全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

Black Valentine

 出ました出ましたこの曲ね。

 そう、後に相棒ACCELLの作るフラッシュ動画をキャプチャーツールで改めてyoutubeで動画として公開した曲でありまする。

 見たらわかりますが、かなり怪しいACCELL脳内の変態ぶりがうかがえますですハイ。

 モトはといえば今や曲作りの定番になりつつあるACCELLの鼻歌メロ。元になった鼻歌はちょっとリズム感に落ち着きのあるデリケートなメロだったんスが、わたくしの独断と偏見で、ジャズポップス風にメロを変形さしてしまったんでございます。

 そうしてできたメロのデモを聞いてACCELLおやびん、激しくのたまわったのでございます。

「よおしこいつでブラックでダークなバレンタインデーを演出しようではないか。エエ?クリムくん」

 と言ったとたんにPCチャット窓のこちらがわ、見えぬはずのそのおやびんの表情が見えたのでございます。

 ちょっと下向き加減にうつむきつつ、しかしその両眼にはブキミに輝くメガネ。そうして口元はウヒヒウヒヒウヒヒと薄笑いを浮かべておるのでございました。

 あな、オソロシや。その体内に巣食う変態秘密結社の首領たる本性が、ついにその表情に現れいでたのでございます。

 その脳内イメージたるや、わたくしごときがここで文章にするよりも、モンダイのブラックバレンタイン動画を見ていただくほうが、よりわかりやすいかと思うのでありまする。

 URLもあえて書かないでおきましょう。「Black Valentine/秘密結社いちごカクテル」で検索していただくとすぐにでも恐怖のACCELLイメージをごらんになることができることでありましょう。

 (中_中)

ららら

 おや? と思ったのでありまする。

 この曲・・・・いったいどうやってつくったんだっけかw そう。出ましたんです。健忘症。

 鼻歌はなんとなく覚えているし、オケ作った記憶もある。だけれども、歌詞は誰が書いたのか。

 たぶんこれは相棒のモト歌詞があったんじゃないかなあ・・・ト思うのでありまする。

 春を意識しておったのでありましょう。曲調はなんとなくあったかい感じがしますな。わたくしこの原稿を書くときはいつもその曲を聞きながら書くんでありまするが、こうしてあらためて聞くと、なんと感動的な感想のナレーションでありましょうや。

 いや〜、途中でいろいろケンカもしたけれど、やめないで長いことユニットのタッグを組んでいてよかったよかった---と思うのでありました。 

(原稿を書いている現在、腰痛のため文字数少な目ですw)

苺物語

 さて依然としていちごカクテルは休業中なのでありますが、いくらなんでも、もうそろそろ活動再開せねばのう----などと話しておるところなのでございます。

 この休業中の間に、youtubeだのzoomeだのといった動画サイトにいろいろ手を出し足を出しおシリを出したりしておったのでございまするが、まーいろいろ面白い動画やら音楽が世の中にはあふれておりますもんでございますなあ・・・。

 実は先日来、「のだめカンタービレ」にハマっておりまして、アニメ版、実写版といろいろ見ておったんでございます。その影響でわたくし、クラシック音楽というものに多少興味がわいてきておるところなのでございます。

 オーケストラっていいもんですなあ・・・。

 まーわたくし、専門的に音楽の勉強をしてきたわけではございませんので、それでいきなり何かスゴいものができてしまうっつーことはまずありえないんでありますが、せっかくDTMなんぞを多少いじれるんでありますから、ちょっとだけでもクラシックみたいなの作ってみっかな、という気がオコりはじめておるんでありまするよ。

 あ----そろそろ本題に入らねば。

 この曲「苺物語」でございますねハイハイハイ。

 作曲者は相棒ACCELLでございます。打ち合わせではたしか、わしらのテーマ曲である「15street」の続編みたいなの作ろうかねーなどと話しておったはずでありまする。そのテキトーな打ち合わせの後、あるメロディを相棒が送ってきたんでございますな。

