全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

キミとボク

 しかしアレですな。家ん中でのあたくしの立場といえば、本来ならば「主人」、「夫」、「大黒柱」なーんてエラそうな呼び名があるわけですが、実際はまるで違っておりまして、うちの女房なんざあちきのことを、

「おめーはまるでペットみたいなもんだな。なんだかんだいって出ていってもまってりゃすぐに戻ってくる」

 なんていうんですなあ。

 まあね、夫のことを「おめー」なんていうところからしてもうすでに夫を見下しておるというか人とも思ってないというか・・・。まあナサケナイはなし、あっしがそれだけ頼りないっちゅーことかもしれませんがw

 しかしまた重ねて不運なことに、音楽活動でもやっぱり相棒であるACCELLおやびんに、「おめー」なんて呼ばれておりまして、いやこれはね、普段からあたくしのほうから親分親分なんて呼んでるもんだから仕方ないんすがね。えへえへ。

 ということでまあなんとなく打ち合わせのとある日、おやびんから、

「犬を大切にしよう、なーんて歌を作ろうではないかい」

 などともちかけられたもんすから、いやーよほどACCELLおやびんの飼ってる犬はかあいいんだろーなあ、なんて思ってたら、

「ま、おめーさんなら犬の気持ちがわかるだろーからよっ、さくっと歌詞かきな」

 なーんて指令をいただきやして、まーよくうちの事情をわかってらっしゃる、なんて感心したんでございますよ、ハイ。

 ま、妄想豊かなあたくしのこと、すぐに親分、子分の関係ではなく、少年と犬のようなトモダチみたいな関係の物語を頭に浮かべたんでありんす。

 そうしてまたこのころテレビで、犬の心を読める外人のおばちゃんというのをやってまして、これがまた感動的な話をして聴かせるわけですよ。

 例えば飼い主が外出先から家路に向かうと、犬のほうはどんなに離れていてもそれを感じ取ってるとか、飼い主の表情をそのときの状況から察して、できる限りの方法でなぐさめてくれたりするとかね。

 そーかそーか、人間のほうは犬の心のうちはわかんなくても、犬のほうではちゃーんとわかってるんだなーなどとひたすら感心しましてね。まさにそういう人間と犬の関係をひとつの日常の物語として歌詞に描いたわけでありんした。

 音源のオケのほうはシンプルにギターとコンガだけで叙情を誘うようないたしました。コンコンコンというのがーですなあ、いかにも一緒の時を刻むって感じで。

 ボーカルのACCELLおやびんも普段の「おらおらおらおら」っちゅう荒っぽい感じじゃなくて、やさ〜しく語りかけるような感じで歌ってくれたわけでありました。

「なぬっ?」(ACCELL談)

 あ・・・い・・いや、普段どおりに歌ってました。は・・・はい。

必殺! お江戸仕置人

 あーこれはね、きっと夏祭りの曲を作ろうとしてたんだな。そうでしょ? おやびん。

「うーんどーだったかなあ・・・・、これうちの曲なのか?」(ACCELL談)

 ってオイオイ、おやびんだいじょうぶですかい? 歳なのかなあ・・・。

「るせーゴラ、おめーのやる気がちっとも見えねーからこっちまでうつっちまったじゃねーか」(AC談)

 花火っていやあお江戸、お江戸っていやぁほれ、なんつっても神田明神下の平次でしょうが。ほら、銭形の。

 うんうんそーだそーだ。船木一夫さんが歌う銭形平次の主題歌のような和風ジャズみてーな感じでひとつ夏祭りの花火をどーんと打ち上げようじゃないの、って話をしたんだっけ。

 考えてみると、こういう打ち合わせだけでもうわけわかんねー曲作りなんだよなあ。

 んでね、花火、お江戸、銭形平次、時代劇、ときて、やっぱり最後にひらめいたのが、闇のお江戸で活躍する中村主水。

 そ。あれね。必殺シリーズ。

 これらをぜーんぶひっくるめて夏の花火の曲をつくっちまおうってことになったんでありんすよ。へっへっへ、どんなにめちゃくちゃな発想でもなんとかしてごちゃごちゃくっつけて作っちまえばこっちのもん、ってんでこういう曲ができちゃった。

 今一度聴いてみると、われながらうまいことネタをからめちゃったなあ。

 ひょっとして、わしら天才?


