全体表示

[ リスト ]

初夏でしょネ

 舞台は海岸線の小さな町なんでありまするな。


 少年はリュックサックに携帯ラジオだの自分で作ったおにぎりお弁当だの、あるいは水筒や読みかけの文庫本なんかをつめて、よいしょと背負って愛用の自転車にまたがるんでありまする。


 見上げれば青空、もう夏なんだなと思わせる強い日差しと、すっきりくっきりの草かおる風の中、これから出会う小さな冒険にドキドキしながらペダルをこぎだすのでございます。


 海岸線の景色なんぞをながめつつ、そうしてやさしい風にからだをゆだねつつ自転車小旅行を楽しんでゆくんでありまするが、途中で立ち寄った港の雑貨屋さんの前でふとたちどまり、七色に光るビー球の入ったラムネをその自動販売機で買いもとめたりするわけでございます。


 ブシュっとラムネのビー玉をおとし、いっきにごくごくと飲み干すと、すうっとからだの奥まで透き通ったような気分になるわけなんでありまする。

 そうしてまた自転車にまたがり、ペダルを漕ぎ出し、ときどき近所のさお竹売りのおじさんや配達中の郵便局の赤いバイクのにーちゃんや、あるいはなわばりパトロール中のドラ猫なんかとすれ違い、なんとなく軽いあいさつしながら、どこまでも続く海岸線の道をキーコキーコと楽しいサイクリングは続く----


 こないだあたくしとある雑誌の記事にバックパッカーの特集を見つけたんでありまするが、いやまさにこの曲こそ自転車バックパッカーの歌なんでありまする。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事