 ほんわか気分でランランランといった感じのなんだか楽しそうなメロに、わたくしも同じような気分でちょいとにわか少女になってみたんでございます。うふ。

 なんともメルヒェンチックな歌詞に、相棒も思わずキモぃと思ったんでございましょう。なんとオケなしで、いきなり一定のテンポに合わせたボーカルをどーんとわしんとこに送ってまいりました。

 ほうほうなんともイキなマネを、わたくしがこれでヒルむわけはないであろーうふうふうふ----と、わたくしはそのボーカル(つまりス歌)にあわせて、オケをちまちまと作成していったのでございます。

 この相棒というやつ、音感は実に確かなものをもっておりまして、アタマからずーとケツまで歌っても、絶対に途中でキーがずれちゃうことがない。なのでわたくしも一定のキーでオケをつくることができるのでありまする。

 そうしてできたDTMに、ACCELLのス歌を重ねてみると、もののみごとにピッタシと合ったのでございます。

 やんややんやの大喝采。うふうふよくやったポチ、とアタマをなでていただきました。

 こうなるともうあとは録音して相棒の音響テクニックにゆだねればOKなのでございます。

 いやしかしわしらのユニットって、どこからでも曲ができるのでありますなあ・・・。まことに便利なユニットですなあ。ネタさえ思いついたらあとはもう感覚でどこの部分からでもどんな手順からでも曲を作ってしまう。

 細かい作業なんぞあとまわしでいーのでありまする。フィーリングのつかめるところからなんとなーく入って言って、気がつくとアラまあできちゃったわどうしましょううひうひうひ、と二人でほくそ笑むのでありまする。

 音楽作ってるひとにはいろいろいるようで、何かこう本格的なこだわりから、やれアレンジの作法がどうのこうの、楽典によるとこれはありえないクドクドクドクド、セオリーからするとここはこのコードでないとイカンイカンイカンなどと、アタマがもうがんじがらめにコリ固まってる人がいますが、まあそれもよいのでありましょうけれど、やっぱり音楽は自由な発想で作るもの。同じパターンで同じようなものばかりつくっていてもしょうがない。

 ほう---と人に思わせるにはそれなりにセオリーから脱却しないとダメなんでありましょうなあ。

 ま・・・・しかしわしらの作り方が良いか悪いかは別にして、自由な発想と手順で曲が作れる仲間がいるということは、とーってもシアワセなことなのでありまするよ。ハイ。

Mid-night jewel

 さてさて2010年2月1日現在、いちごカクテルはしばし休息中なのでありまする。

 まあ年末から年始にかけてちょいと突っ走ってきた感がありまするから、ここいらで一息入れるのもまた次への重要なステップなのでありますなあ。

 しかしこの原稿書きは、この間隙を縫ってずるずると続けてゆかないと、とてもとても現在の曲には追いつかないのでありました。

 ということで、原稿のほうの曲はやっとURASIMAを終え、Midnight jewelなのでありまする。

 この曲の打ち合わせを始めた頃、ちまたでは映画「K-20」-怪人二十面相伝-が話題になっておりました。

 ということで真夜中の夜空、月灯りの下で、ビルの谷間をひらりひらりと飛び越え、暗闇にきらきら光る怪しくそして華麗な瞳の男女二人の怪盗がポコっとわしら二人の頭に浮かんだのでございます。

 秘密結社と名乗るわしらのオフィシャルサイトで、怪しい仮面の写真をごらんになった方はおわかりと思いまするが、この真夜中に怪しく舞う黒ずくめの怪盗というシチュエーションは、もうぴったりとわしらの理想とするところなのでありますなあ。まことにウヒウヒウヒヒなのでありました。

 ようしこのイメージでいっちょやったるかっ! と二人意気込んだのでございます。

 歌詞の素材は夜空、月のおぼろげな灯り、真夜中に静まる街、ビルとビルの谷間の暗がりをすばやく華麗に飛び回る二人の怪盗、怪しいマスク、きらびやかな宝石の数々、月のうす灯りに照らされアヤシク輝く宝石たち、それをみつめフフフとほくそ笑む大胆不敵な黒ずくめの二人組み。

 ----とまあこのようにキーワードがつらつらと打ち合わせのログに次々と打ち出されたのでございます。

 そうして土台となるメロディはどーすんべ、っつーことで出た案が、以前つかった鼻歌をもう一度使いまわそう、と、これまた大胆不敵なことを首領ACCELLはのたまうのでありました。

