりと立つ親子の像です。友人がお写真を送ってくださいました。ありがとうございました。イメージ 1当時、ハンセン病と診断されると、本人は療養所に入らなくてはならず、2度と親元には戻れなかったのです。たとえ治っても外にでられなかったからです。「らい予防法」のためです。「らい予防法」が廃止されたのは、なんと1996年のことです。時すでに遅し。法律とは、恐ろしいものです。治っていても、外に出られなかったら、そこは、収容所と同じです。法律は人権をふみにじることもあるのですね。

イメージ 2
医学の進歩を願います。イメージ 3
偏見で人生を失う人がいませんように。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全649ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事