蒼月の砂

 いつもながらACCELLおやびんの鼻歌のドラマチックさには感心させられるんでありますが、この曲もそのうちのひとつ。

 歌詞もたしかおやびんのひらめきさらさらストーリーだったなあ。たぶん。

 いやご存知のとおり、うちらまったく行き当たりばったり突然ヒラメキ逆上思いつきで歌作ってるもんで、こんくらい前の曲となると、作成過程の資料が無いと、まずどーやって作ったかなんて思い出せないんでありますなあ。こまったこまった、いや歳のせいですがw

 こうして原稿書くに当たって曲を聞きすましてみても、やっぱしこりゃあ元はACCELLおやびんの鼻歌だったんだろーなー、というのは思い出すことができても、はてさてなにがどうしてこういう感じになったのかと言われると、もうまるで4百億光年の彼方の記憶なんでありんすよ。はい。

 ま、この原稿書いてる最中にこんなこというと、まったく無責任なんだけどなあ・・・。

「ちみ、やる気あんの?」(ACCELL談)

 たぶんね、メロ先でなんとなく最初の言葉が出てきて、、あとはなんとなく続くフレーズが出てきて、そうしてなんとか物語をつなげちゃったら、あーらいつの間にかできちゃった、って感じなのかなあ。

「おめー、ほんとにやる気ないだろw」(ACCELL談)

ジャスコ

 ジャスコってのぁなんだいおやびんw

 ---とわが首領ACCELLにお尋ねすると、親分すかさず、

「そりゃあおめー、安っぽい女ってことよー」

「だからぁ、なんでジャスコなんすか」

「アッタマわりーなおめーは。ジャスコっていやぁ安いもんばっか売ってるだろが」

「あーなるほど」

 と、いきなりタイトルから謎だったんですが、そー言われてみると、そーいえばあっしの住んでるとある地方に、昔そういう名前の総合スーパーみたいなのがあって、安いもんばっかし売ってたなあ---などと思い出したのでありますなあ。

 ま、曲のほうはごくフツーのか〜るい感じの、どっちかっちゃジャズっぽい感じの曲なんでありんすが、オケ組んだあたくしの感じだとやっぱし中島みゆきさんのララバイって感じなんであったんですなあ。

 どーしても親分の声ってみゆきっぽいから、単にそういう感じでララバイ歌わしたかっただけなんすよね。

 えへ。

ミラクルポケット

 もういっこ書いちゃおっとw

 ミラクルポケットは・・・、えーとえーと、こいつはたしかわたくしのあてずっぽうなメロと歌詞だったかと思いますな。

 イメージ的には昔ちょこっと流行ったようなテクノな感じ? ---のつもりだったんですが、どうなんでしょう(汗)

 なんとなくこんなのがアニメ付でNHKのみんなの歌かなんかで流れてきたら面白いアニメーションできるんじゃないかなーとか想像しながら作ってみた曲ですな。

 ACCELLおやびんの最初の評価はたしか、

「え〜〜? え〜〜〜? こんなの歌うのか、うーんうーん嫌だなあ嫌だなあ。歌い方がわからんぞ。てめーまたオカシな曲作りやがって、めんどくせー」

 とか言われたような気がします。(夢の中だったかな・・・)

「夢だ夢だ!」(ACCELL談)

 まあ結局うまいことのりのりで歌っちゃってますし、挿入の効果音なんかも不思議ちゃんな感じにしてくれてますんで、おやびんさすががなあと、感心したりしておりましたデス。宇宙人みたいなピコピコっていうの、あたし気に入ってるんす。ひゃはひゃは。

 クジラにパラソル、虹、おかしな四次元ポケット、etc...。

 まさにB型人間の発想ですなあ。とても40代後半の男女が作る楽曲とは思えませんなぁ。気持ちだけは、あたしら若いんです。えへ。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事