 しかしそこでひるむわたくしではございません。指令が飛ぶと同時に、フフフと反射的にあれをああしてこうしてうふうふ素敵なことやっちゃうんだもんねくひひひひ、と串目(※注1)になったのでございました。

 ※注1 串目=(中_中) 

 音楽というのはフシギなものでございましてのう。

 同じフレーズでもテンポやリズムを変えてひらひらとアレンジしてしまうと、これが同じメロディとはとても思えないほどまったく違う作品に出来上がってしまうのでございます。

 そうしてまた曲の作り手としては、こういう作業というか猥想妄想が大好きなのでございますふふふ。

 「けっ、つかいまわしかよおまいらキタネーw」

 などとどっかの怪しい掲示板で書かれてもわしはなんとも思わないのでございます。

 フンわしの勝手だべ(−−)、と冷たくホージ茶をすすりつつクールに淡々と作ってしまうのでございます。

 そうしてまんまとわたくしは相棒キーボード80くん(※注2)の特殊機能使いつつ、あやしい楽曲オケを作っていったのでございます。

 ※注2 80くん=わが愛用キーボードの愛称。
           オフィシャルサイトにいる
           怪しい無表情ネスミ
           (コアラではアリマセンw)は
           このキーボードの化身なのでありました。

 ようやく歌詞も出来上がり、首領ACCELLの手入れも終わり、数日後に華麗なるボスの歌声と、その音響テクニックによるあたくしのひそひそつぶやきタメイキ効果音も入れられ、ボスACCELLの地獄耳による最終チェックと調整も着々とすすめられ、公開となったわけでありまする。でめたしでめたし。



URASHIMA

 さて・・・こんかいのテーマは昔話なんでございますな。

 わたくしとある本を読んでおったのでございます。「鯨」という字のつく名前の人が書いた本でありました。

 それはですな、浦島太郎という物語は、実は亀を助けて竜宮上で飲んだり食ったりした挙句戻ってきたとたんに欲を出して玉手箱をあけてしまったばっかりに汚いジジイになってしまったアホな若者の物語ではないゾ---という内容なのでございます。

 読者にはちょいと長い文章でわかりづらかったかもしれませんな。

 え〜つまりですな、実は浦島太郎という物語は亀を助けて調子こいて遊びほうけたアホの物語ではなく、海のかなたに消えてしまった我が子を思う、せつない親の心が描き出した、希望の物語ではなかったかと。

 そこでわたくしこのキモチを曲にしてみようではないかと思ったわけであります。

 しかし昔々のおとぎ話みたいな調子の曲ではどうもねえ・・・というACCELLおやびんびんの指導のもと、現代劇風サーファー物語に仕立て上げたのでございます。

 サーファーといえば湘南、湘南といえばさざ〜んお〜るすた〜ずさんなのでありました。うひうひうひ。

 あの8ビートにコンガとオルガンをかぶせてエレキギターのインストをかます。そうするとありゃありゃフシギ、ちゃ〜んとサザンっぽくなるんでございますなあ。

 いちごカクテルの曲では以前にもこんな感じの曲「Dandy night」をつくったのでございますが、どーもACCELLおやびんこの8ビートというのが苦手なようで、今回は珍しくこぶ茶でうがいなどしつつ、

「あ゛〜〜〜たまにはおめ〜うたってみろ」

 などと言うのでございました。

 うーむうーむしかーしうちのボーカルはおやびんなんだがなあいいのかなあいいのかなあ・・・しかしたまには歌うのもいいなあうふうふうふうふ、とひそかにほくそえみつつ、「あくまでデモですから、あはw」と言いながらボーカルちゃーんと入れて送ったんでございます。

 案の定、ACCELLおやびんまってましたとばかりに、

「ごくろーごくろー。まー今回のデモはデキがいいので採用だ」

 と合格じるしをくれました。

 サザンだもんね湘南だもんねランララランうひひうひうひウラシマ〜ウラシマ〜♪ とわたくしは素直に喜んだのでございますぱちぱち。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事