過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

灯篭流し

 さてまたまたおやびんACCELLが鼻歌を送ってきたのでございます。

 コードはマイナー。ベース音だけ半音ずつ下がっていく、ジャズによくあるコード進行。

 しかしよくあるとはいっても、このコードにACCELLの怪しい声で鼻歌をいれるとね、ど〜もこの世のものとは思えないくらいのアヤシさになる。

 そうしてわたくしは例によってうふううふうとほくそ笑むのでありました。

 このコードはギター爪弾きつつ、Emコードをモトにしてつくるとヒジョーにいいんでありますなあふふふ。そして季節は夏も傾きかけたお盆のうすらさみしい頃。わたくしたち怪しいユニットにとってはヒジョーに都合のよい季節なのでありました。

 ようしようしお盆だな、霊界なんだなフフフ、霊界からお船にのって帰ってくるんだなフフフフフフ、とわたくしの顔は段々とウフフウフフの不気味笑いと化していったのでございます。

 それからさきは曲をきいたほうが早い。首領ACCELLが仕上げにぞぞっとするようなみごとな効果音を用意いたしました。うひひうひひ。

きらきら☆星

 子豚のダンスのようなアレ----

 と首領ACCELLは申したのでありまする。

 ハテ、子豚のダンスのようなアレとはなにか・・・・。わたくしはくるくる巻きの尾っぽが三つ、おしりフリフリのアニメーションのイメージを頭に描きつつ、ハテハテハテと考えておったのでありまする。

 そうしてまたACCELLから送られてきたヒントを見て「あ〜」とファブリーズのようななるほどナットクの相槌を打ったのでありました。

 あのタップダンスのような曲をモトにしてなんかつくれよオイ、とおやぶんは言っておるのでございました。そう、あの「子豚のチャールストン」ですな。

 あの曲の難しさは、あの速いテンポにちょいとスイングがかかっているややこしいリズムなんでありまする。こいつは演奏するのはノリノリでやればなんとかなるんでありますが、DTMでいざ打ち込みとなると、ちょいとイメージをつかみながらよーーっく画面を見て音符を選んでやらないととーっても難しいのでありまする。

 ですがまあそこはわたくしめの経験。さまざまな首領ACCELLの注文に答えてきたわたくしめでございます。やってできないことはない。ちまちまとマウス握り締め、顔をしかめつつ、そして左手はカタカタカタとリズムを打ちながらつくっていったんでありました。

 しかしまあよくいろいろテーマを与えてくれますなあ・・・・。おかげでわたくしは曲つくるたびに新しいテクニックが身についていくような気がいたしますわい。


大いなる誓い

 謎の中学生ポエマー時雨登場のこの歌詞、中学生とは思えぬ言葉遣いと、自然の中で人間とはなんとちっぽけで些細な存在なのかと思わせる堂々とした歌詞にわたくしは負けたのでございますな。

 ははーっ、わたくしが悪うございましたぁぁぁぁぁ、とわたくし自身が責められておるかのごとくその場にひれ伏したのでございます。

 そうしてこれに遥かなるイメージの美しきメロディをつけたのがわが首領なのでありました。

 わたくしはまたそれに対してうーむうーむとうめきつつもおごそかに、そのメロディにつられつられてオケを綴っていったのでございます。

 そうしてできあがった伴奏に、まるで神がおりたかのごとき首領ACCELLの歌が重ねられ、できあがりを聞いたわたくしはヘッドホンをしたまま再び、いや三度その場にひれふし、その額をわが部屋の畳にすりつけつつはあはあはあはあとうめいたのでございます。ハイ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事