過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

山田九郎にあいたくて

 DTM(デスクトップミュージック)ってさ、いろんな楽器の音をシュミレートできるのはいいんだけれど、難しいことがあるのね。

 たとえばギターのストロークとかw

 マウスでちまちまやってるとすっごく時間かかんのよね。わたくしの使ってるツールはウン十万も出して買う音楽ソフトではないので、最低限音を打ち込める機能しかないのです。

 そう、普段から言ってるよーに、わしらいかに金を使わずに立派な楽曲を作るか、できるところは自分の手でちまちまやろう、というところに地味ではあるけれども手作りのこだわりのよさがある。

「ただのビンボーユニットだろーがアホw」(ACCELL談)

 ギターストロークの入った楽曲は今までにもやってきてはいるんでありまするが、よーっく聞いてみるとわかるけど、全部さび付いたアコギを普通に弾いて録音しておるんです。

 いい録音機材もマイクもないわけで、そこのあたり、音響担当のACCELLおやびんのテクで、きれいな音に直してもらった上でオケに組み込んでもらってるんでありました。

 しかしやっぱりいちいちそういうことをしていては、時間も手間もかかるっちゅうんで、なんとかギターストロークというものをDTMで打ち込んでしまおうかい、ってことになったんでありまする。

 そうしてテストのつもりで仮に作った楽曲がこれ。

 したがってメロも歌詞もまったく公開を想定していないテキトーいきあたりばったりのシロモノだったんですが、やってみると、ん? ん? なんか感じよいんではないかえ? っつーことになり、あれよあれよというまに公開音源つくってしまいました。

 ところで・・・山田九郎ってだれw

リーマンロック2

 前回のリーマンロック1と同じオケに、違う歌詞を載せて首領ACCELLが作ったシロモノ。

 テキトーに作ったわよ、なーんていう割にはしっかりハードロックになってる。

 「歌詞かけねー、めんどくせー」なんて普段は言ってるけれど、ほんとはちゃんと書けるんじゃないかなーといつも思っておるです。

 それにしても、わたくしの知らぬ間に、どこからか忘れていたオケひっぱり出してモノにしちまうこの執念というかこだわりというか怨念というかw

「てめ〜うだうだ言ってる間に曲つくれよ、曲!」(ACCELL談)

 はいはい、わかってますわかってます。

 ちょっとスランプにおちいったり多忙だったりして曲がとどこおると、こういうふうにわたくしのまったく忘れてしまったボツネタのオケ引っ張り出してきて、うわっと思うような曲を作ってしまうからオソロシイ。

 いちごカクテルはゴミ再生利用のエコユニットです。はい。

Reversal of Eve

 この曲のイメージにぴったり合う女優さん。そう、宝塚歌劇団出身の真矢みきさんですね。うふ。

 こういう姉御肌の女性、あたしゃ好きですな。こういう女性にあからさまに「フン」とかいってそっぽ向かれると、こっちもフンとはならずに、いつまでも気になっておこられてもいいからもいっかいお話したいなー、という気持ちになりますなあ。

 ちょいとM的ですかね。ひひひ。

 そうしてわがボスACCELLに、あーゆー感じで歌ってちょ、クールな感じで歌ってちょ、とお願いしたらば、ふむふむほうほうといってやってくだすった。

 で、聞いてみると、なんとまあそっくりな声でそっくりな雰囲気でやってくれ ました。

 もし会社にこういう女上司がいたら、仕事は確かにめっちゃきつそうだけど、なんかこうやる気でちゃうかもなーなんて思いましたね。

 ま、あたくしなんか真っ先に「うざいわね。ふん」なーんて肘鉄食らいそうなんだけれど。

 でもそっと心の中を覗くと、意外に人には見せないところでメルヘンチックに恋してたりするんじゃないかなーと、そういう妄想で歌詞を書いてみたんでございます。

 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事